• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作二重螺旋(3)

篠宮雅紀,モデル,尚人の5歳年上の兄
篠宮尚人,高校1年生

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

実の兄との禁忌な関係を続けながら、高校二年生に進級した尚人だけれど…!? 禁断のインモラルLOVE、待望の第3弾!!

作品情報

作品名
二重螺旋(3)
著者
円陣闇丸 
原作
吉原理恵子 
媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
シリーズ
二重螺旋
発売日
電子発売日
ISBN
9784199609251
4.5

(70)

(49)

萌々

(15)

(2)

中立

(3)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
9
得点
314
評価数
70
平均
4.5 / 5
神率
70%

レビュー投稿数9

ナオが可哀想で、萌える。

『二重螺旋』のコミカライズ版、の3巻目。
続きものなので前作未読だと理解できません。未読の方は1巻から読まれることをお勧めします。

さて。

末っ子・裕太に尚人と雅紀の関係がばれてしまいー。

というハラハラするシーンで終わっていた2巻。
3巻はその続きから始まります。

男女問わず、無自覚に惹きつけてしまう尚人。
そんな尚人の魅力を、愛しながらも危惧し続けてきたのはまーちゃんだった。その執着心はナオ以外の人物にいかんなく発揮されていきます。それは、裕太に対しても同じ。

ナオは自分のもの。

裕太は我儘で暴君ではありますが、アホの子ではないのでそんな雅紀の意図をきちんと理解する。その二人の感情のやり取りを表情一つで読者に読ませる。円陣さんの描き方、魅せ方に完敗です。

そして、今巻はもう一つ山場が。
篠宮家のクズ父ちゃんの愛人さん絡みの事件です。
このあたりのシリアスさはさすが吉原さんといった感じ。どこまでも追い詰められていくナオの姿に胸が痛みます。

そんな時でもまーちゃんは変わらず溺愛。執着。さすがです。
そしてもう一人、ナオの同級生になった桜坂くん。カッコよ!いや、円陣さんが描いたら誰でもカッコいいけども。

今巻はナオ視点で進むことはあまりありません。
裕太、桜坂くん、そしてまーちゃん。
色々な人物の視点を挟みながらストーリーが進むので、ストーリーに奥行きが出る感じがします。

まーちゃんがナオを心理的にどんどん追い詰める手段として二人のセックスシーンが効果的に使われているもの良き。あの手この手でナオを手中に収めていくまーちゃんがあっぱれです。このまーちゃんの鬼畜ともいえる追い詰め方は賛否両論、好みが分かれそうですが、個人的にはドツボ。どんどんやって欲しいです(ごめんね、ナオ)。

『二重螺旋』て、小説版もCDもそうなのですが、表紙はナオとまーちゃんの二人のイラストであることが多いです。多い、というか、ほとんどすべて。円陣さんのこの徹底ぶりがまた素晴らしい。

3巻の表紙もヤバいです。
綺麗すぎて、麗しすぎて、ヤバいです。
あー、画集出してほしいな。大きいサイズでしげしげと拝見したいです。

8

狂犬登場の巻

小説2巻冒頭ぐらいから半分ぐらいまでかな。狂犬桜坂さんご活躍な巻という印象です。冒頭、ちっこい頃の裕太とナオが出てきてめちゃ可愛いです♡雑誌でずっと追いかけているのですが、おかしいなあ、やっぱりあちこち描きなおしされているのでは?と思うぐらい神コマ多数。おかしい。雑誌掲載分+あとがき1P(下半分が絵)。カバー下なし。

2年に進級し、桜坂といっしょにクラス委員となったナオ。なんだか番犬と飼い主というように見られる程度には一緒にいる機会が増えたある日、ナオが紫女子の制服を着た女子高生に呼び止められて・・と続きます。

新しい登場人物は真山(妹)、ごろつき1名。

++好きだったところ

冒頭と中盤ぐらいに、幼い頃の3兄弟の様子が描かれているんです。そこがねえ・・裕太は可愛い(我儘だが)、ナオは和風天使、まーちゃんがなんだこの生命体はと思う、クール美人というか天使卒業後イケメンの手前といった様子で、たまらないんです。小説の挿絵では、あまりお目にかかれない、両親がそろっていて、子どもでいて良かった時代のまーちゃんとナオがほんとに良くて。ナオが可愛くて可愛くてしようがないと思っている笑顔のまーちゃんも、まだ性欲云々がなくて、愛おしくてしようがないという表情。神の使いのような清らかさ・・・

大人なまーちゃんはもちろん神なんですけど、この巻の中学生ぐらいの清らかまーちゃんも最高だわ・・と思った巻でした。円陣先生、有難うございました!続きもどうぞよろしくお願いいたします!!!!!

6

あーちゃん2016

わあ!小説読んでいただけるんですか!!!!!小説読みさんが少なくなる一方なところ、めちゃくちゃ嬉しいです!!!!小説、どろどろんなところはとっても楽しいですよ、ぜひぜひ先読みして、円陣先生のコミカライズを楽しみにお待ちください!

黒井モリー

小説を読み始めようと思っていたので、小説でいうとどのくらいか教えていただけて大変ありがたいです!!!!

今更ですが

本当に作画が神!!!です…。。
はあああああ…円陣闇丸先生、本当に有難うございます。
雅紀が超絶素敵なことは言わずもがな、桜坂君の物騒な男前加減が絶妙過ぎて震えました。
原作を読んでいるときの脳内桜坂君を遥かに凌駕してきた男前っぷり。
鋭利な目元がたまりません。

肝心の中身ですが。。。
他の方も書かれてますが、原作未読の方はいささか混乱する構成かもしれないなあとは思いました。
回想場面なのか現在進行の場面なのか。
原作既読の方はすんなり理解できるとも思います。

裕太と雅紀の応酬?かけひき?がぞくぞくしました。
雅紀の挑発的な視線や台詞が刺激的過ぎて、何度も何度も頁を見返し先に進めませんでした。
円陣先生の作画の美しさが本当に罪です笑

家の中で雅紀が尚人を懐柔していく様子があの手この手で描かれていた2巻から今巻でしたが、父親の不倫相手絡みの登場人物も現れ、いよいよ大きく物語が動いてきました。
この先も円陣先生の作画で読み進められるのだと思うとこれ以上の喜びなんてそうそうないのでは?!と思っています。
本当に楽しみにしています。

5

最高だわ

小説の挿絵を描いている円陣闇丸先生のコミカライズって凄く贅沢だと思うんですよね。

今回は時期を近くして小説の方も最新刊と番外編集が発売されるので大感激です。

コミカライズの連載の方は追ってないのですが、人気作家様なので定期的に漫画を描かれるのは本当に大変だと思います。

原作の吉原理恵子先生の文体のイメージにピッタリというか、場面の流れのテンポの良さを上手く表現してて流石だと思いました。

今巻は篠宮三兄弟に取って長く苦しい怒涛の日々への序奏でしたね。漫画を読んでても自分勝手な不倫相手の妹の主張とか、彼女を好きな幼馴染みの尚人を狙った犯行にムカつきました。

個人的に桜坂くんは後のイメージが強くて温厚な感じだと思っていたんですが、目付きの鋭い野生的な感じがとても素敵でした。

次巻以降が凄く楽しみになりました。

2

大地雷を乗り越えて、頂まで到着しました

〝裕太は見た〟の状態で終わった第2巻。
雅紀と尚人の関係が裕太にバレて、遂に尚人の精神崩壊かとハラハラしてたんですが、まさかの展開に頭の中「!?」だらけになりました。

おま…裕太……マジか……
兄弟のあんな姿、気持ち悪い筈なのに…嫌悪感がある筈なのに……この展開、めちゃくちゃ好きです。

尚人へ向ける裕太の愛憎入り混じった複雑なクソデカ感情に、めちゃくちゃ萌えました。
いやー…まさか、1巻での地獄の家庭崩壊から、3巻でこんなに萌えるとは。
大地雷を乗り越え、匍匐前進で恐る恐る進んできましたが、ようやく頂まで来る事ができました!

平凡で無個性な尚人を見下していた裕太。でも実際には、尚人は雅紀以外の兄弟に対して無関心で、そんな尚人に苛ついてたんでしょうね……

そして、第三者(裕太)視点で語られる、雅紀と尚人の関係性に萌えが止まらない。
幼少期から既に尚人溺愛で、兄弟達の中でも尚人だけ特別な雅紀が素晴らしい…!

家族円満で〝平凡な家庭〟だと思っていたのは恐らく尚人だけで、他の姉弟達からすれば既に〝雅紀と尚人の2人だけの世界〟が構築されていたのかな…と。ゾクゾクしますね!
こっそり尚人を覗き見する裕太に、眼力だけで静かに牽制する雅紀、くっそ萌える……!

尚人の学校生活も垣間見れて、良い3巻でした。
同級生の狂犬・桜坂君と、飼い主・尚人の関係性も萌なので、桜坂くん今後も活躍してくれるかな…?

兎に角、尚人が不憫で可哀想な展開が続きますが、何だかそれが癖になってきてるので、4巻も指を咥えて待ってようと思います…!

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP