年下アルファの過剰な愛情

toshishita alpha no kajou na aijou

年下アルファの過剰な愛情
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×215
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

241

レビュー数
5
得点
104
評価数
30
平均
3.6 / 5
神率
10%
著者
安曇ひかる 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
麻々原絵里依 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784344846340

あらすじ

ナチュラルオメガの深月には不幸な事件に遭い大企業の御曹司アルファとの婚約が破談になった過去がある。今は立ち直り甘味処の店長として平穏に暮らす深月の前に、世界的テニスプレーヤー・天久保尊が一万本の薔薇を持って現れる。高校の後輩だという天久保は店に居つき熱烈にアプローチしてくるが深月には彼と結ばれてはならない秘密があった。

表題作年下アルファの過剰な愛情

天久保尊,28歳,世界的テニスプレイヤーでアルファ
入江深月,30歳,甘味処店長でナチュラルオメガ

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数5

何気ない日常から、想いが溢れ出すのが素敵

作者さん初のオメガバースで、年下ワンコ×意地っ張り美人受けになります。

元々、安曇先生と言うと、受けが大好きな年下ワンコがとってもお上手だと思ってるんですけど、今回の攻めはかなりぶっ飛んでるんですよね。
何だろう・・・。
受けもしょっちゅう言ってるんですけど、宇宙人系。
思考回路が、地球人には計り知れない感じ。
いや、ある意味純粋なんだろうけど。

ただ、バカな犬ほど可愛いとも言いますように、突飛な事をやらかしては叱られてしょげてるのが、なんか愛おしくなってきちゃうんですよ。
バカだけど、めちゃくちゃ一途だしね。

ちなみに、基本的にはいつも通りのほのぼのコミカルなお話なんですけど、受けの過去が結構痛いです。
そのせいで、臆病な部分があるんですよね。
だからこそ、これくらいぶっ飛んでる攻めで良かったんだろうなぁと。
愛情を疑いようがないですもんね。
でも、輪姦とかオメガが理不尽な世界観とか苦手な方は、ご注意下さい。

ザックリした内容です。
甘味処の店長として、充実した毎日を送る深月。
実はナチュラルオメガである彼は、不幸な事件からたくさんのものを無くした過去を持ってるんですね。
そんなある日、一万本の薔薇を持って突然現れたのは、世界的テニスプレイヤーの天久保。
高校の後輩である彼は「薔薇百万本と百億円用意したら、俺のものになるって約束ですよね」と、熱烈に口説いてきてー・・・言うものです。

まずこちら、主人公である深月ですが、繊細な見た目に反したおおらかで庶民的な性格。
大好きなあんこを提供する甘味処を営みと、慎ましくも充実した毎日を過ごしています。

で、そんな彼の前に突然現れたのが、世界的テニスプレイヤー・天久保。
高校時代に「俺と恋をしませんか」と口説かれた深月は、「薔薇百万本と、百億円持ってきたら考えてもいい」と返事をしたんですね。
そこから10年以上もかけて、ようやく「百万本の薔薇と百億円」が用意出来た天久保。
意気揚々と深月の前に現れ・・・と言うのが、今回の再会劇だったりします。

これ、そんな暴走ワンコ攻めに受けが振り回されてるのがコミカルに綴られてて、読んでてクスッとさせられるんですよ。
いや、とにかく攻めのキャラが面白くて。
何だろうな・・・。
完全に空気が読めない、ある意味ものすごく純粋な男なんですよね。
百万本の薔薇と百億円に関しても、体よくフラレたとは思わない。
テニスプレイヤーとしてガンガン努力し、全力で用意する。

ここから、押し掛けての(無理矢理)同居生活に入るんですけど、彼との毎日に、少しずつ少しずつ深月がほだされて行くのが丁寧に綴られています。

実は最初、天久保があまりに強引な上に、空気が読めなさすぎてイラッとしたんですよね。
いやだって、無理矢理押し掛けて「俺を好きにさせてみせます」って、これで好きになるわけ無いだろ!と。
ただ、話が進むなかで、並行して二人の出会いや深月の辛い過去、そして、明るく見える現在の深月の、心に抱えるものー。
そんなものが明かされて行くのが上手くて。

深月ですが、希少なナチュラルオメガ(生まれながらのオメガ)で、将来は有力者と結婚する事が決まってたんですね。
それが、初めての発情を外で起こしてしまい、通りがかりのアルファに輪姦された上に番にされると言う不幸な事件により、婚約を破棄された。
元々シングルマザーに育てられと裕福では無かった彼は、この事件をキッカケに高校を中退。
更に、行きずりだったアルファと番関係が続くワケもなく、「捨てられオメガ」として、一生、定期的に訪れるヒートに苦しみ、二度と誰の番にもなれない。

「百万本の薔薇と百億円」ですけど、そんな彼が高校を去る時に、天久保に残した言葉だったんですね。
そう、この背景があっての「百万本の薔薇と百億円」な為、到底不可能と思われるこの条件を、努力の末に満たしちゃった天久保は、すごくいい男だと思うんですよ。
また、ぶっ飛んじゃいるんですけど、ちゃんと好きになってもらうまでは絶対手を出さないと自身で決めていて、それを頑なに守る。
アホだけど、ちゃんと待ては出来るワンコなのです。

と、そんな天久保に惹かれて行く深月。
しかし、「捨てられオメガ」で天久保の番になれない彼は、その事を打ち明けられず・・・と続きます。

個人的に一番グッと来た部分なんですけど。
二人が一緒にDVDを見ていて、フッと愛しさが溢れ出すと言うシーンでして。

番になんか、なれなくていい。
天久保が好きだ。もう隠しようもないほど。

と、深月が自身の気持ちを素直に受け入れるんですよね。
また、隣に居る天久保と、言葉が無くても同じ思いだと通じ合うんですよね。
こういう、何気ない日常のシーンから二人の間に特別な瞬間が訪れると言うのが、とにかくキュンキュンきちゃって。
いや、小説なんだけど、まるでドラマのワンシーン見てるようなんですよ。

あと、天久保ですが、(序盤で)百億円貯まったからと、テニスプレイヤーを引退するとか言っています。
これもあって、最初は「何だコイツ!?」となったんですよね。
これ、そんな彼をテニスの世界に、深月が再び送り出すのが素敵でした。
いや、深月が男前で格好いいんですよ。
テニスをしていない天久保は、天久保じゃない。
あいつは脳筋だから気づいていないだけで、今ここでテニスを辞めたら、いつかきっと後悔する時がくる、と。
男前な年上受けも、個人的に大好きなのです。

ちなみに、二人が番になれない件ですが。
深月がナチュラルオメガであると共に、実は天久保はスーパーアルファだったりします。
ナチュラルオメガにだけは「運命の番」が存在していて・・・。
みたいな。

この顛末、ちょい都合が良すぎる気はしますが、大満足の結末なので個人的には問題無いです。

う~ん・・・。
攻めが強烈なので好き嫌いが別れる気もするんですけど、個人的にはすごく面白かったです。

13

一途な攻め

実は高校時代ではなくて小学生の頃に受けに出会っていた攻めが、ずっと追いかけてきたという一途なお話でした。

作中で宇宙人とか思考が斜め上を行っているように表現されていましたが、攻めの行動はずっと一貫していました。

受けが運命の番だと気が付き目覚める時まで待っていましたが、オメガとして目覚めた日に近隣の学生によって受けがレイプされる不幸な事件があります。

婚約者のお金で高校に通っていた受けは退学するのですが、町を離れる時に攻めが現れて諦めさせる為に無理難題を言うのです。そしてその約束を守って攻めは受けの前に現れます。
2人がようやくくっ付いた後にどうして「運命の番」だと初めから言わなかったんだと受けに聞かれます。すると自分はアルファとして目覚める前から好きだったのだから、この気持ちは運命では無く徐々に育ったものだからだと言った攻めは斜め上です。
けれども受けがレイプされた時に助けたのも攻めだったし、無理やり身体を繋げる事も無く、受けが自分の方を向くまでずっと待ち続けたとても健気な攻めでした。

テニスプレーヤーを引退して、受けの店と土地を買い取り改築し、更に近所でテニススクールを開きあちこちで活躍してましたが、2人が結婚したとか書かれていなかったので神にはなりませんでした。


5

あんこ愛を熱く語るオメガさん

2020年刊。
安曇さんの小説は初読みだが、世界ランク二位のテニスプレイヤー×甘味処の店主といったカップルに軽快なシーンもあってテンポ良く読めた。

突如プロポーズに現れたアルファの後輩・天久保をものともせず、深月の生活はあんこで回っている。
初っ端から美味しそうな小倉トーストにあんみつ、思い出の"漢のあんぱん"と、読んでいて飯テロならぬあんこテロに見舞われる羽目になってしまった。
釣られて食べたくなっちゃうじゃん(笑)
居候として居着いた天久保には毎晩美味しそうな高級肉を見せ付けられつつも口説かれ続け、アルバイトの夏海や深月の同級生で主治医でもある慶介も交えて心地良い日々を送っていく。

そんなあんこ愛を堪能できる日常生活色の濃い物語だが、オメガバースならではの要も押さえられている。
実は深月は過去の事件がきっかけで、従来のオメガよりも重くなってしまったヒート(発情)を抑えないといけない悩みも抱えているのだった。
子供の頃からのナチュラルオメガとしてのハンディキャップ、裕福ではない生活で苦労していたにも関わらず、深月は持ち前の前向きな性格で乗り越えてきたが、スーパーアルファである天久保の影響で体調にも変化が現れてしまうが…

いやー、それにしても天久保の行動は一貫して筋が通っていて気持ち良かった。
元々持っていたアルファの資質にも、早々に"運命の番"に出逢っていた幸運にも甘んじる事なく、自らの努力で月を振り向かせたいという想いにもぶれがない。
まぁそれの結果が、"百億円に百万本の薔薇を引っ提げての登場"で意表を突くものだった訳だが。
初恋を成就させる気概は、いかにもスポーツ界の頂点に男らしさと噛み合っていて惚れ惚れするものがあった。

0

思っていたより受けの過去がキツかった

うーん、タイトル通りです!
〝溺愛〟ではなく、〝過剰な愛情〟というタイトルがぴったりで、上手いことつけたなーと、納得^^
高校の先輩後輩の再会ラブです♡

結論から言ってしまえば攻めの年下α・天久保と、
Ωである深月は『運命の番』です。
深月は高校時代の初めてのヒートでαにレイプされ、
番にされてしまった……という悲惨な過去があります。
私は全く非のないΩのこういった展開が本当に苦手で、
胸が苦しくなって仕方がありません(´;Д;`)
本作では比較的サラッと語られるエピソードなのですが、
深月はけっこうな不憫受けだと思います。

そんな深月は餡子をこよなく愛する男で、
甘味処【まめすけ】の店長でもあります。
ストーリーとしてはコミカルで悲壮感がないのが救いでした。
そして、深月の前に突然現れたハイスペックαが天久保です。
天久保はずっと深月のことが好きだったのですが、
相当な変わり者で、作中では〝宇宙人〟と表現されるほど(笑)
人の話は聞かない、勝手に行動する、押しが強い!
ただ、深月への愛情はとても深いものがあり、
全身の毛穴から「好き」が溢れています(о´∀`о)
かなり空気が読めない男なのでイライラもさせられましたが、
ものすごく一途で憎めない部分も多かったかなと思います。

天久保の深い愛情に絆されていく深月の心情がゆっくり丁寧に表現されており、そこがとても良いと感じました。
どんなに突き放されてもどんなに塩対応されても、
決して揺るがない天久保の想いに私も絆されました。
もう、強心臓すぎて敵いません(笑)

『運命の番』は番の上書きができる設定でして、
二人は無事に番となります。
抑制剤の効かない深月のヒートが可哀想で堪らなかったので、
ご都合展開と分かっていても少しホッとしてしまいました。

当て馬の友人(β)や深月の理解者(Ω)の脇キャラたちも存在感があり、作品を盛り上げてくれました。
攻めの天久保に共感できるかどうかで評価が分かれそうな作品ではありますが^^;

6

ぶっとび

安曇先生&麻々原先生なのでマストバイ。ぶっとび宇宙人系発想をする一途な大型犬が面白かったので萌2よりの萌にしました。受けが男前よりなのもサブキャラも良かったです。本編280Pほど+あとがき。

今から5年前に東京郊外の商店街で小さな甘味処を始めた深月(みづき)。こよなく愛する餡子と共に、日々穏やかに暮らしていましたが、ある日大量の薔薇とともにランボルギーニに乗ってプロテニスプレイヤーの天久保が現れ「お久しぶりです、部長」と声をかけてきて・・・と続きます。

攻め受け以外の登場人物は
夏海(受けの店の大学生バイト。受けと同じくオメガ。キャラ面白い)、慶介(受けの高校時代の同級生で内科医。ええ奴)、剣崎(受けの元婚約者)、磯村(攻めのマネージャー)ぐらいかな。

++良かったところ

攻め!人の話をまったく聞かない宇宙人ぶりはなかなかのものでした。こういう一途すぎて540度ぐらい回転している、ぶっとんだ方は大好きです。高校生の時にさらっと言われた「100億円と百万本の薔薇」を真正直に用意するアホぶりが最高でした。いい男だし、一途だし、超優良物件じゃん!ほんとこういう方と寄り添えられたら最高に幸せだと思うんですよね。

受けもなかなかツライ過去を背負っていますが、めげずに前向きで男前なのがとても良いです。健気で儚げで、というのではない所が好きなんです。あんこラブを語らせたら多分半日ぐらい語ってそうな、こっちもやや変人寄りなのが良いです!

後、サブキャラの慶介。ずっと受けの事を大切に思っていたんでしょうね。こういう方もすっごく好きなんです、絶対幸せにしてあげてほしい・・
もう一人、バイトの夏海もお話に軽やかさを与えてくれてめっちゃ良い。
主要メンバー4人とも大好きだったので、お話読んでいてとてもウキウキでした。

各キャラが個人的期待にぴったりで、とっても良かったです。萌2と悩んだんですけど、こんなにキャラが良かったと思う割にあんまりお話が残らなさそうだなあと思ったので、萌にしました。お話的に王道だったからかな。
安曇先生初オメガとのことですが、先生ファンの方でしたら、ご安心ください、絶好調だと思います!(麻々原先生の挿絵も麗しくって、うっとりです・・1枚目のモノクロ挿絵に夏海のちょっと可愛い表情があって、そこもめっちゃ好きでした!)

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う