「ほんとうに好きだったよ」 新谷と須藤、最後の逃避行へ——。

寄越す犬、めくる夜 (4)

yokosu inu mekuru yoru

寄越す犬、めくる夜 (4)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神98
  • 萌×226
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
17
得点
601
評価数
132
平均
4.6 / 5
神率
74.2%
著者
のばらあいこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
シリーズ
寄越す犬、めくる夜
発売日
ISBN
9784396784904

あらすじ

長年、須藤が“情婦"をやってきた 暴力団会長・良継(よしつぐ)。 彼の暗殺計画を知った須藤は暴走するが 新谷は放っておけず、須藤を連れて逃げた。 菊池には「お前だけは必ず生き残ってくれ」と 言い置いて……。 逃げ延びた須藤の故郷で 新谷は須藤の壮絶な過去を知る。 幼い須藤史哉は、いかにして 一人のヤクザ・良継に出会ったのか——。 【番外編も収録】 新谷くんのズブズブ二股生活は、W受のエッチなお求めにわりと忙しい! …なエロエロ番外編—— 腹を括った二股攻× 魔女系ヤクザ情婦×健気系チンピラの ドロドロ三角関係、慟哭の第4巻!!

表題作寄越す犬、めくる夜 (4)

新谷,24歳,お人好しなディーラー
菊池,19歳,ディーラー

同時収録作品寄越す犬、めくる夜(4)

新谷、お人好しなディーラー
須藤、会長のオンナ

その他の収録作品

  • extra(描き下ろし)

レビュー投稿数17

痛さの中に見える愛情と過去に萌えと涙が止まらない

待ちに待った『寄越す犬、めくる夜』の4巻目。

見てください、この表紙を。
今までの肌色率が高く、そしてそこはかとなく漂うシリアスな雰囲気とは一転、須藤くんの笑顔に目を奪われます。

もしかしたら、すべてがまるっと上手くまとまってのハピエン?

と思いつつ手に取りました。

が。
いやいや、のばらさん作品ですから。まだまだどこまでもドシリアス街道ひた走り、な展開です。

会長殺しを命令された菊池。
拉致られてしまった新谷くんの妹ちゃん。
その後の展開も気になりつつ、4巻では今まで見えることのなかった須藤の過去編も絡み思わず落涙しました。

痛くもあり、けれど再生の巻でもあり。

以下ネタバレ含んでいます。ご注ください。



前巻までで、会長暗殺を命じられた菊池。
そんな菊池を不審に思った須藤の行動により、菊池が会長を殺そうとしていることがばれてしまう。

「会長暗殺」がひそかに遂行されようとしていることに気づいた須藤がとった行動とは―。

会長のもとへ行ってしまった須藤を、新谷は追いかけます。
妹救出を菊池に託して。

会長殺しを命じられた菊池と、会長のもとへ走り、会長を銃で撃とうとした須藤。この二人の「これから」を案じ、二人とも守りたい新谷くんの想いや愛情が、ドシリアス一辺倒のこのストーリーにおいて萌えを滾らせます。

須藤が、「会長のオンナ」であった理由。
須藤と会長の間に流れる複雑な愛憎。

それが、須藤の過去編を通して描かれています。

ある程度予想はできていましたが、須藤の幼少期はそれは過酷でした。
そんな彼を救ったのが会長。
会長を「よしつぐくん」と呼び、彼を一身に慕い、思慕の情を募らせていく、子ども時代の須藤くんが健気で可哀想なんです。

よしつぐくんが須藤に向ける想いは、恋愛感情ではなかったにせよ、それでも愛情であったのだと思います。愛情ではあったけれど、複雑に絡み、そして解れることのなかった二人の関係はいつしか歪なものへと形を変えてしまった。

求めても得ることができなかった愛情を、今度は新谷くんに向けた。
向けたけれど、でも、その愛情もまた歪。

須藤、新谷くん、そして菊池。
愛情に飢えた彼らが求めた「愛情」はどこへ向かうのか。

かなり切なく、歪ではありますが、彼らが全身で愛情を求める姿に涙が止まりませんでした。

最後、新谷くんに抱かれながら須藤が言うセリフがあります。

菊池には敵わなかったけれど
新谷くんのことがほんとうに好きだったよ

このセリフがとどめでした。
涙腺崩壊。

このセリフの裏に隠された須藤の想いに、涙が止まりません。
そして過去形なのが気になる…。

ヤクザという裏社会を生きる彼ら、のお話で、しかものばら作品。
甘々の終着点を迎えると楽観的には思えず胸が痛いですが、でも、ハピエンを迎えてほしいと願ってやみません。

本編はかなり痛くシリアスな展開ですが、描き下ろし「extra」は一転甘々。

新谷くん×菊池ver.と、新谷くん×須藤ver.の2パターンの絡みがあります。

「新谷くん×菊池ver.」

新谷くん宅に身を寄せている菊池くん。
新谷くんに甘えて「抱いてオーラ」を出す菊池くんだけれど、ここには妹の美由紀がいる。
そうためらう新谷くんだが…。

「新谷くん×須藤ver.」

須藤に呼ばれた新谷くん。
「俺になら めちゃくちゃなことしてもいーよ」といわれた新谷くんだが…。

描き下ろしはめっちゃ甘々。そして爆笑必至な可愛らしいお話でした。

『寄越す犬、めくる夜』は痛い作品で、読み手を選ぶ作品かと思います。思いますが、この作品で描いているのは紛れもなく「愛情」なんですよね。

様々な、複雑な、そして深い。そんな愛情の形。
彼らに幸せな未来が来ることを願って、続編を正座して待っていようと思います。

23

こんな風に笑ってて欲しい

みなさんハピエン最終巻を予想されたという表紙。
わたしは「いやだーー!悲しい結末やめてーーー!」って感じでした。
いや須藤はとっても可愛く笑ってるんだけど、なんだか嫌な予感したんだよー。
最終巻じゃないので、まだまだどうなるかはわかりません。
このまま新谷といてよ。
もうみんな辛いこといっぱいあったんだから、あとは新谷にいっぱい愛されればいいじゃない!

よしつぐくんも死なない!
もちろん須藤も菊地も新谷も!
誰も死なない!
ハッピーでおわってくれることを心から願ってます。

4巻にして緊張感保ったまま面白さ爆発なので次巻も楽しみに待てます!

誰も死なないで!

10

須藤さんの過去が明らかに……

表紙を見た瞬間、「もしかして最終巻?ハピエンかな?」と思いましたが、そんなことはなくシリアス一直線。

この巻で須藤さんの過去が明かされます。
幼少期の環境や、どうして会長のオンナになったのかなど……
読むと須藤さんの幸せを願わずにはいられなくなります。

様々な思いが交錯する本作品。
手放しのハピエンは難しいと思いますが、少しでも当人達にとって幸せな結末を迎えてほしいです。

7

明かされる「須藤さんの過去」

今までは、良継を「ヤクザの悪い奴」だと思っており、そんな奴の元にいる須藤さんの気持ちが理解出来ておりませんでした。
しかし、須藤さんの過去……良継と須藤さんとの出会いがこの4巻で明かされ 彼もまた、亜矢子さん(須藤さんのお母さん)に捨てられた、可哀想な人だということが分かります。
上手く言葉に出来ませんが……何とも、複雑な心境です。

新谷くんは 妹の救助を菊池くんに任せ、須藤さんと共に逃亡します。
大事な妹を放っておいて、妹を拉致した人間と逃避行……??
全登場人物の中で、新谷くんの心境が1番読み取り辛いと感じるのは、彼の性格故でしょうか。

菊池くんは本当に一途で、愛らしいです。
新谷くんが、自分ではなく須藤さんを選んだ事実を目の当たりにしても、新谷くんを待ち続ける……
こんなに良い子、他にはいないと思います。
本当に、幸せになってほしいです……

6

oh……という気持ちです

いや……ついに4巻……この表紙……、
ここまで来たか……という感じです。

わたしも、この表紙の須藤さんは痛々しくて読む前から胸が苦しかった民だったのですが、
やはり苦しかった……。
話としては須藤さんの過去編
(どうして須藤さんはパンストを履いてよしつぐくんに迫っていたのか等がわかった)
最高な流れなんですけど、とにかく苦しい。
大泣きしながら読みました……。
この苦しい中でも、新谷……あんたは優しいのか……。
という気持ちです。
菊池の心情を思うとまた苦しい……。

ストーリー ★★★★★
登場人物 ★★★★★
エロ度 ★★★★★

でも好きです、最高!

5

まだ続くんですね?!

ずっと気になってはいたのですが、読まず仕舞でした。
4巻の表紙を見て完結かと思い、1~4巻まで一気読み。読み進める手が止まりませんでした。
でもまだ続きがあるのね、と少し残念ですが、その先が気になって仕方ありません。

子どもがつらい目にあっているのを見ると、なんとも苦しくなります。
しかも須藤の場合は、成長しても苦しいまま。
愛情を求めているままなのに、それが本当の意味で与えてもらえないなんて苦しすぎる。
なんとか救われてほしいけれど、彼の場合はどうなんだろう...難しい気もします。

ドロドロした重い雰囲気で進む話の中で、菊池の素直さと一途さに救われます。

ハッピーエンドがいいけれど、全てまる~く収まると拍子抜けしちゃうかも。
続刊を待ってます。

5

菊池の成長、須藤の自覚

はぁ〜〜、本作もまたダークでドロドロ、切なさも満載で胸が痛かった。

佐治陰謀に気づいた須藤が、他のやつにヤられるくらいなら自分がと病院に向かいます。
美由紀を救うために須藤を追った新谷と2人の逃亡劇が始まるんですよね。

春真にはツラい状況でしたが、新谷は春真を信用して頼って美由紀を任せます。
考えなしで間違いばかりしてきた春真が、新谷を想い、信じてひたすら待つ様子に成長を感じました。
新谷がどうであろうと、春真にとっては"特別な人"それに揺るぎがないのもキュンとして、切なかった。

新谷との逃避行の中で須藤の過去が明らかになります。
両親との関係、良継との出会い、両親の死、その後の生活、そして再会…。
黒ストッキングの謎と、本当に欲しかった物。
好きだったよ、と新谷に告げるのですが須藤は何処へ行くのかな…。
なんとか3人ともに幸せな、とまでは言わないので、そこそこ普通の生活ができる未来があればいいなと思います。

5巻はまだかな。待ち遠しいな。

3

まだ続くよ

このカバー、須藤が幸せに、あるいは?と思って読み始めましたが、須藤の過去が明かされる巻でした。
なぜ、ヤ○ザの親分である「良継くん」に元に居るのか、なぜ黒いパンスト姿なのか。

良継くんを狙おうとした菊池は、須藤にその企みを暴かれ、須藤は他人に殺されるくらいならと自ら銃を持って良継くんの元に向かう。

思惑が外れた佐治。しかし良継は彼等を追うなと命じる。組みの行方がどうなるかは今後の巻でしょうか。

須藤と逃げることにした新谷。菊池と妹は祖父の家へ待避させる。「放っておけなかった」という新谷。オーバードーズで倒れた須藤を、生家の近くで知り合った医者が助ける。
どうにもならなくなった須藤は過去を語り、新谷にすがる。それを受け入れる新谷。ここで本当に、W受け、になるのかな。

ここへきて神をつけざるを得なくなりました。読み応えのあるシリーズです。
今後どうなるのか、そしていつ刊行されるのか、待ち遠しい5巻です。

2

逃避行

佐治ちゃんの泣く顔が見たいよ派閥だったのに、良継がまさかの好みドストライク寡黙系イカレ野郎だったせいで全部持っていきました。亜矢子も大概でしたが、史哉のこのどろっとした粘性の高さに、良継はまんまと絡め取られたわけか。
どよどよしていた3巻分の反動で、まだスッキリ晴れ晴れとはいかないのに須藤も菊池も救われた感じになってきた。逃避行作品が好きなので、その新谷×須藤は反則。ソレはそうとしてextraのテンションよ。こう引いてみるとやっぱり1番ヤバイのは新谷なんじゃないかって気になってきます。新谷と良継…似てるよな。

0

読まずにはいられないシリーズ。

表紙の花束を持って微笑む須藤さんカワイイ…
今回明らかになった須藤さんの過去、闇が深いとは思ってましたが壮絶でした。

ヤクザ会長のオンナで、黒いパンスト姿の変態魔性ネコ。
やりたい放題の悪いヤツ須藤、あの姿が印象的で相容れないキャラだったんですが、
黒いパンストの背景を知ると、ただただ悲しいトラウマで心に空っ風が吹くわ…。

何よりも、ヤクザ会長の良継くんに対する印象まで変えてしまう。
良継は救ったはずの愛する女を、自分が殺したような感覚ですよね…。
一番の闇は須藤の母、アヤコでした。

愛され方、愛し方が解らないんだろうなぁと感じさせる、描写のオンパレードに心が渇く。
須藤の想いに応えない、ヤクザ会長の良継くんが一番まともに思える恐ろしさ。

この作品の終着点を考えられずにいられないんですが、
ここまでくると、三角関係の行きつく先にハッピーエンドを求めるのも違う気はする。
可愛そうな奴フェチの新谷には、
菊池も須藤も比較できないレベルの可愛そうな奴で、放っておけない。
ただ、新谷は菊池には頼れるという事実は大きいのかもしれない…。

それにしても、最後に見せたあの須藤の控えめな言葉の威力
「菊池には敵わなかったけど、新谷くんのことがほんとうに好きだったよ」…ズルいわ。
求めても求めても誰も埋めてくれない、空っぽだった須藤の心が、
可哀そうな奴フェチのお陰で、少しでも優しさで満たされたなら救われると思える場面でした。

番外編…新谷くんのズブズブ二股生活。
のばら先生は本当にスゴイ。
読者に嫌われるであろうズブズブ二股生活を、堂々と描ききるという潔さに万歳です。

泣き縋るワンコ受け菊池と、魔性淫乱ネコ受け須藤との掛け持ちエッチで、
結局貧乏クジしか引かないという新谷です。
どちらのエッチもそれぞれの魅力があって、私も選べない…。
でも、やっぱり年下ワンコ推しかな…菊池は泣き顔がよく似合います。

※Kindle:修正は白い斜線です。

9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う