さわらないで、αくん 上

sawaranaide α kun

さわらないで、αくん 上
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×29
  • 萌10
  • 中立3
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
4
得点
144
評価数
41
平均
3.7 / 5
神率
36.6%
著者
上原あり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784865547986

あらすじ

貧乏Ω大学生の翼冴とセレブα高校生の閃里。
それぞれ本能に支配される自分の性を嫌っていた二人は、ある日近郊の学生を集めて行われる、番探しのパーティで思わぬ形の出会いを果たす。
意気投合し「友達になろう」と約束するが、その日の夜翼冴は閃里のいとこで完璧なエリートα・盤里とも運命的に出会ってしまう――。
体が甘く痺れて動けない、この衝動は運命の番だから…?
抗えないまま二人のαに激しく抱かれてしまった翼冴は…
運命の番はどっち!?
愛と本能のラブ×デスマッチ待望の上下巻同時発売!!

表題作さわらないで、αくん 上

閃里,α,セレブ高校生,盤里のいとこ
翼冴,Ω,貧乏大学生

同時収録作品さわらないで、αくん

盤里,α,セレブ高校生,閃里のいとこ
翼冴,Ω,貧乏大学生

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数4

私の好きなタイプのオメガバース

オメガバース作品は作者さんによって設定が
少しずつ違うのも面白さのひとつと捉えて
楽しんでます。
上原あり先生のオメガバースはどんなだろと
興味津々。
単行本派なので、発売をずっと待ってました。

主な登場人物は4人
セレブ高校生αでいとこ同士の閃里と盤里
貧乏大学生Ωで一緒に住んでる翼冴と稀

このα2人とΩの翼冴の三角関係が堪らんのです。
閃里と翼冴は両思いなんだけど、盤里と翼冴は運命の番?で気持ちとは裏腹に惹かれてしまう。
閃里くんは、今回が初恋ですごくワンコでかわいい。
すぐ、しょぼんとしちゃうし、思った事は即行動
好きなら行動と言葉で素直に伝える。

盤里くんは、容姿端麗、成績優秀で
αばっかりのセレブ高校でも憧れられてる存在。
選びたい放題、常に相手から寄ってくるような子だから余裕ありありな態度。
そんな盤里くんが翼冴には余裕ない態度。

閃里と盤里に猛烈に求められて
流されがちな翼冴くん。
どっちもと関係持ってしまう。
だけど、こんなイケメン2人だったらしかたないよね、うん、わかる。

あと、稀くんカラダ売ってお金稼いで後ろめたく思ってるのも切ない。
売り相手のαからガチ恋されてて執着されてるのもどうなんのか気になる。

ちなみに、修正は白抜きではなく引っ掻き仕様
カタチはわかります。

下巻読みたい気持ちを抑えつつ上巻までの感想でした。

5

意外や意外……

上原先生の作品を読んだことがある方なら、誰もが上原流オメガバースに興味を示すのではないでしょうか?
私もその1人で、正直恐る恐る手に取りました。
というのも、かなりシリアスな展開になるんじゃないかな……と、想像したからです。

ですが思いの外王道のオメガバースで、いい意味でビックリ!
Ω1人に2人のαという設定ですが、シンプルなストーリー展開なのでスルッと読むことができました。
αとΩ、運命の番、血族……という、オメガバースらしい醍醐味や設定が活かされています。

惹かれ合う閃里(α)と翼冴(Ω)の前に現れた、翼冴の「運命の番」だという盤里(α) ──。
従兄弟同士の二人が翼冴に選ばれようと行動を起こす中、果たして翼冴はどちらを選ぶのかーー…?

心で閃里を求めても、盤里に抱かれれば抗えず……と、Ωの本能に抗おうとする翼冴の姿が胸を打ちます。

天才なのに天然一途な善人・閃里も、恋愛に対して確固たる持論をもつ盤里も、どちらも魅力的なんです♡

そして、もう1人の主人公・稀(Ω)の存在感!
〝翼冴を守るのは自分だ〟と思っている稀は、αの2人とは違った意味で翼冴に執着しています。

性に生き辛さを感じている閃里と翼冴。
優し過ぎる2人か一途で尊い。
翼冴に出会うまで恋を知らなかった閃里が見せる嫉妬にも萌えます。
閃里と盤里、稀の訳ありな生い立ちにも注目です!

上下巻同時発売は本当にありがたい。
一気読み必至です!

4

想像してたより

初読み作家様でした。
そしてあらすじから勝手にハードなオメガバを想像していましたが、思いのほか純愛で良い意味で裏切られました。

まず登場人物4人がそれぞれキャラクター設定がしっかりしてて、不思議ちゃんな閃里と言動がキザな盤里、可愛いのに凶暴な稀に一途で思いやりに溢れた翼冴がとても魅力的でした。

上巻の最後では翼冴を巡って閃里と盤里が言い争っていましたが、私は閃里の愛し方の方に好感が持てました。
また稀が翼冴に隠している秘密がいつバレるのかと目が離せないです。

下巻でどう決着付くのか楽しみにしたいと思います。

1

どう転がっていくのか

αの閃里と盤里、Ωの翼冴。
どっちが翼冴の運命の番なのか、というお話でした。
心は閃里を求めるのに体は盤里を求めてしまう。果たして翼冴はどっちを選ぶのか…?
閃里のちょっぴりズレた天然ぽさが可愛かったし、翼冴に対するまっすぐな想いにきゅんとしたので本能に負けずにくっくいてくれたら個人的には嬉しいなと思います。


そして稀の存在もかなり気になります。
恐らく下巻では稀のことも描かれているのではないかと思いますが
翼冴にすごく執着しているのは何故なのか、
翼冴にウソをついてα相手に売春をしていた理由など
回収したい謎がたくさんありました。
下巻でどんな風に物語が落ちるのか楽しみです。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う