寄越す犬、めくる夜(3)

yokosu inu mekuru yoru

寄越す犬、めくる夜(3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神54
  • 萌×214
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

46

レビュー数
10
得点
338
評価数
72
平均
4.7 / 5
神率
75%
著者
 
媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
シリーズ
onBLUE comics(オンブルーコミックス・祥伝社)
発売日
価格
¥650(税抜)  ¥702(税込)
ISBN
9784396784270

あらすじ

チンピラの菊池は、暴力団会長暗殺を命じられ崖っぷちに立たされてしまう。
苦しみをひた隠しながら、新谷に「好きです」と想いを告げた菊池は、うまれて初めて、愛され幸福にひたる夜を過ごした。

そんな健気な菊池を新谷は心底愛おしいと思い、借金のために寝ていた須藤と手を切ろうとするが、須藤もまた、新谷にすがりたいほどに心はボロボロだった。

傷ついた須藤は菊池を罠にかけ、大人の玩具を埋め込み新谷を待った。
3人で交じり合う、狂乱の夜を過ごすために──。

闇社会に踊るドロドロ三角関係、緊迫の第3巻!!

表題作寄越す犬、めくる夜(3)

新谷・お人好しなディーラー
菊池・ディーラー・19歳、須藤・やくざの会長のオン

評価・レビューする

レビュー投稿数10

一番残酷なのは

うぅー、一気に読んじゃった。
ここで、ここで終わるかー
新谷をはさんで、菊池と須藤の3人が一部屋に、
愛し方も、愛され方も知らなかった、そもそも、愛の存在さえ知らなかった3人が、
愛すること、愛されることを知ってしまった幸福と不幸。
この先に待っている結末って、誰かが幸せになったとしても、誰かは幸せを得られそうもない。
それよりも、誰一人として、幸せになったりしそうもない。
いったい、どんな結末になるのかしらね。

1

束の間の

菊池萌えな私は2巻で少なめだった新谷との絡みを希望していました。
うん、希望は叶った。いとしい、好きだ、とも言ってもらえてた。だけどそれ以上に切なく苦しくて見てらんない…菊池のモノローグが健気すぎて泣ける。ああ菊池はただおバカなだけなのにこんな事になっちゃって…。
3巻では佐治も言っているように会長暗殺前の束の間の(最後のかも)新谷との時間が中心に描かれていました。控えている事が事なので全然安らげない安らぎの時間でしたけど(泣)

終盤に須藤が美由紀と菊池を拉致しますが、これはやはり今後の展開に繋がるのでしょうかね…。好転するのかそれとも益々ややこしくなるのか、気になる所です。
…須藤は、うーん過去アリで同情の余地はありそうなんだけど、結局ヤクチュウじゃない?って所に行き着いてしまう。新谷への思いが例え本物で菊池と新谷の関係に嫉妬や寂しさを覚えてるとしてもクスリをやってる時点でちょっと信用できない、彼の何が本当なのか。
今後須藤の過去を掘り下げれば少しは好きになれるかしら…

それにしてもblの刊行ペースの遅さがもどかしい作品だなぁ笑。ツライ展開を待つモチベーション維持って難しい、歳のせいか年々重たいテーマを読むのが精神にクる笑。続きは完結してからにしようかな。

5

二股は泥沼

某書店でたまたま目にして気になったので、1巻からまとめて3冊購入
一気読みして後悔。続きが気になりすぎる…一気にラストまで読みたい作品だった

愛情と安らぎを求めている受け二人と与えるふりして与えていない攻め
本当にどう転がるのか先が見えない。ハピエンになるのかなー安易に行ってほしくないなーでもそうなるのかなっていうのと、誰も救われない鬱展開で終わるのもいいなという気持ちが混ざる
容赦ない展開がいいかな

最初から須藤が気になってこのキャラじゃなかったら途中で読み捨ててた。好きな人には申し訳ないけど、菊池も新谷も好みじゃない
それだけに須藤がここまで新谷に惹かれてるのがわかるようでわからない。須藤、新谷はやめて他のちゃんと須藤を見てくれる人を探せよ…
って3巻読み終えて最初に思った
カワイソウな姫が好きな王子とか、姫がカワイソウじゃなくなったら速攻で違うカワイソウな姫に乗り換えそう
須藤サイドがまだはっきりしないのも気になるところ。芦田もこの先絡んでくるのだろうか。

3巻で菊池の会長殺しの件は片付くのかなーと思ってたらまだ引っ張るのかー
とにかく色々気になるし、最後まで読んだら評価変わりそう

まとめ買いしたのでフェアのペーパーが付いてきたけど、犬耳はやした菊池と猫耳の須藤が可愛かった

2

1巻読むごとに印象が変わる。評価が定まらない。

前巻を読み終わった時点で先が全然見えないなーと思っていたら、なんと今巻がようやく折り返し地点とのこと。
そんな長丁場の作品だと思っていなかったのでインタビューを読んでびっくりしました。
彼等の先行きはまだまだ闇の中な第3巻です。

さて、「神」〜「中立」の間をフラフラして未だ評価を決めかねている本作、今回もかなり評価付けを迷いました。とりあえず萌2にしておこうかという感じです。すみません。
1巻に手放しで「神」を付けれたのは、正直ここまで人間の残酷な心理を抉ってくる作品だと思っていなかったからなんですよね。
今はあまりのエグさに心がざわついて仕方ない。面白いと感じる自分に吐きそうにもなる。
すごい作品だと思うけど、今にも振り落とされそうです。

今巻を読んでぼんやりと思ったこと。
2人の受けが「カワイソウ」を競って王子様の愛を取り合っている。新谷に選ばれるのは菊池か須藤か。
実はシンプルにそんな話なんじゃないの?と。
そんな視点で読み直すと、また新しい面白さが生まれてくる。
今回、須藤がハッキリと言うんです。
「「カワイソウ」がおまえと…俺の 新谷くんにとっての価値
哀れんで 見下して 欲情してくれる」
須藤のセリフを読んで、
菊池は底の見えない真っ暗闇に宙吊りになりながら頼りない腕一本で新谷という命綱に縋っている。
須藤は真っ暗な沼の底で手を伸ばして助けてと叫んでいるがこの声は地上には届かない。
こんな2人のイメージが今私の頭の中には浮かんでいる。
新谷の目にはどちらがより「カワイソウ」に映るんだろうか。
現時点で優勢なのは菊池だけど、それはまだ須藤にどんな「カワイソウ」が隠れているのかを新谷が知らないからな気もする。
3巻ラストの菊池の告白は胸を打つ。
だけど最後の1ページをめくった時、私は揺らいでしまった。

あえて嫌な言い方をします。
新谷はどちらの「カワイソウ」が好きなんだろう。
そして、
「カワイソウ」が好きな新谷は、目の前にカワイソウな人間が複数現れた時、誰かを選び、誰かを切り捨てるんだろうか。

7

ここまで来たらオチを見るまで脱落しないぞ

救いの糸口見いだせないなー
内容は今まで通り、真っ暗闇です。
でも3巻目まで来ると、そんなことはどうってことないんです!

今巻は、菊池が特別に可愛くて可愛くて最高なんです。
1巻の時から大好きでしたが、今まで以上に好きが止まらない。
もう菊池受けを見たいがために、この暗くて怖い漫画を読んでると言っても
過言じゃないです。

今巻の菊池は、佐治くんからの「鉄砲玉」というアシストが功を奏して、
前巻で完全に須藤に持っていかれた感のあった新谷を、自分側に
グッと引き寄せる程、すさまじい悲愴感を溢れさせてます。
さすが菊池。
家庭環境まで痛々しい。
だからこそ余計に、献身的な生き方の菊池が不憫で不憫で。
健気に懐いてくるあんなヤンキー、猛烈に可愛いからできる限り
幸せになって欲しい、ていうかもう普通に生活してよ、って感じ。

前巻までの展開で菊池の幸せな様子なんてもう描かれないんだろうと、
勝手に絶望してたので、今巻でまた新谷と抱き合ってる菊池を見れただけで
感無量です。
12話が読めて本当に良かった。

そして、この幸せ12話から一転。
はなっからどん底にいる菊池を、さらに落とす須藤との地獄の3P。
2輪挿しならぬ、2口挿し??のシーンは、思わず笑ってしまいました。
こんなシリアス展開中に男性向けエロ漫画みたいな構図、面白すぎる。
そして、ここまで来ても菊池は新谷命の健気な姫だった。尊敬。
ここまでやるなら、100%ないとわかっていても佐治×菊池とか
見たくなるゲス心。

菊池見守り隊として、4巻も楽しみです!

7

息苦しいほどの膠着状態。

1,2巻と読んだ後、この作品の感想を何て言ったらいいのかとても考えました。
ただ単純に「好き」とか「面白かった」という表現とは合わなくて、やるせない重たい雰囲気に締め付けられるようで苦しかったけど、とても深く胸に刺さったというのが、一番私の中では近い表現だったのかと思います。
どうしたらこの雁字絡めの三つ巴の関係がほぐれるのか、一筋でも希望が見えるのか、とても気になっていたので3巻が出るのを心待ちにしていました。

会長暗殺を前に大好きな新谷に抱かれるのも最後かもしれないと健気に尽くす菊池が「いとしい、好きだ」という言葉とともに抱かれるシーンではぐっと胸が熱くなる一方で、新谷に救いを求めながらも拒絶される須藤が「愛してるよ」と言った一言があまりに悲しくてやるせない思いでいっぱいになりました。
どちらかを幸せにするためには一方を切り捨てなくてはならないとわかっていながらも、一旦は須藤を拒みながらも捨てきれない新谷のもがけばもがく程深みに嵌まっていく姿も印象的でした。
複数プレイ大歓迎の私ですが、不快というのではなく、こんなにも悲しくてツラい3Pってこの作品が初めてかなぁ…

受け二人の過去や背景も少しずつ明らかにされてきたので、4巻では少しでも3人が幸せな方へ向かってくれるといいと思いつつも、取り巻く状況もそれを許さなそうなので、せめて一時だけでも、暗い欲望などと考えずに心から愛し愛される幸せに満ちあふれた時間を過ごしてほしいと思いました。

5

辛い…

1・2巻を読んで三人の着地点が読めなかったんですが、3巻でもやはり読めません。
三者三様の感情が痛く辛い。

菊池の新谷へ向ける愛情が、健気でひたむきで切なくてたまらなかったです。
殺しを命じられ自分には先が無いと思ってる中、新谷から返して貰う愛情がどんなに嬉しく悲しいか…。

須藤の方はクスリに溺れつつも新谷に執着してます。
拉致した新谷の妹を盾に、自分の前で菊池を抱くよう脅し、そして菊池の前で自分が新谷に抱かれる。
そんな須藤が最後に言った言葉と涙が、須藤の悲しい生き様を表してて胸に迫りました。

今巻が折り返しとの事、先に光が全く見えません。
次巻がどんな展開になるか、ビクビクワクワクしながら楽しみにしてます。

4

題名の意味が理解できた巻でした。

闇社会での三角関係を描いた作品の3巻です。
3人が何を選び(選ばされ)、どう生きるのか、続きが気になっていました。

少しネタバレです。

脅迫され、殺しを命じられている菊池。新谷に好きだと告白する。
新谷からもいとしいと言われ、このまま死んでもいいとさえ思う。

全身で縋ってくる菊池を放っておけず、裏切りたくない新谷は、いっしょにいて欲しいという須藤を突き放す。

須藤は、新谷に執着し、新谷の妹を人質に自分と菊池がどう違うのか、どう抱くのか見せろと迫る・・。

新谷、須藤、菊池の関係性が一気に露呈する後半は、圧巻だと思います。
酷いことをする須藤ですが、最後に見せた涙は、やりきれない気持ちになります。

危険と知りつつ関わって、一番傷つけたくない妹も危ない目に合わせることになってしまった新谷も、イカサマで借金抱えたチンピラの成れの果てである菊池も、自分の本心を偽って薬に溺れる須藤も、それぞれ自業自得だと思う反面、人の弱さを見ているようで、どうか救われますように、と願ってしまいます。
菊池は、この巻で新谷に好きだと言われたことでもう救われたのかな・・

次巻が待ち遠しいです。

7

とてつもない巻でした。

久しぶりの新刊、待ってました!!

ネタバレ含みます。








2巻の最後に殺人を頼まれてしまった菊池くん…

やっぱり裏社会から抜けられず、どんどん沼にハマっていく様子が見てて辛い…

そして2巻で新谷さんに抱きつけなかった菊池くん、今回は抱きつけた…!!
ラブラブなエロシーンあります。

そして須藤さんは絶賛暴走中って感じです…
クスリの影響で嘔吐やら幻覚やら…
そして、新谷さんの事を本気で好きなんだろうけど、好き故の行動がとってもクレイジー…

終盤の3Pはなんというエロさ。
そして最後の須藤さんの涙…見ているこっちまで泣いてしまいそうなほど切ないです…。

4巻は1年後くらいかな…早く読みたいです。

6

孤独な男たちが求めたものは

『寄越す犬、めくる夜』の3巻目。

なんちゃってではなくがっつりな裏社会を描いた作品で、暴力シーン有り、レイプ有り、人を殺めたのでは?と思えるシーン有りのかなり痛い展開。
という事で、苦手な方もいらっしゃるんじゃないかな、と思う作品ではあるのですが。

この世界観にどっぷりと飲み込まれ、圧倒される。読み始めると一気にストーリーに引き込まれます。

ネタバレ含んでいます、ご注意を。




2巻の終わりで、新谷を守るため、そしてこれからも共にいたいがために殺しを引き受けた菊池。
それだけ、新谷に依存している、という事でもあって。

そんな全身全霊で自分を慕ってくれる菊池に、徐々に心を持っていかれる新谷ですが、自分の気持ちを受け入れ、愛してくれた新谷との別れが少しずつ菊池を襲う。自分が引き受けた、これから犯すであろう犯罪によって。

切ない…。

菊池という青年は、本当にアホな子です。
なぜ、こんなにアホな子なのか。
なぜ、チンピラのようなことをしているのか。
それが、少しずつ見えてくる。

彼の子ども時代の劣悪な家庭環境。
彼はおそらく「学ぶ」という機会に恵まれることがなかったんだろうな、と。

1巻の序盤では、どうしようもないクズな男に見えましたが、新谷という存在を得て、本来の優しく甘えたがりの性質が出てきたように思います。

新谷に「愛おしい」と告げられるシーンには思わず落涙。
なんとなく2巻までは新谷の優しさに嘘っぽさがあったというか、なんか裏がありそう、と思って読んでいましたが、この時の、新谷の告白はまごう事なき真実だったと思うのです。
だって、いつも隠れドSのように受けさんたちを抱く新谷が、この時のセックスの時は優しかった…。萌えた…。

けれど、新谷にはもう一つ守るべき存在が。
実妹の美由紀。

美由紀を守るために菊池の目の前で須藤を抱く。

新谷は美由紀を守るため。
そして菊池は新谷のそばにいるため。

けれど、須藤は…?
彼の気持ちが見えてこない。

新谷が菊池を愛したのは菊池が「カワイソウ」だからだ。

というセリフがありますが、それは、言い換えれば、どんなに「カワイソウ」な立場であっても、自分を愛してくれる人はいない、という須藤の慟哭のようにも思える。

須藤の、少しずつ見えてきた彼の過去。
自分を囲っているやくざの親分との、本当の関係。
そして、新谷に固執する理由。
見えてきそうで、見えてこない、彼の気持ちが、4巻で出てくるのか。

すでに続きが気になって仕方ない。

早く4巻が読みたいです。

8

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ