のばらあいこ最新作!ドロドロ三角関係!!

寄越す犬、めくる夜(1)

yokosu inu mekuru yoru

寄养犬 辗转夜

寄越す犬、めくる夜(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神210
  • 萌×297
  • 萌25
  • 中立21
  • しゅみじゃない24

--

レビュー数
44
得点
1534
評価数
377
平均
4.2 / 5
神率
55.7%
著者
のばらあいこ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
シリーズ
寄越す犬、めくる夜
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784396783570

あらすじ

舞台はヤクザ経営のカジノ。バイトの新谷はチンピラ・菊池がやっていた金の横領に巻き込まれ、制裁を受けることに。制裁は「菊池をカメラの前で犯すこと」。泣きじゃくる菊池を犯した新谷は、同情のまま家に連れ帰る。同居しながら菊池の借金を一緒に返そうとする新谷だったが、ヤクザの情婦である須藤に1回30万円の肉体関係を持ちかけられ……。

ヤクザ・チンピラ・情夫・△関係・公開レイプ・変態プレイ、そして重厚なストーリー……と腐女子の好きなもの全部入り!!

表題作寄越す犬、めくる夜(1)

新谷,お人好しなディーラー
菊池,ディーラー,19歳

同時収録作品寄越す犬、めくる夜

新谷,お人好しなディーラー
須藤,会長のオンナ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数44

一度この泥沼地獄にハマったら、もう抜けられない!(読者も)

ここ最近、お花畑なBLばかり読んでいたので、
そろそろエッジの効いた作品が読みたいな、
と思っていたのでナイスタイミングでした。

舞台はアングラなヤクザの経営するカジノ。
カタギの人、新谷は妙なことに巻き込まれ、不本意な三角関係を強いられ…。

こちらの作品は攻め一人に対して受けが二人という、視点が散漫になりやすい難しいパターンを扱っています。

それなのに全くとっ散らかっていないし、むしろこの設定自体が話に奥行きを与えているので、なんかもう、本当に、作者さんの全てに、半端ないセンスを感じます。

のばらさんって二次を読んだ時、なんか言葉に出来ない不思議な印象があった方で、その後、商業の既刊作品を読む度に、徐々にキてはいたのですが。
まさか…こういう作品でスイッチが入るとは…。
うぉー。ついにのばらさんが自分のなかで大ブレイクしました!

とにかく、両方の受けが同じくらいの危険度を孕んでいて、
一筋縄ではいかないところがたまらんでした。

新谷(攻)は初め人の好さから菊池を拾い、自分の家に住まわせるのですが、
そのうちほだされて金勘定関係なく菊池を抱くようになり…

菊池は底辺のチンピラで、気に食わない奴は平気で殺してしまえるような面を持っている、本当にクズなんですが。
それなのにこの菊池、一旦懐くと真正ワンコ受けでたまらん可愛さを発揮するのです。

菊池は新谷とのHの時、幸せすぎてロレツが回らず、
「やさしいの らめなんれす…♡」って言っちゃったりして、
本当におまいはチンピラなのか!?と言いたくなるぐらい、
アレの時はグズグズで可愛くなるところがたまらん!
このHの時のあざと可愛いさ、中毒性の高いキャラです。

その一方で、菊池を助けるために、
新谷は会長のオンナ・須藤とも関係し…。

この須藤がえらい変態で、黒パンスト履いて人前プレイ&放尿とか、
変態度と病み度が高くてハァハァしました。

面倒くさそうなヤツ~。
も~嫌~と思いながらも、須藤の壊れ具合がたまらん。

こんなやつ(須藤)とは一刻も早く縁を切りたいところですが、
そうもいかない新谷の人の好さも相当なもんです。

でも最初は、新谷は須藤のことを好意的に思っていたんですけどね。
あんなキ○○イ制裁、プレイを強要されてしまったら、好意的な気持ちも粉々です。

それにしても三角関係で攻×受/受とか、
昔の私なら耐えられなかった内容ですよ(苦笑)
腐女子になりたての頃の私は受け攻めは超固定だったし、
主人公CP至上主義だったのでドロドロの三角関係なんてまず選ばない作品でした。

月日が流れる間に何があったのか、
今では三角関係も3Pも人前も変態もリバも好物とか…
何があったんやろ自分…


物語はまだまだ謎の部分も多く、
また、各キャラクターの思惑もよく分からないところがあり、
たくさん伏線が張ってあるようで、非常にこの続きが気になります。

次回はさらなるどろどろ関係が待っているのでしょうか。
もうこの泥沼から読者である私もはい上がれそうにないです(--;;)
2巻も楽しみに待っています!!!

※ところで新谷を見ていたら頭に藤○フミヤさんが思い浮かんで、勝手に新谷のことをフミヤと心の中で呼んでいる私。フミヤさんのことはよく知らないけどなんとなく似ている気がして。…で本を読み返していたら、カラオケで新谷がフミヤさんの歌を歌っていたので、まさか新谷のモデルはフミヤさんなんだろうか?と思ったり。他のキャラクターも何らかのモデルとかあるんだろうか。今回はあとがきがなかったですが、最終巻あたりでもしそういう詳細設定とかあるんだったら知りたいなぁ、と思いました。

12

咲人

※新谷じゃなくて須藤でした。表記ミスすみません。
今頃になって特典のペーパー&名刺を見てのけぞりました。
須藤の名前!史哉(ふみや)だった!!
ホンマにフミヤやったんや…!
ペーパーにも十八番はTURE LOVEって書いてあったし…!
須藤さん、なんか分らんけど須藤さんの名刺がハートに刺さった。
好きだ…

本当の面白さはキャラに込められた皮肉か

“W受け”というカップリングの斬新さだけで手に取ったら、思いのほかトゲのある作品で、どうレビューしようか暫く考えてしまいました。

この漫画の本当の面白さは、【新谷】というキャラに込められた皮肉かなと。
斬新なカップリングは、新谷の“業の深い普通さ”を際立たせるための道具に見えます。

攻めの新谷は、メインキャラ三人の中で唯一“まとも”に見えるキャラ。
そんな新谷に須藤は、「新谷くんは「カワイソウ」な奴に勃つんだろ 業の深い趣味してるね」と。
ここでまずうわっ…となって更に読み進めていくと、
新谷の趣味に応えるかのように、カワイソウな菊地くんが更に堕ちていきます。

読了時、
おそらく最初はなんとも思わなかったであろう菊地というキャラに対して、新谷のみならず読者の多くが(もちろん私も)情を寄せているんじゃないでしょうか。

ヤラレタ…と思いました。
人間の罪深い心理をこんな風に抉ってくるのばらあいこさん怖い…
そして読み返せば読み返すほど、須藤のセリフの一つ一つが深い。

作中で「新谷さんは普通の人なのに」と言う菊地に対して、「とっくに普通じゃないよ」と新谷が答えるシーンがあるんですが、こう答えられている時点で新谷はまだ“普通の人”なのですよね。
だからこその、その後の須藤とのセックスで壊され始める(もしくは解放され始める?)新谷は見モノ。
ここでハッキリと【菊地】と【須藤】という受けキャラ二人の意味合いに気付かされます。
もはや“W受け”というカップリングの斬新さに対するワクワクなんてすっかり吹っ飛んでいました。

「人のものを盗んだら罰が待ってる」
作中で何度も繰り返されるこのモノローグが、一冊読み終わる頃には麻薬のように甘美に脳に響くフレーズとなっているのもまた怖い。

“普通”の新谷が次巻以降どちらに転がっていくのか
“普通”に踏みとどまるのか、外れていくのか
新谷の行く末を想像して楽しみにしている自分のドス黒さにゾッとしつつも、発表誌がonBLUEということで期待値は俄然高まります。

“普通の人”(=マジョリティ層)と、“普通”という言葉の罪深さについて敏感にならざるを得ないマイノリティ層の読者では、読み方が大きく異なりそうな作品だと思いました。

12

人が堕ちるってこんな感じ…?

物語が『強い』です。
読み始めてみれば『コワいけどミタイ。見たいけど、恐い』という感じで最後のページまでいってしまう。そんな本です。
わたしは痛いのとか暴力的な作品が苦手なのですが、こちらは直接的な痛い表現はなくて安心しました。

起こる出来事は刺激的なんですが、ストーリーの描かれ方は落ち着いたテンションでじっくり進んで行きます。がちゃがちゃしてないです。
締める所や要所での表現が静かで、その意味や裏を考えてしまうからそう感じたのでしょうか。
特に、プロローグの最後。菊池の悲しいような諦めたような達観したような表情だったり、『君ら相応の罰は受けてもらうから』の次のコマ、トイレで両手で顔を覆う須藤だったり。その裏を、感情を、探りたくていろいろな事を思ってしまいます。

悩むのは新谷の人となりについてです。彼はただの『お人よし』で良いのでしょうか…。制裁喰らっている時に意見したり、放っておけないけど好きな訳ではないだろう菊池と何度も関係するし。須藤については最初好意的だっただけにショックだったのか、なんか冷たいし。でも、けっこう大物な気がしてきます。
…渦中に居すぎて、感覚がおかしくなっているのかもしれませんが。
彼の今後の動向、もしくは変貌が気になります。

じわじわ、螺旋状に落ちて行っている感じがする物語で、さらに次巻が気になります。
私としては須藤がちょっと切ない感想。須藤は最初から新谷好きだったのに。なんか須藤と菊池が好き同士でないにしろ、手が届く距離感だし。うらやましそう。
『ハッピーエンド』終わりは、期待しろと言われてもできませんが(笑)少しでも報われることを祈ってます。

10

もう、さすがとしか言いようがない

攻ひとりと受ふたりのドロドロ三角関係。
まだ始まったばかりというか謎が多い感じで、一作目でも充分濃ゆくてぶっとんだ内容ですが、さらにこの先ドロドロして行きそうな予感です。

表紙の三人。またなんともレジに持ってきにくいことこの上ない表紙。アニメイトではWカバー仕様でした。

新谷(攻)…カジノでバーテンダーのバイト。妹と二人暮らし。お人好しで面倒事は避けたいタイプだが、須藤と菊池に関わることにより、今までの生活が一変する。

須藤(受)…カジノの黒服でヤクザの会長のオンナ。ヤク中で何考えてるかわからない壊れてる系。両乳首にピアスで黒パンストご愛用。新谷に好意を示している(?)

菊池(受)…カジノのディーラーでドン底系クズのチンピラ。暴走族や少年院時代に男に犯される。初めて優しくしてくれた新谷に惚れている。

新谷は菊池の横領に巻き込まれ、須藤によって薬を使われ、ビデオカメラの前で菊池を犯すよう強要されます。それ以来、菊池を家に居候させ、横領金を肩代わりしたり、返済のため須藤と関係を持ったりと、新谷の人生が狂わされていきます。
『新谷くんはカワイソウな奴に勃つんだろ』
不幸のどん底にいる菊池を優しく抱き、包み込んであげようとする新谷の内側を、このような言葉を投げ見透かそうとする須藤。その須藤に煽られ翻弄され、新谷は徐々に須藤に対して暴力的な面を見せるように。菊池に温かく接する反面、須藤の手のひらの上で転がされ凶暴性を見せる自分に苦悩しているようです。

菊池がまたどうしようもない奴で、性奴隷にされてた自分を助けてくれた男に裏切られ須藤に制裁され、マトモな仕事にもつけず、返済のために身体を売ったり、人ひとりくらい殺しそうな精神状態です。そんな菊池にとって新谷は救いなんでしょう。新谷のそれが愛情なのかは今んとこビミョーですが、菊池はベタ惚れで、捨てられた子犬が居場所を見つけれそう?な感じでしょうか。とまどいながらも新谷に優しくされトロトロになる菊池が可哀想で可愛くてたまりません。

須藤が謎めいていて、すごく好きなキャラです。ビッチで変態で狂ってる系。普段他人に対しては冷酷なのに、セックスではドM。新谷と普通のデートがしたいと言い出すかと思えば、新谷とのセックスを愛人のヤクザに平気で見せる理解不能な思考回路。まともな人生送ってこなかったことは確かですね。新谷と須藤のセックスは痛いのアリのおもらしアリで、今後さらにヒドくなることを期待してます!パンスト破きプレイも燃えたけど、須藤の要望通り履いたままプレイもおねがいします!

今年入ってやっとこういうダークでイタイ系の超良作に出会えました。キャラの絡ませ方とか伏線の張り方とか、もういろいろ秀逸すぎて、さすがのばらあいこ先生!脱帽通りこして脱毛です。
本当に続きが気になる。完結まで何年かかるのか気が遠くなる。

今後三人の関係がどのようになるのか。新谷がタチ悪いW受のドツボにハマりそうで怖い。菊池がまたとんでもない行動おこしそうで泣けてくる。須藤の更にトンデモな策略や性癖にワクワク^ ^
受ふたりがキャラ濃いように見えますが、新谷もなんか爆弾抱えてそうで、絶対なにかありそう。
『人のものを盗んだら、罰が待ってる』
この言葉が全員に当てはまっていそうでこわい。全員罰を受けることになるとか?いまんとこハッピーエンドになる気がしないのですが…。気になる脇役もいますし、これからさらに波乱な展開になるのは間違いなさそうです。

8

サエナビー

素晴らしいレビューです。ありがとうございました。
上から言いたいのではありません。
これ読んで、自分はレビューするのをやめようとおもいました。完成されすぎていて。
共感の嵐です。

衝撃だった…

ヤクザ系は敬遠してきたことが多かったのでなのか… 読み終わった後すっごい満足して本当に買ってよかった、次巻も楽しみです。

同作者の他の作品も気になっていてもうすぐ新装版が発売されるので先に気になる作品を買ってみようと思って手に取ったのがこれなんですが… 

まず設定から面白そうと思って表紙にもやられました…

暴力的な感じはあまり好きではないですが… ドMっぽい受けの不良くんがすごい可愛かったのでニヤニヤが襲ってきました…

もう一人のキチガイ誘い受けもすごいいいキャラでこっちもドM… 黒ストやぶられて乳首のピアス引っ張られて漏らすシーンに衝撃… 頭狂ってんな&ああ、私こういう系の人結構嫌いじゃない!って思いました。

どっちのMとも寝てしまう攻め… まだこの段階ではよくわからないけど多分不良に惹かれてる気がするんだよなァ… ドロドロ三角関係らしいから、こっからが気になって仕方ない… 

少し紹介…

不良受け菊池の悪事に巻き込まれて一緒に罰を受けることになるイケメン攻め新谷そこで社長のオンナのキチガイM受け須藤からの命令でカメラの前で菊池を犯すことになり…

一文無しの菊池は借金を抱えていて行く場所がない、見張りのためと新谷は居候させた。菊池が新谷に内緒で体を売って帰った夜、声を殺して泣く菊池を新谷は優しく抱いた「(菊)どうして… 新谷さんは普通の人なのに」「(新)とっくに普通じゃないよ お前が泣くから」

菊池に情がわいたのか… 新谷は須藤に借金返済のことで話をする。そこで須藤に一回30万で俺とデートする?と言われる。その後須藤の(社長の)家で少し抵抗するも「俺がするからいいよ」とまたがれ… なにかの拍子に攻めくんがちょっと覚醒する感じのシーンがあるんですが… ヤバいです(鼻血 

金髪の不良受け菊池は口も態度もすごい悪いんですが… 新谷には犬みたいで可愛いと言われてました 本当に可愛いです、ギャップっていうのか… 本当に犬みたいで口調の変わり方とかすごい悪い人オーラでてるのにド変態Mでキャラ一人一人くせありぎ!めっちゃ好き!

これは攻めの取り合いになるのかな… 純粋に愛す感じの受けと弱みを握ってる受け… 攻めはどうなってしまうんだろうか… なにこれ面白い… 次巻が本当に気になる… 

8

面白すぎてその日に5回読み返しました!(笑)

前々からランキング上位で気になっていました!しかも私が大好きな裏社会ドロドロシリアスもの・・・!!!さらに某お店の限定版カバーの新谷クンの背中と顔の角度がたまらん自分好みで・・・
ホントに皆さんの言う通り面白すぎて、最初は夢中になってページをめくってました!!!

ホントに最凶なW受け・・・!
解説を読んだ限り、お人好し攻めって書いてたからただただ流されて翻弄されんのかと思ったら、違うんですね~
こーゆー感じね♡っていい意味で期待を裏切られました!
ぶっ壊れ系受けの須藤もまだまだ過去がわからないし、こーゆー訳ありイカレ受けが本来自分は好きですが

今回はドン底菊池に私のハートを持っていかれました(;´Д`)!!!
可愛いーーー!!!チンピラ系好きじゃないのですが想像と違っててホントに可愛い・・・・
彼、ドン底ですが、唯一の心の拠り所があるし、そこが救われてますね・・・

そこまで酷く暗い話でもないので個人的には。全然痛くも不快でもなかったです!

のばら先生表現お上手・・・!!!えろえろだけど変にグチョグチョじゃなくて、泣き崩れ顔も崩れてるのに綺麗というか・・・!!!伏線のはり方も素晴らしい!
個人的には100点の作品です!

続きが気になって仕方が無いぃぃーーー!!!

6

試し読み

試し読みの段階で購入を即決しました(笑)
可愛らしい絵柄なのにW受けで闇社会系という...。わたしの好きなものがてんこもり。釣られずにはいられません。
(他の方が言っておられるように、やはり設定が設定だけに、暴力などそういった描写が所々あるので、苦手な方は気を付けた方が良いと思います。)
のばらあいこさんのお名前も様々なところで耳にしていたので...!楽しみすぎて発売日までは毎日試し読みを読んでました(笑)

内容は本当に、最高の一言です。
のばらあいこさんの作品は初めて読んだのですが、本当にキャラクターの表情が色っぽい..!とろりとした口元や、虚ろな目、良い意味で消えてしまいそうな輪郭。全ての部分にドキドキが止まらなくて、ページを捲るのが困難になるくらいでした。何度まくらに突っ伏したことか..!
攻め1人と受け2人の泥沼感。それぞれはなにを考え、なにを思いながら、抱いているのか、抱かれているのか。
話が進むにつれて、3人の沼に自分も引き込まれていくようでした。もう抜け出せない。でも抜けたくない。
まだ1巻ということもあり、謎も多く、また受けが2人なので攻めはどうするのか...気になりどころが満載です眠れません。受け2人が幸せになれる未来がほしいなあ。あと、2巻以降の脇役の動きも気になります。


久しぶりに自分の琴線にビビっとくる本に出会えました。のばらあいこさんの作品、少しずつ集めていこうと思います。
初レビュー失礼いたしました。

5

菊池くんが可愛すぎる。

下っ端’’オンナ”にされ、少年院に入ってからも、便所扱い。
それを救ってくれた”王子様”にも裏切られる・・・。
可愛そうな菊池くんが可愛くてたまりません。

質問なのですが
須藤さんが菊池のものを咥えているシーンの意味が分かりません。
横にいるのはグルでやっているウェイトレスですよね?

5

エロいなー!

闇社会とかドロドロ三角関係とかそれ以前に登場人物の変態度が半端ない。
どうしようもなくぶっ飛んだ受け<須藤>と<菊池>二人の間で揺れる攻め<新谷>が唯一まともかと思いきや、まったくそんな事はなく。
この色男も相当きてますな。性的な意味で。
それはそうと、のばらあいこ先生はエロシーンが何度読み返しても色褪せることなくエロい。あと体液の描き方もエロい。
闇社会にどっぷり浸かって戻れない可哀相な受けの涙がまたエロい。
兎にも角にも官能的でたまらん一冊です。
先の展開がまったく読めず楽しみだ!
ただしク○リ関係が出てきてかなり人道に反する内容なので(グロくはない)、苦手な方は注意です。

4

おおぅ

めっさおもろかったです。
展開が読めなくて、続き続きってさくさく読み進めました。
初読みの作家さんでした。(失礼ですがお名前も見たことなくて)
むしゃくしゃしてたのをまぎらわすために、何となく買ったのですが(本屋で適当に手にしたのがコレだった)、大成功!というかおもしろかったので、すぐに秋山くんも購入して読みました。
個人的には須藤いいなと思ってます。もっと壊れてもっと攻め様を翻弄したれ、と。続きが非常に待ち遠しいです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ