俺たちもう…ただのセフレじゃいられない…。

オメガポルノ case.千昭

omega porno

オメガポルノ case.千昭
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×220
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
223
評価数
51
平均
4.4 / 5
神率
51%
著者
広里かな 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ジュネット
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784909460592

あらすじ

Ωのフリーター・千昭は抑制剤が効きにくいカラダ。発情すると学生時代の同級生・虎次郎を呼び出す。
特に仲が良かったわけでもない2人だが互いの匂いに惹かれあい〝ヤルだけの関係〟を続けていた。
エリート医大生の虎次郎と仕事も途切れがちなフリーターの千昭。
住む世界が違うと自覚していた千昭は〝ヤルだけの関係〟にある種の安らぎを感じていたのだが…。

単話配信作品として各電子配信書店でヒット中の
オメガバース作品・コミックス第2弾!!

表題作オメガポルノ case.千昭

芳野虎次郎,α,21歳,医大生
四ノ宮千昭,Ω,21歳,フリーター

その他の収録作品

  • うちのαはとにかく鈍い 第1~5,0話
  • うちのαはとにかく鈍い おまけ(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下漫画

レビュー投稿数7

オメガバのエロコメ作品

作家買い、大好きなシリーズです。
ジュネットで単話配信されていたオメガポルノ全24話の、
「うちのαはとにかく鈍い」9~14話+描き下ろし収録。
シリーズ前作の「オメガポルノ case.たつる」を読まなくても全然OKな内容です。

広里先生の作品はクスっと笑えてエッチでほろ苦くキュンとさせてくれる内容が多いのですが、
オメガポルノシリーズは、オメガバ要素を取り入れたゆるフワなエロコメ作品で読みやすい。

高校同級生で発情したらやるだけの関係になり4年という、
エリート医大生のα虎次郎×居酒屋バイトのΩ千昭

ただ、今回は鈍感な無自覚クズ攻めαなのよね…
完全にやるだけの関係で発情エッチが大好きと言い切り、彼女の存在を隠さないヤリチンモテ男。
なのに憎めない魅力を持っているという質の悪い男、鈍感α虎次郎。
Ω千昭は虎を棒扱いですが、実は一途な想いを隠す健気なツン。

当たり前に発情したらやる関係だった二人が、ちょっとした出来事からすれ違い…
よくある設定の鈍感攻め×健気ツン受けなんですが、
鈍感な攻めがモヤモヤ嫉妬の感情から、少しずつ特別な感情に気づいていく過程が好き。

無自覚クズなので、普通のクズよりやっていることはある意味酷いんですが、
悪いヤツじゃないので、どんどん可愛く見えてくる私。
千昭も健気で可愛い嘘で縋る場面はせつない分、ツンな千昭だからこそバレた時の可愛さときたら堪らない。

甘い香りを放つ花が開く発情エッチ、
嫉妬で酔った虎次郎と初めての発情なしエッチ、
想いを通じ合わせた後の激しい発情なしエッチ、
高校時代の初めての発情エッチ…どれもいいですが、
予想外な行動にでた酔った虎次郎がクズで最高でした、これぞ広里先生の旨味。

鈍感な虎が千昭を好きだと気づく、
ずっと好きだったのは朝の味噌汁じゃなかったというあの場面大好きで繰り返し読んでます。

描き下ろし最高でした。
虎次郎の牽制ですが、千昭も虎に負けない鈍さ…このCPほんと好きだわ。

オメガバースといえば運命の番ですが、全面的に運命を強調した描写じゃないのも、
この作品がシリアスになりすぎない読みやすさになっているのかもしれないですね。

全24話中単行本2冊に収録されたのが12話なので、残りあと2冊かな。
描き下ろしが読みたいので、楽しみに待ってます。

表紙がステキ、二人の表情のバランスがいいですね~。
シャツのめくれ具合もいいですが、千昭のtkbの色がキレイで尚且つ虎の指がグッジョブ!

※Renta:白抜き

10

面白かった!

case.たつるで気になってたアルファの親友の芳野の兄のお話でした。

たつる編よりこちらの方が好きでした。
高校時代からセフレ関係の2人が、すれ違ってお互いの気持ちを伝え合うまでがジレジレしてて面白かったです。

自分の気持ちに素直になれない千昭が可愛くて切なかったし、彼女とは長続きしないくせに千昭とはずっと続いていた理由に気が付かない虎次郎の鈍感さにイライラしてしまいました。

そして自分の気持ちに気が付いて無駄な抵抗する虎次郎が愚かでも可愛く感じてしまいました。
無神経でずっと千昭を傷付けて来たはずなのに、どこか憎めない魅力が虎次郎にはあります。


千昭のバイト先にわざわざ見せつけに行く虎次郎に笑えたし、芳野家のママの料理下手ネタに笑わせてもらいました。
芳野家長男が千昭の主治医で登場していたので、次回は人の良さそうな兄かクールな弟のどちらかのお話がよみたいです。

4

攻めの鈍さに焦れる

色んなカップルが登場するオメガバースシリーズ。
前作未読でも大丈夫です。
このシリーズの何がいいって、Ωが辛い目にあわないところ!
Ωか蔑まれたり差別されたりしない所か好き^^
切ないのにコミカルで、ほのぼのした雰囲気もイイ!

本作は、単話の9〜14【ウチのαはとにかく鈍い】に描き下ろしをプラスしたものです。


高校の時から、発情期はHする仲の千昭(Ω)と虎(α)。
抑制剤が合わない千昭と発情期Hが大好きな虎は、お互いの利害の一致で利用し合っているものの、実は千昭は虎に片想いしていてーー…

単純に恋愛ものとして楽しめる、希少なオメガバースだと思います。
一途な千昭と、ナチュラルクズな虎。
常に彼女がいる虎ですが、千昭には「発情期セックス大好き」を公言する遊び人です。

タイトルから分かる通り、虎がめっちゃ鈍い。
そもそも、好きでもない相手と4年も続かないでしょっていうね。
お互い身体だけでつながった関係だと思っているので、発情期を理由にしないと会えないもどかしさを感じました。

千昭のバイト先の店長・重さんに嫉妬し、彼女に指摘され、徐々に千昭への恋心を自覚していく虎。
求める事も完全に手放す事もできず、両片想いなのにすれ違っていく2人が切なくて、胸がギュギュッとなりました。

とにかく、虎が悪い意味でαらしくなくてイライラします。
予定外の告白も千昭から;
それに乗っかる虎……おい!
でも、「結婚して」にはキュンとした♡
遊び人から一転して、千昭にベッタリになる虎には萌えました。

結局この2人、「運命の番」なんだろうな。
それにしては鈍すぎだけど;

シリーズ特有の、発情期に花が咲く描写はドラマチックで分かりやすくて好きです。
でも、エロパートの見所は、通常時のH♡
心で求め合い、じっくり慣らしてから挿れて感じて……っていうのが、すごく良かった。

そして、脇キャラの店長・重さん(β)がめっちゃいい人で大好きでした!
描き下ろしは、重さんにマウントを取る虎の話。
照れる千昭に欲情して速攻帰宅って……何しに行った(笑)

まだまだ続くシリーズなので、今後も楽しみです!
次は兎三郎(虎の弟)だといいなぁ〜

※レンタ白抜き修正

6

こちらのシリーズ大好きです。

広里かな先生の作家買い。そしてシリーズ買いです。
たつる編は、イランイランの花がジュワーッと淫靡な蜜を滴らしておりました。βだと思っていた、たつるがΩとしてどうしようもなくαの山岡を誘うのが印象的だったんです。

で、こちら。
たつる編の芳野のお兄ちゃん、虎次郎がαの攻めとして登場しました!
お兄ちゃん、意外にクズでした。
とはいえ、高校生からのΩの千昭とずーっと
発情期を過ごしている…
2人の発情期セックスも良いのですよ!

千昭は、とっくに虎次郎を好きだと自覚しているけど、虎次郎には彼女が居たりして。
彼女とデート中でも、千昭からの連絡を受けると千昭のアパートに行ったり。
千昭のバイト先の居酒屋では、ちょっと嫉妬して押し掛けてみたり。酔いつぶれて彼女差し置いて、千昭のアパートに直行しちゃったり!
うーん。なかなかクズしてますけどね。
何か憎めない。

虎次郎兄弟が、長男次男三男と登場してきたり、シリーズファンには嬉しい感じです。

虎次郎がちゃんと、千昭に対する愛情を自覚してくれて良かった。
クズ転じて、千昭溺愛まっしぐらですね…
千昭も、健気なエロさ(あくまでも虎次郎限定)の感じが好きですねー!

ほかのCP編、特に兎三郎編も読みたいなぁ。
広里かな先生作品は、本当にリピート読みしてまして。長く楽しんでいます。

今回の、千昭の発情期のお花。
月下美人ですよね~
花の登場も色っぽいので大好きです。

4

切なさに爆萌え

『caseたつる』で、主人公・たつるの親友として登場した芳野の兄の登場です。

抑制剤が体に合わなくて戻してしまう千昭。
薬を飲む代わりにαである虎次郎とセックスをすることで、発情期をやり過ぎしてきたが…。

いやあ、切なかったです。
千昭目線と虎次郎目線の配分が絶妙。
常に彼女が切れず、千昭の相手をするのは単純に「気持ち良いから」というだけの虎次郎にひそかに抱いている想いを打ち明けることも、関係を切ることもできない千昭目線は、とにかく切ない。
彼女と千昭は「別腹」と言い切り、ただ気持ち良いから千昭としたいだけの虎次郎が、千昭のバイト先の店長のことでモヤっとしたり、発情期のはずなのに呼ばれなくてモヤモヤする虎次郎目線は、虎次郎の鈍感っぷりが可笑しい。
この虎次郎目線が挟まれることで千昭目線の切なさが際立って、爆萌えにつながるという効果がありました。

鈍感な上に無神経なんですよ、虎次郎が。
自分的にはキモチイイ+人助けくらいの気持ちでいるから、平気で彼女の話もするし、千昭のバイト先に彼女を連れて来たりもしちゃう。
恋愛に関しては先に惚れた方が負けなので、そんな虎次郎を拒絶できない千昭が切ない。
だけど次第に虎次郎が自分の気持ちというか、無意識に漏れ出した想いに「あれ?」「おや?」となっていくに従ってパワーバランスが崩れていくのが、また良いんですよ。
終始にやにやしっぱなしでした。

何人元カノがいようと、歴代の彼女たちや今カノに「本命は別にいる」と思わせていたのも萌えるエピソード。
完全に胃袋も掴まれちゃってるのもツボ。
彼女とは長続きしないのに、千昭とは4年も続いてるというのも良い。
気付いてないのは本人だけっていうのがたまらんのです。

はー、楽しかった。
あまりに楽しかったので、もう一回読んでこよう。

2

チアキが健気で良い!

明るいオメガバースの別CP
個人的にはこっちのほうがスキ

高校時代、学校での発情をきっかけにセフレになった、彼女が切れないクズ男のトラくんとトラくん一途なチアキくんのストーリー

トラが「チアキ好きだ!」と気づいてからモヤモヤしたりヤキモキしてるのがすごく可愛い。そしてチアキのバイト先のシゲさんが良い人すぎる

大好きなトラくんと発情セックスするために薬控えちゃうのも、「あ、おれαならほかのやつでもいいんだ」と気づいちゃう(未遂)のも、なんか若くていいな〜

1

すれ違いカップル

超・鈍感α芳野虎次郎と意地っ張りだけど実は健気なΩ四ノ宮千昭のカップリング。
ちなみに、αには彼女がいるので、ベッドシーンはないけどお気をつけあれ。

ふたりは、友人でもなければ恋人でもない。
高校の時、千昭が発情して以来の発情したらヤるだけの関係だ。
薬だと気分が悪くなるから仕方ないと自分に言い訳して関係を続ける千昭。
本当は虎のことが好きで発情期のたびに呼び出すけど、虎には彼女がいるから心はあきらめるしかない。

虎が千昭への好きを自覚していくのが、なんともキュンキュン来る。
当て馬的存在が、千昭のバイト先の店長(β)なんだけど、彼と仲良くなっていくというか、純粋に慕っている千昭にだんだんモヤモヤしだす虎。
でも、なかなかくっつかない。虎から「体質に合う薬あるかもしれないぞ」って言われてそれを薬使ってどうにかしろ発言に取っちゃう千昭とか、すれ違いが続く続く。
千昭もだいぶ一途なんだよなぁ……。虎に言われてから薬探したりさ。全然虎からのスキを欲しがらない。憶病というか、どちらかといえば分をわきまえてる系の受。

すれ違い方の描き方が上手だった。
ラスト、虎が気持ちに気づいたあともひと悶着あるんだけど、クライマックスに向かうのに良いシーンだったように思う。
なんやかんやすれ違い、戸惑い、敬遠してっていう流れもテンポ良く進んで、読み手が嫌になる前に次の展開へ進んでいく。

中立の理由は、単に好みの問題。目新しさがない。そのベッドシーンに意味はあるのかっていうものもあって、それいれるくらいなら主人公たちの心理を深く描き出せばもうちょっと厚みが出たんじゃないかなって思いました。いい意味で読みやすく、悪い意味で空気のように通り過ぎる作品。心に引っかからない。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う