17歳、初めて夢見たきみとの永遠。

キューピッドに落雷 追撃【BLCD】

cupid ni rakurai

キューピッドに落雷 追撃
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
78
評価数
17
平均
4.6 / 5
神率
64.7%
著者
媒体
CD
脚本
青嶋みお
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
marble records
収録時間
枚数
ふろく
鈴丸みんた先生描き下ろし漫画小冊子、キャストトークCD(下野紘・増田俊樹)
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4589489040302

あらすじ

素直で元気なワンコ系後輩×秘密の弱点を持つクールな先輩
両想いのその後。
大人気デビューコミックスの続編がついに音声化でも襲雷!

表題作 キューピッドに落雷 追撃

永田慎吾 → 下野紘

藤々木蒼生 → 増田俊樹

あて馬
須藤猛生 → 小野友樹
その他キャラ
輝人[土岐隼一]/ 勇志[高塚智人]/ 和晃[熊谷健太郎]/ 愛叶[石谷春貴]

レビュー投稿数2

さらなる追撃に痺れました

原作大好き既読済。公式通販で初回限定版を予約して購入しました。
なんと初回限定版はまさかのあの『〜たるや』が音声化!アクキーもでっかわいい〜!
次々繰り出されるキュー雷のさらなる追撃に痺れに痺れて大変です!もう慎吾じゃないですけど、こんなに幸せでいいのかっていう。

さて、そんな待望の追撃のドラマCD。
所々でカットされている部分はありましたがお話しの流れはスムーズで、新キャラ猛生先輩を含めキャストの皆様のお声に惚れ惚れといたしました。

下野さんの慎吾は今回もばっちりと慎吾で、慎吾の感情が素直に声に表れてしまうところをお見事に演じられていて、コミカルな口調もふいに発動する超絶彼氏ボイスも蒼生先輩よりもちょ〜っと大きめな喘ぎも健在です(笑)

増田さんの尊すぎる蒼生先輩。大好きです。
雷の音(リアルだった)に負けないくらい感情を強く言葉にした蒼生先輩が印象的で、いつもの抑えめなトーンとのギャップにまた心臓を撃ち抜かれました。
不機嫌ながらもだいぶ甘さと優しさも加わってさらに尊さ全開に〜♡

小野さんの猛生先輩は、ハイスペ俺様感もしっかり感じられつつ、とにかくあのかっこよさがばんばんに滲み…、いや溢れまくっていました。

蒼生先輩と慎吾が階段で言い合うシーンではお互いの気持ちを見失いそうになって戸惑う感じが痛いくらいひしひしと伝わってきて、イヤホン越しに自分の心臓の音がドキッドキッとするのが分かるくらい張り詰めた緊張が伝播するほどの臨場感…。

ラストでふたりが好きな所を伝え合うシーンでの喧嘩を乗り越えてより深まった絆を感じさせてくれる穏やかで愛しさと優しさが溢れる声。
あの場面にお声が重なるとさらに何倍、何十倍にも膨れ上がる充足感。
大好きなシーンがさらに好き〜!!を上乗せしてきて大好き以上の言葉が見つからないというなんとも幸せ過ぎる状態になりました。(慎吾のクサいのがうつってしまう〜(笑))

そして、『〜たるや』はいちゃいちゃが眩しくて蒼生先輩がかわいくってエロくって…ほんとに破壊力がハンパなかったです…(放心)。
爽やかな甘い雰囲気がお声によって熱を帯びて極上の甘みが引き出されて、最高なお話しがより素晴らしく仕上がっていました♡
描き下ろしの小冊子は本編描き下ろしのおあずけ解禁のお話しで、慎吾のおバカなかんじと蒼生先輩の宇宙一のかわいさが炸裂していて、ラブラブいちゃこらエッチが楽しめてまたよかったです。

4

+当て馬というスパイス

今回は新たに当て馬・猛生先輩の登場で前作よりも
パワーアップして聴きごたえのある内容になっていました♬

前作から引き続き、甘々な日々を送るワンコ攻めな慎吾と
クール受けな蒼生先輩ですが、前回よりも慎吾の声の包容力が
少しアップしたように聞こえたのは気のせいでしょうか(´-`).。oO
増田さん演じる蒼生先輩の声の雰囲気もほんのり柔らかくなったような…♡

今回は当て馬の登場により慎吾と蒼生先輩の間に嫉妬やすれ違いが生じ、
そのことで感情が揺さぶられるなど二人の人間味も増し、ストーリーも
さらに面白い展開に。

情緒不安定かつ独占欲丸出しでマイナスな感情を滲ませる慎吾の声や
そんな慎吾にすがり、無茶をしてでも自分の気持ちを伝えようとする
必死な蒼生先輩の声に新鮮さを感じました。

前作ではぼそぼそと話す場面が多く、若干聞きにくかった蒼生先輩の声も
今作では感情豊かになったお陰か、声量も上がり聞きやすかったです(笑)

特に雷鳴が轟く中、蒼生先輩が慎吾への愛を叫ぶ場面での
「慎吾が好きだからに決まってんだろ!」にはうぉおおお!言ったぁあ!
とテンションが上がりまくりました。
原作でもぐっときた場面ではありましたが、
耳で聞くとさらに迫力も増し、感動もひとしおでした。
あの蒼生先輩がこんなに声を張り上げて…
しかも、増田さんのめちゃくちゃいい声で…耳福でございました。

小野さん演じる当て馬の猛生先輩は第一印象では俺様で、
面倒くさい人というイメージでしたが、実は世話焼きで
頼りがいもあり、蒼生先輩の秘密や二人の関係を知ると、
それを茶化すどころか、むしろ蒼生先輩を気遣い、背中を
押してくれるくらい気風の良い性格で、めちゃくちゃ格好いい人でした。

普段は甘々ボイスの下野さんと低温ボイスの増田さんの掛け合いが
メインですが、そこに小野さんの男前ボイスが加わると急に空間の
色気が増し、ドキドキしながら聞き入りました。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

  • 買う