ビストロRyuへようこそ

bistro ryu e youkoso

ビストロRyuへようこそ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌5
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
20
評価数
7
平均
3 / 5
神率
0%
著者
橋本あおい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
ISBN
9784877244637

あらすじ

オーナーに引き抜かれ、市川がやってきたカフェ「ビストロRYU」。色男ぞろいの店で、恋が始まらないわけがない!?

表題作ビストロRyuへようこそ

優秀なギャルソン・市川
モテモテのギャルソン・管野

同時収録作品そうさ君は僕のすべて

龍太郎 レストランのオーナー
木戸直純 シェフ

同時収録作品夜にやさしく

窪塚義成 助教授
葉月

同時収録作品あなたのためなら

是枝 刑事
波多野 医者

同時収録作品lump sugar/dog star

高間広樹 何でも屋
静流 お坊ちゃん・犬の飼い主

その他の収録作品

  • エプロンのまほう
  • あなたがいるから

レビュー投稿数4

初期 短編集

感想

いまの絵柄より、作画が細かくて、書き込みが丁寧のような気がしました。
どれも短編ですけど、よくまとまっていて読んで楽しい。

0

エプロンとメガネと酒と犬と聴診器が出てくる作品です(笑)

橋本あおいさんのコミックスです。GUSHにしてはエロ度は高いかな?ピアスシリーズほどではないけど、まあまあえっちい。
話は5本収録されてます。

①『ビストロRYUへようこそ』
新人バイト・市川×男女にモテモテの良平。
小さなイタリアンレストランが舞台。そこのウェイター二人の恋物語。良平が店のお客さんにストーカーされてて、それを市川が助けてハッピーエンド。これはそんなにエロスはないです。

②『そうさ君は僕のすべて』
レストランのオーナー・龍太郎×シェフ・直純
こちらも同じレストランが舞台。オーナーと直純は初めからデキてます。共同経営者ってかんじなのかな?オーナーは自信満々な人なんですが、その言動にはなんの根拠もないちょっと変な人(笑)っていうかヘタレ。
直純のことをすごく愛してて、直純が他の男と親しくしているのを見て、その男のレストランに引き抜かれるのでは?と心配&嫉妬して厨房で襲っちゃいます。オリーブオイルプレイがエロいです。ヌルヌル。

③『夜にやさしく』
考古学研究の助教授・窪塚×カフェ勤務・葉月
これが一番エロエロでした。ノーマルで研究オタクの窪塚を苦労して落とした葉月は、窪塚にメロメロでHが好きな誘い受け。でも研究第一の窪塚はあんまり構ってくれないので、友人からもらった媚薬をコーヒーに入れちゃいます。
それがバレて意外にSだった窪塚にお仕置きされてしまいました。ハンカチでアソコ縛られてなかなかイカせてもらえなかったり、中に入れたまま葉月のお腹をグリグリ押して自分の形を感じさせたりエロエロです。

④『あなたのためなら』
刑事×医者。これ、最後まで受け攻め反対かと思ってました。Hシーンは少ないけど、指で広げながら挿入するのがエロかった。

⑤『lump suger/dog star』
探偵×お坊ちゃん。犬の世話の依頼を受けた探偵がお坊ちゃんにハマってしまいます。ロリコンか?ってくらいお坊ちゃんが幼い。初物をいただいた攻めは感動したようです。


う~ん、やっぱりこの人が描く舌やら穴やらナニやらはエロいです。汁も結合部分も素晴らしい。一回がっつりエロいのを描いてほしいです。たいへん満足な1冊でした(´∀`)

1

作画の歴史を辿る旅

オーナーに従業員が4人いるビストロを舞台にした話が2つと、4つの短編に描き下ろしが2つ収録されています。
作画が今とかなり違います。驚きます。

「ビストロRyuへようこそ」
他店からビストロRyuのフロア係に引き抜かれた市川と、可愛らしい顔立ちと人懐っこい性格で男女ともにモテる菅野(フロア係)。
ストーカーから守るために菅野を送ってほしいとオーナーから頼まれた市川が、菅野と一緒にいるうちに…。人たらしにたらされ、人たらしもまた…という話です。

「そうさ君は僕のすべて」
シェフのナオの腕に惚れ込んで店を出すことにしたオーナーの龍太郎。
ある日、大手フランチャイズグループのヤリ手スカウトマンが店に通い始めたことから、龍太郎に不安と焦りが…。
常々思う、会話をちゃんとしないとすれ違ったり誤解したりするだけで、いいことなんて何もないよねという話でした。

「夜にやさしく」
大学の助教授と大学の近所にあるカフェ勤める青年。
研究熱心、没頭型の助教授にやきもきした青年が、友人からもらった媚薬を使おうとして…。返り討ちに。惚れた弱味じゃ仕方ないねという話。

「あなたのためなら」
病院裏で刺されたチャラい刑事と、ICUの医師。
チャラさに辟易していた医師が、刺された理由を知って絆され、流され。

「lump sugar/dog star」
探偵と御曹司(少年)。
ショタなのかな?少年が大人っぽいのでショタショタはしてませんでした。

「エプロンの魔法」(描き下ろし)
ビストロRyuのオーナーがさまざまなエプロンの魅力を語ってます。

「あなたがいるから」(描き下ろし)
刑事と医師の後日談。
怪我は尽きないけれど、怪我すれば会えますね。

0

絵は綺麗で見やすかったです

橋本さんの作品は、今まで雑誌で短編を読んだことがあったのですが、単行本で読むのはこれが初めてです。
表題作のビストロを舞台にしたお話が2作品と描き下ろし、他に短編が3作品とそのうちの1作品の描き下ろしが収録されています。
絵柄はスッキリ綺麗系で読みやすかったのですが、Hへの展開が余り好みでなかったので評価は中立にしています。
その中でも一番好みに近かったのは表題作のフロアースタッフ同士のカップルなんですが、この作品が2人の距離が近づいていくまで一番ゆっくり描かれていたかな~という印象でした。
本筋とは余り関係ないんですが、ちょっと気になったは最後まで登場しなかった厨房スタッフの一人。登場しているキャラはそれぞれ個性があるので、この厨房スタッフも見てみたかったな。幻のスタッフですね。

意外だったのは刑事x医師の「あなたのためなら」。
Hシーンになるまで攻・受を逆に考えてたので、「えっ?」という感じでした。
性格的には波多野が男前で、今の状況に納得していない感も無きにしも非ずな感じなので、リバもあるのかな~と勝手に想像してしまいました。

全体的には余り印象に残らなさそうな作品集だったのですが、読みやすいので気軽に読める作品だと思います。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う