秘書のヒメヤカな反抗

秘書のヒメヤカな反抗
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
1
評価数
1
平均
2 / 5
神率
0%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
プランタン出版
シリーズ
プラチナ文庫(小説・プランタン出版)
発売日
価格
¥533(税抜)  ¥576(税込)
ISBN
9784829623619

あらすじ

真摯に真実を求める強面の弁護士・暁成。そんな暁成を尊敬する秘書の祐一は、公私ともに彼のパートナー(同棲中(ハート))。だが、暁成が裏取引をしている現場を見てしまう。彼に騙されていた...? ショックの祐一は辞表を出して家を出たが、暁成が連れ戻しに来て──「体に分からせるか」欲しくてたまらない体を焦らす、イジワルな愛撫。あんな現場を見てもまだ好きだから、だから怖くて逃げたのに。暁成は別れを言い張る祐一を引き留め、その上、家賃代わりにセックスを要求してきて!?

表題作秘書のヒメヤカな反抗

刑事事件専門で腕はいいが強面の弁護士・後藤暁成
攻様を尊敬する彼の秘書になった弁護士秘書・田代祐一

評価・レビューする

レビュー投稿数1

家出した秘書!?

 祐一は、この弁護士と秘書のシリーズの中で、一番、バランス的に偏ってなさそう……というか、真面目そうに見えたのに、意外と恋愛に関しては夢中になると何も見えない! 的な人でした。
 まぁ、恋するとそういうところがかわいかったりするはずだから、それはそれでいいのかな?

 それでも、仕事はきっちりできるのだから、そのギャップがすごいなー……と思いながら。

 他の秘書シリーズを知っている方にとっては、その時のキャラがちゃんと出てくるので、そういう楽しみもあると思います!
 まぁ、どっちのカップルも、相変わらずは、相変わらずだと思うんですけど。

 それはさておき。
 肝心な今回のメインカップルなんですが。

 祐一は、恋人兼秘書として、真摯に真実を求めるパートナーとして尊敬している暁成の「不正」ともとれる場面をみてしまい、ショックを受け、暁成の事務所を辞め、家出をし、かつて勤めていた法律事務所にお世話になることにする。
 ところが、暁成は祐一を連れ戻しにきて……というような話でした。

 なんというか。
 思い切り、ざくっと言ってしまうと、疑心暗鬼になった祐一が、一人で空回りしてしまう話。
 まぁ、祐一には、祐一の言い分があるので、あながちいつものボケボケした受けにするように、受けのすることを全否定することはできないとは思いますが。

 なんとなく、長く続いた恋人たちであればあるほど、ありがちな話でもないかなー……。
 とは、思わないこともないです。

 なんていうか、脇役の華やかさにごまかされた部分もないこともないですが、悪い話ではなかったように、思います。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ