ぼくは知っている。

boku wa shitteiru

ぼくは知っている。
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×29
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
6
得点
78
評価数
22
平均
3.7 / 5
神率
22.7%
著者
ジョゼ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
白泉社
レーベル
花丸コミックス プレミアム
発売日
価格
¥700(税抜)  
ISBN
9784592720942

あらすじ

高校生のスナオが通学バスの中で見かけるサラリーマン。彼の薬指には、指輪に隠れて噛み痕がある。あれは誰が付けた痕だろう。所有の証? それとも…。いつのまにか、スナオの頭の中は、彼への妄想で頭がいっぱいになってしまう。そんなある日、バイト先の居酒屋で偶然リーマンの彼に遭遇する。酔っ払った彼は、スナオにキスを仕掛けてきて…!?
恋と呼ぶにはあまりにも幼く、まっすぐで痛い感情。高校生×リーマンのエモーショナルな恋模様!

表題作ぼくは知っている。

天谷スナオ・17歳・高校生
井上・30歳・旅行代理店勤務

その他の収録作品

  • 同い年でも友だちにはなれなそうな2人…。(描き下ろし)
  • 6年目の執着(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数6

ずるさも全部

通学・通勤バスで一緒になる二人という時点ですでに妄想膨らみますけど
リーマンの指に噛み痕は生々しくて気になって当然ですね。
それだけじゃなくバイト先の居酒屋に客でいたら驚くし
運命かと思っちゃうじゃないの…。
しかも酔ってるからってキスされたら頭の中がリーマンでいっぱいになってしまう。
ずるい大人の男に恋して振り回されてツラいスナオと
イケメンDKが可愛い反応するからかまいたくなった井上、
リアルな駆け引きがある意味しんどかったです。
恋だと認めたくなくて「ヘンタイ」とか「死ね」とかスナオが言ってしまうのは
若さゆえかもしれませんが人前で大声で言ったらイカンよな…。
精一杯の虚勢かもしれないけど、そこが気になってしまいました。
ただ、考えたくなくてもどうしても井上の事を考えてしまって
「オレの何がダメなの」と泣くシーンはかなりグッときました。
どんなに可愛い女の子が彼女になっても必死な気持ちになるのは井上だけで
でもそれを本人に否定されたらキツイ。
“恋じゃなかった”と言い聞かせて離れてみてもやっぱり恋だったね。
井上はやっぱりずるかったけど
大人の顔を張り付けたままではいられなかったのが萌えました。
自分も好きなのに、まぶしい高校生の未来を思って最後に振ったのは勇気がいっただろうな。
でもそれで終わらない恋で良かった。
描き下ろしで報われた気がします。
萌×2寄りの萌で。

0

噛み痕がエロティック

主人公は高校生。
電車でいつもみかけるサラリーマンが、薬指の下にチラリと見せる噛み痕に欲情している。
そんなところから始まる官能的な作品です。

大人のサラリーマンだけど、少し高校生に振り回されて揺れるところとか、子供なだけに何も出来ないことにいらだちを募らせる高校生がリアルに描かれていて、よかったです。

ラストもリアルっぽく、お互い少しは気持ちがあるかもしれない、と匂わせながらも、年齢、立場の違いで別れていく、そんな雰囲気のある作品でした。

描き下ろしの6年後で、読者にとっては少しだけカタルシス。

0

独特の空気

全体的にフワッとした作品でした。

攻め受け両者とも心がぐちゃぐちゃぐるぐるしている感じは好きなのですが、結局何を伝えたかったのか、分かるようで分からなかったので中立評価です。


受けの井上さんが思っていたより飄々とした人物に思えました。
スナオくんの前で大人ぶっていたからでしょうか。
高校生相手に……と自分にストップをかけるのは年の差の醍醐味で美味しい部分ですが、それにしてはどっち付かずな印象です。
もう三十路なんだからちゃんとしろ!!!と言いたくなります。
このフラフラした妖しさが本作の独特の空気を作っていると言えば必要要素ですが、個人的には響きませんでした。

噛み痕描写に惹かれて手に取りましたが、"指輪の下にある"という部分にもう一歩踏み込んで欲しかったというのが正直なところです。
これもまたあやふやにしているからこそ味が出ると言われればそれまでなのですが、やはり私はもっとハッキリしている方が好みでした。

1

描き下ろしで完結

うわぁぁ好き♡
でも、評価が分かれるのも納得です。

高校生のスナオと、いつもバスで見かけるサラリーマン井上。
井上の指輪の下にある噛み跡に気付いてから
井上が気になるスナオ。

バイト先で偶然会って話し、
むしゃくしゃしていた井上は軽い気持ちで手を出そうとするも
スナオの若くて真っ直ぐな眩しさに
遊びで手を出した事を後悔し
大人である自分がちゃんと引くべきと考える。。。

”大人と子供”・”お遊びじゃないならもうダメ”
線引きをした井上に諦めることが出来ないスナオが
健気で可愛かったです。
でも、これは恋でも愛でも無かったんだと
自分に言い聞かせてまた生活をしていくスナオ…
そんなスナオが彼女とバスに乗ってる姿を見た時の
井上の表情ーーーーーー!!!
切なかったです。
きっと駆け寄って手を引っ張りたい気分だったんじゃないかなぁと
勝手に妄想してキュンキュンでした。
若いスナオが道を外さないように自分から突き放したのに
あの時の表情はホントたまりませんでした。

最終話で
半年たった二人が再会し
「結局未だに忘れられていない」という
お互いの気持ちを再確認させられるが
やはり10代のスナオの気持ちを受け入れられない井上。。。。。

「なんでーーーーーー」って叫びたくなりました。



描き下ろしを読んで…
10代から20代って数年しか違わないけど
大きな「段階」があるんですねぇ♡

0

噛み痕で妄想が暴走する青さでした。

雰囲気のある作品を描く作家さんですが、個人的には今までの作品の中で一番好きです。
毎朝バスで顔を合わせる、高校生とリーマンのお話ですが、
指輪の下に隠された噛み痕の妄想から始まった青い欲情…
目線や仕草で交わす、二人の言葉にしない感情描写や、間に趣きがあって好きです。
そして、噛み痕フェチには堪らない、スナオの妄想と欲情噛みでした。

本編だけだと甘酸っぱい青さだけで終わりますが、個人的には描き下ろしで救われました。
Rentaで購入しましたが、Renta限定描き下ろしでは、本編描き下ろしの後が描かれています。
本当はその後までを本編で描いて欲しかった…
描き下ろしで本編のラストが変わるのどうだろう?

そして、たまたま先行配信していたRenatで購入しただけで、
他で購入してその後がなかったら腹が立つ…シーモアやアマゾンに特典記載がない、他はどうだろうか。
色んな事情はあると思いますが、読者はもちろん、作家さんの不利益にならないようにしてほしい。

やっとレビューですが、単話配信も含めて表紙がステキで惹きつけられました。
表紙の印象そのままの内容だったのも、期待を裏切らない嬉しさ。

見栄えがする訳ではない、至って普通の容姿であるリーマンの薬指にある噛み痕。
モテるイケメン高校生スナオが、その噛み痕に囚われて妄想でリーマンがエロの化身に…
この描写を笑って読んでいるんですが、スナオは笑えない、どんどんエロ化身に翻弄される。

彼女を作ってまで振り払おうと努力するのに、
バイト先の居酒屋で遭遇した、酔っ払いのリーマン井上にベロチューされ、
以前からあった噛みたい欲求が抑えきれず、唇を噛んでしまうスナオ。

ちょっとした言葉がいやらしく、頭からこびり付いて離れない…
井上の爬虫類顔がねっとり感を醸し出してみえてくる。
少しからかい気分で絡むようになった井上に対し、
実際に関わったことで、欲求が振り払えなくなったスナオの想いが、どんどん暴走していくんですが、
子どもとは恋愛しないと井上に言われても止まらない、思春期真っ盛りのスナオ。

大人だからやめないと…初めは大人として線を引く井上ですが、その後も諦めないスナオ。
スナオのむき出しの青さにゾッとした井上は、大人として引いたのではなく、怯えたズルい大人?

自分の想いは恋ではなくオナニーだと気付いたスナオは、
通学も自転車にかえて彼女も作り、井上への想いを振り切り、普通の高校生活を送る。
何度か遭遇する井上に、会うと気持ちが溢れるスナオの描写がせつない…
想いをぶつけては断られ、それでもずっと胸の片隅に残り続ける想いが、まさに青春です。

時間をかけてそれぞれの心情をみせてくれますが、
井上も引きずりながら踏み出す勇気はなく見守り、スナオの広がる世界へ後押しする本編ラスト。

描き下ろし6年後の執着…今でも井上の面影を追っているスナオは、ゲイバーで井上と再会。
忘れられなくてと言うスナオの言葉に呆れる井上ですが、
井上もいつもスナオ似の相手をバーで漁っていたと知り、スナオが「オレもう大人だよ」…。
重みのある言葉です…年齢がいったと言う意味ではなく、精神的に成長した大人という意味かな。
スナオのドロドロした青さは執着へと変化してました。

ベッドイン前の様子で終わった描き下ろし、Renta描き下ろし「kiss kiss kiss」では
やっとカラダを繋ぐ二人とピロートークが…。
井上さんはカワイイんですよね、今後は逃げられないだけでなく、スナオの溺愛に溺れそうです。

もっとドロドロしてもおかしくない題材ですが、俯瞰で見ている感じもあり、
意外とサッパリした感じで終わりました。
画のタッチと繊細な描写がサッパリ感を強くしているのかな…個人的にはほどよい感じ。
スナオの青さや、甘酸っぱいせつなさが、等身大に描かれていて大好きな作品です。

※Renta:修正はなく、みえない描写です。

4

好みが分かれる

これは好き嫌いはっきり分かれるだろうな~という読後感でした。
行間を想像して萌えられる人と、最後がハッピーな大団円でなくても大丈夫な方は読めると思います。
ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

好きなタイプの話とはいえ、あまりに情報が少なすぎて、行間を想像して読むのにも限界がありまして...ここで終わるのか!とびっくりはしました。
説明パートが少なく、登場人物のことがほとんどわからないまま終わります。
攻め受けは描きおろしでそうだろな~と想像できる程度しか描かれていません。
描きおろしがあってよかった。これがなければ萌もしくは中立でした。

出会いはバスの中。受けの左手薬指の指輪の下にある歯形に、攻めが興味を持ったことから。
攻めが若さにまかせてぐいぐい迫る系かと思いきや、受けもなかなかに悪い男でした。相手を翻弄させちゃうタイプ。
歯形から始まった受けへの興味と執着、これが話の中心になっていきます。

のらりくらりとかわしていくいく受けと、どんどんと深みにはまっていく攻め。
ようやく2人の線が重なったかと思いきや、裏切られます。びっくりしました。でもこの雰囲気が面白いです。
攻めは来るもの拒まず去るもの追わずスタンスで常に彼女が、受けにはちらほらと男の影が見え隠れします。この辺り苦手なひとは注意が必要です。

そしてラストは本編だけだとハッピーとは言い切れません。くっつかずに終わるからです。
描きおろしでようやく、ほんとうにようやくお互いにベクトルが向いた恋の片鱗が見えるようになります。それも6年後。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ