ワンルームに執事。

one room ni shitsuji

ワンルームに執事。
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌4
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
5
得点
21
評価数
10
平均
2.6 / 5
神率
10%
著者
 
媒体
コミック
出版社
日本文芸社
シリーズ
KAREN COMICS(カレンコミックス・日本文芸社)
発売日
価格
¥600(税抜)  ¥648(税込)
ISBN
9784537107913

あらすじ

ご奉仕ですが、何か?? ボロアパートにたたずむ、麗しきその男は、執事...。
金髪にフロックコート、古式床しき執事・楠木の、ドSな愛に翻弄されるフリーター・悟のめくるめく愛と受難の日々!
突然やってきた執事によって、イマドキのフリーター・悟の運命は大きく変わる! それは極S執事による、甘美なるご奉仕の幕開けだった!

表題作ワンルームに執事。

楠木才蔵・執事
松ノ宮悟・フリーター

その他の収録作品

  • 執事たるもの

評価・レビューする

レビュー投稿数5

執事の方が強いです^^;

この作家さんの作品は今まで余り読んだことがなかったのですが、執事ものを読みたかった時に見つけた作品です。
なんだかまるで押しかけ女房のような展開でお話が始まるのですが、作法や言葉遣いには厳しいですがご主人様にはそれはそれは忠実な執事といきなり大金持ちの本家の当主になって欲しいと頼まれたフリーターとのお話です。
コメディタッチで、ツッコミとかギャグは面白い所があるので、コメディとしてはそれなりに楽しめましたが、萌度としてはそれ程感じませんでした。
ストーリーに余り深みを感じられなかったというか、幼い時に本家を出た主人公を楠木がどうして恋愛対象として好きになったのかという経緯が全く描かれてなくて、いきなり現れた人にご奉仕だと言われて襲われて、受けはそれを許せるものなのか?と思ってしまいました^^;
絵がちょっと好みではないので、登場人物たちをカッコイイとか可愛いと感じられなかったのもあるかもしれません…(すみません><カラー絵の唇が気になってしょうがなかった^^;)。
S度もギャグも控えめに感じられて、インパクトとしては弱いかなと感じました。

0

精神的にS

かなり初期までさかのぼって読んでる霧島さんの作品の中で、なぜかかなり最後の方まで未読にしてしまってた作品です。なぜだろうな。
ストーリーとしては厳格すぎる家庭に歪んでしまいそうになって両親に連れられて家を出たワンルーム住まいの隠れ御曹司に家に押しかけてきた執事がどうにかして当主を継がせようとあれやこれやとしてくる話。
・・・正直言って迷惑だと思う、金銭面を除けば(汗

これにほだされていつのまにか「俺が好きなのか当主になってほしいから追いかけるのか」と悩む悟に対して、
「騙されてる!おまえ絶対騙されてる!」
という感じすらしました。でも体は正直だからねぇ。

最終的には恋人関係になって当主教育編へ続くわけで、さらに「当主と使用人は恋愛禁止」なんていう足かせがついてくるわけですが、ならなぜ当主にする必要があるのだ?とか考えたりして、
ギャグテイストながら攻め受けどっちにもあまりどっちにもかわいさを感じなかった(やっぱ、霧島作品にはプルプルするワンコちゃんがいないと!)こともあり、何度も読み直そうか・・・とは思えてこない作品だったりします。
まぁ、絵とか細かいところ見直続きすとうまい人でもないもんねぇ。

0

思ったよりは面白かった

コメディです。
ワンルームに住んでる受けのもとに、押しかけ執事が乗り込んできて当主になるように言いつつ、あれこれ世話を焼く(夜のお世話まで)。
デフォルメしすぎたギャグテイストの執事モノって一部作品を除くとあまり好きではないから期待してなかったんだけど、これは結構面白かったです。
執事がドSっていう展開は良かったな。ストカっぽいのも好き。
ただ、S度が中途半端な気もしました。あと一歩突き抜けたドSっぷりが見たかった。
アタフタしつつも執事を拒めない受けは可愛かったです。
けど、後半「俺が当主になる予定だから尽くしてるんだよな、“俺”を好きだから尽くしてくれてるわけじゃないんだよな」みたくぐるぐる悩むところはあまり好きじゃなかったです。むしろ「そのために当主になってやる~!」ぐらいの勢いの受けのほうが好き。

0

ワンルームに執事。レビュー。

上から目線執事と、フリータ悟の波乱万丈ラブストーリー。
執事なのにボロアパート、このギャップが面白いです。

金髪にフロックコート、古式床しき執事・楠木の、ドSな愛に翻弄されるフリーター・悟。突然やってきた執事によって、イマドキのフリーター・悟の運命は大きく変わる。それは極S執事による、甘美なるご奉仕の幕開けだった!

要するに強引な執事と翻弄される御主人様の受難話。
この作品のポイントは「執事の御主人様に対する愛故の突飛な行動!」だと思う。

「御奉仕ですから」と体をベタベタ触って気持ち良くしてあげます。
執事…、「御奉仕」って言えば何をしても良いってワケじゃないと思うんだけどっ!
この強引なテンションで話が進んでいくかと思えば、時折しんみりさせるネタもあったりして面白く読めました。
描き下ろしの4コマ漫画は執事の子供時代のお話です。こんな小さな子供時代から…この性格だったのか。
子供なのに、腹黒だった…。

そんな子供が大きくなって御主人様を手篭めにする。鬼畜な手段も納得ですわ。

0

ご奉仕ですがなにか??

何かといわれても・・・(((゚Д゚)))ガタガタ
行き過ぎた行為はご奉仕とは言わないと思う・・・。
今回の執事は黒い。そしてド級S執事光臨であります。ありがとうございます。
最近妙な執事ブームもありまして、同じような作品が見受けられますが、これもまたその一つ。まるきり同じというわけではないので、それなりにポイントをついて読むと面白いかもしれませんね。

いわずもがな。悟は、今珍しくも無いフリーター。一人暮らし。
贅沢ではないワンルーム。そんな悟の家を訪ねてきたのはなんと執事。
先代が亡くなったので跡目を継ぐ後継者として貴方を指名されている。私のご主人様になってくださいというお話ですね。
これまたありきたりな展開にくわえた、執事のマイペース振りが面白い。
マイペースというか、作中の表現にもあります、「人の話を聞かない電波形」という表現がしっくりくるかと思われる。
それは愛なのか、ただの忠誠心か。
徐々に惹かれていく執事への想いに、後継者としての意識の芽生え。
一冊でよくまとまったな~というのが雑感。
執事があくまでも「ご奉仕ですから」と断ってカラダを組み伏せ続きてきた理由っていうのがポイント。執事としてというのがですよ。
逆に、執事目線で読める作品があるとまた一味あって面白いかもしれませんね。
一言最後にいうなれば・・・悟・・・ご愁傷様ですつД`)・゚・。・゚゚・*:.。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ