• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作それは春の終わりに

天川春,入社2年目
中原青嗣,先輩社員

あらすじ

入社2年目の天川春が異動初日に出会ったのは、先輩社員の中原青嗣。 それまで特別なにかに心を動かされることのなかった天川は、初めて恋を知った。
姿を見ただけで苦しくなるようなこんな気持ちが・・・
自分の気持ちに戸惑う天川に、中原は「遊んでみる」?とキスをするのだった。
追いかける天川とあしらう中原。2人の攻防戦の行方は──?

作品情報

作品名
それは春の終わりに
著者
野白ぐり 
媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
発売日
電子発売日
ISBN
9784813032793
4.2

(197)

(97)

萌々

(59)

(34)

中立

(6)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
19
得点
829
評価数
197
平均
4.2 / 5
神率
49.2%

レビュー投稿数19

No Title

社会人の春は異動した部署で出会った先輩青嗣にからかわれているうちに、初めての感覚を覚える。モヤモヤして苦しくて、これが恋?戸惑う春に俺と遊んでみる?と青嗣が誘ってきて…。
真面目で可愛い後輩くんと軽い気持ちで遊ぶつもりだった青嗣なのに、実は春は優しくて人当たりが良いけれど思っていたよりずっとしたたかで執念深くて、それが天然で無自覚というたちの悪い魅力のある奴だった!
春にハマっていく青嗣がどんどん可愛くなっていくのと、天然春の止まらない勢いが最高〜。とっても愛おしい2人にニヤニヤしてしまう。

0

恋を知る2人の心情が素敵❤︎

金銀〜、雷々〜と続けてハマってしまい
他の作品も読み出したんですが、
一番好きな作品がこのデビュー作でした。
デビュー作からこのクオリティ、、って。
驚くしかないんですけど

何がすごいって、王道のストーリーで
読みやすくて一気に読んでしまうんですけど
読後に味わう、このときめく感じはなんだ、と
読み返してみると、
読むたびに、そのときめかされる仕掛けに
気付く感じなんです。
話が分かりにくいとかではなくて、
大袈裟な演出みたいなものがなく
どれもさり気なく、あ、これ私も好きだな。って思う萌えポイントが散りばめられてるんですよね。
それを見つけた時はもう堪らない、あー好き!って言いたくなる感じなんです。
これは是非、じっくり味わってもらいたいです。

ストーリーは、
年下攻めが初恋を成就するという初々しい話
なんですが、

この年下攻めくんが
スパダリ予備軍といいますか、
元々がマイペースで賢いので
初めて恋をした相手に翻弄されながらも
地に足がついたところをみせて

はじめは好奇心から遊びのつもりで
年下くんを受け入れていた年上受けも
そうは言っていられなくなっていくという

この過程が実にイイ❤︎
先にも書きましたが、わざとらしい演出ではなく自然の流れでいて、ときめかせる場面が
ところどころに用意されていて
気持ちいいんですよね。

別の作品のインタビューで読みましたが
こんなシーンが見たいという願望や夢をそのまま書いているそうで、
そのイメージ力の高さといいますか。
独り善がりで歪になるようなところがなく
そして、話を収束するために煙にまかれることもなく
終始、そのロマンチックな世界に包まれ
幸せな気持ちにさせてくれるんですよね。

私の一番好きなところは
年上受けのターンですね。
翻弄する側から逆に翻弄される方になっていくところ。
最後は、甘えたりしても幻滅しない?とか聞いちゃったりします笑。
年下攻めくんは、そんなこと言われるとは思ってもなかったりして
甘えてくる年上受けに、毎回驚きながらも
苦しい、悲しいを教わった恋に今度は
喜びを感じながら幸せを噛み締めます❤︎

なんていうか、この2人のやりとりが
本当に丁寧に描かれているんですよね
読んだことのあるストーリーなんですけど
読み応えが半端ないです。
ぜひぜひ、おすすめです❤︎

1

ほんわかの中身

野白先生作品初読みです。この後、2作読みます。
絵がめっちゃきれいですね。
ストーリーもいい。

ほんわか春で始まり、展開が急だなと思いましたが、その後のやりとりがおもしろくて満足度高いです。

春が初めて本気の恋をして、自分でも知らなかった本性が出てくる。
最初はそれをおもしろがっていた中原だけど次第に翻弄されていく。
主導権が逆転されていくのがよかったです。
年上遊び人が余裕顔でずっといるのって腹立ちますもんねw

春が本気で中原を欲しいという顔を見せた時、中原のうれしさがわかりました。
お互い自分でも知らなかった本性(欲望)がわいて、それを向けられ、味わったことのない喜びを得る。
恋で人は変わるさまを見せられてドキドキほくほくです。
くっつくだけでなく、その後の甘え、甘えられ、いちゃいちゃも見せてもらえて…こういうのがBLで読みたいのよね〜とうれしくなりました。

気になった点
・同期で仲が良いとは言え、中原は松田に春との出来事を逐一こと細かにそんなに話す?とビックリしました。松田をキューピッド役にするためですよね。でもその後、セックスのことまで話そうとするので、この2人はそういう間柄なんだなと思いました。
・最初の急展開の時、春は中原に男が好きなのかと聞かないんだなと。中原があんなにエロいのはなんで?とツッコミ入れないのかと気になってしまって。読者は中原が遊び人だとわかりますが。きっとコマ外でそういうやりとりあったんですよね。
・中原の表情や反応がだんだん女性ぽく見えまして。受けキャラにはよくあることですが。せっかくのイケメンぷりをもっと見たいなと個人的な好みで思いました。

0

求めていた!胸がギュッとなるこの感じ!!

好きを意識しジリジリじわじわ胸が締め付けられるこの感じっっ!!読んでいて「(恋してるっ!)」が伝わってくる苦しくて甘酸っぱいこの感情!

とっっっっても探し求めていました...!!!!

社会人になってから誰かに素直になる事、甘える事ってとても難しいですよね;;甘える事により幻滅されるんじゃないか不安になりますよね;;

ありきたりな物語ではあるのですが、いざBLコミックスで探そうと思うと中々探すのが難しいタイプの純愛ピュアかわ作品!(The王道)(社会人甘酸っぱいオフィスラブ)(年下攻め×甘え下手上司)

社会人・日常・ピュアラブで胸を鷲掴まれるようなBLコミックスを探していたので大当たりでした!
そして個人的にぐりさん作品の中で一番性癖に刺さりました。。

0

恋をすると

これまで色々な感情に心を動かされることなく生きてきた春。そんな彼が青嗣に恋をしたことで内側に存在していた自分のキレイではない部分を知って、心が乱れたり戸惑ったりしながら初めての恋にぶつかっていくわけですが。

青嗣の絶妙な"悪い大人"加減にちょっぴり振り回されてしまうけれど、そのおかげで周りをほんわかさせるような当たり障りない春ではない部分が目覚める様子がたまらなかったです。

とはいえ青嗣もそこまで悪い人ではないし、彼もまた春と接することでこれまでの自分が崩れていくところがあって。お互いに良いところも悪いところも受け入れながら、恋が始まっていくのが素敵でした。

恋をすると楽しいことばかりではなくて、自分で自分を制御できないような重たい感情が湧き上がったり、ほんの少しの出来事がものすごい幸せへと変わったり。そんな日々を春はこれから青嗣と過ごしていくのだろうなと想像できるような本編のラストシーンもすごく良かったです。
また読み返して何度もこの萌えを感じたいなと思える作品でした。

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP