出世の花道【電子特装版】

shusse no hanamichi

出世の花道【電子特装版】
  • 電子単行本
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×25
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
58
評価数
13
平均
4.5 / 5
神率
53.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
forcs(グループH)
レーベル
piu
電子発売日
ISBN

あらすじ

「俺は出世に命懸けてんだよ――!」

警察庁三課で虎視眈々と出世を狙うが故に、ゲイバレを恐れる蘇芳春弥(すおうはるや)。
ある日の飲み会で、外務省勤務のエリート、朝比奈(あさひな)に艶めいた視線で誘われ、同じ官僚ならお互い様だと流されるままベッドイン。

理知的な表情と、似つかわしくない下半身のギャップ。
開かれた身体に相性は抜群!
迎えた朝、朝比奈の甘い言葉に秘密かつ安全な恋の予感…と思いきや!?

NO MORE 下半身スキャンダル!
オープンハートな外務官僚×絶対バレたくない警察官僚
ゲイバレご法度の危険な攻防が、描き下ろし収録の電子特装版で登場!

表題作出世の花道【電子特装版】

朝比奈玄,外務省勤務
蘇芳春弥,警察庁勤務

レビュー投稿数1

霞ヶ関のエリートBL

桜田門(この呼び方大好物!)で出世に命をかけるスオウ。ゲイバレ御法度な日々の中で出逢ったオアシス(似た境遇の好みのイケメン)に告白されテンション爆上がり!のはずが…!!!!
アサヒナの「うち(外務省)はバレても問題ないです」の一言に顔面ソーハク!この時点で期待大。

その後、二人は同じPJに配属され、共に警察庁内で働くことに。「俺のステディ」として紹介されゲイバレすることは何とか回避したものの、そこから猛烈アタックを受ける日々が♡

アサヒナくんは4つ年下。大人の4つはそんなに大差ない気もしますが、32と28と聞くと結構違うよなあ。職場でイチャラブしてるだけじゃなくて、エリートたちがガッツリ任務遂行しているのが素敵。ストーリー的には驚きポイントはなく、意外とあっさり終わってしまったな、という感じですが、攻受ともに魅力的なキャラクターです。

スオウの、クールなフリして本当は可愛らしい性格とか、快楽に弱くてすぐにトロットロになっちゃう身体とか、もうすべてが可愛い♡自分大好き仕事の鬼、と思いきや、妹想いの優しいお兄ちゃんなとこもポイント高しです。

一方のアサヒナくんも、海外仕込み?の手練手管でスオウくんを翻弄するも、プライドたかーい嫌味なスパダリではなく、ステディのことを第一に考える優しいお人柄♡こんなのオチないわけがない!

エリートたちのお仕事BL(至る所でイチャラブ)がお好きな方にオススメです。攻がスパダリですが、受がひたすら守られ役でないところも良いです!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う