底辺人生だった青年が、玉の輿街道まっしぐら!? キャラ文庫の大人気シリーズの完全コミカライズ、 完結巻!!

玉の輿ご用意しました(2)

tamanokoshi goyouishimashita

玉の輿ご用意しました(2)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神29
  • 萌×217
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
222
評価数
49
平均
4.5 / 5
神率
59.2%
著者
高緒拾 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

原作
栗城偲 
媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
シリーズ
玉の輿ご用意しました
発売日
電子発売日
ISBN
9784199608636

あらすじ

印南はただの金持ちではなく、大企業の若社長だった!!
驚く青依だったけれど、自分を信用して素性を明かしてくれたことが何より嬉しかった。
そんなある日、会議に必要な書類を印南が家に忘れてしまい届けることに。
ところが会社に行っても取り次いでもらえず、焦るあまり騒ぎを起こしてしまう。
社長である印南に恥をかかせてしまったことを嘆き、己の情けなさに落ち込む青依。
ところが印南は「俺がお前に恥ずかしい思いをさせた、信じなくてすまなかった」と抱きしめてくれた。その後、出会った時のような険悪さはなくなり、だんだんと距離が縮まる二人。
それと同時に、「恋人役」の契約期限であるクリマスの日は、どんどん近づいてくる…。
そんなある日、一緒に食事に出かけたレストランで、今回の諸悪の根源である印南の元カレ・星と遭遇してしまい!?

表題作玉の輿ご用意しました(2)

印南高嶺,会社社長
江鳩青依,元当たり屋

その他の収録作品

  • 番外編小説「家庭内カレー戦争」(書き下ろし)

レビュー投稿数7

待ってました!

待ってました!コミカライズ2巻目にして完結巻です。コミカライズ①②で原作小説の1巻の内容となってますので、もしこれから購入検討される方はぜひ!2冊同時に買われてみたらいかがでしょう。

玉の輿シリーズは、前々から気にはなっていたのですがなかなか手が出せず…まずは小説1巻目からと読んだら面白くて一気読みし、そのまま全部買いしました。そしてそのままコミカライズの方も買ってしまいました。後悔は無いです。作画は小説の方でも挿絵担当されてた髙緒先生なので違和感なく入り込めました◎
1巻では胸が痛いシーンで次巻へ続く!だったので2巻目では展開がわかっていてもハラハラしました。書類の件合ってた、とちゃんと謝れる印南さんと酒匂さんは偉いし大人…だけど、青依は辛かったんだからね!とつい肩を持ってしまう気持ちになりました(笑)だってこの子、なんだかんだ言っても健気ないい子なのです…。よくある控えめで健気なのも嫌いじゃないけど、青依は普段強気で元気系なので、こういうシュンとしてるところとか見ると余計に心臓がギュとなります。そして、「印南さんに恥をかかせてしまった」と悔やむ青依に、「違う、俺がお前に恥ずかしい思いをさせたんだ」と印南さんがいい抱きしめるところ。不器用ながらもちゃんと決めるときは決める…スパダリ…!と最高に好きなシーンです。あと好きなのは印南さんの元恋人撃退のところ。青依が演技とはいえ可愛いかんじで印南さんにスリスリしてて、印南さんはたまらなかっただろうな…と思います。そりゃ元恋人に「可愛いだろ」て自慢しちゃうわな。芝居とはいえこれは絶対本心からだと思います(笑)

エッチシーンは最後に1回。激しさはないけど、思いが通じ合い、愛に溢れててなんだか感無量でした。後、わたしは口が性感帯の受けが性癖なんだなと気付かされました。青依が印南さんの指咥えてるとこ、原作でも好きでしたが、画で見せられると破壊力ありました。尊い。ありがとうございます。

長々と書きましたが、思わず初レビューしちゃうほど自分には刺さりました。(自分でもびっくり)乱文でごめんなさい。

コミカライズで気に入った人は原作の小説の方も読んでみてください。2巻以降は恋人になってからの甘々な二人の続編が読めます。小説で読んだという人も、ぜひコミックもよんでほしい。自分の好きなシーンが画で見られるので二度美味しいです!
(なんか回し者みたいになっちゃったな笑)

10

大満足でした

シリーズの大ファンです!雑誌連載時から読んでましたが、印南の元恋人が出てくる前後のターンがとても好きなので、早くまとめて読みたいと2巻を楽しみにしていました。期待通りの内容に大満足でニヤケながら読み耽りました。コミカライズでも読後の多幸感は健在です。

小説も高緒先生のイラストだったので、まず絵がイメージ通りですし(クールな印南と可愛い青依)、小説に描かれているものがそのままというわけにはいきませんが、物足りなさを感じさせない仕上がりで、大正解のコミカライズだと思います。

1巻まではまだギクシャクしている2人の関係が、2巻からとっても甘くなっていくのがたまらんのです。どん底人生だった青依の逆転劇も胸のすくような痛快さがありますけれど、印南の人間性の変化に萌えます。誰かに出会い影響し合い、今まで見たことのない人生の側面が見えるようになるという尊さは、コミカライズでも健在でした。いつの間にか自然に互いを思いやり、謝罪も感謝も素直に言い合えるようになった2人を高緒先生が表情豊かに描いていて感無量です。(待望のエロも青依がかわいー!)

描き下ろしのSSは、 “玉の輿謹んで返上します”(こちらもコミカライズ決定!わーい!!)に描かれている恋人になって初めて喧嘩したきっかけが“カレー”というエピソードの前日譚でした。確かにカレーって育った環境が多いに反映される食べ物&家庭の数だけルールがあるのかも~と印象的で、その喧嘩の詳細知りたい~と思っていたので、個人的にはめっちゃご褒美な内容でした。

5

夜の印南は、悪いオトコ。いけないコト教えちゃいます。

1巻のラストは、青依に嫌疑がかかるハラハラ展開だったけど、もちろん予想通り。間違えたのは、印南と酒匂の方だった。と、気付いた2人は青依に謝罪する。けれど、書類を届けたくて社屋の受付でみっともなく騒いだのは事実なので。青依も反省している。
この一件で、学の無い青依に得意技がある事を発見。その才能を活かしたらどうかと酒匂に持ちかけられるが、印南の迷惑になるのではないかと悩む青依。
小さな事件と日常の中で。2人は少しずつ打ち解けて行く。
そもそもは、印南が元カレにされた仕打ちに仕返しをしてやりたい、という大人気ない作戦に巻き込まれた青依。
2人で高級レストランで食事していると、偶然。印南の元カレ・星が今カレを連れて、乱入して来る。
放っておけば良いものを。大学生か?と聞かれた青依は、自分が中卒だと言ってしまう。嘲笑する星に我慢ならない印南はレストランを後にするが、何を思ったのか、外まで追いかけて来た星は、さらに詰め寄る。若くて経験が浅いから、男の上手を知らないだろうと。ぷっ。何だその下ネタ振り。すると。ここからが私の好きなところなんですが、青依は、可愛らしく演技して、印南にイチャつくんです。
「この人以外の男なんて知らないし、知る気もないから別にいいよ。だって。大事にしてくれるし。き、気持ちいい…から…。」
この時、青依はもちろん男に抱かれた経験なんて、無い。奇しくもこれは予言となっていて。
後に本物の恋人になってから、青依は印南から猛烈に、気持ち良く。抱かれる事になるんですよねぇえええ。キャーッ!
とにかく。星はグーの音も出ないくらい悔しがるし。
青依の可愛さにズッキュン、印南は恋に落ちてしまう。
印南は、もう。元カレの事なんて、どうでも良くなっている事に気付く。それは、青依の恋人役の仕事が終わるという事。
もちろん青依も印南の事を愛してしまっていたから。自分は印南の横に並べる様な人間じゃない、と身を引く決意をする。好きなのに。愛しているのに。
すれ違ったまま、別れてしまう二人。ううっ。でも、もちろん愛は二人を再び繋ぐ。というか、今度こそ。自分の気持ちに向き合った印南は必死で青依を探し出し、決してその手を離さないと誓うのだ。
めでたく結ばれる二人は。青依がいつか予見したかの様に。大切に熱く抱かれる事になる。
この時、夜の印南はちょっと悪い男みたいで。いたいけな青依は初めてなのに。
…抱き潰してしまいます。青依の、足の甲が曲線を描いてしなっている様子がエロい!
たった一晩の内に、青依の性感帯を開発しまくる印南が、印南が、エッロいです。エロ親父じゃん!
印南、悪い大人だなぁ〜。

後に酒匂さんの言うには、印南にとって、青依は一目惚れにも似た出逢いだったのだと言うけれど。それにしても。印南の元カレへの執着は凄まじいものがあったし。クリスマスに復讐のお膳立てをするつもりだったという茶番も見たかった気もするし。それより何より。元カレの星も一体何がしたかったんだか。全く持ってトホホな人たちばっかりなんだけど。
青依が可愛いから、もぅいいや。
甘い甘い後日談は物足りない‼︎ 原作はまだまだ続いてるみたいだから、コミカライズ化も期待して待ちます。

5

楽しませていただきました!

原作シリーズ(小説)既読。1・2巻トータルでの感想。
原作の良いところをきっちりと描いてくださっていらっしゃるし、漫画でしか出せないところでは大いに萌えさせていただきました。(謝罪シーンやレストランの対決シーンは必見!)青依くんの可愛いところが余すところなく描かれていて大満足です。ラストの着衣エッチはご褒美以外の何物でもないです。印南さんのお尻が最高だった……思わず天を拝みました。終始スーツを美しく描いてくださっているのにも萌えました。高緒先生に拍手!続編も手がけてくださるとのことで、楽しみにしています。
原作をご覧になっている方はご存知の例のカレーの話が書き下ろしで収録されています。原作でもここのくだりがすごく好きだったので嬉しかったです。
(脱線ですがこの作品、実写化して欲しいと切に願っています)

2

祝♡完結

今回はゲイの会社社長と中卒の当たり屋のお話です。

偽ものだった2人の関係が本物の恋人関係に変わるまでと
恋人になってからの出来事を描いた番外小説を収録。

受様は両親の借金により中卒で働き始めますが
就職後の怪我で退職、まともな職につけず
友人と当たり屋をして生活費を稼いていました。

ある日、攻様の乗る高級車に目を付けますが
受様は仲間達に捨てられて遁走され
受様は警察には突き出さない条件として
「攻様の恋人」役を引き受ける事となります。

攻様は自分を手ひどく振った恋人を見返すためにと
受様を期間限定で恋人に仕上げるのですが

当初、セレブな攻様と貧乏人の受様の
同居生活は喧嘩ばかりでしたが
互いを理解し、歩み寄る事で少しづつ
2人の距離も近づいていきます。

しかし、
攻様の忘れ物を届けにいった受様の態度の悪さが
攻様や彼の秘書の不評を買ってしまうのです。

その後、その出来事は攻様達に非が有り
受様は攻様達に謝罪をされまる事となりますが
受様は自分と攻様の違いをまざまざと感じる
事となるのです。

そんな中、
攻様との買い物の後に立ち寄ったレストランで
2人は思いがけず攻様の元彼に声を掛けらるのです!!

予想外の邂逅は吉となるのか!? それとも・・・

小説 「玉の輿ご用意しました」のコミカライズ化2巻目は
最悪の出会い方をした2人が偏見や誤解を乗り越えて
結ばれるまでの完結巻となります♪

1巻カバーと2巻のカバー、
配置は同じなのに2人の表情がまるで違っているに
ニマニマしてしまいました (^O^)/

攻様が受様に望んだのは
元彼をギャフンと言わせる(笑)恋人役でした。

たぶん攻様にとって受様への期待はそれほどではなく
受様へ当てつけも多分にあったのではと思います。

しかも受様は態度もマナーもなっておらず
およそ攻様の理解を超えた存在だったのですよね。

攻様に対しても物怖じしない受様という存在は
今まで攻様の周りにいなかった存在であり
まっすぐな受様の実直な優しさは
凝り固まっていた攻様の心にも浸透していき

変っていく攻様に受様もまた惹かれていくのですが
お互いに素直じゃないので
攻様の元彼を撃退=偽の恋人関係の解消であり
受様は攻様から離れる道を選びます。

攻様の秘書氏と読者はそんな2人にハラハラですが
最後は攻様がモダモダを一掃して頑張り
大団円まで楽しく読ませて頂きました。

栗城さんの小説は完全読破しているので
結末は判っているのですが

イラストを担当された高緒さんのコミカライズで
小説世界のイメージをそのままで読めたのも
とても良かったです。

1

格差と高級スーツをしっかり描くコミカライズ

割引になっていた1巻読後、面白くて直ぐ2巻購入しました!
小説みたいな設定と絵だなと思っていたら小説原作&挿絵タッグのコミカライズだったのですね。木原音瀬さんの「FRAGILE」の挿絵も描かれた方で。
絵がとにかく、どのコマも挿絵に見えるくらい丁寧で綺麗。主人公の黒目が白いのが気になりますが、殆ど表情の変わらない陰険な印南が見ていられるのは高緒さんの絵だからこそ。
それでも息が結構詰まってしまうので、もし続きがあれば甘い雰囲気増しで読みたいです。(そしたら新入社員と社長でおいしい!)

エリートサラリーマンと不憫男子というキャラクターは小説でよくある設定だなと思いました。当て馬の元恋人も。ちょっと古い感じが否めません。
けれども堅物陰険なエリート印南が青依によって人間関係を学んだり、手玉に取られたりするのが面白いし、格差に悩む青依が可愛い。
最後に収録の短編小説も、夕食のカレーから派生した格差についての考え方が描かれていてとても良かったです。格差に目が行き過ぎてそれを理由にしてしまいがちですが、違いなら誰とでもあることで、互いを擦り合わせたり楽しむことが大事ですよね。

印南の元恋人に、「この人以外の男の人なんて知らないし…」と演技でやり返した青依が堪らなく可愛かった〜!演技に乗ってきた印南に「旨かった」と筑前煮が挙がったことに内心驚いてるのも面白い。これから大事にしてあげてほしい…

キスが唐突強引で、そこからの展開も駆け足なんですが、2巻にエロを収めなくてはという気概を感じました(笑)
スーツがとにかく凄くカッコよく描かれているのですが、肉体の描き方もカッコいい!
しかもスーツを少しずつ脱ぎつ脱がせつしていくの(高級スーツだから途中汚れないか心配になるけど)燃えます。
人によって異なるスーツや体型、部屋の生活感がしっかり描かれていて目に嬉しいです。
青依にピンクのネクタイ選ぶ印南は可愛い。

1

マイフェアもシンデレラも玉の輿も。愛あればこそ

小説コミカライズ作品の2巻目(完結)。

セレブの攻め、貧困家庭出身の受け。
攻めも受けも、今までの自分の生活圏と全く違う相手ながら。
日々の生活を共にし相手を知ることで惹かれ、本気になっていく。
2巻の展開は。
当初のクリスマスという時期を待たず元カレに青依を見せつけることができた。だからもう青依の役割は終わり…
印南へのリアルな恋心に気付きながら、それゆえに完全庇護下の生活はもうできない、と家を出る青依。
完全に2人の道は別れてしまったのか⁉︎

超セレブで下界を知らず、だが下層にいた青依の順な真心を目の当たりにして自分自身の心の中の「愛」を自覚する…
2巻目でマイフェアレディの完成、という感じで、ストーリーとしては特に目新しさはありません。
青依の玉の輿シンデレラストーリー、という単純な一面もあります。
期待していた印南の変化、という部分はあまり無く、一度は離れてしまった青依ともう一度!という部分も意外とすんなりと。
2巻で丸く収まってかなり読みやすい作品になっていると感じます。
とにかく青依が素直で可愛らしい。
自分から謝れる子。そんな青依に印南は心の深いところで惹かれたんでしょうね…

末尾にはSSの小説番外編が収録されています。
カレーに関してのあまたの各家庭ごとのバリエーションと、印南と青依のささやかな揉め事について。
ほんと、カレーのバリエーションというのは無限大ですよね。
こういうところからの歩み寄り、すり合わせ。それが愛なんでしょう。

5

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う