今夜、ミスターで 小冊子付き初回限定版

konya mister de

今夜、ミスターで 小冊子付き初回限定版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×212
  • 萌16
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
16
得点
143
評価数
39
平均
3.7 / 5
神率
23.1%
著者
嶋二 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
シリーズ
今夜、ミスターで
発売日
ISBN
9784862528407

あらすじ

「お前のこと、好きだったんだよなぁ」
ゲイバー“Mr.”の住み込み店員・チカには、実家に帰れないある理由があった。 それは、1コ下の幼馴染み・恭平に関係があるのだが…?
表題作「今夜、ミスターで」の他、番外編「Welcoming Morning」、“Mr.”のオーナー・雄大と桃のアダルトな恋愛を描いた「さよならミスター」も同時収録。

2カップルの番外編を描いた小冊子付き!

表題作今夜、ミスターで 小冊子付き初回限定版

羽山恭平(23)、チカの1コ年下の幼馴染み
目叶知佳(24)、ゲイバーの住み込み店員

同時収録作品さよならミスター

水瀬雄大 ゲイバーのオーナー
桃地武 ゲイバーのマスター

その他の収録作品

  • Welcoming Morning
  • おまけ
  • あまやどり(描き下ろし)

レビュー投稿数16

男じゃない チカとだろ

もうもうもうもう!!!嶋二先生大好きです!!
嶋二先生は、学生甘酸っぱいムネキュン系も素晴らしいんですが、
不器用で臆病な大人を書かせたら右に出る者はないと思うよ・・・!

今回は幼馴染み年下攻めと、バーのオラオラ系オーナー×健気店長受の2カプのお話です。

『今夜、ミスターで』
幼馴染みのヘタレワンコ攻×女王様(でも本当は臆病)受。
ゲイバーで住み込み店員をしているチカと再会した恭平は、彼を実家に連れ戻そうと追っかけ回しています。
でもチカは実はゲイで昔から恭平のことが好きなので、ノンケの恭平に恋することを恐れて、彼を追い返そうとします。
幼馴染みといっても甘酸っぱ~い青春モノではなく、幼馴染みという微妙な距離にある分、
臆病になったり、色んなことを言えないでいるチカが、もう切なくて切なくて…
そんなチカのことが気になりどんどん近付いてくる恭平に、嬉しいけど戸惑い
怖くなって突き放そうとするチカ。
恭平がノンケであることについては、チカはだいぶ気にしているようで、
何かにつけて「男とセックスできんの」とか「女が好きだったヤツを信じられるか」と言ったり。
臆病であるうえに、不器用なんだからタチが悪いんですよね。
もともと言動もキツめで、飄々としているチカですが、時々見せる弱い部分に胸がキュンッとしてしまいます。
チカのことが大好きな、ワンコ気質な恭平も、わりとチカに何言われても
自分の想いをストレートにぶつけて、そんなところにチカも救われてるんだと思います。
「男じゃない チカとだろ」はもう名言でした。キュンッキュンしました!
男が好きなわけじゃなくて、チカだから好きなんだ!…と。
無事に結ばれた後も何かと恭平をコッチの世界に引きこんだ自分を蔑むような言葉を漏らすチカに対し、
チカが好き、そのままのチカが好き、と何度も想いを伝えるんですよ。
しかも無意識に!さらりと!!
これはもーチカにとっても殺し文句ですよね。
一見恭平のほうがチカのことを好き好き好き好き言ってるように見えますが、
チカの表情を見ていると、恭平に対する気持ちが表れてて、もうそれだけでお腹いっぱいですw
結局はチカのほうが恭平には敵わないんじゃないかと思いますww

『さよならミスター』
ゲイバー「Mr.」のオーナー・雄大×店長・桃。
ふらりと気まぐれにやってきては桃を抱く、最低な男・雄大。
チカ達には雄大とは遊びだと言う桃だけど、本当は雄大のことが好きで…
傲慢で横暴だけど、自分のところにやってきては自分のことを抱く雄大が愛しくて、
結局何をされても許してしまう。でも、彼はいつも桃の告白には応えてくれない。
そんな不毛な思いを抱きながらも、雄大のことが好きで好きで仕方ない桃。
どんな酷いことをされても、それでもやっぱり好きだとチカの前で涙する桃が痛々しくて仕方なかったです。
それでも桃がほかの男と寝ると狂ったように取り乱し、暴れる雄大を見れば、
雄大も桃のこと好きだと思うんですけどねぇ…
結局は桃のことが大好きで、どう見たって依存しているのは雄大のほうなんですよね。
それでも桃のことが好きって、上手く言葉にできなくて、桃には伝わらなくて…
本当に不器用だしバカな男だと思います。
桃ちゃん、やめときなよ!って思うけれど、小冊子での幸せそうな桃ちゃんを見ていると、これでよかったんだよね、と思ってしまう。
愛し方は不器用で間違ってるかもしれないけど、雄大は雄大でちゃんと桃のこと愛してるし。
もうちょっと雄大の気持ちがわかりやすければな~と思いましたw
このカプはエッチも多くて全体的にアダルティですよ!

小冊子でも幸せそうな2カプを見ることができてよかったです!
そしてdrap8月号では雄大×桃の番外編が見れるの…かな?(予告カットがそれっぽかったw)
嶋二さんが裏表紙でおっしゃっていたように、できれば二人の馴れ初めとか見たいな~

もう嶋二さんの作品は本当に好きで好きで、
ちょっと困ったり戸惑ったりしてる表情とか、
恋する表情がもうリアルで、可愛くて、キュンキュンしまくりで困ります!w
不器用で臆病な大人って、バカで可愛いですよね~ww

4

受け入れられるゲイ

今まで嶋二さんの作品は色々と見てきましたが
今回のこの「今夜、ミスターで」は今までの嶋二さんと違うなぁ
っと思いましたっ!

ゲイバーっという設定は何故だか受け入れられなかった私なのですが、
この嶋二さんのゲイバーはすんなり受け入れられました!
と、いうよりも楽しませてもらいましたw

[今夜、ミスターで」
恭平と知佳、どちらが可愛かったか
と聞かれればはっきり答えましょう!
恭平ですっ!
可愛い攻めですよあれはっ!
今まで見たBLであんなに可愛い攻めは初めてでしたよっ
男が好きじゃない。お前が好きなんだっ!
みたいな!これはホントに言われたら嬉しいですよね
案の定知佳は嬉しいような、困るような、照れるような…
あぁやっぱ知佳も可愛いんですよ
二人とも可愛くて
そしてぎこちない。
嶋二さん的作風が存分に発揮されてました

[さよならミスター]
この話ですよっ!この話で
嶋二さんはこんなのも描けるんだなぁって思いました!
ちょっとアダルトチック
と、いうより嶋二さんはあんまりエッチ繋がりの仲を描く人ではないと思ってたので驚きました!
そして、桃の想いにはキュンってきましたw
雄大のどこに惚れたのかとても気になり、何度か読んでみたのですが
酷くされてるぶんいきなり優しかったりすると好きになってしまうものなのかなと思いました
こんな作風もいいなぁと思いました!


オカマ口調というのはなかなか受け入れられなかったのですが
嶋二さんの作品はすんなりと入ってきたので
やっぱり凄いなと実感。嶋二さんは好きだなぁって再確認しました

4

たまらん

やっぱりこの人うまい!!
今日は二冊目~な嶋二さんです。
昔からずっとくっついて離れない1個したの幼馴染。
ゲイの性癖を隠して家をでた。それと同時に関係も離れたはずだった。
ずっと想い抱いていた淡い恋心も封印したはずだったのに、
自分の目の前に懐かしいアイツの顔がある。
昔みたいにくっついてこられたら・・・?!
気が強くて、我侭で。ずっとくっついてくるアイツがいて当然で
心地よい存在だった相手。けれどそれは~なつくりがうまかった。
どんなに我侭言っても、無理いってもくっついて離れない男。
言うことを聞いてくれる相手。しらずしらずに甘えられる相手と~な話なので
なんだかズキュンとしてしまいました。
あんなに傍若無人なのに「迎えにこいよ。じゃないと自分からはいけない」

その涙シーンに思わずホロリ(*ノД`*)・゚・。
相手は男。隙なのは女の子。自分は男。
いっときの気の迷いで自分を好きだといってくれたとて
やっぱり冷静になれば・・・・と思ってしまう心の葛藤がいいですね。
素直じゃないところがまた素直に見えてかわいいんだ。
嫌なものはいや。好きなものは好きっていうならそれは素直ってことなのだよ。

もうひとつのカップル。
ゲイバーのママ・・・もとい、マスターさんとオーナーのお話。
こっちもノンケの相手に奮闘するお話ですね。
恋焦がれる相手はノンケ。
しかもホモが大嫌い。だけれど身体だけは繋ぐ。
心のつながらない性交の先にあるものは?!
ホモなんてきらい。心を汲んでくれるとか云々なし。
しまいには借金押し付けて逃亡~・・・・え・・・と思いつつなところだったんですが、実は実際こっちのほうが好きです。
どんなに酷くされても、どんなに酷い男でも。
すさんだ未来がまっていようとも、惚れた弱み
ほれてしまったからには仕方ない。哀愁漂うマスターが(涙
最後の巡り。
愛してるの言葉の重さ。これ、限定版のほうがオススメです。
小冊子がヤバイ

2

素直になって

嶋二先生の作品の中で、一番好きかな?
絵のタッチも今よりこの頃の方が好きだったりもします...(笑)

Mr.というゲイバーで働くチカ(受)と、久しぶりに再会した1つ下の幼馴染の恭平(攻)のお話と、そのバーのマスター桃とオーナー雄大さんのお話が、こっちは半分以上ありますね。
私はできればチカ×恭平の話が一冊まるっと欲しかったですが...
(桃ちゃんが結構人気者なのと、嶋二先生のお気に入りでもあるそうなので。)

偶然出会ったチカと恭平。
チカの働くお店Mr.で初めてチカがゲイだと知る。
驚きながらも受入れるのか、どうなのかを悩む恭平。

チカはずっと恭平のことが好きで、だから田舎から逃げてきて、恭平はチカが好きだけどそれは愛情の好きとは思ってなくて...
でもやっぱり離れることができなくて、お互い好きではあるんだけど、そうなったらそうなったでチカが引け目を感じて距離ができる。

うーん、もどかしい!
好きなんでしょ?もうわかってんでしょ!って感じがたまらなくイライラしますが(笑)そんなチカもカワイイんですよね〜
んで、恭平が年下のくせにオトコ前。
チカが好きだとちゃんと言葉にしてくれる。
でもチカは疑心暗鬼で、「好きってどのくらいの好き?セックスできんの?お前、男と」って。
試すなぁー、とっても試すんだなぁー(笑)
でもそこは恭平が一枚上手!

「男じゃない チカとだろ」(で、押し倒す!)

恭平〜!!カッコイイ〜!!
まぁ、結局この時はうまく収まらず、恭平はお店を出ちゃうんですけど...
その後、マスターの桃に言われた言葉に思うことがあり、やっと素直になって迎えに来いと恭平に電話するんです。
「好きなんだよ」と。

このツンデレちゃん、たまらなくいいです。
そして相手はオトコ前ときた。
神以外ありません(笑)
もっともっと続きが読みたい、そんな2人です。

1

半分半分の気持ちになる

嶋二さん好きです
この作品は好きなのか好きじゃないのか今だに言えない作品です

チカと恭平は結構好きかも
地元でお隣さん、東京で偶然再会

ノンケであるがチカに会うために店に通い続ける
酔った勢いでチカに何をされ
好きだったと過去形の告白をされるあたりは、非常に切なくて
好きです

桃ちゃんの短髪が苦手なのかもしれないです
オーナーと桃ちゃんの関係が
とても嫌なものに思えてしまっていた時があった
その後それは払拭されたものの
やはり、耐える桃ちゃんの
感じは辛い

嫌いじゃなくて苦手なのかな

1

バー「Mr.」が舞台の恋話

二丁目にあるバー「Mr.」を舞台にした、客×スタッフ、オーナー×マスターの恋の話です。どちらもノンケ×ゲイなので、受け側の不安が残り、それを攻めがじんわりほぐしていくような雰囲気になっていて素敵だなぁと感じました。

「今夜、ミスターにて」「Welcoming Morning」
恭平×チカ。幼馴染の二人が恋人同士になるまでの過程がメインかと思いきや、その後の不安や嫉妬、同居に至るまで、実家への帰省など短いページにもなかなかテーマが盛りだくさんでした。初々しさが良かったです。

「さよならミスター」「おまけ」
雄大×桃。普段は好き勝手していて、気が向いたらふらりとやってくる雄大は、ゲイ嫌いだけど桃は抱く。4年間振り回されっぱなしで疲れた桃だけど…。首を絞めようとして抱きつく桃が愛おしかったです。雄大は傲慢な男なのに、桃への想いがじわりと透けて見えるのがなんとも言えず。「好きって言って下さい」と乞う桃に、雄大の「好きでいいのか」は、「俺がお前を好きでもいいのか」という意味かと思っていたのですが、次のページの真意にやられました…!大好きなカップルです。

「あまやどり」
恭平と痴話喧嘩をしたチカが、桃の部屋にやってきます。あれこれ話をした後で、恭平が迎えにきて…。照れるチカが可愛かったです。

「あまやどり」の続きは初回限定特典の小冊子になります。
「おまけ」の続き、というか雄大×桃の出会いが、コミック「小さな恋のメロディー」に収録されている「メロウ・メロウ」で桃の黒歴史なんかが描かれています。それを読んだ後だと、桃の「…覚えているんですね」に雄大が「たりめーだろ」と答えたのがやけに萌えました。

1

逃げる男には追う男、だめな男にはいい男

表紙が好きで、本棚整理を何度も生き残ってきたこの作品。
改めて読み返してみて、「ああ、表紙だけじゃなかった」と思いました。

二丁目にあるゲイバー「Mr.」。
そこにいるのは、雇われマスターの桃と住み込みバイトのチカ(目叶〈めが〉ちゃん)。
オーナーの借金で閉店が決まったことから、2人それぞれの恋も動き出して…。

表題作はチカ、同時収録で桃の話です。
便宜上、チカの方が表題作扱いだけど、両A面シングル(今はもう言わないのかな?)と言っていいのではないかと。
時系列的には、チカの話が閉店パーティまでで、桃の方がパーティの後からというようにつながっています。

偶然の再会から「Mr.」に通い詰めてくるチカの幼馴染み・恭平とチカはわりと王道です。
地元から逃げた男と、突然いなくなった幼馴染みに会いたかった男。
チカが地元に戻らない理由と、家族ぐるみの付き合いだからこその恭平のお節介の噛み合わなさが、そこまで前面に出ていないので、こういう設定につきものの「無神経で鈍感なしつこい幼馴染み」に感じるイライラはありません。
そのおかげで、また逃げるためにチカが放った爆弾を恭平がどう受け止めるか、という部分に集中して読めます。
恭平がなかなか良い殺し文句を放ってきますので、そこにご注目を。

後半の桃の方は、桃がチカに言った言葉が効いてきます。
「急に大事な人がいなくなったら…」という件です。
バーがあるビルのオーナー・雄大は、女を抱く片手間に桃を抱きに来る。
ビルは恩人から無償で譲り受けたものの、もともと店をいくつか持っていて、お金には困っていなかったはずが、客商売は水物。いつどう流れが変わるから分からないわけで。
桃が献身的すぎるほど献身的です。
人生相談したら、10人中10人、いや、近くでたまたま話が聞こえてしまった人たちまでもが口を揃えて「そんな男はやめておきなさい」って言うような、都合の良い男。
だけど結局は「惚れた弱味」なんですよね。
借金返済という負の縁ですらつながっていたい。役に立ちたい。
そんな桃の思いが切ないです。
登場人物に寄り添う読み方をする方には、こちらがハマるはず。

飲食店設定、主人公同士につながりのあるオムニバスが好きな方はぜひ。
レビューのタイトルに入れたような設定が好きな方もぜひ。

『小さな恋のメロディ』の1巻に、雄大と桃の出会いの話が収録されています。
そちらも読むとさらに雄大×桃のCPに萌えます。

1

ジャジィでメローなほろ苦さ

ここに登場する恋の主人公達は、素直に自分を語らない。
皆不器用で、その想いを胸にしまいこんで、我慢して、我慢して・・・
まあ、器用に恋が出来るって言う人の方が少ないだろう。
だから切なさがこみあげてくるのだが、表題の主人公達は若さの分、そして一方の素直さが救いになって、明るく見せている。

表題は、幼なじみの再会モノ
実家に一緒に帰ろうは口実。
ゲイだからと後ろ向きに自分の気持ちを封印しているチカを、年下ノンケの恭平はグイグイと押し出して、「ミスター」という店に逃げ込んでいたチカをとうとう引きずり出す。
チカの逃げ場であった、このバーが閉店という一つのきっかけを設定にしての二人の恋の成就は何故か甘酸っぱいのです。

むしろ、どうしようもないけれど、こんなダメな男だけど、どうしても捨てられない、苦しい苦しい大人の恋を描いた「さよなら、ミスター」のほうが、とても心に響きました。
ミスターの雇われマスターの桃はオーナーの雄大の恋人。
だけど、その雄大は女グセが悪く桃のところへもフラっとやってきて、ヤルことだけヤって帰るヒドイ男。
店だって、借金で手放すのに逃げてしまって、桃が肩代わりして・・・
こんなヒドイ雄大なのに捨てられない桃。
桃を都合よく使っているように見えて捨てることが出来ない雄大。
ダメな大人が、ダメなりに依存しあっているように見える。
恋愛依存症、相手限定。
港のような”オンナ”の桃に多くの人は憐れみとイライラ、そして雄大には怒りを覚える設定かもしれない。
だけど、この奥底に感じられる居心地のよさが大人の恋愛だな~という雰囲気が満載でとても切ないのが好きなのです。
「お金で縛られてもいい」と借金を肩代わりする桃。
「子供が産みたい」と冗談混じりの言葉に「作ってみるか」と答えた雄大。
この雄大の言葉に真心を信じてオンナでもいいと思いきった桃。
桃が切なくて、一見カワイソウななんだけど、彼の選んだ道。
意外に弱そうで強いのです。
雄大のほうが弱いのです。
こちらはジャジィなブルースといった味わいでした。

何かすごく雰囲気作りが上手いですし、切ない大人の恋の表現はものすごく上手い作家さんだと思います。

5

ゲイバーが舞台のお話

『さよならミスター』(ゲイバーオーナー・水瀬雄大 × ゲイバーマスター・桃地武)

ゲイバー「Mr.」を舞台にしたお話が1冊に2本入っているのですが、
こちらの二人のほうが好みでした。
ノンケとゲイのお話って、残酷で切ないものが多いですね。

気が向いた時だけふらりとやってきて、桃を抱いていく雄大。
傲慢で自分勝手なところに不信感を抱きつつも、そんな雄大に惹かれていく桃。
どれほど酷い扱いを受けても、駄目な男なんだと解っていても、
殺したいとまで思っても、結局は許してしまう。
本当に酷い男なんですが、解っていても止められない気持ちってありますよね。
ある意味人間らしいというか……(ちょっと共依存ぽくも見えますが)

最後になってやっと雄大の口から零れた「愛してる」という言葉と、
「はなさないで」「はなれないで」とすがる桃が、とても切なかったです。
雄大も、やっぱり桃のことが好きなんですよね。
上手く言葉に出来ず、もどかしいのかもしれませんね。不器用すぎる!!

4

不器用な男たちのラブストーリー

ゲイバー『Mr.』を舞台に綴られる、2組の恋のお話です。
今回はどちらも攻めがノンケ。タイプ的には全く正反対の2人ですが、しかし設定は違えどもマイノリティな恋愛に対する好きな相手への葛藤や諦めや切なさは根本的に同じな訳で…もうホントに!彼らの不器用さには最初から最後まで胸をキュンキュンさせられっ放しでした!!
ままならない恋に翻弄されるお話は読んでて胸が苦しいんですが、でもその切なさがたまらなくイイんですよね~

□今夜、ミスターで
恭平が好きだから彼の元から離れようとしたチカ。再会してからもそれは変わらず、恭平から常に茶化した態度で逃げ腰な行動をとってしまう。でもそれは彼の事が本当に好きだからこその気持ちの裏返しで。
チカにとってノンケの恭平に期待するっていうのはそれだけリスクを伴う事なんですよね。おちゃらけた毒舌を吐きつつ、態度のはしばしで見え隠れするチカの臆病な本音を垣間見るたび胸がキュ~ンとさせられました!!そして恭平の為と言いながら実は自分の逃げ道を作ろうとするチカに言った恭平の「俺は逃げないよ」の一言!たまりませんねッ!男じゃなくお前だから…はノンケ攻めの真骨頂だと私は思っております^^
やっと始まった2人って感じですが、このままいくと目も当てられないバカップルになりそうな…予感?ww

□さよならミスター
こちらは↑と打って変わってアダルティな内容です。つか攻めの雄大がヒド過ぎる…読み始めたとき何で桃はこんな自分勝手で傲慢な暴君男が好きなんだ?と思ったりもしましたが、頭では分かってても感情には逆らえない…そう、理屈じゃないのが恋ってもんなんだよな~と、このお話で再認識させられましたww
でも内容は良かったです、凄く。キレイ事ばかりじゃない大人の狡さや計算がきちんと描かれていて、自分ではどうする事もできない恋の切なさが更にリアルさを引き立ててたと思います^^
雄大の行動は多少理解しかねる部分もありましたが、根底ではちゃんと桃が好きなのだというのが伝わってきてたので最後の告白はやっぱかなりキましたね~ww言い得て妙というか…これだからノンケの男は!みたいな?笑
これまでは体だけで依存しあってた訳だけど、雄大が自分の気持ちを認めた事で2人の関係は大きく変わろうとしている。桃によってどんな風に雄大が変えられていくのか、その続きがめちゃめちゃ気になりました。まぁ独占欲丸出しになるのは間違いないですが…ww

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う