今夜、ミスターで 小冊子付き初回限定版

konya mister de

今夜、ミスターで 小冊子付き初回限定版
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×28
  • 萌14
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
15
得点
121
評価数
33
平均
3.7 / 5
神率
27.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
シリーズ
今夜、ミスターで
発売日
価格
¥838(税抜)  ¥905(税込)
ISBN
9784862528407

あらすじ

「お前のこと、好きだったんだよなぁ」
ゲイバー“Mr.”の住み込み店員・チカには、実家に帰れないある理由があった。 それは、1コ下の幼馴染み・恭平に関係があるのだが…?
表題作「今夜、ミスターで」の他、番外編「Welcoming Morning」、“Mr.”のオーナー・雄大と桃のアダルトな恋愛を描いた「さよならミスター」も同時収録。

2カップルの番外編を描いた小冊子付き!

表題作今夜、ミスターで 小冊子付き初回限定版

羽山恭平(23)、チカの1コ年下の幼馴染み
目叶知佳(24)、ゲイバーの住み込み店員

同時収録作品さよならミスター

水瀬雄大 ゲイバーのオーナー
桃地武 ゲイバーのマスター

その他の収録作品

  • Welcoming Morning
  • おまけ
  • あまやどり(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

素直になって

嶋二先生の作品の中で、一番好きかな?
絵のタッチも今よりこの頃の方が好きだったりもします...(笑)

Mr.というゲイバーで働くチカ(受)と、久しぶりに再会した1つ下の幼馴染の恭平(攻)のお話と、そのバーのマスター桃とオーナー雄大さんのお話が、こっちは半分以上ありますね。
私はできればチカ×恭平の話が一冊まるっと欲しかったですが...
(桃ちゃんが結構人気者なのと、嶋二先生のお気に入りでもあるそうなので。)

偶然出会ったチカと恭平。
チカの働くお店Mr.で初めてチカがゲイだと知る。
驚きながらも受入れるのか、どうなのかを悩む恭平。

チカはずっと恭平のことが好きで、だから田舎から逃げてきて、恭平はチカが好きだけどそれは愛情の好きとは思ってなくて...
でもやっぱり離れることができなくて、お互い好きではあるんだけど、そうなったらそうなったでチカが引け目を感じて距離ができる。

うーん、もどかしい!
好きなんでしょ?もうわかってんでしょ!って感じがたまらなくイライラしますが(笑)そんなチカもカワイイんですよね〜
んで、恭平が年下のくせにオトコ前。
チカが好きだとちゃんと言葉にしてくれる。
でもチカは疑心暗鬼で、「好きってどのくらいの好き?セックスできんの?お前、男と」って。
試すなぁー、とっても試すんだなぁー(笑)
でもそこは恭平が一枚上手!

「男じゃない チカとだろ」(で、押し倒す!)

恭平〜!!カッコイイ〜!!
まぁ、結局この時はうまく収まらず、恭平はお店を出ちゃうんですけど...
その後、マスターの桃に言われた言葉に思うことがあり、やっと素直になって迎えに来いと恭平に電話するんです。
「好きなんだよ」と。

このツンデレちゃん、たまらなくいいです。
そして相手はオトコ前ときた。
神以外ありません(笑)
もっともっと続きが読みたい、そんな2人です。

0

バー「Mr.」が舞台の恋話

二丁目にあるバー「Mr.」を舞台にした、客×スタッフ、オーナー×マスターの恋の話です。どちらもノンケ×ゲイなので、受け側の不安が残り、それを攻めがじんわりほぐしていくような雰囲気になっていて素敵だなぁと感じました。

「今夜、ミスターにて」「Welcoming Morning」
恭平×チカ。幼馴染の二人が恋人同士になるまでの過程がメインかと思いきや、その後の不安や嫉妬、同居に至るまで、実家への帰省など短いページにもなかなかテーマが盛りだくさんでした。初々しさが良かったです。

「さよならミスター」「おまけ」
雄大×桃。普段は好き勝手していて、気が向いたらふらりとやってくる雄大は、ゲイ嫌いだけど桃は抱く。4年間振り回されっぱなしで疲れた桃だけど…。首を絞めようとして抱きつく桃が愛おしかったです。雄大は傲慢な男なのに、桃への想いがじわりと透けて見えるのがなんとも言えず。「好きって言って下さい」と乞う桃に、雄大の「好きでいいのか」は、「俺がお前を好きでもいいのか」という意味かと思っていたのですが、次のページの真意にやられました…!大好きなカップルです。

「あまやどり」
恭平と痴話喧嘩をしたチカが、桃の部屋にやってきます。あれこれ話をした後で、恭平が迎えにきて…。照れるチカが可愛かったです。

「あまやどり」の続きは初回限定特典の小冊子になります。
「おまけ」の続き、というか雄大×桃の出会いが、コミック「小さな恋のメロディー」に収録されている「メロウ・メロウ」で桃の黒歴史なんかが描かれています。それを読んだ後だと、桃の「…覚えているんですね」に雄大が「たりめーだろ」と答えたのがやけに萌えました。

0

肩入れするのはドッチ?

2組のカップルのお話しとなります。

1組は恭平とチカ。
幼馴染み同士がそれぞれ上京して偶然出会う。
チカが帰省しない理由を知ってもそれはソレとたまには実家に帰ろうと口説き続ける恭平が、チカの素っ気無さに意気消沈する日々がほのぼのしていて癒し効果となります。

そして、その癒しが必要な程消耗してしまうもう1組の雄大と桃の神経を削っていくような繋がり方に、どうしてここまでと思わなくもないのですが。
同じくどうしても、さっさと見切りをつけなさいとは言えない部分もあります。
ひたすら縋っているわけではなく、裏切られても裏切られても諦め半分期待半分の狭間でようやくこらえている姿が「分かる」範疇に含まれているからかもしれません。

恭平とチカのその後のすれ違いはまた違う意味でモヤモヤしますが、とても普段着姿な2人がこのまま続いてくれればと思います。
そして、雄大と桃の2人にはお互いにビクビクしている分とても危うく感じられ、また雄大が耐え切れずに逃げ出しそうな不安が拭えません。
小冊子の方ではその辺が描かれていて自業自得な雄大の不安も見られます。

それでも愛しい男だと言い切ってしまいそうな桃の潔さ強さに完敗です。


おまけで雄大まさかの行動と桃の黒歴史。気になります。

0

半分半分の気持ちになる

嶋二さん好きです
この作品は好きなのか好きじゃないのか今だに言えない作品です

チカと恭平は結構好きかも
地元でお隣さん、東京で偶然再会

ノンケであるがチカに会うために店に通い続ける
酔った勢いでチカに何をされ
好きだったと過去形の告白をされるあたりは、非常に切なくて
好きです

桃ちゃんの短髪が苦手なのかもしれないです
オーナーと桃ちゃんの関係が
とても嫌なものに思えてしまっていた時があった
その後それは払拭されたものの
やはり、耐える桃ちゃんの
感じは辛い

嫌いじゃなくて苦手なのかな

0

ゲイバーが舞台のお話

『さよならミスター』(ゲイバーオーナー・水瀬雄大 × ゲイバーマスター・桃地武)

ゲイバー「Mr.」を舞台にしたお話が1冊に2本入っているのですが、
こちらの二人のほうが好みでした。
ノンケとゲイのお話って、残酷で切ないものが多いですね。

気が向いた時だけふらりとやってきて、桃を抱いていく雄大。
傲慢で自分勝手なところに不信感を抱きつつも、そんな雄大に惹かれていく桃。
どれほど酷い扱いを受けても、駄目な男なんだと解っていても、
殺したいとまで思っても、結局は許してしまう。
本当に酷い男なんですが、解っていても止められない気持ちってありますよね。
ある意味人間らしいというか……(ちょっと共依存ぽくも見えますが)

最後になってやっと雄大の口から零れた「愛してる」という言葉と、
「はなさないで」「はなれないで」とすがる桃が、とても切なかったです。
雄大も、やっぱり桃のことが好きなんですよね。
上手く言葉に出来ず、もどかしいのかもしれませんね。不器用すぎる!!

3

っっっと嶋二さんの商業読めたぁぁぁ!
しかし……会話のテンポというかノリが同人と一緒……というかその原作を彷彿とさせられてしまう……

ノンケ×ゲイが大好きですハイ。
チカが色気ムンムンすぎてヤバいです《*≧∀≦》
表紙の恭平は一見デキる男に見えますが、蓋を開けてみるとただのヘタレでした。

桃ちゃんの話が泣けました( ノД`)…
雄大さんほんとダメダメだよ!
殴りたいよ!怖いからしないけど((((;゜Д゜)))
でも伝わりにくいけど、ちゃんと桃ちゃんを想っているんですね……
愛のカタチは目に見えるものだけじゃないんだなぁ。

ところで……表題作の2人少なすぎません?(笑)

1

ゲイバーを舞台にしたせつない2つの恋

表題作「今夜、ミスターで」はもうすぐ閉店するゲイバーで住み込みで働くチカを幼馴染の恭平が追っかける話。
他のレビューでも書かれていますが、2人とも不器用で歩み寄る過程がせつなくもきゅんとするのです!

しかし…表題作「今夜、ミスターで」が比較的おだやかに話が展開するのに比べて、
スピンオフ「さよならミスター」の方がアダルティかつ、目をひくシーン(例:受が第3者とHしてるところに攻がはちあわせ)があったりするのでどうしても読後、表題作の印象がかすんでしまうw

「さよならミスター」の桃さんは、カタギじゃないいつ帰ってくるかもわからないDV男を陰ながら一途に、水商売で支える昭和の愛人みたいな私の勝手なイメージww
歪んではいるけど、雄大さんも桃に愛があるんですよね…
未来ある終わり方でよかった。幸せになってほしいです。

1

もっと読みたい!

「もっと読みたい!」と、ここまで強く願った作品に出会ったのは久しぶりです。
表題作の『今夜、ミスターで』と同じ舞台『さよならミスター』の二つの話が合ったのですが…
この二つを分けて2冊にしてほしかったです!!
二つのカップルの行く先をもっと見たかった…!!

私的に「もっと読みたい!」の気持ちが特に強かったのは、
『さよならミスター』です。
攻めはバイオレンスで最低な男ですけど、受けはそんな彼がなぜか好き。
なんで好きなんだろう?って、考えても理由にならないくらい好き。
そんな受けに何度「もうあんな男やめちゃいなさいっ!」って言いたくなったことやら…!!
でも、理屈じゃないんですよね『好き』って…
受けの、攻めに対する思いを読むたびに思い知らされました。
もう、受けと一緒に攻めの一言や何気ない行動に一喜一憂してしまいました。

この本は、限定盤のほうがおすすめです。
二組のカップルのその後が描かれているので、安心できます。。

でも、それにしても、もっと読みたい!!
やっとくっついた二人の、ラブラブ甘々なその後がもっと見たいのです!!!
残念な点は、そこだけ!

1

舞台はゲイバー

この本で嶋二さんの作品を初めて読みました。
表紙に惹かれて購入したので表題作の二人がもう少し見たかったなあという印象です。
もう一作の「さよならミスター」の方が強く印象に残っているせいか表題作の読み応えがあまりありませんでした。
「さよならミスター」ではゲイバーのオーナー×ゲイバーのマスターのカップリングで大人な恋愛という感じです。作中のマスターの「女だったらと何度も思った」のくだりがすごく切なくて……男同士という恋愛の難しさが描かれていて切ないけどきゅんとするようなお話でした。

1

たまらん

やっぱりこの人うまい!!
今日は二冊目~な嶋二さんです。
昔からずっとくっついて離れない1個したの幼馴染。
ゲイの性癖を隠して家をでた。それと同時に関係も離れたはずだった。
ずっと想い抱いていた淡い恋心も封印したはずだったのに、
自分の目の前に懐かしいアイツの顔がある。
昔みたいにくっついてこられたら・・・?!
気が強くて、我侭で。ずっとくっついてくるアイツがいて当然で
心地よい存在だった相手。けれどそれは~なつくりがうまかった。
どんなに我侭言っても、無理いってもくっついて離れない男。
言うことを聞いてくれる相手。しらずしらずに甘えられる相手と~な話なので
なんだかズキュンとしてしまいました。
あんなに傍若無人なのに「迎えにこいよ。じゃないと自分からはいけない」

その涙シーンに思わずホロリ(*ノД`*)・゚・。
相手は男。隙なのは女の子。自分は男。
いっときの気の迷いで自分を好きだといってくれたとて
やっぱり冷静になれば・・・・と思ってしまう心の葛藤がいいですね。
素直じゃないところがまた素直に見えてかわいいんだ。
嫌なものはいや。好きなものは好きっていうならそれは素直ってことなのだよ。

もうひとつのカップル。
ゲイバーのママ・・・もとい、マスターさんとオーナーのお話。
こっちもノンケの相手に奮闘するお話ですね。
恋焦がれる相手はノンケ。
しかもホモが大嫌い。だけれど身体だけは繋ぐ。
心のつながらない性交の先にあるものは?!
ホモなんてきらい。心を汲んでくれるとか云々なし。
しまいには借金押し付けて逃亡~・・・・え・・・と思いつつなところだったんですが、実は実際こっちのほうが好きです。
どんなに酷くされても、どんなに酷い男でも。
すさんだ未来がまっていようとも、惚れた弱み
ほれてしまったからには仕方ない。哀愁漂うマスターが(涙
最後の巡り。
愛してるの言葉の重さ。これ、限定版のほうがオススメです。
小冊子がヤバイ

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ