• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作さんかくトワイライト

原一慶、高校2年、無愛想なイケメンハーフ
長谷川未来、高校2年、一途な関西弁ヤンキー

その他の収録作品

  • after story(描き下ろし)
  • カバー下(キャラクター紹介)

あらすじ

高校生でハーフの一慶はふとしたキッカケで喧嘩好きな関西弁ヤンキー、ミキと図書委員をすることに。 そりが合わないミキと過ごすことにうんざりするが、ある日ミキが懐いているという幼馴染で先輩の「わたるん」の存在に気付く。 わたるんと一緒に過ごすミキの様子を見た一慶はあることに気付き…?

作品情報

作品名
さんかくトワイライト
著者
はかた 
媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
電子発売日
ISBN
9784864424622
4.3

(191)

(103)

萌々

(59)

(23)

中立

(1)

趣味じゃない

(5)

レビュー数
19
得点
821
評価数
191
平均
4.3 / 5
神率
53.9%

レビュー投稿数19

「可愛い」が溢れたDKもの!方言ヤンキー受けに萌え・:*+.

ちょっと久しぶりに、再読。

とにかく作画が綺麗で、表紙だけ見ても中身を読んでもうっとりしちゃいます。

DK同士のくすぐったいような甘酸っぱさが溢れてる…!
ヤンキー受け×方言って最強ですね。。

性格真逆なミキにイライラしたり衝突しながらも、だんだんとミキのことが気になっていってしまう一慶の姿と過程が自然に描かれていて、きゅん…でした(〃▽〃 )

あんなわんこ君に上目遣いでぺろってされたら、そりゃたまりませんな…一慶くん。

なんの躊躇いも後ろめたさもなしに、明るく委員長に「初えっちできたわ!」とぐーサインするミキに笑いました。委員長、これから二人への対応に困るだろうな〜( ̄∀ ̄)

その後の二人も見てみたいなあと思う、可愛さ溢れるお話でした♪

0

DKって尊いトウトイtoutoiですよね?

当たり前の事をお伝えしますがDKって尊いトウトイtoutoiんですよ。子供以上大人未満。
子供の無邪気さを兼ね備えつつ大人の狡猾さも入り交じる。
高校3年間の隙間の刹那。
まだまだ大人の階段登り掛け。
何にもしなくて良いんです、ただ存在してるだけで尊いトウト(略)DKがはかた先生の絵柄で制服着て歩いて笑ってるんです。有り難い。

今回の主要登場人物は3人。
A、わたるん(黒髪、1個先輩、カッコいい)
B、ミキ(金髪、明るいヤンキー、可愛い)
C、一慶(茶髪、ハーフ、イケメン)
以上です。もっと色々細やかな説明は有りますがこれぐらいで問題有りません。
委員長は割愛。
えーっと、端から順番にイケメンイケメン1個飛ばして…イケ…ちょっと待ってください。 この作品全部イケメンしか居ないんですけど!
このお弁当私の好物しか入ってない。
トンカツ、ハンバーグ、唐揚げ弁当です。こんなん美味しいに決まってる、ありがとうございます。

主要ストーリーと致しましては、△ABCにおいて点Bが点Aに近づく時、点Cの動きの予測不可知。また点Bが点Cに移動し二等辺三角形から点BCが交わる事により同一直線上ゼロ距離に変わることを何と言いますか?またその際の点Aの動きを答えよ。
答えは「さんかくトワイライト」です。
中心重心をG(読者)とし、俯瞰して見ることを壁と言います。

兎に角ですね、高校生の「素直さ」がとても良く表現された作品です。好きだから迷わず「好き」。
好きじゃないから答えない、好きだから伝えたい、それで良いと思います。まだ未熟なDKなのでね。後悔は沢山すればいいんですよ。
愛してるの響きだけで強くも弱くもなれる。気付けて偉い。

こんなピュアな2人がどの様にアレコレするのか読みたくて読みたくて、スワイプする手を抑制するのが大変でしたよ。

個人的には「わたるん」の顔とチョイ小生意気な性格が好みでした。
多分、わたるんはミキの事は独占欲で愛してるまで行かなかったんじゃ無いかな?
是非、わたるんに大きな愛と相反する戸惑いや嫉妬憎しみの伴うアンビバレントな恋愛を教えてあげ…おっと!何と、スピンオフでわたるんと新キャラ「こぼれるアンビバレンス」が連載中ですって!
この新キャラも顔がイイ!
トンカツにカレーみたいな…敢えて言うならカツカレーみたいな素晴らしい組み合わせてすね!うーんお腹が空いてきた。スピンオフ楽しみ御相伴に預かります。

0

表紙のイメージより甘酸っぱかった

さんかくとは、三角関係のことかな。
同級生の一慶とミキ。二人は正反対。ヤンキーっぽいけど人なつっこく純粋なミキ。一方の一慶は、イケメンでもてるけど人との関わりを避けている。二人がなぜか同じ図書委員になって、だんだんと近づいていく、というお話。

キーパーソンというか、当て馬になるのが、ミキの先輩、わたるん。ミキはわたるんのことが好きで、でも男性同士だからと秘めた恋です。
最初から別の人のことが好きなので、どうやってくっつくのかな?と思っていましたが、同じ目線で本音でぶつかり合う二人が、背伸びしない等身大の恋を成就させるまでの甘酸っぱいラブストーリーでした。

絵がきれいでイケメン設定に説得力があります。

0

これぞ…三角関係なんだよなぁ~っ‼と思い出させてくれます

♪今年の本は今年のうちに~♪←かつて年末に見かけたお掃除CMオマージュです…時代が滲み出ますねwww
と、いう事でアワードもザワついて来ましたので未レビューの2023年作品レビューも加速させて行こうと思います‼

こちらは高校生の分かり易い矢印飛び交う↹系の三角関係作品です!
複雑過ぎない三角関係って気付いたら案外最近読んでいないなぁ~と読後に思い至り、そういった観点からもこの作品の読み易さをおススメしたいな!と思いレビューを書きたいと思います

そもそも「三角関係」って時点で本来は複雑なのにそこを敢えて上手く利用した裏の裏をかいた感じのおもしろい設定が加わった三角関係”風”作品が多くなって来た感じがしていて、、、シンプルに真正面から三角関係のもどかしさや切なさ、そして当然残ってしまう向き合う事がなかった矢印の行き場の無い寂しさを扱う作品を今また読めるって普遍のおもしろさが味わえるんじゃないかな?!ってこの作品を読みきゅんっとした私です

この作品の主な人物は・・・
一慶(いっけい)
とにかくイケメンさん(ダブル設定らしいので外国の血がそのイケメン度合とオチソのデカさを押し上げておりますw)
イケメンさん故の周りからのチヤホヤに本人は辟易気味な実に高校生らしい図書委員その1

未来(ミキ)
幼少の頃に関西弁地域から引っ越して来たマイルドヤンキーくん
小さい頃から金髪で関西弁だったのであまり周囲に馴染めなかった所を2つ年上のわたるコトわたるんが声を掛け居場所を得た事でそれ以降わたるんに懐きまくりな一途な忠犬のような図書委員その2

青葉先輩(わたるん)
周りに迎合しないミキがただ一人尻尾ブンブンで懐く幼なじみの先輩、わたるん
年齢を偽り夜のバイト(ラウンジのボーイ)や酒もたばこも嗜んじゃう所謂悪い大人な高校生です
分かり易いヤンキーとかではないカリスマ感と色気のある黒髪イケメン不良ですね~

園村さん(委員長)
一慶とミキと同学年の女の子
図書委員その3です


図書委員をサボりまくるミキの代わりに駆り出される事が多い委員長にも悪いので、、、と困った一慶がミキが言う事を唯一聞くらしいと言われている青葉先輩に図書委員に出るよう諭して欲しいとお願いする事から3人がそれぞれの存在を知っていきます

大好きなわたるんに言われた為イヤイヤ図書委員のお仕事をし始めるミキでしたが一慶と過ごす時間が増える事でお互い居心地の良さを感じていきます
この居心地が良くなる原因自体にもわたるんの存在が大きく関係するのですがこの辺がこのお話しの矢印の矢が育つ楽しい所なので是非、読んで下さい♡

お話しの7割弱くらいが攻め視点で読めますが受け視点も描かれるのでじっくり行方を見守っていられます

まぁ~とにもかくにもミキの懐に入った途端相手にしか見せない純真爛漫さと可愛さが堪らないです‼
そして普段は低体温気味なクール系なDK2人による静かなマウント合戦とミキを想うが故の苦悩に悶え耐える姿にはきゅーーーっっとなる切なさと萌えが味わえます

高校生だからこその判断の甘さや相手への甘えや揺れ動く不安定な恋心などもとてもエモーショナルです
ドロドロするよりも三角関係故の切なさをしっかり感じられるすっごくいい作品です♡
とても良い!!
スピオフもかなり楽しみにしています(๑>◡<๑)

そうだ!
委員長の事も少しだけ…
作品を俯瞰して読むのが好きな方には是非この委員長に注目して欲しいです
彼女の存在に自己投影をする事で作品に入り込みながらも「彼らのお話し」として読めるのでとっても没入感を味わえるのではないでしょうか
とてもフラットな感じの良いキャラです♪

修正|完全白抜き…一慶の噂の巨チソを拝みたかった…w(長さは白抜きながらあるのは伝わります←下品でスミマセン……)

2

きゅんとするDKの恋!

ミキを一途に思う一慶、わたるんを一途に思うミキ。それぞれの思いが一方通行でドキドキハラハラしてしまうけれど好きになった思いはそんなに簡単に捨てられるものじゃない!

少しずつお互いを知って少しずつ近付いて。本当に隣にいたいのは誰なのか?それぞれの思いが動き出して関係性に変化が訪れて……。DKの可愛い恋のお話にきゅんが止まりません!!

わたるんのスピンオフ作品「こぼれるアンビバレンス」も始まりました!こちらもオススメです!

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP