セックスフレンズ

sex friends

セックスフレンズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神30
  • 萌×212
  • 萌17
  • 中立20
  • しゅみじゃない35

--

レビュー数
11
得点
269
評価数
114
平均
2.8 / 5
神率
26.3%
著者
上原あり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801955882

あらすじ

「愛」とか「好き」は重いからいらない。
セックスで熱くなって、冷めたら終了。

仕事先で次郎が再会したのは大学時代の同級生、嘘だらけの経歴でかためられた「モデルの藤亜」。
口止めのようなセックスをしてから“そういう関係"に。

デリカシーがなく、言ってることの9割が出鱈目、尻軽で軽率な惚れっぽさ、至極どうしようもなく欠落した藤亜に、頭ではわかっているのにくやしいほど性癖がピタリと合致してしまい――。

知ってるのはこいつの"イイトコロ"だけで他はなにも知らない。
大注目作家・上原ありデビューコミックス!

表題作セックスフレンズ

次郎,広告代理店の社員,28歳
加藤亜輝,大学時代の同級生でタレント,28歳

同時収録作品セックスフレンズ

次郎,広告代理店の社員,28歳
紀伊国隆(リュウ) ダンサー,歌手

その他の収録作品

  • sex friend's after days(描き下ろし)
  • カバー下:漫画(描き下ろし)

レビュー投稿数11

すごいエロかった……

スタイリッシュで綺麗な絵柄なので、エロの分量が多くてもそんなにエロくなさそうなどと、偏見でした…。
ビッチでいろんな男と関係を持つ受けがほんとにつかめなくてかわいい。
そんな受けに翻弄される攻めのキャラが何となく読めなくて、どうなるんだろうと読み進めましたが杞憂でした。

複雑に絡まったお話のエッセンスが最後、ふたりの両想いという地点で結びつくので読後感が良かったです。
両想い?になってからの二人のエロは素晴らしかった…。
絶倫巨根とビッチのカップリング最高。
受けがビッチだから攻めはマーキングするようなセックスをするのかなーと思うと甘々ですごい萌えた。
次回作もエロエロだといいな…。

6

つかみきれない藤亜を健気につなぎとめる次郎

近頃テレビで見る、ジェンダーレス男子っていう感じな芸能人の受けでした。わたしはもともとジェンダーレス男子が好きなのでこの受けもその第一印象から好きでした。

たしかに、受けのつかめなさが目立つ作品で、共感できるかどうかは難しい作品かもしれません。
自分が恋心を向けるのはいいけど、恋心(というか執着?)を向けられるのは苦手、冷めてしまう……そんな感じの印象が残った受けでしたかね。私個人としてはその気持ちがわからなくはないので、全く共感できないわけではなかったです。

そして攻めは、受けが自分から離れていかないように気を張っている。あまりにも奔放な受けで攻めが不憫に思えてきます。私はそこも好きだなと思いました。えちシーンでは受けのふにゃっとした感じが好きだったのですが、えちシーン以外ではどちらかというと攻めに萌えたような気もします。ずっと気を張っていて、けなげで、たまに受けをあきらめようとしたりもしているけど、やっぱりけなげにつなぎ止めようとしていて。

終始受けの奔放さ、緩さは残っているようですが、攻めに対する心情は確実に変化していました。それが会話の中で少しずつ透けて見えてくるような描かれ方で、掴みきれない受けだからこそ、その心情を考えながら読むのが楽しかったです。
エンドでも両想いラブラブに落ち着いたか、と言われると、う~ん?という感じなので、そこでも好みはわかれると思います。

あと他の方も描いているのですが、登場キャラが多いのです。
いろいろな人間とのつながりが描かれて、芸能界にいるっていうその雰囲気にも魅力を感じて、この一冊だけでは彼らを堪能しきれなかった気がしています。商業でも同人でもいいからもっといろいろなかかわり方をするところが読みたいと思いました。

5

繰り返し読んでしまう大好きな作品です。

上原ありさんはとても奇特な作家さんで、作者の個性が出ている作品ほどしゅみじゃない評価が集まってしまうようなんですが、そういう作品ほどこの作家にしか描けないだろうというものが読めて、私的には面白いと感じます。
それをずっと、上原作品を好きな読者としてはジレンマだなぁと思ってきたのですが、「BL作家の心に残る一冊」で上原さんが自分自身について語ってらっしゃるのを読んで、まずは好きだとしっかり意思表示するところから始めようって思いました。

※セリフをがっつり引用している箇所がありますので注意してください。


この作品の一番好きなところは、
(言い方に悩んだんだけど一番通じやすいかな?って言い方で・・・)
次郎っていうマジョリティタイプのキャラが、籐亜っていうマイノリティタイプのキャラに振り回されることで、自分とは違う考え方についてちゃんと考えるところなんです。
籐亜が次郎のことを「勘はいい」と言ってるのは、私はそんなところだと思っています。
籐亜について考えまくって観察しまくった次郎だから言えるクライマックスシーンのセリフがめちゃくちゃグッとくるんですよね。

「おまえやたら頭いいのがコンプレックスなんだろ
普通の人間がなに考えてなにに悩んでるかわかんないって顔よくしてる
ちやほやされるか遠巻きにされるかの両極端で結局孤独で
いっそ埋もれて同じような仲間と傷舐め合いたくて芸能界入ったんだろ
そうやって……人には到底理解できない劣等感と疎外感と
絶望に絶望を重ねて出来上がったモンスターだおまえは」

ふふ、すごいよね次郎ちゃん。籐亜は多分次郎ちゃんをまだまだ甘くみてたね。
賢い籐亜なら次郎といることが何故こんなに居心地良く感じられるのかもきっとすーっと腹落ちできたことでしょう( ´艸`)

最終話でチェスの盤面に自分たちを重ねて籐亜が自分の負けを認めるところまでが、次郎の告白に対する籐亜の返事の一連の流れになってるんだけど、素直になれないめんどくさい子達の精一杯の可愛げ、めちゃ萌えでした♡
次郎は凡人の常識人だからきっとこれからも振り回されていくんだろうけど、それでもまぁ描き下ろしなんかを読めば「大丈夫でしょ!」と思えます。
適応力とか順応力ってのは変わるし、次郎ちゃんはそのへん柔軟そうですから♪

上原さんの作品のいいところは、これも言い方が難しいんだけど、普通の人たちから見たら理解できにくいかもしれないはみ出してる感じの子たちを、はみ出してるキャラクターとして描かずにあくまで特別じゃない普通の1キャラクターとして描かれるところなんですよね。
そこに心をスーッと軽くする作用があるし、モヤモヤを抱えなくて済む。
本作と「天然受粉シュガーベイビー」は上原さんの作品の中でも特に癒し度高し!
繰り返し読んでしまう大好きな作品です。

【電子】レンタ版:修正○、カバー下○、裏表紙○、電子限定描き下ろし(4p)付き

3

萌えました!

表紙のイラスト、作品もあのままの雰囲気です。
あの感じがお好きな方なら、すんなり楽しめるのでは‥と思います。

私はといえば、美人なビッチ受けがそもそも好きなので、抵抗なくすっかり堪能しました。
まるまる一冊が同じCPの作品なので、読み応えがあって、よい意味でストーリーが長いです。
一見お尻の軽い受けが、節操なく‥という話しなので、エロばかりと思いがちですが、読み終えた後に、なるほど〜と腑に落ちます。ちゃんと繋がっているんです。とりとめがないように見えて、そうではなくて。
軽いだけの話しではなく、軽いだけの受けでもない。
攻めはさることながら、受けの攻めを思う気持ちも描かれているほど、ゆるくはないんですよね。
そこが萌えどころでした。

コマ割り?が細く、1ページに描かれている内容が他の作品に比べて多いように感じました。紙面がすかすかって表現がありますが、その逆です、余白が少ない。
作品が気に入れば、読み応えバッチリ。そうでない方にはもしかして読むのが大変に思えるかもしれません。
あっと言う間に一冊読み終えてしまう作品が多いなかで、連ドラを通して見たような充実感を私は感じました。
上原先生のすっかりファンになってしまったので、読み切りが掲載されてるopanoも購入。そちらもなかなかでした。

1

デビュー作とは驚き!

ビッチは苦手なので私のなかではこのくらいの評価でも高い方になります。

最初こそ、何てやつだ!という、見た目だけは可愛いんだけど最低な受けの藤亜くんですがなんか話の端々に切ない感じが漂う魅力的な子です。そもそも、海外で飛び級して修士号を引っ提げて戻ってきたと言う実はめちゃくちゃ頭がいいと言う設定に弱い私。そんな子が欠けていると自分でも自覚しているものとか、愛を信用していない生い立ちとかいろんなものがちらちら見えて、そう言うものを何となく感じて付き合っている次郎の健気さがたまりません。

そして、そんな次郎だからこそ少しずつ気持ちが変わっていっている二人の関係が丁寧に描かれていて、一巻で完結なのに結構色々あったなと満足できる作品ですね。

0

キレイで上手い、けど非常に萌えづらい…

デビューコミックスでありながら、
コミックス発売と同時にドラマCD制作決定が発表!ということで、
よほど期待できる評判のよい作品なんだろうと思い、
発売当日に買ってみたのですが…
こんなにも共感しづらく萌えづらいキャラ & 内容で大丈夫なの……?
と、正直心配になりました。

レビューを書くために再読する気にもなかなかなれず、早2週間…
どうにかこうにか、やっとレビューです (;^ω^)


年齢・性格・経歴などを詐称しているモデルあがりのタレント、
この受け(表紙の子)が、どうにもビッチで性格がよろしくないのです。

6年ぶりに再会した大学の同級生(攻め)と、
年齢等の詐称の口止め & 酔った勢い~という感じでエッチ、
その後はセフレ状態。
でも受けは、自分とライバルと言われているタレント(男)に片思い。
だけど、その片思いの相手と一緒に飲む機会があって、
思っていたような男と違うと感じると、
場のムードをぶち壊す発言をかまして逃げて、
それでいて、失恋した!と被害者ぶって攻めに縋ってエッチ。

他にも、攻めの家に男の子を連れ込んでエッチしようとして、
攻めが帰宅して見つかっても全然~~悪びれず、
しかもその相手がネコだったので、攻めにヤってあげてとお願い。
結局、目隠しはするものの、
受けの前で、攻めは他の男とエッチしてあげます。

受けは、自分のことなんて眼中にない…そんな攻めがいいんだとか。

その後も、普通に攻めとエッチする仲を続けつつ、
仕事先で会った行きずりの外人に受けの方から声をかけて、
(エッチ前の準備入浴中に、攻めと携帯で話したりもしながら)
複数プレイを楽しんだりも。

受けがそういうことをする理由、それはもちろんあるんですが、
あまりにサラッと描かれているだけなので、共感は難しく、
受けの奔放なビッチぶりばかりが目に付く感じでした。

結局は、惚れた弱みで攻めが受けに気持ちをぶつけて、
その伝え方が、単に「好き」じゃなくて、
受けのことを分かってる、理解しようとしているからこその言い方で、
そこまでしてくれる攻めに、ごまかしつつも受けも堕ちたよう。
(ちょっと分かりづらいけど…)

絵はとてもキレイだと思うし、
エロシーンがすごく多いのに、どこか淡々とした描かれ方でもあって、
それでいて、コミカルとスタイリッシュが共存してもいて、
なんだか映画を観たような感覚で本を閉じました。

とても上手い作家さんだと思います。
思いますが、メインのキャラクターに愛着を抱けないと、
わたしはどうにも萌えづらい方なので、
残念ながら、全くと言っていいほど萌えられなかったです。

でも、違うタイプのキャラのお話なら、是非読んでみたいな。

25

何に翻弄されてるの?

絵柄がとっても可愛らしい。

正直…何が面白いか分からなかったかも。私の理解力がないだけですが、二人は何に悩んでいて何に迷っているのか分からなくて…。藤亜と次郎はセフレで藤亜は誰振り構わず抱かれるビッチだけど、同業の子を家に連れて来て両方ネコだったからって次郎とヤラせるか普通?藤亜は15歳で大学に入れるくらいめちゃめちゃ頭が良いんだけどそれを隠してバカなキャラを演じています。それくらい頭が良いなら?良いからこそ?やってることが分からない。愛が重たいならいらない…相手のことなんにも考えてないようにしか見えなかった。最後のアレはハッピーエンドなのか?それすらも不明

4

こういうカップルがいてもいいかな

受けがかなり病んでます。
幼い頃から、類稀な容姿で人から行き過ぎた好意を向けられることが多かったらしく、「本気の好意はいつか豹変する」という理由から体だけの付き合いを好むようになったらしいです。そんな宇宙人受けの全てを何とか受けとめようともがく攻めは健気ですが、私はそんな受けにも攻めにも共感できませんでした。私の間口が狭いのだと思います。
絵は綺麗だし、こういう歪なカップルがいてもいいと思うので、評価は中立です。

3

上原先生デビューコミックス

次郎(広告代理店勤務)×加藤(タレント 次郎と大学の同期)

「天然受粉シュガーベイビー」があまりハマらず、懲りずに上原先生の作品を読みましたがやっぱりハマれずでした。
後半はまだ良かったのですが、「天然〜」同様前半は文章が文章を成していない感じで、読んでいて非常に疲れました。

エッチシーンが多いです。
加藤のすすめで、次郎(攻め)と加藤のタレント友達がセックスし、かつ加藤はその部屋に居るシーンがあります。一口にプレイってわけでもないようで、加藤と次郎が好き合ってる中での描写なら割と好きなのですが、いまいち2人の、特に加藤の気持ちがよくわかりません。
読み込み不足かもしれませんが、どうもやっぱり相性が良くないようです。

1

読むのがしんどかった

表紙が綺麗で購入しました。
ただ、ストーリがほんとよく分からない……受けが闇持ち?愛とかそういうのが無理?みたいな雰囲気出してるけど、よく分からない……とりあえずハピエンみたいだけど、何が問題だったのか、何がハッピーエンドに繋がったのか、そもそも何がしたかったのか色々分からなくて頭がこんがらがってしまいました。多分わたしの頭が悪いせいもあるのですが(笑)

受けがひたすら華奢で女性体型でくねくねしてて、今流行りのジェンダーレス男子?のイメージなのかなと思ったのですが、あまりに女の子過ぎて。そこも個人的にちょっと……という感じでした。

あと、受けの派手なイメージの演出の為かもしれないけど、ウェーーーーイっていうかなんていうか……ガヤガヤしてる表現がなんかな〜〜……やかましいというか。このキャラクター(アイドルとかモデルとか)必要?と思ってしまうキャラクターもいて。

そして何よりも、受けを愛でる傾向にある自分が、こんなに受けをキャラクターとして好きになれないのが珍しい…。なんか攻めが不憫。不憫。モヤモヤしてて見どころのエロもジト目で読み流してしまいました

ただ、電話中に口でするのは好きですww

ドラマCDも決まっていてすごく期待してた分、がっかり感があったのでファンの方や先生ご本人が不快になるようなレビューになってしまったかもしれないけれど、色使いとか華やかで、性癖のツボを刺激するシーンもたくさんあるので(笑) 、これを読んで上原先生のファンになる!という方もいらっしゃると思います。

ただ、個人的には合わなかったかな……次回作を期待してます。

18

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う