• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作探偵とねこちゃん

川崎哲夫、元警官の探偵
御徒町智史、川崎の助手、元調査対象

その他の収録作品

  • afterwards
  • あとがき&御徒町s衣装memo

あらすじ

私立探偵事務所の気ままな主――そんな川崎探偵の寝込みを襲う(!)のは、メイド服がこよなく似合ってしまう御徒町くん。今では押しかけ助手として当たり前のように事務所に出入りする彼だけど、二人の出会いは鮮血に染まって……?
事件の謎とともに臆病な恋心を解きほぐしていく、ミステリアス・ラブ。

作品情報

作品名
探偵とねこちゃん
著者
ジョゼ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
バーズコミックス ラブキスボーイズコレクション
発売日
電子発売日
ISBN
9784344850712
4.3

(107)

(58)

萌々

(37)

(9)

中立

(2)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
12
得点
467
評価数
107
平均
4.3 / 5
神率
54.2%

レビュー投稿数12

好き〜っっ!

イケメンで物静かな探偵×惑わせ系可愛い助手のお話です。

ジョゼ先生の作品は初めて読ませていただきましたが・・・

絵柄が超好みです!
攻の川崎さんが見目麗しいですっっ!

こちらの作品の表紙の川崎さんに一目惚れしまして購入したのですが開いてすぐのカラーイラストでもう悶絶です!

絵柄の雰囲気とストーリーもドンピシャでした。
この作品はリアルな話とファタジーが少々なのでリアルなストーリーがお好きな方はこういう展開もあるんやね。の気持ちで読まれるのをおススメです。

私的にはやはり攻の川崎さんがとにかく素敵で容姿、お人柄、表情、デレの全てに花丸をつけました。
なかでもデレは最高で1話目での御徒町(受)に対しての川崎さんと5話後半の川崎さんとを是非比べて堪能していただきたいです。

二人がお互いのことを知っていきながら特別な感情を昂ていく様がとても尊くて素敵です。

そしてジョゼ先生の構図の妙っ!

抱き合う二人を頭の方から見たシーンは絶妙でした。

エロは少なめですがなぜか艶っぽい雰囲気が漂っている。そんな作品です。

11

日常と色気のあるシーンの切り替えがすごい。

ジョゼ先生の色気と艶がある絵柄と辛い人に寄り添うストーリーがとても良かったです。

個人的に受けが最高に好きでした。
色気があって明るくて妙に放っておけない雰囲気がありながらも飄々として掴みどころがなかった御徒町くんが川崎さんと関わっていくうちにどんどん人間味を帯びて可愛くなっていくのがすごくすごくよかったです。前までの御徒町くんであればキスもそれ以上も大したことなかっただろうに川崎さんとした時の照れてる感じがもう!!

そして個人的推しシーンは川崎さんが電話にキスを妨害されてクソ!って言ってるところです!!それまで御徒町くんに対して保護者スタンスな印象だったのにこのキスを望んでやってるんだなぁと実感できて最高でした。その後の視線に熱を帯びるようになったのもまた!!

最初から最後までキャラに、ストーリーにとにかく惹き込まれる1冊でした。

0

憂える探偵とねこっぽい助手

「探偵とねこちゃん」というタイトルから感じるイメージ…とはちょっと違う感覚を味わう読後感、かもしれない。

冒頭、探偵事務所の助手さんは、女装メイド姿で探偵さんをからかって。
だから、楽しくて軽妙なお話かな?と思ったら。
それは違うのよ?

この助手さん。元は調査対象です。
男性間の恋愛のもつれでの血みどろの刃傷沙汰に巻き込まれた過去がある。
それまで面白おかしく男たちの間を漂っていたけれど、それを機に探偵事務所の助手になった訳ですが。

探偵事務所に持ち込まれる事例もひねりあり。
友人への度を越した干渉や。
人ならざるナニカからの依頼や。
そんな中で、探偵さんの抱える傷や、2人の惹かれていく気持ちが描かれていきます。

探偵さんのまとう憂いのような色気。
助手さんの正にねこのような可愛らしい魅力。
(私個人の趣味から言えば、ちょっと御徒町は男度が低いと思うけど)
エロも直接的では無く、イメージフィルムみたいで綺麗。

ふわっとした恋物語に内包される、傷や悲劇や取り返しのつかない過去や。
そんな部分が他と違う個性になっている作品だと感じました。

7

ほんわか進むふたりの気持ち

私立探偵で攻めの川崎さんは、受けの調査を担当したなんだかやる気のないようなおじさんだけど、懐かれたら絆されてしまう元刑事。
助手の受けの御徒町くんは、明るく人懐っこそうだけど、打算的な恋愛を既婚者としてきた過去がある若者。

ふたりとも過去の恋愛・付き合ってきた人への罪悪感で、相手に対してなかなか素直になれなかったり、踏み込めなかったりします。

でも、依頼された仕事をしながら一緒に過ごすうちに、過去のしがらみから解放されていきます。だんだんとふたりの心が重なり合っていく様子がとても自然に描かれていて、読んでいくうちに御徒町くんを応援したくなります。

「ねこちゃんになれたら……そばにいるだけであなたを癒せたのに」
このセリフは年下の御徒町くんからの最大級のプロポーズで素敵だなぁと思いました。
その後の川崎さんの電話を受けながらの微笑みも色っぽいし、御徒町くんはめちゃくちゃかわいく照れたり赤面を見せてくれたりします。
大きな出来事がなくても魅せられる画力はさすがジョゼ先生です。
最後の最後にやっとふたりは身体を重ねます。激しくないのですが、ドキドキしながら求め合うとてもふたりらしい穏やかでかわいらしいエッチでした。

読み終わった後にほんわか嬉しい気持ちになれるお話でした。


キャラの名前が地名なのですが、地名のイメージとキャラの性格と比べるのはちょっとおもしろかったです。

5

表情がすてき

二人それぞれの出会うまでのことなども描かれているし、案件ごとのお客の事情など、お話として読む部分もあるしもちろん面白いのだけれど、とにかく、シャワーに濡れながらの夢中のキスを中断して電話に出てる川崎が御徒町を見る表情がたまらんくて!!
あの!愛しさを隠そうともしない顔!!
恋愛中じゃ〜ん!この〜!羨ましい〜!!てなる
そこのこと言いたくて言いたくてレビューしちゃってる

御徒町は可愛らし過ぎなんだけど、川崎のこと好きなせいでうまくあざとくできない
キスだってねこちゃんのマネだってもっとうまいんだろうと思うんだけど、ドキドキしちゃっていっぱいいっぱいなのね

御徒町は甘えてあげるのが得意で川崎は世話を焼くのが得意
互いが互いにピッタリなんだよな
御徒町、川崎に甘やかされて幸せになって、そんで川崎に寄り添って幸せにしてやってちょうだい

4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP