キューピッドに落雷 追撃

cupid ni rakurai

キューピッドに落雷 追撃
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神165
  • 萌×288
  • 萌27
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
20
得点
1261
評価数
289
平均
4.4 / 5
神率
57.1%
著者
鈴丸みんた 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784864423762

あらすじ

高校1年生の慎吾は、2年生の先輩・蒼生の「雷が苦手」というひみつを
知ったことがきっかけで、おつきあいをする仲にv
夏休みも明け、体育祭も間近――あわただしい日々のなかラブラブのふたりだったけれど、
蒼生のことをライバル視している3年生の猛生先輩に、蒼生のひみつを知られてしまい!?
大人気デビュー作の続編がついに襲雷!
慎吾の部屋でのはじめてエッチを描く商業未発表作品も同時収録v

表題作キューピッドに落雷 追撃

永田慎吾 高校1年生
藤々木蒼生 高校2年生

その他の収録作品

  • 蒼生先輩がオレのベッドに寝転んでる破壊力たるや。
  • そっから3時間おあずけでした。
  • カバー下漫画

レビュー投稿数20

追撃に痺れました

大好きな『キューピッドに落雷』。
ちるちるで初レビューをした思い入れのある作品です。
Twitterで続編が決まったと知った時、嬉し過ぎて
夜中に奇声をあげそうになり布団に突っ伏してました…
はあ〜、生きててよかった〜。

さてさて、そんな私待望の続編。
『追撃』ってかっこいいですね!

冒頭の蒼生先輩のキュンの風圧に瞬殺されて、
夏休みに結ばれたばかりで文字通り浮かれてナンボな、
お互いしか視界に入らないようなふわっふわな恋を
している慎吾と蒼生先輩のどんなイチャイチャが見られるのかと
わくわくしていましたが、みんた先生が
「二人の世界を壊そう」とおっしゃっていた通り、
新キャラが登場し夏休みが明けた新学期の体育祭を舞台に
嫉妬とすれ違い、浮かないふたりの表情…
と想像とはちょっと違った展開となりそれはそれで
ドキドキで。

蒼生先輩の秘密を偶然知った猛生先輩の存在をきっかけに
慎吾を思うがゆえの蒼生先輩のちょっとした嘘で
噛み合わなくなるふたりの関係がキーである落雷をアクセントに
これまたお上手に紡がれていくのです…

年下だからこそ背伸びしたい慎吾の蒼生先輩を
信じようとする気持ち。
蒼生先輩のひとりで解決しようとしてしまう不器用な
ところ。

恋とはまた違う別の感情に戸惑い、
もがいてふたりらしく乗り越えながらも芯にあったのは
『「慎吾じゃなきゃ」「蒼生先輩じゃなきゃ」イヤ』という
シンプルだけど強い気持ち。それこそが何より大事だし、
雷の秘密だけがふたりを繋げているんじゃないんだって
再確認させられて。

猛生先輩の男前っぷりも素敵でした〜。
はじめは蒼生先輩に絡んでくるちょいウザな
先輩だったんですが(笑)
もうですね、粗野に見えて優しいとか…
振る舞いがかっこよすぎてほんとにヤバい(語彙力)。

そして(私念願の)あまいお砂糖漬けのエッチ♡
うしろの準備をひとりでやっちゃう蒼生先輩が、
待ちきれなくてしがみついてちょっと強引に床で
はじめちゃう慎吾が、もうふたりとも可愛すぎて…
そして蒼生先輩からのエッチ中のキス〜!!
前は「おちつかねえし」って恥じらっていたのに!
そういうところです!あー、すごく好き〜!
やっぱり宇宙一可愛い。
慎吾とずっとずーっと一緒にいてください。

大好きな蒼生先輩と慎吾の眩しくてあまくて痺れるような恋に
ばっちりと心を追撃されました。
描き下ろしは冬、寒がりでもこもこ着込んでる蒼生先輩が
可愛いし、慎吾がとうとう蒼生先輩を…!
年下攻めの成長、たまりません!
いちゃいちゃ慎吾宅デートの同人誌の再録もあり
キュー雷の魅力がこれでもかと詰まった大満足の一冊です。
最高の続編をありがとうございました!

10

まんまと追撃された…

待ちに待った『追撃』!蒼生と慎吾のその後!!
cabでの連載をソワソワと横目にしつつ、単行本の発売を楽しみに待ってました…。

いつまでも続いていてほしいと(私が)思うような甘い夏休みが終わり、新キャラ猛生先輩も加わっての体育祭を控えた新学期からのお話。
前作が甘々なまま終わって新学期もさぞかしラブラブなんだろうと思いきや、ひとつの綻びから次々と蒼生と慎吾それぞれに不安や疑念が募っていきます。読者からしたらそんなん気にせんでいいんやで…とふたりの肩を叩きに行きたい衝動に駆られつつどうする事も出来ないのですが笑
けど、そこは我らが蒼生先輩、やはり男前です!自分がどうにかするしかない、慎吾を信じさせる!と憎き雷と対峙!!そしてまたそこにタイムリーに現れる慎吾!もう…わんこのくせにスパダリ感出してくる…笑
猛生先輩はもっとザ・当て馬って感じになるのかと思ったけど、なんだかんだ憎めないいい先輩でしたね。正体不明の深みにうっかりハマって逆にこれぞ当て馬!でした。気の毒なほどに…笑

今回のすったもんだはふたりの関係をより強く深くさせる恋のスパイスというか、ラストにあったふたりの会話と『それが一生になればいい』という結びに繋がってとてもじんわり切なく、ほっこり温かい気持ちになりました。帯のコピー『17歳、初めて夢見たきみとの永遠』もすっごく沁みた…。

いつまででも読んでいられる大好きなキュー雷。進級、進路、卒業…とまだまだ続く高校生活。何より雷の克服…どうなるの!?
出来る事ならふたりのこれからをもっと見たいです。

7

1日1日を重ねて一生続きますように

「キューピッドに落雷」続編。
番外編同人誌も収録されています。

分厚くてまるっと表題作なので読み応えがありました♪
前巻はちょっと短めで物足りなかった方も、
今巻は起承転結が楽しめるのではないでしょうか。

想い合ってて好きだからこそ拗れてしまう展開は
萌えて萌えてしょうがなかったです…!(∩´///`∩)

あととにかく蒼生先輩がほんと見てて堪らんです。
男前受け(カッコイイ)×ギュッてしたい(可愛い)=萌え∞
蒼生先輩で目が潤うプライスレス+゚。*(*´∀`*)*。゚+
特に慎吾を見てるときの表情はキュンキュンしました///


さてさて。両思い後のお話。
時系列は夏休み明けで前巻から時間は経っていません。

新キャラで登場する3年の猛生先輩は、
前年の体育祭で蒼生先輩に負けたのを根に持ってやたら絡んでくるのですね。
(蒼生先輩はウザがってブチキレておりますw)

そんなある日、慎吾からもらったストラップを落としてしまう。
雷が鳴りそうな天気の悪い日だけど蒼生先輩は必死に探し回ります。
その時に運悪く猛生先輩に遭遇し、雷のことがバレて…。
その上先に拾われたストラップを人質に取られ勝負を挑まれてしまいます。

雷が苦手なこともバレ、ストラップも取られてしまった蒼生先輩。
慎吾から「昨日(雷)大丈夫だった?」と聞かれ、「寝てた」と嘘をついてしまいーーと展開します。


猛生先輩の出だしは割とウザかったかな。
でも悪い人じゃないんですね。ただ負けず嫌いなだけ。
(人質のストラップの扱いが丁寧すぎて笑ったw)

で。
猛生先輩のせいで2人の間に誤解がうまれ、
猛生先輩のせいで2人がケンカしてしまい、
猛生先輩のせいでどんどん拗れていく。

猛生先輩の存在は邪魔者にしか見えないはずなのに
ラブラブカップルのケンカに巻き込まれた被害者にも見えるのが謎なんですよねw
悪気の無さが憎めないし、BLの芽生えがチラ見えしてちょっぴり切なキュンなのですよ。
(これ猛生先輩視点で読んだら切なさで悶え死ぬかも…)
(「もう忘れた」の一言はめっちゃ刺さった…(;///;))
(猛生先輩の言葉は蒼生先輩に届かないのに、慎吾は顔見せた一瞬で全てをかっさらう。それを横で見せつけられた猛生先輩がもぉぉぉ・泣)

そしてメインの2人。
すれ違い萌えでキュンキュンします…!(;///;)

蒼生先輩の嘘を知って不安が膨らむ慎吾。
それをキツめにぶつけてしまうのですね。
蒼生先輩は慎吾の不安を取り除く為に、
雷を克服しなきゃいけない…!と斜め上に進んじゃう。

慎吾が好きだから、慎吾のために。

追い詰められた表情の蒼生先輩が痛々しい。゚(゚´Д`゚)゚。
弱っている姿が可哀想で抱きしめたくなる…!!!
猛生先輩のほっとけない気持ちが手に取るようにわかるぞ。

んでそんな時に慎吾はなにしてんだ(怒)って話なんだけど、
慎吾も慎吾なりにどうするのが蒼生先輩のためなのか悩んでるのですね。
好きだから、相手を尊重したいから、想うあまりすれ違う展開がギュってなりました。

今回は初ケンカに発展してしまう中で
自分の中にある恋愛感情と向き合う姿がとても良かったです。

あとみんたさんは表情の描き方がホント良きですね…!
特に蒼生先輩。
慎吾を見る目が愛おしそうに、嬉しそうに、恥ずかしそうに、時々淋しそうに。
セリフのない場面でも表情に感情が乗っててキュンキュンしました(∩´///`∩)

同人誌からの再録は夏休み中のお話。
慎吾の部屋で慎吾の匂いに包まれていつもと違う表情をみせる蒼生先輩がエロ可愛いです…!

ラストの描き下ろしは冬に突入してました。
慎吾が少し成長して顔が男っぽくなったような…?
他、話と話の間にある余白ページはすべて小ネタの四コマで埋まっていて隅々まで楽しめました♪

6

同人誌再録も最高!

やっぱり好きですねー^^
萌え転がりましたよ!


今回、猛生という3年生の先輩が初登場します。
この猛生に蒼生の雷嫌いを知られてしまい……という展開です。

猛生は自信家で蒼生のことをライバル視していますが、
もちろん蒼生は相手にしていません^^;
猛生にその気はなくても、結果的に慎吾の心を乱し、
蒼生との初めての喧嘩の原因になったといえる人物です。

放って置いたら蒼生のこと好きになってたんじゃないの?
なんて、思わなくもないですが……
この猛生もなんだかんだいい子で、 
ちょっとスピンオフ的なお話も読んでみたいなと思いました。

色々あっても2人は破れ鍋に綴じ蓋で、
夫婦喧嘩は犬も食わないなのですよね^^
真っ直ぐで蒼生のことが大好きな慎吾は、
蒼生のことを放っておくことなんて出来ませんから!

蒼生だってクールで寡黙だけど、
決して頑なでもなく意地っ張りでもない。
慎吾とは別のタイプの素直さがあると思います。

結局は、唯一無二のワンアンドオンリーってわけです( ´∀`)

ただ、蒼生の雷嫌いは克服できていないので、
もしかしたらまだ続編あるのでしょうか?
ちょっと期待しちゃいます^^

4

先輩が可愛すぎてツライ

待ってました続編!いやもぉ・・・たまらない。

今回は「嫉妬」!
何かと蒼生をライバル視してる3年生の猛生が登場。何かと勝負を挑んでくるけど相手にしない蒼生。
そんな中、慎吾にお土産で貰ったストラップ(お揃い)を落とした蒼生は雷雨警報の中探し回り、偶然ストラップを拾った猛生に雷が苦手なことがバレてしまうし、ストラップを人質(?)に勝負を挑まれる。

いままで面倒で嫌ってた猛生と絡むようになった蒼生を不思議がっていたところで猛生が雷苦手なことを知ってる事を知った慎吾の嫉妬と不安がたまらなかったです!!
自分しか知らないと思ってて自分しか守ってあげられないと思ってたのに、自分以外にもそんな人がいてそれがカッコよくて頭もいい猛生なら自分はもう蒼生から必要とされないのでは?と悩み始める慎吾が・・・もぉぉぉぉ。。。くっ。

単なる負けず嫌いな出来る男・猛生が、変な所で負けず嫌いを発揮して当て馬に昇格しそうになるのはハラハラしました。

しかしまぁ~、今回は「蒼生先輩可愛すぎる」の一言に尽きます。

3

まさに追撃!!!

慎吾くんと蒼生くんは相変わらず仲良しで、でも2人の関係がちょっと拗れてしまうのが学園物のBLらしさが全面に押し出されていて最高でした!
今作で追加された猛生くんのキャラもとんでもなく良いです。蒼生くんと猛生くん、慎吾くんと猛生くんなどそれぞれの会話パートがすごく良かったし、他人から見た2人って言うのが見られてまた新たな一面を発見出来ました。
新キャラ好きになれるか不安になりましたが、完全に杞憂でした笑
ちょっとモブっぽい女の子の新キャラちゃんも良かったです!
前作に続いて今作でも完璧に心臓を撃ち抜かれました。
好きだけとま上手くいかないもどかしい青春とみんた先生の綺麗な絵で何周しても飽きません笑

2

わたしにも雷が落ちました

「好きに理由も性別も関係ない!!!」というを感じました。めちゃめちゃ好きです。


2

キュンの嵐

前編に続き、ラブラブな二人の日常からお話は始まります。
そこに体育祭の練習で会えない時間が増えたり、当て馬の猛生も登場。
やきもちやら不安やらでもだもだしちゃう慎吾くん。
やることなす事が間違った方向へ行っちゃって、ヤキモキさせられました。

二人のお付き合いが一難去って、より強固なものになる過程好き…。
お互いの好きな所言い合ってる所でキュンの追撃。
末長くお幸せにだよ♡

番外編のタイトル最高ね。
蒼生先輩からのお誘いは色々破壊力が強すぎてもう…。

猛生先輩のスピンオフも連載始まってて、こちらも非常に楽しみ♪

2

ここが天国や

心臓をもぎ取られそうになります。何度か天に召されますが、これを読むと、心臓がバクバクしだして、たくさん血液を体内に送り出すので、血流が良くなり、体の調子が良くなります。気分も爽快になります。つまりこれは............合法.......シャブ.......????ドキドキで心臓に負担がかかるので、心臓に持病をお持ちの方にはお勧めできませんが、身体的に健康な方でしたら、時期が時期ですのでストレスも溜まると思いますし、これを読んで、気分爽快、元気100倍!アソパソマソ!になって欲しいですね!〜完〜

1

破壊力たるや

追撃されました〜〜〜
発売から完全に乗り遅れたレビューですが。

◾︎慎吾×蒼生(あお先輩)
表紙から蒼生先輩が美…目がキラッキラしちゃってもう。美の化身。口絵もガンガンこっちに目を合わせてくる。イケメンが過ぎる。しっかりした整った眉も美しい。
先輩の表情が全部良くて、キュンの風圧が億hPa。先輩が笑うとたまんなくなるよな!慎吾、君が正しいぞ!
笑顔や照れ隠しの表情もいいんですけど、ダンス練習をクリームパン握りしめつつ見るあの切ない表情!!!仲直り絶対するって分かってても胸が痛い。美人の切ない顔の破壊力!先輩が目閉じてチューしてくるところとか可愛いすぎ五体投地。
こういうところで引く攻めより押す攻めが好きなんで、慎吾にはしっかりしてよと思いましたけどね。でも冬になったら余裕の慎吾さんになったので、これから一層推せる。まだまだ2人が見たい。

また違うタイプのイケメン猛生さん。体育祭みたいな行事に1人いると便利なタイプの陽キャ。
現実にいるけど、漫画ではこの絶妙なキャラ設定の人少ない気がして(モテたくてやってるとか、裏で嫌われてるとかじゃない)いい感じです。そして努力の人なのがまた好き。

やえちゃんいい子やな。打ち上げは逆に地獄やな。女は怖いぞ。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う