ソルフェージュ(文庫)

音乐情人

ソルフェージュ(文庫)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌3
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
23
評価数
8
平均
3.1 / 5
神率
0%
著者
よしながふみ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
白泉社
レーベル
白泉社文庫
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784592882275

あらすじ

やる気のないボンボン教師の久我山は合唱指導の才能はあるものの、奔放な性格が災いして小学校では少々浮いた存在。そんな久我山の許へ、音楽学校受験の為に通って来る卒業生・田中吾妻。大柄な体格とは裏腹に幼さの残る彼は、複雑な家庭に苦しんでいた。久我山は自分を真っ直ぐに頼ってくる田中の事が放っておけなくなり――。
表題作のシリーズ5本の他「本当に、やさしい。」など短編4タイトルを同時収録。優しく激しい愛の旋律が紡ぐ珠玉の作品集。

表題作ソルフェージュ(文庫)

田中 吾妻、教え子(中学生〜声楽家)
久我山、小学校の音楽教師

同時収録作品本当に、やさしい。

悟(さとる)、ヒモをしていた男
ゆう(古賀裕一)、25才、無職

同時収録作品パンドラ

辰、簪職人、元錠前破り
羽桜 静、侍

同時収録作品昨日よりいつも違う日

四宮、高校3年生
大谷、高校3年生

同時収録作品すこしだけ意地悪な告白

ギルバート・トンプソン、シアトルの弁護士
ショーン・ヤマムラ、作家、NY在住

その他の収録作品

  • ソルフェージュ 夜の女王のアリア 前編・後編
  • ソルフェージュ もう飛ぶまいぞこの蝶々
  • ソルフェージュ カーテンコール
  • 解説「あっけらかんとした中の悟りのようなもの」ヤマダトモコ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

音楽が動かす人生

表題作の他に4つの短編が収録されたこの本。

どれもテレビドラマになっていても何ら不思議でないような普遍的なお話。
よしながふみさんの作品はほとんどそうですが、BLという枠内にあれど、何処にでも行ける身軽さを持っていると思います。

『ソルフェージュ』は小学校の音楽教師(やる気のないボンボン)・久我山と、音楽学校受験の為に彼に基礎から教わる田中の出逢いから十年にわたるお話。

久我山はゲイで、其れが元で展開されるスキャンダラスさが物語の一面であり、でも一面に過ぎないと感じさせるのが音楽によって動かされてしまった人々の姿。

久我山はもちろん、世界に其の名を轟かせるまでになった田中、合唱部に居た久我山の教え子で、親に医者になれと云われていたのに音楽教師になった津山。

私は、歌うべき人が歌っている場面に遭遇するととても心を揺さぶられます。
音楽の持つ力、歌声の力は言葉にし尽くせないものだと感じる方にはぐっと来ると思います。

田中は歌うだけで人の心を掴んでしまうけど、十年ぶりに久我山と逢って話したら中身は全然変わってなくて。
そういうの凄くたまらないなぁ。其のさり気なさ。
恋人なんて不確かなものじゃなく、より強く繋がる(と思わせる)幕引き。この終わりかたがまたいい!

『本当に、やさしい。』
最後まで噛み合わない人と人がいっとき交わって、其れが一方の心に深く痕を残す。
先入観が無ければ受け取れるものってきっと多いなと思わせられる。

『パンドラ』
髷モノはいーいですねぇ。錠前破りの天才・静と簪職人の辰。今は足を洗って二人で暮らしている。静はくせっ毛で髷を結えないっていうのが、辰を惑わす色気の一因なのだと。

『すこしだけ意地悪な告白』
ロースクールで一緒だった弁護士と作家が遠回りしてやっと想いを通わせるお話。
この弁護士が、買った食材を袋ごと街角のゴミ箱にガコンッと捨てるシーン、アメリカ映画にありそうだ~と思うのです。

ソルフェージュとはイタリア語で、声楽家の為の歌唱訓練および練習曲集に由来し音楽家の基礎教育の事だそうです。

よき指導者に恵まれるかどうかで自己形成には少なからず影響すると思う。
学校がすべてでは無いけれど、そんな出逢いを果たせたならと少し羨ましくなります。
「大地讃頌」や「巣立ちの歌」懐かしいなぁ。

5

ややこしい合冊

さて、この本は少々ややこしい構成になっています。
後半・141頁以降は表題作であり、花音コミックスの
同名単行本の再録、それ以前の部分はビブロス刊行
『本当に、やさしい』から『執事の分際』シリーズ3作を
除いた4作品を再録した形になっております。
単純な合冊で無いのでご用心下さい。

「パンドラ」の内容とタイトルのギャップに舌を巻きました。
その観点で表題作を読むと、又新たな発見があるやも
知れません。

2

オペラ聴いてみたい。

表題作のソルフェージュと短編が4本
ソルフェージュと少しだけ意地悪な告白が好き。
最初の本当に、やさしい。は意味がよくわからなかった、、。

小学校の音楽教師が教師としての自覚に目覚めちゃって出来の悪い卒業生の受験を手伝うことになる。
二人の関係がバレてしまって吾妻はイタリアに行き、二人は別れることに。
吾妻はイタリアで成功し日本に戻り
音楽から離れていた久我山を音楽教師の道に戻す。
ハッピーエンドになってくれてよかった。

でも吾妻の母親はこれからも同じこと繰り返すと思う。許してって思っているけど一時的なものですぐ忘れちゃうタイプ。

0

静かだけれど雄弁で深い

短編集。
1995〜97年頃に掲載された作品をまとめて、2004年に発売された文庫版です。

「本当に、やさしい。」
あっと驚く結末、です。
男のヒモのような悟は、その男と喧嘩して家を飛び出し、公園で出会った男に誘われて家に転がり込む。その男・ゆうはどこか子供のままのようにふわふわしていて…だがゆうは女の臭いをさせて帰ってきた。激昂した悟はそこを出て、元の男の家に帰るが、ニュースを見て驚愕する…!

「パンドラ」
なんと時代物。
長屋で暮らす簪職人の辰と侍の静の元に、火事で一晩解き放ちになった混血の罪人が駆け込んでくる。この箱を開けてくれ。箱の中にお宝が入っているはずなんだ、と。
元は錠前破り、今は足を洗った辰と静は、これが最後とその箱に取り組むが…
しっとりとした人情ものとなっています。

「昨日よりいつも違う日」
大学受験に失敗し、財布を落とし、雨に降られ、友達の家に行ったら玄関先でその子が女性とキスしていた…風邪っぽくて寝込んでたらその友達がやってきて、いきなり「やらして」と言われてヤられてしまった。人生最悪の日。
でも翌朝「お前が好き」と言われ、悪くねーか、という気分に…
箸休め作品と言っては可哀想なくらいひどい目にあってるけど、淡々としてるのは面白い。

「すこしだけ意地悪な告白」
外国もの。
作家デビューが決まってNYに転居が決まったショーンをいきなり襲ったギル。
だがそんなギルの結婚記念日パーティに毎年必ず駆けつけて、何事もないように笑顔で過ごすショーンだったが、今年は実は…
遠廻りした恋の物語なんだけど、ギルが一度は結婚したのがひどいなーと思う。

「ソルフェージュ」
「ソルフェージュ 夜の女王のアリア」前編・後編
「ソルフェージュ もう飛ぶまいぞこの蝶々」
ここから表題作の連作となります。
家庭環境に問題がある中学生・田中吾妻と、小学校の音楽教師でゲイの久我山の物語。
母よりも久我山に懐く田中と、魔が差して田中に手を出してしまった久我山。その後全てバレて田中はイタリア留学へ。
田中はイタリアで才能が開花し人気オペラ歌手になります。
一方、久我山は田中によく似た淳と付き合っています。淳は自分が誰かの身代わりだったことを知り、久我山を刺す!
背景のあまり無い絵面で、人物の目線や微かな表情で非常にドラマチックな展開を淡々と描き出されていて、グッと引き込まれます!

「ソルフェージュ カーテンコール」
10年ぶりに田中が帰国。日本では大きく騒がれてオペラ公演も大盛況。
しかし、田中は本当は久我山のために帰国したのです。
久我山が人の人生を変えるくらいの先生だから…
いや、すごいのはやはり音楽そのものだと思う。音楽って心に直接響き、語りかけ、変えていくものだから。
田中は久我山に会うために戻ってきました。しかし、2人が再び恋人になるのかどうかは描かれないのです。多分、恋人にならないままなんだと思う。

巻末にヤマダトモコ氏の解説。こちらも大変読み応えがあります。内容の理解が深まります。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ