兄弟愛と恋愛で揺れる、義兄弟の愛の行方。

陽だまりスターライト

hidamari starlight

陽だまりスターライト
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×217
  • 萌11
  • 中立1
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
12
得点
167
評価数
47
平均
3.7 / 5
神率
27.7%
著者
いちかわ壱 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リイド社
レーベル
SPコミックス mimosa
発売日
ISBN
9784845855698

あらすじ

塾講師の葵は、血の繋がらない高校生の義弟・陽人と二人暮らし。
陽人のことが大好きな葵は、両親の死後、二人だけの家族として愛情をかけて育ててきた。
溺愛するあまり生徒達に弟離れを提案されながらも迎えた陽人の18歳の誕生日、
例年通り祝っていると、陽人が「あなたの恋人にしてください」と言ってきて――…!?

表題作陽だまりスターライト

米田葵,30歳,塾講師,義兄
米田陽人,18歳,高3,義弟

その他の収録作品

  • 19歳の夜(描き下ろし)

レビュー投稿数12

『可愛いと可愛いを足して2倍しても足りないくらい』無自覚溺愛ラブ♡

親の再婚で兄弟となって以来、誰よりも何よりも弟・陽人を優先して来た葵こと「あお君」。
さすがいちかわ先生らしく。幼少期の陽人はもぅ天使!これは葵が執着しても仕方の無い愛らしさ‼︎ 両親が他界してからというものの「陽人は俺が守ってやる」と誓って、今日まで生きてきた。ただし、葵の陽人への気持ちは無自覚過ぎて恋では無い。一方でまだ高校生の陽人の方は、思春期になり意識しまくり。最初から陽人にとって葵は恋なのだ。っていう2人のすれ違いのジレジレモダモダをひたすら愛でるお話です。
葵は勿論良い大人なんですが、少しもスレる事なく愛らしく育った陽人が可愛い過ぎる‼︎
葵が身悶えするのもさもありなん。
思慕と恋を勘違いしているのではないかとグルグルしたり。陽人の友達に嫉妬している事に気付いて戦慄いたり。とにかく葵がブンブン振り回されている様子が可愛いくも可笑しい。

当て馬未満の相原くんは、陽人の良き理解者となるだけなんだけど、葵が勝手に嫉妬するという独占欲イベントの発生源となり、結果良い仕事をします。
いちかわ先生なので、エチは無くて。風呂上りの陽人にドギマギする程度なんですが、そのモダモダ含めてメチャカワです。ぷりりんとした陽人のお尻を意識してから、がっつくまでもモダモダし続けます。描き下ろし「19歳の夜」まで。キス止まり。しかもその夜すら、結局陽人の方も葵が「カッコ良すぎて無理!」ですし、葵もそんな陽人が「可愛い過ぎて無理!」なんだが。末永く爆発しろ!って感じです。

1

可愛さにキュンキュン

葵が中学3年の頃に親の再婚で弟となった一回り年の離れた陽人。
両親を事故で亡くしてから10年間仲良く暮らしてきたが、陽人が18歳の誕生日に満を持して葵に告白。
陽人を目に入れても痛くないほどに溺愛するブラコン葵だが、陽人は「家族愛」ではない「恋愛」対象としてみて欲しくずっと18歳になるのを待っていた。


もぉ~とにかく可愛い!!
陽人めっちゃいい子で一途っぷりもたまらなくカワイイ!
葵のブラコンっぷりもめちゃくちゃ癒されました(笑)

葵の勤める塾に通ってる陽人と塾も高校も同じイケメン相原が途中登場。
陽人の想いに気づいた相原が仲良くなろうと近づいてきて「当て馬キターーー」とか思ったら、これまたこの子がめっちゃいいこ♡
兄に恋をしてる陽人は今まで誰にも相談できなかったけど、唯一気持ちがバレた相原に”兄への片想い”を相談・・・というか弱音を吐く。
しかし、相原が二人の雰囲気を見て「両想い」と感じるも、余計な口出しはせずただただ優しく話を聞いてあげる相原。
何この子!好きー!!

もぉすべてがホッコリ♪
めっちゃ可愛くて癒されました!!

1

優しい2人が可愛い

いちかわ壱先生の作家買いです。
先生の優しい世界観が好きです。
こちらは全く予備知識なく読みました。

おぅ…血の繋がらない兄弟もの。両親他界して、兄が育て上げた可愛い弟ですと…?
もう期待しか有りませんでした。

ちびっこ時代の陽人は、葵が大切にしようと決心するのがわかるほど可愛かった!だからこそ、兄の葵が陽人を弟としてしか見れなかった事が理解出来ます。
でも、陽人も高校3年生。進路にせよ、葵に対する想いもじっくりと考えていたんですね。

葵に告白してから、陽人との関係は意識的なものになっていったり。でも、可愛い弟で有ることに変わりなくて。
充分に悩んだ結果は、ただ1つ。
兄弟で、恋人になることでした。
陽人は可愛い。葵が二十歳までキス以上をしないと決めていたのは真面目に陽人が大切だと思っているから。
葵は優しさの固まりかって思いました!でも、時には欲求に真っ直ぐでもいーんですよ!陽人もやきもきしてるしね。

登場した時には、当て馬だ!と思った相原くん。
2人の恋を応援してくれる、良い子でした。(でも、当て馬だったらもっと葵が焦って色々行動しそうで面白そうですけどね…)

いちかわ壱先生らしい優しさ溢れたお話でした。

1

2人がひたすら可愛い

買った理由はいちかわ先生の作品だから!ここで言って良いのか分からないので、あえてボヤッとした感じで言いますが、「オメガバースで家族との幸せ家庭を描いた物語」からいちかわ先生の作品の雰囲気にとても惹かれていて、新刊が出ると聞き、いちかわ先生の作品なら読んでみたいという事ですぐ購入させていただきました!

義兄弟系あまり読まないのですが、めちゃくちゃ可愛かったです。
お兄ちゃんのあお君目線でずっと描かれてるのかなと思ってたんですけど、弟くんの陽人目線もありました。

陽人が元々お兄ちゃんを恋愛の意味で好きなのはストーリーが始まる前からです。
そんな「陽だまりスターライト」は主にどんな話が詰め込まれてるかって事をざっくり言うと、1つは、あお君が色んな葛藤を抱えて陽人を恋愛的な意味で意識していくっていうのと、あともう一つは陽人がどれだけあお君の事を好きなのかがすごく伝わると。この2つです。
兄弟でもあり、恋人でもあるその後の2人もとても可愛かったです。

1

優しい義兄弟BL

義兄弟BL
さすがいちかわ壱先生…
とってもピュアで可愛らしい作品でした✨

みんな読めばいいよ♥
H描写がはっきりしない(生々しくない)ので
初心者も安心して読めるし
ただれたH上級者(私のコトですw)も
このピュアさに心が洗われました←

連れ子同士の兄弟なので血のつながりはなし
ひと回りも年齢が違う幼い弟に「にいた」とか言われたら…もうね(笑)
天使な弟も高校三年生になり、進路に悩む時期に。
兄は周囲から弟離れしろと言われるが…

兄弟愛が恋愛に変わる機微がとても素敵に描かれています。

0

兄弟のまま恋人endが良かった( ◜◡◝ )

なんとなく読んだら、なんと大好きな兄弟ものだった〜!
弟大好きなお兄ちゃんと、ほんわか可愛い弟
最初の時点ではお兄ちゃん→弟の愛が強いけど、なんと18歳の誕生日に弟から告白!
お兄ちゃんは弟が大好きだけど、恋愛対象では見たことがなかったから戸惑います。

お互いの葛藤が切ない!
お兄ちゃんは弟が大好きだけど、それを恋なのかとぐるぐる…兄弟愛から恋愛感情への変換って難しそう。
弟は猛アタックと思いきや、実は告白をうまくいくとは思っていなくて、恋愛感情になったとしても自分のことを思って振るに違いない…って、どんだけお兄ちゃんのことを考えてるんだ〜良い子…

そして、友人の相原くんもすごく良いやつ!男同士の恋愛相談をすんなり受けちゃうし、書き下ろしでもノンケなのに素晴らしいやつだ…って思いました。

で、結局お互い恋人同士の関係になるのですが、あおくんの「お兄ちゃんが恋人でもいいんじゃないのか」の言葉が素敵だった。恋人同士になったからって兄弟じゃなくなるわけじゃない、兄弟のまま恋人っていう終わりが良かったです。

書き下ろしが良い所で終わっていたので、両思いになってからがもっと見たかった~ていうのはあります!

0

溺愛

親の再婚で兄弟になった葵と陽人。両親が事故で他界してからも血の繋がりこそないけれど家族として愛情をそそいで暮らしてきたし、これからもずっとそうだと思っていた葵だったが
陽人の18歳の誕生日の夜、弟じゃなくて恋人にしてくださいと告白され、これまで兄として守るべき存在だと思っていた陽人への気持ちは徐々に変化していく…。


葵の陽人への愛情の注ぎ方は兄弟のソレをはじめから超越していて、本当に溺愛しているし大切だというのが伝わってきます。そんなふたりのやりとりはすごくほのぼのして温かい気持ちになりますが、陽人にしてみればその愛情すら弟としてしか見てもらえていない証のように感じてツラかっただろうな。
そして今までの通りの関係でいられなくなるのを覚悟した上での告白。
でも陽人の勇気ある行動はふたりの関係を良い意味でかえたし、頑張った陽人を褒めてあげたいです。

ほのぼのキュンなお話ですごく良かったです。

0

少女漫画のようなストーリー

いちかわ先生の『ただいま、おかえり』シリーズが大好きなのですが、本作はちょっと内容が薄かったかな^^;
少女漫画のようなストーリーで、
登場人物がとーっても良い人たちばかり。
特にドキドキも盛り上がりもないまま終わってしまった印象です。


血の繋がらない兄弟・葵と陽人は、
お互いを思い合い大切にする仲の良い兄弟です。
しかし、18歳の誕生日に陽人から告白されてーー…

兄の葵は陽人を溺愛していて、
それはすでに兄弟の域を超えていると思うほどε-(´∀`; )
陽人に告白されて動揺する葵ですが、
葵に陽人と離れる選択肢は無さそうなので、
ドキドキしないで構えていられました。
陽人がまたとってもいい子で、
いい子過ぎてあまり共感できなかったかな……

報われない想いだと思っている陽人は、
一度は葵から離れようとしますが、
今度は葵が独占欲をみせて無事に恋人同士にーー

分かってはいたけど、嬉しい結末ではありました。
陽人の相談相手・相原も本当にいい子!
いい人100%で出来ている作品なので、
面白くはないけど嫌な気持ちは微塵も感じません^^

優しくて温かいストーリーがお好みの方向きだと思いますし、
疲れた心を癒してくれる作品でもあると思います。
キスだけでH的なものはなしなのですが、
いちかわ先生の作風的にそこは織り込み済みです!

2

年の差、義兄弟BL

安心と信頼を誇るちびっ子描写の可愛さで、ちびっ子陽人が可愛さ独り勝ちです。

葵が高校生の時に父が再婚し、4歳の陽人と義兄弟となり、
あまりの可愛さに誰よりも大切にして可愛がってきたブラコン。
両親を亡くし保護者変わりになり10年、
30歳塾講師の葵と高3の陽人はお互いを支え合う家族ですが、
18歳の誕生日に陽人から告白され…。

義兄弟ものですが、しっとりとしたほのぼのテイストで安心して楽しめる。
ブラコンの強い兄弟愛という設定なので、お互いを思いやっている関係性を楽しめ、
告白されてから兄弟愛、家族愛との違いについて考える葵が、
意識して性愛を感じる背徳感もあるのですが、
私は葵目線よりも陽人目線の方が作品を楽しめました。

18歳の誕生日に告白した理由が切なくて本気。
兄弟、家族として葵に大事にされ、愛されていると知っている陽人。
我慢しきれず勢いで簡単に告白した訳ではなく、
告白することで嫌われ拒絶されたとしても、
高校卒業まではただの弟としてでなく、葵に恋愛対象として意識して過ごして欲しかった。

色んな辛い想いをすることを考えた上で、拒否をされれば一生会えないかもしれないという、
覚悟の告白だったと後に判明するのですが、葵が可愛い陽人を手放せる訳がないですよ。

いちかわ先生独特の描写と、しっとりした雰囲気のある画。
ほのぼの作画なのにどこか色気を感じさせるのは、目線や手つきなんでしょうか。
分冊版ではキスシーンで終わってましたが、
描き下ろしでキス以上の絡みを見せている二人。
個人的には、この作品にキス以上の絡みは必要ないと思ってしまった。

電子描き下ろし漫画が6Pあり、こちらでちびっ子陽人の可愛さが弾けてます。
甘い匂いを感じさせるちびっ子描写には、ほんと感服しますね。
本編でもっと可愛いちびっ子陽人を拝ませて貰いたかった。

ストーリー展開に起伏はありませんが、だからこその安心感で楽しめる作品でした。

2

オメガバシリーズは好きです

いちかわ先生のオメガバースシリーズ、ただいまおかえりがスゴく好きです。
でも今回のこの設定は正直よくある感じで物足りなさを感じてしまいました。
義理の兄弟、両親は死別して弟溺愛の兄と、その兄を恋人としての好きな弟。
うーん…ある…あるんですよね。
展開の方で期待したのですが、正直想像の範囲内の展開。
弟が兄に告白して、葛藤があって、やきもちがあって…あるなぁ、と思ってしまいました。
日常のかわいらしさ、を描く方なのでやはりその域をでない。
別作品の天井の下に恋。のようにちょっとした疎外感とか羨望を抱えた主人公はすごく魅力的だったんですけどね…。
ただいまおかえりシリーズの自作を待ちます。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う