ナルシスト、異世界にて竜の嫁になる

narcist, isekai nite ryuu no yome ni naru

ナルシスト、異世界にて竜の嫁になる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神27
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

234

レビュー数
5
得点
146
評価数
32
平均
4.6 / 5
神率
84.4%
著者
伊達きよ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
乃一ミクロ 
媒体
小説
出版社
ドワンゴ
レーベル
電子発売日
ISBN

あらすじ

成体となった皇族は竜に変身することができる国、ランホァン。その国の皇太子であるリーホァンは、とっくに成人を迎えた今も幼体のまま変化できないでいた。そこで、リーホァンの成体化の為、現代日本から運命の番(つがい)として嶋雪(しま せつ)が召喚される。だが、召喚された運命の番は、とにもかくにも自分が大好きなナルシストだった! 運命の番を成体になるための道具としてしかみていないリーホァンと、自分が大好きで破天荒な行動ばかりとる雪。まったく噛み合わないように見えた2人の運命は――。書下ろし番外編も収録!

表題作ナルシスト、異世界にて竜の嫁になる

リーホァン,150歳,ランホァンの皇太子
嶋雪,運命の番として召喚されたナルシスト

その他の収録作品

  • 番外編(書き下ろし)
  • あとがき

レビュー投稿数5

この受け、すごく男らしいし格好いいと思うんだよ

デビュー作がとても好みだったので、発売を楽しみにしていました。
小説投稿サイトからの書籍化になります。
笑えるしとても甘くて可愛いお話なんですけど、それだけでは終わってない。
しっかりしたストーリー性と深みがあるのも素敵でした。

竜である皇帝が治める国・ランホァンの皇太子でありながら、なかなか成体となれず竜に変化出来ないリーホァン。
成体化への望みを賭けて、運命の番を異世界から召喚するんですね。
しかし、やってきた運命の番・雪は、自分が大好きな超ナルシストでー・・・と言うお話になります。

こちら、タイトルからもお察しの通り、とにもかくにも受けのキャラが強烈でして。
いや、トリップ先で攻めと初対面と言うスタート時から、超マイペース。
えーと、何だろう。
妙な自信に満ち溢れていて、自画自賛の嵐って感じでしょうか。

そんなワケで、最初は若干引いたんですよね。
が、読み進めるうちに、どんどん格好よく見えてくると言うか、その上可愛くも見えて来ちゃうと言うか。
や、ただ単に自分大好きなだけの勘違い受けかと思いきや、彼は一本筋が通っているんですよ。
すごく真っ直ぐだし、とにかく努力家。
魅力的な自分である為に、自分を大好きでいる為に、間違った事はしないし自分を磨き続ける・・・。
あれ? なんかこいつ、めちゃくちゃ格好いいぞみたいな。

また、お相手となるリーホァンが生真面目で悩み多き青年(見た目は子供です)なんですよね。
色々抱え込んでる。

これね、そんな正反対の二人が、共に過ごすうちに相手から大切なものを貰いあい、互いにかけがえの無い存在になって行くと言うのがめちゃくちゃ素敵で。
最初こそリーホァンは雪に結構冷たいんですよ。
まぁ、自身の身体の事や国が抱える問題等で悩み続け、一縷の望みを賭けて召喚した運命の相手が理解不能な宇宙人じゃそうなるだろうけど。
それが、雪と過ごす毎日で、どんどん変化して行くんですよね。
雪の破天荒な所が、リーホァンの凝り固まった気持ちをやわらかくして行くんですよね。

こちら、両視点で語られるんですよ。
なので、リーホァンが雪にどんどん惹かれて行くと言う、この心情の変化が丸分かりなのですが、それにめちゃくちゃ萌えちゃう。
や、基本彼は雪に振り回されてるんだけど、それすらなんか嬉しそうじゃないかよ!と。
ストーリーが進むに連れ、これでもかと増してく甘さに悶絶じゃないかよ!!と。

あとこちら、そんな感じで受けのキャラだったり二人の恋愛部分がめちゃくちゃ魅力的ですが、作り込まれた世界観だったりしっかりしたストーリーも素敵でした。
二人はわりと過酷な目にも遇うんですけど、雪の行動には泣けた。
雪、本当に格好いいし男らしいとも思うよ!

雪のキャラってすごく強烈ですが、彼のバックボーンがしっかり語られる為、そのキャラに説得力があるんですよね。
現在の彼が形成されたのって、このバックボーンあっての事なのでちょっと切ない。
でも、そこから今のようになった雪って、すごく格好いいと思うんですよ。
自分を大好きで居続ける事、その為の努力を怠らない事。
実は、とても難しい事ですよね。
また、この二人、リーホァンが一方的に雪に影響を与えられてるように見えて、実は雪は雪で、リーホァンから本当に欲しかった大切なものを貰ってるんですよ。
これもまた、とても素敵でした。

最後になっちゃいましたが、こちら、エロもとても素敵でした。
いやね、エッチ時くらい初々しい雪が見れるかと思いきや、いかにも彼らしい様子に吹いちゃって。
そう、何事にも一生懸命なのが、彼のいい所ですよ。
色っぽい雰囲気は皆無だろうと。
あっ、一生懸命リードしてるつもりで、その実リーホァンに上手い具合にノせられてるのには笑いました。
わりとチョロい。そして可愛い。

13

愛すべきキャラクター

現代日本に住まう美しいハーフの青年が、とある国の皇太子の「運命の番」として召喚されて…。という、出だしだけ書き出すと、よくある異世界召喚ものです。ですがこれ、全くよくある展開に収まらない。なんといっても、そのハーフの青年のキャラクターが強烈。タイトルにあるとおり、「ナルシスト」なのです。

最初はそのキャラクターに馴染まず、彼の言動のひとつひとつに「なんだこのナルシストは…」とギャグとして笑っていいのか、ドン引きすればいいのかわからない、という状態だったのですが、これが読み進めるうちに、どんどん印象が変わっていく。それはもう、びっくりするくらい。
彼、最初から最後までナルシストなんですよ。本当に、紛う事なきナルシスト。それを貫き通している。攻めに絆されてナルシストじゃなくなって……みたいな事は一切ない。突き抜けてナルシスト。
しかも読んでいると、彼がナルシストな事に納得してしまう。それは彼が「素晴らしい自分」でいるために、常に努力を惜しまないから。なんかもう、呆れるとか通り越して、尊敬すらしてしまうんですよね。ここまでキャラがブレないのも珍しいな、と。

終盤に、彼が「どうぞ、僕を知ってください。そうすれば、僕を愛さずにはいられないでしょう」と言うシーンがあるのですが、これがもう、読者である自分にも突き刺さるのです。確かに、彼を知ったら愛さずにいられない。

ストーリーとしても、恋愛に主軸を置きながら、攻めであるリーホァンの幼体から成体への変化などを含め、きちんと山あり谷ありで飽きる事なく楽しめます。山場らしい山場や、エッチシーン(本編一回のみでしたが、それなりに長いしエロい)も十分あり、内容としては満足です。

私の中では、今年度最高のナルシスト受けでした。

12

これは愛さずにいられない

この受けの雪がすごくステキなキャラです。
ナルシストと一言で片付けられない人です。
決して人を見下すような言動もしないし、最高の自分に向かって努力を惜しまず、押し付けがましくなく周囲に優しく、気を配る事ができる人です。
有言実行で、努力に裏付けされた自信家に不快感は持たないでしょう。
こんな人いたら好きにならずにいられないと思います。

リーホァンが幼体から成体になった場面でのお洋服事情は気になるところです。

ちっともエロくないエッチな場面も微笑ましかった。

あと血の誓約はどうするのでしょうね。
その後のお話があれば読みたいです。

4

お話はタイトルと印象が異なります

昨年末に『笑える話を読みたい今読みたいすぐ読みたい病』が発症してしまいQ&Aの『小説読みたい人寄っといで【小説推進委員会】』の場をお借りして教えていただいた一冊。

確かに、異世界転生にも動じず『人目をはばからない自分大好き』発言を繰り返す嶋雪というキャラクターはトンチキ方面にぶっ飛んでいるんですよ。本人は面白い事を言っている訳ではなく、いわゆる『素でおかしい人』なの。だから読んでいるこちらにも「ここ、笑っていいんですか?(笑うとこだよね?と確認させていただきます)」的な戸惑いが生まれまして……この、変な間が異様に可笑しかったのですよ。

ちょっと衝撃的だったのは、作者が伊達きよさんだということ。
「このぶっ飛び方。前作『物言わずとも愛語る』とあまりにも作風が違うくないかい?」と思ったんですよ。

ただですね、読み進めていくと、この嶋雪のナルシストぶりにちゃんと理由があることが明らかになるんです。彼は生き続ける為に自分を磨かなければならなかったし、自分をしっかりと愛さなければならなかったのよね……この辺が、水面に映る自分の姿に恋をして人生を捨てちゃったナルキッソスとはむしろ対面の場所に立っている様に思ったんです。

不可解なナルシストぶりの理由が明らかになっても、異世界に召喚された目的が達成されても、なおかつリーホァンの愛情を得ても、嶋の振る舞いが変わらない所は「流石だ」としか言いようがありません。
変なキャラなんだけど、不思議と爽やかなんだよねー。

8

受けが全部持ってくお話

Web発の異世界ファンタジー。冒頭試し読み部分の突き抜けたナルシスト受けが気に入ったので読んでみた。

全体的に心理描写が少なく、神視点に近い三人称になっていて、ファンタジー色が濃く出ている。攻めのリーホァン視点でも魔法使いのシャオヤ視点でも受けのことばかり語られるため、彼らから見た魅力込みの雪を追う形で読めた。

ストーリーは大筋はシンプルで分かりやすい。
初恋にそわそわしたり、些細なことでポッと赤くなるメインカプを見れたりとニヤニヤシーンもちゃんとある。嫌な奴を成敗するスカっと展開も楽しめた。

受けの雪はナルシストで口調も激しく、かなり個性的なキャラクター。前向きでブレない信念を持ち、芯がある。読み進めるうちに好感度が上がっていくタイプのキャラだと思う。
攻めのリーホァンは大部分が視点主に近い役割だったが、描写が浅くキャラ造形に物足りなさを感じた。皇太子という素敵設定なのに、それらしさを示すエピソードが前半にほぼ無いのが残念。雪だけでなくシャオヤにもキャラで負けている。

良くも悪くも受けが全部持ってくお話だった。エピソードにしても主張にしても。言いたいことを直接受けのセリフにしていて、子供向けCG映画に通ずる雰囲気を感じた。
個人的にはもう少し攻めにも頑張って欲しかったし、存在感を出して欲しかったと思う。これだと受け一人の冒険譚みたい。

また、ファンタジーだからある程度は仕方ないが、ただでさえ冗長な設定説明を、言葉を変えて何度も書かれると辛かった。
章の始まりに引きのエピソードを置き、続いて本筋に戻る書き方も多く、そのせいで通常シーンが説明のようになっていた。連載として細切れで読む用に書かれたからだろうが、続けて読むと流れが途切れて軽くストレス。
投稿小説だから仕方ない、と諦めなければ読めない点が多くあった。

魅力的な受けキャラとサービス精神旺盛なストーリーで読後感は良い。Web小説特有の地に足のついていない軽さと妄想力の高さを感じる。作者が楽しんで書いているのはすごく伝わってきた。
ファンの応援購入用だったのかな。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う