待てができないコワモテの番犬と織りなす、甘やか主従デイズ

甘噛みのエビデンス

amagami no ebidens

甘噛みのエビデンス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×213
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
130
評価数
31
平均
4.2 / 5
神率
41.9%
著者
野白ぐり 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
オーバーラップ
レーベル
リキューレコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784865549270

あらすじ

強面が悩みの出版社員・蓮池は人間嫌いで有名な人気ミステリー作家の担当を引き継ぐことになる。 小説家・森 譲司は噂通りの気難しい性格でまったく人を寄せ付けようとせず、早速拒絶される蓮池。 ところが不摂生がたたって倒れた森の介抱をきっかけに二人の距離はぐっと近づいていく。 撫でられ、褒められた蓮池はそばにおいてほしいと願うようになり、犬のように素直な反応を気に入った森は『躾』をほどこすことにーー… 「"待て"だ 終わったらごほうびをやる」 躾けられたい編集とご主人様な小説家。 スイート、時々ビターな甘やか主従デイズ

表題作甘噛みのエビデンス

蓮池忠広,26歳,強面の出版社担当編集
森譲司,33歳,人気ミステリー作家

その他の収録作品

  • 後日談(描き下ろし)

レビュー投稿数6

年下の攻めが受けの飼い犬になるお話

野白先生の絵柄だとか世界観がだいすきー!
今回もとても良かった!
攻めが受けの飼い犬になるお話です。

受けが攻めのことを可愛いって言ってるBLは良い…!!!

蓮池を好きになってしまったからこそ距離を取ろうとする森の不器用さと、蓮池のひたむきさ。
森の過去が切なく、彼を不器用にさせてしまったのだなぁとじんわり。
森を追いかけていく蓮池の一途さがTHEわんこ年下攻めで良い。
二人の距離感の近さ、危うさにときめきます。

犬が出てくるBLは犬好き過ぎて評価厳しめになりがちなんですが、野白先生は画力も高く、ポメラニアンのわたげの存在が場を柔らかくしてくれていましたね。

あと、優しい関係性と柔らかいタッチなのに濡れ場が要所に盛り込まれていて良かった…!!

うちのこになる?って言われて
はい!!
って答える蓮池のわんこ感最高。

①攻めが待てのできる強面わんこ
②受けが主導権を握る
③受けをお世話する攻め
④わんこが出てくる
わたしの好きポイント4つも満たしてくれる、良質な1冊でした。

一本満足…!!

攻めへの待てを聞いて
きちんと自分も待てするポメラニアンのわたげがコミカルで和む。
犬好きにも堪らない一冊です。

みんなとても可愛かった

2

ハスキーわんこと飼い主とポメ

営業から編集部に異動になった見た目で誤解をされやすい忠広。
半ば押し付けられるように担当を受け持つことになった作家の森は噂通りの人間嫌いで…。

強面なシベリアンハスキー系忠犬の忠広。
美人だけど近寄りがたい雰囲気の森。
もふもふなポメラニアンのわたげ。
気怠げな飼い主と飼い主大好きな種類の違うわんこたち。
わたげがもうめちゃくちゃにかわいいです。

ふわふわと柔らかな作画が印象的で、じっくりと距離が縮んでゆっくりと関係が進んでいくのかな〜、と思いきや一話で酒インとはいえキス→兜合わせからさくっとわんこと飼い主な主従関係になるので、あれ、ふたり初対面だよね?となかなかなハイスピード感にちょっとびっくりしました(笑)
忠広の森への懐きぶりが、森の忠広への気の許しぶりがすごい。
それだけフィーリングの合うふたり、ということで、忠広が一度忠誠を誓った相手には揺るぎない愛を注ぐところがまさにわんこだなあ、と思いました。
森も自分に従順で勢いよくわふわふしてくるかわいいわんこをつい甘やかしてしまうという飼い主あるある的な一面もあり、そんな忠広のために身を削り仕事で無理をしてしまうところも。
いろいろとひとりで抱え込んでしまう性質の森でしたが、忠広が守りたいものが自分であることを理解して自分を大事にしようと考えを改めて…。
お互いがお互いを守らなきゃ、という想いが溢れているのにすれ違ってしまう不器用同士なふたりの恋のお話しでした。

1

新担当者は大型ワンコ

今回は強面の出版社担当編集と人気ミステリー作家のお話です。 

攻様が人嫌いと評判の受様の担当となり、忠犬になるまでと
恋人同士になってからの後日談を収録。

攻様は大柄で強面、愛想が足りない事から
書店まわりの営業部から作家を担当する
第一編集部に異動になります。

編集部は人出不足らしく
前任者が辞めたばかりで引継ぎがされていないという
ある人気作家の担当を任されます。
その人気作家こそ今回の受様になります♪

受様は人間嫌いで有名な作家なのですが
強面で迫力のある攻様なら受様の大丈夫なのでは?
と言われてしまうのですよ(笑)

何はともあれ受様宅に挨拶にと向かった攻様は
玄関口で挨拶しただけで取り付く島もない
けんもほろろな対応されるのですが

受様は見るからにやつれた様子で
とりあえずは撤退しようとした攻様の目の前で
ふらふらと倒れかけ、

攻様は思わずガシッと受け止めて
家の中へと入る事になってまうのですよ!!

するとリビングは様々なモノが転がっていて
キッチンも使用済み食器が山盛りで
食事をしている雰囲気もありません。

見かねた攻様は片づけを買って出るのですが
怒られたとしてもふらふらな受様を放っておけず
食事を用意することにします。

攻様はおにぎりとお味噌汁などの和食作りますが
都会的な美人の受様の前に出すと
もっとカッコイイメニューが良かったかも!? と思え
受様の口に合うかとドキドキで見つめてしまいます。

受様はそんな攻様の不安げな視線を受け止めてくれ
「悪くない」と言ってくれます。

しかも洗い物を終えた攻様がリビングに戻ると
ソファで転寝していた受様に
犬と間違われてなでなでされてしまい
ときめいてしまうのですよ♪

いいこにしてたいら、また撫でてくれますか!?

WEB雑誌連載作をまとめての書籍化で
強面故に営業から編集へと移動させられた攻様と
人気作家ながら人間嫌いと評判な受様の
恋物語になります♪

攻様は強面で不愛想なために
いつも怒っていると誤解をされる事が多く
営業部ても編集部でも攻様は怖い人認定されます。

しかしそんな攻様の真意を
人嫌いと言われている受様だけは間違えず
「わかりやすい」とさえ評するのですよ。

受様になでなでされた瞬間から
ワンコ扱いされる受様ですが
世間一般には冷たいと言われる受様が
本当は怖がりで甘くて優しい人にしか見えません。

年下ワンコ攻×年上クールビューティ受な
カップリングが大好きなので

肉体的には関係は進んでいくのに
肝心の気持ちが置いてきぼりで微妙にすれ違っていく様も
ハピエンだと思えばニマニマ要素でしかなく

2人がちゃんと恋仲になるまで
とっても楽しく読ませて頂きました (^-^)v

ちょっと受様の恋のきっかけが見えず
ほだされすぎかな~と思いましたが

それぞれな理由で世間から誤解されている2人が
お互いだけは本質が見えていて
貴方だから特別的な感じがまた萌ツボでした♡

0

可愛らしい主従関係

ほわんほわん可愛くてえっちで癒し系!!
作画の雰囲気もあって全体的に柔らか。

強面編集者・忠広×人間嫌いの小説家。
ひょんなことから主従関係を結ぶことになるものの、
SとMとかではなく、ご主人様と犬なんだけども、
撫でられたい褒められたい先行で穏やか。
でも押しは強くて!!
褒めて褒めて!とガシガシ行って、ぐわしぐわし撫で回され、舐めてっちゃうのが微笑ましい。
編集の仕事せんかい!と思わんでもないけど、なぜか憎めない。
独特の主従関係。

このまま、イチャコラするのかなぁ~と思ってたら、先生のトラウマ(?)が絡み、
お互い無二の存在なのにすれ違う…
そこから、忠広も視野を広げれ、
先生が好きな人のために自分を大事にしなきゃって思えるようになるのが良かった。
自分より相手が大事だから、自分も大事にしなきゃいけないってのが堪らなく好きなんです。

さくさく進んで、冷静になればどうして?どこから?と思わんでもないけど、
雰囲気が好きなので、するっと作中に入り込めました。

電子は残念修正だけど!!
リキューレの修正は泣きたくなるくらい残念!!!

0

展開が早い

あらすじにいまいちピンと来なかったが、前作が結構好き+表紙のポメラニアンが可愛くて思わずレジへ持って行きました。

作品の雰囲気は全体的に甘い・かわいい(先生の絵柄自体も)印象。
大型犬世話焼き攻めと仕事以外生活能力が低い美人受けにかわいいワンコ一匹
最近流行っているきれいな絵柄とは違う、ふわふわかわいい感じの絵柄で、
甘々だけどエッチ少なめという先入観があったが、思ったよりHシーンが多くてうれしいです。
そしてポメラニアンやっぱりかわいかったです。出番も多くて、かなり癒されました。

以下はネタバレ多めのレビューになります。ご注意下さい

出版社で元々営業担当の攻めは人を怖がらせてしまう強面のため、編集部に異動になりいきなり有名な作家さん(受け)の編集担当になりました。
きれいだが不健康な受けにご飯を作ったり家事をしたりして、初日出会っていきなりエッチな関係まで発展します。
こんな感じで物語が進んでいきます。

スケベな腐女子なので、いきなり始まるHに「展開早いよ」とツッコミを入れながら楽しく読んだが、冷静になってこのレビューを書いてたら気づいたのは、攻めは編集者らしい編集の仕事がしてなかったです。(そもそも引き継ぎもなくいきなり一人で作家さんの家に訪問する、編集の仕事がわからないが現実的にありかな!?)
お仕事BL、仕事面で活躍している攻め受けを期待する腐女子さんには不向きかもしれません。
生活面のサポートはバッチリです!ずっと家の中で甘いイチャイチャしている印象でした。
そして二人のお互い好きになった理由もちょっと弱い気がします。
攻め→受けがきれいで放っておけない、エッチなことをしてどんどん惹かれていく
受け→(推測だが)攻めのことを昔飼っていた犬と重なって見えて心が開いた・攻めのご飯がおいしい
せっかくの作家さん・編集者さん設定だが、生かせてなかったというか、なぜ攻めをこの職業設定にしたんだろう、という疑問が自分の中にありました。
受けの性格や過去も、うーん…周囲に大事に大事にされてきて、心が繊細な方ならありえそうな設定だなと思いました。
冷静になるといろいろ細かいところが気になり始めました。

別出版社さんでのデビュー作、キャラ設定も内容も描写も結構好きです。
あらすじにピンと来なかったが、前作の印象に引っ張られて、今作の物語面に勝手に期待してましたので、読後に「あれ?」と感じました。

5

独特の雰囲気が良いかも。.*:+☆

タイトルが気になって買ってみました。お初作家さんで、試し読みだと首が極太でどうかな~と思ったんですが、読んでみると全然気になりませんでした。
コワモテ編集者と心の傷持ち作家のお話。お仕事や人間関係にツッコミどころ満載なので、雰囲気を楽しむ感じの漫画だと思います。森のやってることは担当編集の域を超えてて変だし、担当編集に作家のそばにいる資格が無いって言っちゃう神田も変だし。森を専属マネージャーとかにしとけば、仕事の調整云々の話も引っ掛かることなく読めたんじゃないかなあ。
BL的なストーリーは先生の言動が不思議すぎました。なんで酔いが醒めても、犬と飼い主みたいな関係性に持ってこうとしたのかな?って、後から出てくる過去回想で納得できるようなできないようなモヤモヤ。森は朝からいきなり襲うのなんでなの?体の関係持つまでの流れが不自然で、他にも不思議なところがいろいろあって、割り切って絵と空気を楽しむしかなかったです。
でも、面白くないわけじゃないんですよね。何かがぱちっとハマれば、自分にとってめちゃくちゃ神作品になりそうな予感があります。キャラと作品の雰囲気に惹かれる要素が多々あるというか。他の作品も読んでみたくなる作家さんでした。
後日談は夢オチを疑うくらい、いきなりHでびっくりしました笑。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う