『花の芥』オリジナル番外編「とろけておとして地獄まで」

hana no akuta

『花の芥』オリジナル番外編「とろけておとして地獄まで」
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
14
評価数
3
平均
4.7 / 5
神率
66.7%
著者
桐式トキコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
サークル
6109<サークル>
ジャンル
オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

『花の芥』オリジナル番外編

暴力衝動持ちの狂犬天然攻めがその衝動を抑えつつ飼い主の女王様受けをゆるっゆるとろっとろにしてみるすけべ漫画です。

表題作『花の芥』オリジナル番外編「とろけておとして地獄まで」

椿木(ヤクザ若頭)
加白 累(ヤクザ組長)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

【快楽しか与えないセックス】がヤバい、エロい、動悸がする!

先日の春庭で薄い本を買い漁ってきましたが、その中でダントツのエロさだったーーーーっ♥

ヤクザストーリー『花の芥』の番外編。
暴れたくて仕方がない凶暴な椿木と、不幸な生い立ちゆえに冷酷になった加白。
人を殺すことも何とも思わない、”悪” と ”悪” が掛け合わされることで、”悪” の相乗効果が生まれていく…
本編は震えがくるくらい ”悪” を美しく描いてます。

この番外編も最初から死体がぶら下がってますが、2ページ目からはノンストップでエロ!!!!!
本編未読だとしても、このエロさはじゅーぶん楽しめると思います♥


椿木と加白のセックスは椿木の凶暴性を加白がカラダで受け止めるための行為。
愛なんてまったくない、首まで絞めて荒々しいだけ…
加白は自身の痛みさえもおもしろがっているようなぶっこわれた男です。

そんな二人の番外編、はじまってすぐ、椿木が加白を縛ってます。
加白は緊縛の趣味があったのか?と呆れてますが、それは椿木の ”趣味” じゃない。
快楽しか与えないセックスをしたら加白がどうなるのかを見てみたい。
加白を抵抗させないための ”手段” の緊縛です。


椿木は潤滑油を使って、丁寧に優しく加白のウシロをほぐす。
いつもと違うプレイに加白は感じずにはいられない、頬を紅潮させて、快感に身をよじらせている加白の美しさったら!

いつもだったら椿木が荒々しく攻めてくる頃、でも椿木は挿れない。
乳首を舌で優しく攻めて、マエを弄り、ただひたすら加白の快感を高めることに集中している。
逃げ道の無い快感を加白はどうしていいかわからない、


椿木は焦らしてからやっと挿れたかと思ったのに、加白が絶頂を迎えそうになると抜いて、加白をイかせようとしない。
そして加白はたまらなくて椿木のモノにしゃぶりついて…


加白にとって椿木とのセックスは飼ってる犬へのご褒美みたいなもの。
どんなに荒々しくされて、そこそこ気持ち良かったとしても、イニシアチブは加白自身にあった。
でも今の加白は快感を高められて、椿木が欲しくて仕方がない。
こんな風に本気で喘ぐ加白が見られるなんて…

私は加白は冷酷であればあるほど美しいと、加白にどうしようもなく魅せられてます。
その加白のこんな一面を見ることができるなんて、もう感激を止められません!


この二人に甘さなんか必要ない、ぶっこわれた者同士、”悪” の部分で繋がっていれば良いと思ってました。
でも、快感に溺れる加白を自分が知らないのは気に喰わない、そこには椿木の執着の片りんが感じ取れるし、カラダの感じる甘さに痺れました!
動悸がするくらいテンションが高まる、サイコーのエロ本です。


私にとっては神作品ですが、甘さなんかないBLセオリーからは外れている異色な本編は読む人を選ぶかもしれません。
でも、このエロ本は本編未読でも素敵エロを楽しめると思うし、「エロいのが見たい」って方には全身全霊でオススメしたいです!


最後に、この薄い本を作ってくださった桐式先生に心からの感謝を。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?