あさはらたそかれ あきすむ

asahara tasokare akisumu

あさはらたそかれ あきすむ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
42
評価数
9
平均
4.7 / 5
神率
66.7%
著者
はやりやまい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

人気ブロガーの澄山忍の恋人は、
年下の高校球児・堂山純一郎だ。
朝のすれ違いから知り合い、年の差を乗り越え、
ふたりは今ではすっかり恋人らしくなっている。
でも、甲子園で活躍した純一郎はプロ入りが決まっていて…
好きだから一緒にいたい、好きだから寂しくなる。
ふとした瞬間、会いたくなる、触りたくなる。
遠恋を前に、忍の心はそわそわしてしまい──
等身大の恋を育む、高校球児×夜型社会人の恋、再び!!
描き下ろし『むぎのあき』収録。

表題作あさはらたそかれ あきすむ

堂山純一郎
澄山忍

レビュー投稿数3

紙書籍でも出して〜!

あー、もう胸いっぱい。
あとからあとからじわじわ感動が押し寄せる〜
これは、シリーズ読まれている方は必読の作品だと思います。

とにかく、この二人は誠実です。
純一郎の家族に挨拶に行く澄山と、先輩に彼氏がいる事を隠さない純一郎。
男同士で付き合う事は隠すことでも、恥ずかしがることでもないと思わせてくれる。
保守的な澄山を変えたのは、きっと純一郎の真っ直ぐさと誠実さなんだよ。

どんなに目の前のことで手一杯になっていても、ふとした瞬間に会いたくなる。
会いたい、会えて嬉しい……この繰り返し、シンプルだけどグッときます。
一生続けられない仕事を選んだ二人が、一緒に頑張ろうと励まし合い、支え合う姿に胸アツです。

二人で寄り添って生きていくのは、引退後のお楽しみですね。
それまでは、今やれることを精一杯頑張ってほしい。
たとえ会えなくても、お互いを思う気持ちは色あせないんだろう……そう思わせてくれる信頼感と安心感がある。
言葉のチョイスが素晴らしくて、どの台詞も心に残りました。
夢を叶え、やり遂げた後の二人も見てみたいです。
できたら、老後まで見届けたい。

Hは少なめだけど、中イキを覚えてしまった澄山がエロかった♡

1

"澄"の字も"純"の字も

表紙の2人の頬がほんのり色付いているのが良いですね。

電子限定発売が先生の本意でなかったことがTwitterから伝わり、なんとも言えない気持ちです。爆発的に売れたら、紙発売のチャンスありますかね?

既刊はもちろんのこと、これまた電子限定の「あさはらたそかれ 秋」も既読で挑むことをお勧めします。かなり重要な話なので。「あきすむ」を読みつつ「秋」の場面が出てきたら(多分ここだとわかる)、そっち読んで〜ってしてもいいかも。

デートにジャージできたり、高校生らしく同世代と会話する純一郎にも、年下の純一郎に甘える澄山にも可愛さを存分に感じ取れる作品。

既刊で「澄山さんは好きなことで飯食ってる」「かっけぇ」といった純一郎が、そんな「かっけぇ生き方」を歩み出しました。家族や先輩にさらりと彼氏の存在を言えてしまう純一郎はカッコいいっスが、相手のいることですしちょっと危うさも感じたり。澄山が会社勤め人ではないところでバランス保ってる感じかな。

ガッツリ2人ともスネ毛生えてるとこ、私は好きです。眉毛もふさふさですから、色んなところの毛だってふふさしててもよい。澄山さんは髪長い方が好き。

彼らの見透し良き未来に幸多からんことを!

萌2〜神
先生ファンなので!世間一般の目を意識してみたら萌2かな。

0

愛着のある作品

あさはらたそかれ あきすむ

響きがロマンチックなんです。
秋の夜闇に、染まってなおも澄んだ空気に身体も気持ちもしーんとなるような。

あーあ、純一郎も夏のままの高校生じゃいられないんですよね。
当たり前なのに。
現実の世界の高校生だって、あっという間に成長してしまうにね!
何だか純一郎が変わるのは、澄山さんと同様に少しだけ寂しい。

2人が秋の気配から冬に至る。
そして春に離れるまでの、ちょっと寂しい予感に満ちたお話です。

純一郎、プロ野球に入ってから取材とかで結構話すようになるんだろうか?
「っす!」と云う語尾、変わっちゃうかね…

読み手の私も、センチメンタルな心境になりました。

付き合い始めて短い2人が離れる時間の間も、互いを思う。タイトルの空気感を回収していました。
ドラマチックな展開は有りません。変わる季節と2人のお話、良かったです。

ただ、一話目の絵はちょいといかん。ラフなのは良いのですが、一話目だけにいかん。澄山さんの顔が違って見える。

とはいえ、はやりやまい先生好きなんです。
次の、あさはらたそかれ、読めると嬉しいです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う