• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作ハッピークソライフ 1

粕谷京太郎,左遷された会社員(リバ)
葛谷善行,ニート(リバ)

同時収録作品ハッピークソライフ番外 レオ編「恋」

矢島獅子(レオ)
葛谷善行

その他の収録作品

  • 氷刻苦(描き下ろし)
  • カバー下:キャラ紹介

あらすじ

深夜のオフィスでの特殊ハードプレイが社長にバレて
ド田舎に左遷&降格というエリート街道から転落してしまった粕谷は
一刻も早く業績をあげて都会へ返り咲く決意をするも、
町のみなさんが集まる飲み屋で左遷の理由でもあるお尻大好きなことを
隣人のクソニート・葛谷に赤裸々に暴かれてしまった!
人としての尊厳を失って打ちひしがれる粕谷に葛谷が笑顔で一言。
「アナルめっちゃ気持ちいいもんな!!!」

はらだ節が随所に息づく
令和BLのアールヌーボー爆誕
待望の最新シリーズスタート!!!

挿しつ挿されつWネコ

相棒かセフレかアナルフレンドか……。
“クズ"と“カス"、ふたりのノンケが巻き起こす
ろくでなしクソエロコメディ☆

作品情報

作品名
ハッピークソライフ 1
著者
はらだ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
シリーズ
ハッピークソライフ
発売日
電子発売日
ISBN
9784801967960
4.4

(681)

(484)

萌々

(107)

(49)

中立

(17)

趣味じゃない

(24)

レビュー数
76
得点
3012
評価数
681
平均
4.4 / 5
神率
71.1%

レビュー投稿数76

これはなかなか描けない。貴重。

これは!
さすがはらださん。
なかなかここまで描けないですよ。すごいわ。

カス、クズ、クソ。
はい。めちゃくちゃ性にだらしない男たちばっかり登場します。
変態的性生活によりエリートコースを外れ左遷された粕谷が、左遷先の田舎でアナル好きな性癖がバレ、バレたんだからまぁいいかーとばかりにお隣さんのアナル好きな葛谷とネコ争いを繰り広げる。
とまぁホントどうしようもない話なんですが、クソライフをはらださんが描いたらこんなにも劇的になるんだーって、感動すらしました。
とにかくおもしろい。エンタメとして最高。

いやでも、仕事とか人間関係とかモラルとか、そんな理性を取っ払った素直な男の本能を素直に描いたらこうなるかもね?と思える、ある意味目から鱗な作品なんですよ。

イジメとか強姦とか、快楽重視のエロだけの関係とか、純愛とは程遠い内容です。
(イジメ犯のレオは、葛谷に対して純愛のつもりはあるんですけどね。相手に全く受け入れられてないというのが大問題)
そんなところから、2巻ではどうなるのかな?

基本ネコ取り合いのポジション争いは好きじゃなかったのですが、あまりにあからさまに快楽を求めていく粕谷葛谷の正直っぷりにやられました!
いっそ清々しいわ。

23

ネコ×ネコ?もう、笑いしかない!

なにこれ、サイコーに笑える!

はらだ先生の新刊‼︎と、あらすじも読まずに飛び付きました。
今のところ、完全なるエロコメディ(笑)
表紙のカッコ良さはどこいった⁉︎

ただのクズとカスのあれこれを描いてるだけだし、
二人の過去も甲乙つけ難いくらいの黒歴史。
それなのに、全て笑い飛ばすテンポとキャラ、
そして、何よりも画力の高さよ!
表情が最高に面白い(笑)

描きようによってはディープになる話を、
コメディ要素たっぷりに仕上げるはらだ先生の手腕に脱帽です。

主人公は、エリートサラリーマンから一転してど田舎に左遷された落ちぶれリーマン・粕谷と、
ど田舎の隣人ニート・葛谷。

粕谷が左遷された理由が、すでにハード(笑)
社長令嬢の彼女との深夜のプレイを目撃されたうえ、
そのプレイが、ペニバン付けた彼女と逆AFを楽しんでいたというもの^^;

それが本社にも左遷先にも広まっちゃってるんだもん……
生き地獄じゃね?
と思うけれど、粕谷って意外とメンタル強者なのよね。
そして、左遷先の人たちも受け入れてくれてる⁉︎
ここは意外と生きやすい場所なのかも(笑)

対する葛谷は、中学時代からいじめにあっていて、
レオという男にオナホ扱いされていました。
祖母の年金で暮らしていたけれど、
その祖母も亡くなり現在はニートに。
このレオのおかげで掘られることにハマってしまったという、
どうにも救い難い男なんです。

こんなアナル好き同士が出会ってしまったら、
もうやることは一つ(笑)
完全なリバですが、女の子好きな自称ノンケです……

とにかく笑えるネタが多すぎるし、
突然ファンタジー要素ぶっ込んでくるし、
葛谷の元カノと元セフレがレオの家族だったり……
とにかくメチャクチャ(笑)

一話完結のオムニバス形式なのですが、
大筋として繋がっています。
粕谷と葛谷は恋人ではなく、
まだまだ恋愛には発展しそうにありません。

喧嘩しながら仲を深めていくのでしょうね。
すでに、お互いを必要としている感じは伝わってきます。
類友故の同族嫌悪(笑)
低レベルな言い争いには毎回笑ってしまいました。
この二人がどうやってラブに向かうのか気になります。

まわりの人々のキャラも個性的で、
特に葛谷の因縁の相手・レオの存在感がすごい!

番外編は、このレオ目線のお話。
葛谷への一方的な愛は全く伝わらない展開が可哀想でもあり、
面白くもあります(葛谷にとっては笑い事ではない)。

葛谷の出自も謎のままだし、
まだまだこれから深まっていく作品のような気がします。

とっても笑えて楽しかったけど、
病み要素もたくさん含まれる内容です。
評価は分かれるかな?と思いつつ、
私の評価は文句なしの〝神〟です!

ふたりにハッピーライフは訪れるのか?
首を長くして次巻を待ちたいと思います^^

20

マジで性癖にぶっ刺さった

良き!
リバ苦手な私も美味しくいただけました!
2巻では粕谷くん主体の話が見れたらいいなーと期待します!

13

最高でした……

なんでこんなに面白いのにこんなにまとまっているんだ、と思いました。

11

はらだ先生、惚れ直してしまいます!!

はらだ先生のファンで、迷わず作家買いした者です。
あらすじを見た時点では「エロを全面に押し出した内容か…どんなエグい作品なんだ!?」と、恐れ慄きながら楽しみにしていました。
しかし!恐れることは何もありませんでした。
面白すぎます!!!
深夜ページをめくりながら、何度も大声で笑ってしまいました。終始アダルトな内容なのにエグいどころかむしろ爽やかな読後感は、さながら生搾りのオレンジジュース。濃厚さを失わずに喉をすっきりと駆け抜けていきます。
これほど官能から離れて官能の世界を描くことができるんだ、と感動しました!
見た目は薦めにくいのに、読むと誰かに薦めたくなる作品です。そして、自分はやはりはらだ先生が大好きだなあ、と実感する作品でもありました。

11

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP