『lie cry like』オリジナル番外編「long nights begin」

『lie cry like』オリジナル番外編「long nights begin」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×24
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
40
評価数
10
平均
4.1 / 5
神率
40%
作画
yoshi 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
阿賀直己 
媒体
漫画(コミック)
サークル
Ojmomo<サークル>
ジャンル
オリジナル
発売日
ISBN

あらすじ

『lie cry like』オリジナル番外編(漫画) ※R15

気持ちが通じ合った直後の二人です。十和田の天然に振り回される谷と谷をもっと知りたい十和田。 十和田の過去も絡めながら、お互いの「好き」を確認する…

表題作『lie cry like』オリジナル番外編「long nights begin」

谷 健太郎(ヘアメイク)
十和田 のぞみ(美形人気俳優)

レビュー投稿数1

自分を否定していた男が一番欲しかった言葉。

『lie cry like』その後の番外編。

ヘアメイクアーティスト・谷と、人気美形俳優・十和田が恋人になって、一緒に住むようになった、その後のお話。

十和田は愛人の子で、母から美貌を否定され、一人浮いてることを同級生に可哀想がられ、仕事を始めても使い捨てで可哀想だと言われる。
誰かが自分をかまってくれるのは ”可哀想” だから…


十和田が目覚めると、スリッパは揃えられ、服はきちんとたたまれていて、谷の存在感はあるのに、谷はいない。
あの十和田が谷を探して家の中をグルグルして、谷の匂いが残っているコートを見つけて一人で発情してるって!!!
本当に、あの十和田なの?と驚くくらい谷のことが大好きになってるんですね。

そして帰ってきた谷は、高かったコートを抱きしめてヨダレを垂らして寝ている十和田を見つけて、涙ながらに十和田のだらしなさを怒っていると、十和田は嬉しそうに笑い出す。

谷は ”可哀想” な自分に気をつかってくれてるんだって、十和田は思っているから、谷が気づかいじゃなくて、自分に怒ってくれているのが嬉しい。

すると谷は「優しくするのは当たり前だろ…好きなんだから」って!
”可哀想だから” じゃなくて、”好きだから” 、それって十和田が一番欲しかった言葉じゃないかな?

孤高の十和田が谷に愛され安心して変わっていく。
二人の優しい甘さにジーンとします。


yoshi先生の絵が本当に美しい!美貌設定の十和田が納得の美形!
阿賀先生の言葉のマジックとyoshi先生の美麗絵、薄い本でまた出会えて嬉しいです♪

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ