大学生の甥っ子×ライターの伯父 再同居から始まる家庭内・年の差恋愛事情

たまゆらの日日

tamayura no hibi

たまゆらの日日
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×213
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
96
評価数
23
平均
4.2 / 5
神率
30.4%
著者
波真田かもめ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784046800633

あらすじ

進学を機に家を出た甥・泉水が突然、伯父の充が住む実家に帰ってきた。
充と泉水には血のつながりはないけれど、
小さな頃から面倒を見てきたので、充としては一緒に暮らせることは嬉しい。
ただ、家を出るときに泉水から言われた一言が気にかかっていて…。

「おれがセックスしたい相手、みっちゃんだけって気付いたから」

大学生の甥×ライターの伯父
再同居から始まる、家庭内・年の差恋愛事情の行方は…?

■収録内容
・「たまゆらの日日」act.1~act.4…COMICフルール掲載作を加筆修正
・「たまゆらの恋恋」11P…描きおろし

表題作たまゆらの日日

八雲泉水,19歳→20歳,大学生
八雲充,39歳→40歳,ライター

レビュー投稿数3

こんな40才想像できない

家族同然に暮らしてきてからの…。
甥と伯父。叔父だったらまだ年齢差少なかったのに…。

泉水もねえ。身近にきれいでゲイで親代わりのお兄さんがいたら、そうなっちゃうかもなあ。
謎のお仕事してて、部屋には本だらけで。
泉水用の本までこっそり入れといてくれて。
と設定とBLを否定してるわけじゃないんですが。

泉水が充に対して照れたり頑張ったり何とか自然に振る舞おうとしたりは愛しいです。

充もねえ。我が子同然で40才と20才ですもんね。
泉水への願いが本当に泉水の幸せを願っててジーンときます。

うーん、充が40であの容姿髪型体型なのが、自分が田舎者だからかピンとこなくて。
色々あったんですが、あんまり心を動かされることもなく。

0

今回も…

作者様買いでしたが、今回もはまらず…。

私はどうしても「おはようとおやすみとそのあとに」のような作品を期待してしまうみたいです。すいません。
 
年齢差はかなりあるものの、和泉が淡々として大人っぽいのもあってわちゃわちゃ感は皆無でした。
それでも何か萌える所があれははまったのでしょうが。

充が39歳なので性欲処理も馴染みのデリヘルボーイがいたりするけど、当て馬にもならず静かに2人の生活が進んでました。
デリヘルボーイが良いヤツってどうなのよ!

てっきり絡んで来ると思った充の大学時代の先輩もちょっとだけの登場で肩透かしでした。

そして2人の関係は淡々と深まる印象でした。

欲を言えば切なさが断然足りませんでした。
もっとジレジレモダモダして欲しかった!

そして受けが歳上の場合は、年齢差はせいぜい一回りくらいが自分の許容範囲だと判明してしまいました。>_<

3

育てていたのは

血のつながっていない伯父と甥の二人暮らしのお話。
幼いころからずっと一緒に過ごしてきた相手への「好き」の感情を考える話だから、これも、幼なじみ両片思いのバリエーションになるのかな。

二人は、伯父甥と言っても血縁関係はないし、甥の泉水の方は作中で二十歳の誕生日を迎えるしで、その辺がちゃんと2020年の倫理観なんだろうなって感じる。
伯父の充も、40歳にしては小ぎれいなところも、泉水の目には美化されているってのもあるだろうけど、実際最近の40歳・独身のライターだったらそんなにオヤジオヤジしないだろうと思うし、この辺もやっぱり今の作品って感じです。
そして、二人はこのまま、しれっと二人で平穏に暮らしていっちゃいそうなところも、やっぱり今の作品って感じです。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う