「好き」の想いを伝えたいんだ

僕らのスクランブルース

bokura no sukuranblues

僕らのスクランブルース
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×22
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
43
評価数
11
平均
4 / 5
神率
45.5%
著者
mame march 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
プランタン出版
レーベル
Cannaコミックス
発売日
電子発売日
ISBN
9784829686522

あらすじ

天才音楽家・エディのCDジャケットデザインを担当することになったデザイナーの黒咲。
気難しい天才だと思っていたエディの素顔を垣間見るにつれ、彼が音楽で伝えたい「想い」を考えるようになる。
そんな時、黒咲が進路を決めるきっかけになった歌声がエディのものだったと知り──。

俺が今、エディさんに伝えられることはなんだろう?

表題作僕らのスクランブルース

(仮)黒咲はる,26歳,デザイナー
(仮)エディ・アストリー,28歳,音楽家

その他の収録作品

  • ボーナストラック1
  • ボーナストラック2

レビュー投稿数3

心を震わす作品

最近エロ重視のBL漫画が溢れていて、エロがないもしくは少ないものだとどうしても物足りなく感じてしまいますが、
こちらの作品はそんなことがなかったです。

仕事の関係で出会ったふたり。最初関係は良好とはいえないが、ちょっとしたきっかけで仲良くなり、惹かれていく。
表紙を見れば気づくと思いますが、「音楽」がひとつのポイントです。
仕事に対する熱意や思い、音楽に対する愛、一緒にいればいるほど揺れる心。
日常にありえそうな物語という印象でした。
海外っぽい絵柄で、シンプルあっさりとした作風と思えば、丁寧に描かれる主人公ひとつひとつ表情の変化がとても印象的でした。
いい作品に出会ったと、読み終わったあともしばらく余韻を。

Cannaさんが発行しているコミックスが、好みが分れそうだが心を震わす作品が多いというイメージです。
こちらの作品も、そうでした。
BLというよりも一般コミックに男同士の恋愛描写ありという印象。
「ボーイズたちがすごいラブしてくれる」と期待する方はおそらく違うなぁと感じるかもしれません。

0

人間らしい泣き顔が印象的

外国モノっぽい雰囲気の絵柄ですが、舞台は基本日本です。ロンドンもちょっと出てきますし、メインキャラの片方はイギリス出身なので違和感はないかな。天才音楽家エディとデザイナーの黒咲。
エディのアルバムジャケットを黒咲が担当するところから物語が始まります。プライベートでの偶然もあって仲良くなっていき、二人それぞれの過去が流れるように描かれます。そして四話の終わり!これまでのエピソードが綺麗に絡まり合って、最高潮に達したところで闇に突き落とされる黒咲。ここは本当に良かったです!鳥肌と涙が同時に出そうで!
その後エディは黒咲とすれ違ったままロンドン行きを決めてしまいます。当然?黒咲はエディを追いかけますが、最終話はアップの表情がどれも人間っぽさがすごく伝わってきて魅入ってしまいました。特に泣き顔が綺麗じゃないんです。それがリアルでぐっときます。
お気に入りはエディが曲の作り方を黒咲に見せるシーン。何かが聞こえてきそうな素敵な空気が流れてました。
ちょっとベタですが素晴らしい感動ストーリー。Hがなきゃ嫌!って方以外にはおすすめしたい作品です。

2

音楽が繋いだ恋

デザイナーの黒咲は世間から天才音楽家と言われているエディのCDジャケットのデザインを担当することになった。
周りの評判通りのエディの気難しさに、最初の打ち合わせでは打ち解けることが出来ず苦戦。
でも彼の音楽に対する姿勢を知っていくうちに少しずつ距離も近付いて、だんだんと仕事相手意外の感情も持っていく。
黒咲は仕事への考えが変わったり、エディもまた音楽を創ることの楽しさを思い出したり。
そんな風にお互いを高め合うような関係が描かれているお話でした。

作中、言葉に表されていなくてもその表情から読み取れる感情がたくさんあって
登場人物の頭の中を考えながら読むのが楽しかったです。

そして表紙の素敵さにも惹かれました。
何気ない日常を切り取ったようなものですが、オシャレで作品とのイメージによく合っているなと感じました。

エディが過去に囚われている、というのはどこを指していたのか?
過去に関しては祖父の記憶と高校時代のケンジとのことが描かれていたので
人や音楽のことを言っているのかと思いましたが…歌うことをやめたエピソードにかかっていたのですね。
その部分はちょっとわかりにくかったかなと感じましたが、繋がるとストンと落ちるスッキリ感が良かったです。

想いを告げて通じ合った後もエロ描写はないですし、恋人同士のやりとりもないですが
纏う雰囲気の温かさで充分満たされてしまって
物足りなさはなかったです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う