君が大切。だから言えない。

君には届かない。 (3)

kimi niwa todokanai

君には届かない。 (3)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×214
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
139
評価数
33
平均
4.2 / 5
神率
42.4%
著者
みか 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
ジーンピクシブシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784040648620

あらすじ

「ヤマトと、ちゃんと話さなきゃ――」
幼なじみのヤマトに突然抱きしめられ、戸惑うカケル。
ヤマトは自分を好きなのか?
少しずつ意識し始めるカケルを他所に、いつも通りのヤマト。
モヤモヤしながら迎えた修学旅行で待っていたのは
ふたりの関係を揺るがす大ピンチ――!?

表題作君には届かない。 (3)

大原倭斗 ,高校生
芦屋架 ,高校生

レビュー投稿数3

可愛い少女漫画の様な読みやすさ

レビュー少なくて意外です。
pixivでも人気有りますよね。
4巻発売おめでとう御座います!

初期の方からチェックしていて前作(BLではない)からセンス有るなぁー。と、応援していたのでここまで人気作家になって感無量。
絵が可愛いので少女漫画の様です。
これは中学生にも読める安心安全BL。
エロも無し。

とにかく背景が綺麗です。
表紙から綺麗ですが、中身も京都をしっかり取材されたんでしょうか?背景細かい~。

内容は前回の抱きしめられたにも関わらずヤマトが普段通りの接し方のためカケルがソワソワドキドキと言う王道です!
それ、もう恋じゃない!?

そして みんな大好き修学旅行ですよ~!
修学旅行と言うと共同風呂!となるんですがアッサリ回避です~。残念。
その後のラッキースケベでヤマトの布団に潜り込み オォッ!イケー!と拳握ったんですが…。可愛い純な2人なのでドキドキしてるんです。ドキドキしてるだけなんです~。くぅー。

この漫画主人公達はモダモダしてるんですが周りの保阪君や茜ちゃんが良いアドバイス出すんですよね。
多分この2人居なかったら進まなかったんだろうな。周り良い仕事してます。

最後の最後に1歩進みましたよ、奥様。
このペースだと一体何巻で何処まで行けるのか。山本小鉄子先生並みのジリジリ感。
心理描写がとても丁寧な、みか先生なので最後まで出来たら途轍もなく感動しそうです。

pixivを毎回追って居るので正直目新しさは殆んど無かったです。
だけど隙間出てくる四コマ面白かった。

2

起承転結の『転』

修学旅行編。物語全体の起承転結の『転』に当たるのではないかと思います。

2巻までは主役2人のやり取りで基本的には話が進んでいたように感じますが、3巻は『転』となる助走段階において、周囲の人たちとのやり取りも鍵となっているのが印象的でした。
個人的には、修学旅行準備から出てくる保坂と雨宮がすごくいいスパイスになっていて好きです(特に保坂)。
蛇足ですが、保坂みたいな飄々としてるけど指摘がいちいち的を得てるナイスアシストキャラが好きな人は一定数いると思う……!

『転』なだけあり、終わり方もこれまででいちばん気になる終わり方になってるんじゃないかと思います。
続刊の4巻がすぐ読める時に読み始めていなければ、終わりの時点で「続きを読ませろー!」と叫んでいたと思います(現在4巻まで既刊)。

(2021/7/5読了)

2

修学旅行編。

ということで、舞台は京都へ。
この表紙は第17話に出てくる渡月橋でしょうか。
色彩がとても綺麗です。

シリーズものはついつい表紙を並べて置いてみたくなるのですが、3冊をまじまじと見比べてみると、ヤマトの目線が印象的でした。
1冊目からずーっと変わらず、カケルを見つめているんですよね。
それに対してカケルは、無邪気に笑ってみたり、無防備に居眠りしたり、マイペースにころころと表情を変えていて。
なんだかふたりの関係性がよく表れているなと思いました。
3冊目にしてやっとカケルが何かに気づいたような顔をしているので、次巻の表紙ではどんな表情を見せてくれるのか楽しみです。


さて、ストーリーについて。
前巻でヤマトに抱きしめられてから、戸惑いを隠せないカケル。
ついにヤマトの気持ちに気づきかけたのに、ヤマトがいつも通りの態度をとるから、あれれ?ってなっちゃうんですよね。
"どんな気持ちで抱きしめたのか聞いてみたいけど、何も聞かない方がお互いのためなんじゃないか"
"でも、こんなもやもやした気持ちのままヤマトと友達のままでいられない…"
と、カケルは悩みます。

表面上はいつも通りのヤマトも、内心ではカケルの気持ちが気になっていて。
"抱きしめられて、カケルはどう思ったんだろう"
"知りたいけど、聞いてしまったらもう後戻りはできない…"
と考えていたのでした。

曖昧な関係のまま迎えた修学旅行で、同じく修学旅行に来ていた茜に再会し…という展開。
えーっ、そんな偶然ある?^^;
って感じなんですが、茜の登場をきっかけにふたりは大きくすれ違い、その分急進展します!

勢いでしたであろうキスがわりと長めで萌えたぞ。
これからどうなるのだろう〜(。>_<。)
縁結びのお守りが地面に落ちちゃってるのがなんとなく不吉なんですが、大丈夫だよね…?
そろそろ幸せになってほしい。


各話の間に四コマが2本ずつ挿入されていました。(計10本)
これは描き下ろしなのかな?たぶん。
本編と時系列を揃えている四コマなので、修学旅行中の話になります。
寝顔が見れたり、入浴タイムがあったり、修学旅行ならではのネタでよかったです。
個人的には、「伝言」と「心外」がツボりました。
普段は穏やかなのに、カケルが絡むと動揺したり感情的になっちゃうヤマトが面白かった。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う