背のびの法則

背のびの法則
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×24
  • 萌9
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
109
評価数
27
平均
4.1 / 5
神率
48.1%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
大洋図書
レーベル
ミリオンコミックス CRAFT Series
発売日
価格
¥657(税抜)  ¥710(税込)
ISBN
9784813052883

あらすじ

高校二年生の公助のクラスに、転校生がやってきた。
おちびな公助とは正反対の長身で男前な転校生・楽は女子に大人気。
そんな楽を妬む公助だったが、楽にある秘密を打ち明けられ、誰にも言わないでほしいと頼まれる。
それ以降、公助はなぜか楽に気に入られ、いつのまにかふたりの距離は縮まっていき・・・!?
でこぼこコンビが繰り広げる学園ラブコメディv

表題作背のびの法則

ハーフの転校生 櫟屋楽
背は低いけど元気いっぱい高校生 ハムちゃん(公助)

その他の収録作品

  • 背のびの法則の法則

評価・レビューする

レビュー投稿数13

身長差って、いいね

ほのぼの、ほんわか、可愛いBLを求めている私には、たまらなくキュンキュンしました。
進展ないまま、ページ数が進み、終わっちゃうよ!終わっちゃうよ!とドキドキしましたが、最後の方で両思いになれホントに良かった!
学生物なので、登場人物は多いですが、二人を邪魔しない程度の登場なので良かったです。
途中登場の羽彦くんがいなかったら、まだまだくっつかなかっただろう二人ですが、なんやかんやで良かった!

やっぱり身長差って、キュンキュンするなぁと、改めて思った一冊でした。
ちゅーが可愛いすぎました!

1

小動物&キャンキャン系受け

背がちっちゃくて元気いっぱいのハムちゃん。
転校生でやってきた180cmちかくある楽はハーフなんだけど、特別視されたくないからと金髪を黒く染めて、青目を隠すために黒コンタクトを入れている。
楽がハーフであることを知っているのはハムちゃんだけ。

そんな二人を取り巻く同級生達を一緒に描いた賑やかな学園モノです。途中三分の一くらいまではそういう雰囲気が強くてBL要素はないんだけど、途中から少しずつほやーっとした香りが漂い始めます。

でもまだ特別視が友情の延長なのかなんなのか判らない程度の淡い淡いものです。
途中からハムちゃんがライバル視している羽彦という同級生が登場して一層テンション高くなって…。
元気がある時ならこのテンションの高さについていけるけど、疲れているときはちょっと辛いかもしれません。

描写はキスまでで、最後のかきおろしで今夜泊まっていく?といった話の流れになっているけど、え??そこまでやっちゃうの?この二人が?と思ってしまうほど最後まで初々しさが残ったままの可愛らしい二人でした。

ハムちゃんが小動物系で背が小さいことは言われたくないやい!!とキャンキャンしてるイメージが強いキャラなので、このキャラを可愛い!と思えるか、ちょっとツライ…疲れる…と思うかで評価が二分されるはず。私はちょっと疲れました…。
読んでて思い出したのは、「ひだまりが聴こえる」の太一でした。あれを更に小動物にしてキャンキャンさせた感じかな。ああいうキャラが好きな人なら楽しめると思います。

2

読みやすい

私が初めて読んだ商業BL作品です。
当時はまだBLにちょっと興味があるレベルで、エロとかはとても苦手だったので、この作品が最初で良かったなと思ってます。

コミカルで明るく楽しいお話で、とても面白かったです。
BL要素は少なめです。エロは一切なし、最高でもキスシーンがあるくらいです。

メインの2人の他に登場するクラスメイトたちがいいキャラをしていて最高でした。

そしてハムちゃんがとにかくかわいい!女の子的な可愛さではなく、男子高校生としての可愛さです。
楽くんもただのイケメンではなく、わりと普通の優しい男子高校生なところが良かったです。

ぷく先生の絵は線に勢いがあって、キャラクターたちが今にも動き出しそうなところが素敵です。
綺麗にきっちりペン入れをなさっている感じではないのですが、それがいい味になっていると思います。

2

ほのぼの青春!

小さくて元気なみんなのアイドルハムちゃんと、ハーフであることを隠してる大きい楽くん。友達としてじゃれあう2人がほんとに仲良さげで微笑ましい。ただ、こんだけずっとテンション高いとちょっと疲れてしまった…。

友達から恋人になっての空気感の変化が絶妙で、ドキドキする!法則の法則の駅のホームでのキスシーンは、確かにハムちゃん三倍可愛くみえるなあ。エロは無いので、想像力でカバー!いける!

まわりの友人達もいいキャラしてて、それぞれにサイドストーリーできそう。南ちゃんが幸せになりますように!

1

ハムちゃんがかわいい!

表紙で感じた予想通りの高校生同士のピュアなラブでした。絵もとてもかわいく、話もギャグテイストで面白かったです。途中にちょこちょこ入ってくる4コマがナイスでした。とにかく公助がかわいい!ハムちゃんってあだ名がぴったりすぎました。髪型がデフォルトがハネてて寝癖がつくとストレートだったりするところも愛らしい(笑)楽もマ○オネタのところで笑いました(笑)こういったギャグテイストなものこそ、抱き締めたり顔が近付くハプニングなどでドキドキするな〜としみじみ思いました。正直この流れだとキスもしないかもな…と思っていましたが、キスはしました。雰囲気もふざけたムード無しでよかったです。プラトニックな面白いBLが読みたい方にオススメです!

3

ピュアな高校生もの

ラブ度は低めだけど、ピュアい爽やかBLとしてとても萌えました。この作家さんの作品だと今のところ、この作品が一番好きです。

まるまる一冊同じシリーズで、読みながら「このふたりちゃんとBLになるの?」ともどかしいほどゆっくりと進んでいくお話です。恋愛より友情色が強めかも?
サブキャラ(女の子も)やライバルキャラも魅力的で、どこを読んでも楽しいです。
等身大の高校生ライフって感じで、見ていてなごみます。前半はラブの気配がほとんどなく、仲良しクラスメイトのやりとりが楽しい。
ちょくちょくはさまれる4コマ漫画も楽しいです。BLだけど女の子もかわいい!

ガチンコなBLに慣れているところに読んだので、このBL度の低さが新鮮でした。でも最後はちゃんと両思いになるので、BLとしても満足できます。この、「もうちょっとラブいところを!」というおあずけ感が、より萌えを増すのかもしれないです。

濃厚BLにちょっと食傷気味かなという方、BLはまりたてのピュアな気持ちを思い出せる一冊ですよ!

3

ハムちゃんかわい~(*´`)

とにかくハムちゃんが可愛いよぉ~♪
見た目がちっこくて可愛いー!
自分は全作品カラメルよりこっちのほうが好きかなぁ。
カラメルも好きでしたけど、こっちのハムちゃんのほうがちゃんと男の子なぶん、
こっちの作品のほうが好きです。

楽とハムちゃんの二人のわちゃわちゃぶりが見ていてほんわかします。
あぁ成仏しそう・・・じゃなくてなんか自分の心が洗濯されて綺麗になる感じ?
いいですね。まったり感がいいです。

エロ度は薄めですが、ほんわかしたい~という方にオススメです。

3

かわいいなぁ、もう。

ぷくさん3冊目。
あいかわらずかわいいなー。
今まで読んだ3冊の中では一番コレが好きかも。

マンガのような出会い方をした2人。
公助を気に入った楽とだんだん仲良くなっていく公助。

ある時点ではなんでもなかったことが、気がついた時には違った意味を持っていて。
違った意味を知ることになって。
自分の感情の意味を少しずつ知っていく。
ゆっくりと友達以上の存在になっていくようなストーリー。
とりあえず、とにかく公助がかわいいんだ!
見た目も反応とかも。
個人的にはあの自己紹介好き。

あとは羽くん。
意外とあっさりイイやつでしたね。
なんかかわいかったので、この際、京華とかどう?(ぇ)

2

初々しくてかわいいなぁ

身体は小さいけど男前なハムちゃんと、大きくて金髪碧眼のハーフであることがちょっとコンプレックスな転校生・楽(ラッキー)が、少しずつ、お互いを意識していくお話。

二人を取り巻く、クラスメイト達と、男女入り乱れて、にぎやかに高校生活を過ごしている公助と楽。
みんなドタバタしているうちに、なんとなく、お互いのことが気になって・・・

楽の方は、割合最初から公助を意識しているのに対し、公助は見た目と同じく色恋に対しててもお子様なので、なかなか恋愛にまで行き着きません。
ちょっと指が触れてみたり、見つめあう顔にドキッとしてみたり、
そうやって、ゆっくりと、お互いを意識するようになっていく所が、高校生らしく、初々しくてかわいいです。

2

とにかくかわいい

随所にギャグ要素がちりばめられていて面白いです
ただBLとは言い切れないくらいBL要素はぬるめ
でもこう高校生特有の友情とか、仲の良さが見ていてすごくかわいい
攻めも受けもかわいくて、ほのぼのが好きな方にはおすすめかも
かくゆうあたしも、攻めの楽がかわいくてかわいくて受けのハムちゃんはハムちゃんで時にすごくかわいいもんだからとにかく癒されました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ