• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作スモーキーネクター Renew

安仲有生(アンナ),不動産業,バイター
羽瀬川みつる,記者でアンナの幼馴染,ネクター

その他の収録作品

  • 共同生活
  • あとがき

あらすじ

ライターの羽瀬川みつると
不動産業を営む安仲有生ことアンナ。
幼なじみで恋人の2人には秘密があった。
アンナは人血を糧にする「バイター」、
みつるは「バイター」が好む血を持つ「ネクター」なのだ。
2人はお互いの血液なくしては生きていけない「共生契約」を結んだ。
幼い頃からみつるだけに想いを寄せていたアンナには夢のように幸せな今。
だが、それと同時にアンナはみつるにある負い目も感じていて……

作品情報

作品名
スモーキーネクター Renew
著者
ミナヅキアキラ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
H&C Comics ihr HertZシリーズ
シリーズ
スモーキーネクター
発売日
電子発売日
ISBN
9784813033202
4.7

(391)

(325)

萌々

(52)

(10)

中立

(3)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
43
得点
1866
評価数
391
平均
4.7 / 5
神率
83.1%

レビュー投稿数43

一蓮托生の重みと現実(とデレにデレを重ねたデレ)

待ってましたーー+゚。*(人*´∀`*)*。゚+喜
続編もすごッく良かったですッッッ!!!!


一生一緒に生きていく覚悟を持った共生契約。
ジワジワと一蓮托生の重みと現実が見えてきます。
みつるの死は、イコールでアンナの死。
その逆もまた然り、、、なんですよね。

アンナはみつるの優しさにつけ込んだとネガり、
みつるもみつるで自分の存在に思うところがあってーーー。
『共生』の重みがグッと増すストーリーがめちゃ良きです!

また今回はラブラブな恋人関係なので
あれこれ事件がありつつも甘さがたっぷりで大満足♡
(アンナの心の声ダダ漏れなデレが萌える~ッ!)
(みつるが可愛すぎんよ…わかるよ…可愛いよな)
(アンナ大好きなみつるも非常に堪らんかった(∩´///`∩))


さてさて。

晴れて結ばれた2人なんですが、アンナは、
 "みつるをバイターの生活に巻き込んだ"
 "みつるの性格を知ってて優しさにつけ込んだ"
そんな負い目がどうしても拭えません。

しかしネガティブな想いと同時に
好きだ思いっきり抱きしめる幸せを噛みしめていて、
みつると生きていける現実を夢のように感じています。

一方みつるはみつるで『共生』について考えていました。

バイターに比べれば力が弱く何も出来ない自分。
今出来ることはアンナの命の為に息をすること。
それ以外はただアンナに守られてるだけでいいのか…?と。

そんな2人の想いが交錯する中で
今回は「家」について徐々に明らかになって展開します。


いや~~~~…重いですね。重い。命が重い。
自分の死と大切な人の死が直結してるって怖いですよ。
他のバイターが絡むと簡単に死を迎えちゃうっていう。
そういう現実を目の当たりにする展開が切なかったです。

また内面の掘り下げもすごく良かった…!!
『人懐っこくて甘え上手なみつる』という人物像に
『非常に自立心が強く、頼らない性格』が加わって。

これによって少しずつみえてくるんです。みつるの執着が。
みつるが「俺が見つけたんだ」って言うのゾクゾクする!!

アンナは
"俺が手放してやれなかったから"とか、
"俺がみつるの優しさにつけ込んだ"とか、
俺のせい俺のせい…って思うけど違うよ!!っていうね。
はぁ~~~萌える。軽やかにクソ重なみつる萌える////

(こうなると最初にみつるが血を与えた印象変わる)
(続編読んでから前巻読み返すのすごく楽しい…!)

で、個人的にアンナは萌えの塊でした。
アンナの行動原理って「みつるが好き!!(叫)」ですよね。
(どんな行動も言葉もみつる愛なので萌えないわけがない…)

書き出すとキリがないんですが。
遠回しな束縛の形を渡したら喜んでくれて安堵したり、
みつると抱き合えて「夢みたいだ」って思ってたり、
みつるが家で出迎えてくれて幸せ爆発させてたりね。
(あまりに幸せで「今日誕生日?」と確認してるのニヤニヤした////)

なんつーか幸せ慣れしてないいじらしさ?
いいですよねーー!!!(∩´///`∩)キュンキュンする!!

あとショタ時代の回想シーンがチョイチョイあって、
可愛くて可愛くて可愛くて悶絶しました(∩´///`∩)
ミナヅキアキラさんのショタ最高に癒やし…♡♡♡

描き下ろしは同棲を始めたお話なんですが、
デレのデレにデレを重ねるデレっぷりで!!!!!
めっっっっっっちゃニヤニヤが止まらなかった////
ズブズブに溺愛しあってて(お互いね)良きーー!!

最高に最高な気持ちで読み終えました。最高。
めっちゃ萌えました。最高でした…(∩´///`∩)

ちなみに「家」絡みの展開では蔵持家の長男登場。
一癖も二癖もありそうなお兄ちゃんでワクワクしました。
桜次郎もチラッと出てましたが、、続編があるといいな。

追記:
インタビュー記事に桜次郎のスピンオフ始まったって書いてあった!!
うわーーーーい!!!\(´ω`* )/››‹‹\(´)/››‹‹\( *´ω`)/
え、つかスピンってことはBL……?だよね??
え、想像つかない。気になる。めっちゃ楽しみ!

28

ヤバい!2巻、ヤバい!!

1巻は面白かったのですが、やはり特殊設定ということもあり、その世界観や設定内容を説明文なしに紹介する要素が多く、キャラやストーリーに関してはふんわりとしたところもあったと思います。正直に申しまして、私としてはBL的萌えや尊さを楽しむには少し物足りなかったのです。

しかし2巻。その設定を頭に置いた上での2巻。どっぷり世界観に浸りつつ、契約を交わした2人を眺める2巻……めちゃくちゃ面白かったです!!

もー最初からみつるが男らしくてかっこよくて可愛い。アンナに甘えるのがホントに最高に可愛い。アンナが食べちゃいたいと思うのも分かる(笑)幼少期のみつるがまた天使すぎて…。あれはネクターじゃなくても惚れるわぁ。そして、守れと言っておきながら、ただ守られるだけじゃなく自分もアンナを守りたいという男前さ…!え?マジで天使?計算?天然?天然かよー!みつるさん最強ですわ。マジ強ぇー!アンナさん、手のひらで転がされてますよ?

対してアンナは1巻ではクールなイケメンキャラ、みつる大好き!というのは十分伝わっていたのですが、2巻ではみつるの好意に対する自信のなさや、それでも契約してネクターとしての価値を失くしたことへの独占欲、優越感、図太さ、腹黒さ、不敵さなどを感じ、その執着がさすがに幼稚園児からみつるを囲ってきた男だな、と若干ヤンデレさも感じるほどでした。自らもバイターとして子孫を残せなくなったのは、ある意味永遠の愛なのでしょう。重い。しかしこの重さがいい…!!

『家』の癖のある感じの登場人物たちもいい!何かが渦巻いてる…!蔵持兄弟がなんか…なんか感じる…BL嗅覚になんか感じる(笑)

血液交換エッチがまためちゃくちゃ色っぽかったですね!前回は急な繁殖期と『契約』という初めての血液交換だったので勢いと本能の交わりでしたが、今回は理性もありつつの媚薬効果満載でとてつもなくラブくてエロスでした。もうね、アンナが可愛い可愛い言ってるのがホントに気持ちわかる!!ってくらいみつるが可愛かったです。繁殖期エッチもまた本能的で良い。ラブしかない。ラブしか。

二人が、もう二人じゃなくちゃダメになったっていうのが不幸で弱くて、でもすごくすごく幸せで強くて。与えて与えられる、生かして生かされる。命の循環が二人で完結しているのが究極の『共生』で、二人の幸福の形なんだって感じられた2巻でした。

1、2巻続けて読んでもらいたい!!

14

夢かと思った…(見開きで読んで欲しい)

私はミナヅキアキラさんの絵柄が大画面で見たくてタブレットを購入した人間ですが、今回も色々な神に感謝するほど最高でした…
場面の転換や解放感ある表紙もあり、電書で読まれる方もぜひ最初は見開きで読んで欲しいです。

音の無いシーンや指先からも感情の動きと熱量が伝わってくる、夢のようにうっとりする紙面表現と画力に眼福で読後豊かな気持ちになりました。特に電書73頁のみつるの眩しさ神々しさと受け止めるアンナがグッッ‼︎ときました。涙
デフォルメが以前より入っていますが(顔が小さくて肩幅が広い)若干戸惑ったのは最初だけでした。

1巻ではもっとめんこい幼少期が見たい‼︎‼︎と熱望していたのが今回たっぷりあって(ミナヅキさんの描く子供って断トツめんこい)、みつるの真っ直ぐな性格とそれに惹かれるアンナは変わらずで、爆カワで涙。
駆け足気味だった1巻よりも、独自設定の振り返りや説明頁ないからか自然で読みやすく、二人の心情にたっぷり頁を割いてありました。

新キャラが出て来るとワクワクしたり、みつるの力強い瞳やアンナの身体能力は少年漫画のよう。町谷さん好きです。
それでありつつしっかりBLで。
会話が甘々溺愛だったり、お互いを強く思う故のすれ違いがあったり。またバックハグやベッドシーンのバックも多く、色んな体位、修正ほぼ無しっぽい配慮(効果音や攻めが触ったり、陰毛やfも見える)も、みつるの泣き顔も、至高でした…涙

共依存なダークさと甘さ、軽快な会話、ドラマチックな展開もあって一冊がとても濃厚でした。描き下ろしの二人の日常がかわいい。

10

よすぎた…♡

ミナヅキ先生の作品の中でも特に大好きな作品で、待ち望んでた2巻。やっぱり最高すぎました!!!

頭のてっぺんから爪の先まで美しい表紙からすでに目が釘付けです。表紙のアンナ妖艶すぎやしませんか?!怖いくらい美しい。やっぱりバイターってゆうのも関係あるのかな…。みつるもシャツがはだけてて、色気が漂いまくりで……もう大変だ、、///

1巻で、''共生契約''を結んだアンナとみつる。
定期的に血を交換しなければ、どちらとも死んでしまう、お互い無くしては生きていけない関係に。
しかもお互い以外の血や唾液が体内に入った瞬間死んでしまうとか、、。
こちらとしては!!ほんっとに、神がかってるロマンチックな設定…うっとり。。。
なのですが、
その共生契約がゆえに、お互い自分のせいで相手を危険な目にあわせるかもしれない。という根本が同じ不安に悩み、すれ違ってしまった2巻でした。

お互いすれ違って言い合いになったことに対しての、別れの危機というか、こちらがいてもたってもいられないほど不安を掻き立てられる感じはなく。
信頼関係がしっかり表現されている上でのお話だったのが素敵だなと思いました。

今まで恋人同士じゃなかったのが不思議なくらい安定感がある二人なんですよね。
ラブラブイチャイチャなんだけど、いい意味で初々しすぎなくて。
好きって伝えることを惜しまないアンナと、それがちゃんと伝わっていて、独占欲含めてまるごと受け取って気持ちに応えるみつる。
うぅぅ、、すごく通じ合ってる……♡
相思相愛の二人を見てると満ち足りた気持ちでいっぱいになります。

今回特に印象的だったのが、路地で襲われて意識がかすんでいる中でのみつるのモノローグのシーン。
思ってた以上に、みつるのアンナを好きって気持ちが、大きいことが分かって嬉しかった。。少し無自覚さんなのかなと思ってたから…正直驚きました。

表情や行動の節々から、みつるもアンナのことちゃんと好きなのは伝わってはいたんです、、
でもアンナが、自分を助けるためだけに同情で共生契約を結んでくれたんじゃないかって心配になるのも痛いほど伝わってきて。
アンナの弱い部分もまとめてがしっと受け入れてくれる男気と優しさ、無自覚に人を救っちゃう力があるみつるを、アンナは人一倍知っているから。
共生契約を結んだ時、一刻を争うような事態だったのと、みつるの気持ちがアンナの唾液の効果に紛れているようで、自分のことを好きってアンナが確信できなかったのかなって。

だからこれから、アンナの大きい大きい気持ちにみつるの気持ちがもっと追いついていって、アンナが心から安心する日が来るのかなっておもってたんです。
なのに、、、
あっさりさっぱり猪突猛進みたいなみつるにしては、結構どろどろした独占欲がもう既にちゃんとあって。
すごい……!!嬉しい…!アンナにもこのページ見せてあげたい。。。って悶まくりました、、

共生契約したからたくさん悩んだ二人だったけど、結果的に共生契約したからこそ救われた結末だったのと、気づけば二人の絆がより深まっていたのが本当にすごい。。どうやって考えつくんだろう、、ミナヅキ先生やっぱりすごすぎる、、。

湿度と熱気に包まれた甘々で濃厚なベッドシーンも沢山あって幸せだし、みつるが溶けてて溢れてて、アンナが耐えてて美しくて、なにより絵が綺麗すぎます。なんてゆうかすごくクッキリしてる絵柄だから、鮮明に見えすぎて、本当にこんな激しいシーン見ても良いのですか!!?って///
激しいっていっても美術品みたいに美しいのです。
同棲後の二人の可愛い日常も見れたり、
ページを捲るたび、尊いって感情が洪水のように流れてきて……最高のご褒美でした。
叶うならまだまだこの二人見続けたいです!!

10

神続編!関係性萌えの最高峰

めちゃくちゃ良かった…!最高の続編です!
物語はバイター絡みのあれこれから始まり、二人はらぶらぶしつつも静かな立ち上がり。でも確実に種は蒔かれてて、それぞれの思惑を乗せた事件が起こって盛り上がります。並行してBLもしっかり。悩みながら絆を強める二人が素敵でした。
今回はアンナ視点が多く、幸せを噛み締める切ない恋心にきゅんきゅんできます。みつるへの罪悪感からネガ思考になるアンナですが、受け止めるみつるの柔軟さに安心をもらえるので、卑屈なとこも魅力的に思えました。幼馴染みゆえに付き合いの長さが利いてるのも良いです。
そしてみつるも同じくらい必死にアンナを想ってる描写がちょっと泣けるくらい良くて…!このお互いが唯一になっていく関係の深まりに萌えるしかない!
一番好きだったのは、みつるを助けに来たアンナが震える自分の手を押さえ付けるところ。その直前の表情も良い!これでよくブチ切れなかったと褒めてあげたいです。みつるを優先するために意地と執念で理性を保ったのかな。
バイターの親族には引っ掛かるところもありますが、二人のお話としてはとても素敵な終わり方。ラストページは可愛くてずっと見ていたくなります。幸せに浸れる読後感でした。いちゃいちゃたっぷりの巻末おまけも最高。

10

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP