野性的な王子と片思い青年で贈る誘惑のエキゾチックラブ

誘惑者の恋

yuuwakusha no koi

誘惑者の恋
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×214
  • 萌7
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
143
評価数
35
平均
4.1 / 5
神率
37.1%
著者
岩本薫 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
蓮川愛 
媒体
小説
出版社
角川書店
レーベル
角川ルビー文庫
シリーズ
独裁者の恋
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784044540067

あらすじ

片思いの相手で兄の桂一を連れ戻すため、アラブへ旅立った和輝。桂一の恋人の兄・アシュラフは、2人の邪魔をしないように警告しつつも、紳士的で優しく接してくることに戸惑いを隠せない和輝は…?
(出版社より)

表題作誘惑者の恋

アシュラフ(29) アラブの王国の第一王子
東堂和輝(21) 大学生

レビュー投稿数8

和輝の目を通しての異国の情景に圧巻

ロッセリーニ家三兄弟の話『守護者』に登場した和輝が主役のスピンオフ。

『守護者』の時はルカに対しての面倒見が良かったので、世話好きそうなイメージからよくある年下攻めかと思っていたら、この話では受けと知り、何とも私好みで嬉しい限り。
もうこれだけで満足度が高いかも(笑)。

和輝のお相手となるアシュラフ王子はアラブ攻めでありながらも、インテリっぽい雰囲気で知的な第一印象。
蓮川さんの挿絵だけでもフェロモンが半端ない上に、話を読み進めていくと野性味も感じる。

そしてまた、舞台となるマラーク王国の情景の描写が圧巻だった。
ラクダに乗っての砂漠横断、べドウィン達との出会い、事件に巻き込まれて拉致され、時間が迫る中でのピンチ、というこれでもかっ!!って濃い経験を通して、和輝がアシュラフに惹かれていく様子が上手くまとまっている。

情熱的なラブシーンも良かったが、ストーリーの骨太さにも満足な一冊だった。

二人の身内繋がりで第二王子ラシード×(和輝の兄)桂一の話は未読だが、シリーズのせいか長兄アシュラフ、次兄ラシード、末弟リドワーンの並びを見るとロッセリーニ家の三兄弟を彷彿とさせるなぁ。

5

アラブ物、総決算!w

「ロッセリーニ家の息子」シリーズのリンク作「恋」シリーズ。
「支配者の恋」は、兄の話ですが
今回はその弟の話です
息子シリーズの三男坊の友達でもあります

息子シリーズでは、三男坊にはめちゃめちゃ気の効くやつだし
男らしいので、三男坊達のあて馬かと思いきや
いいお友達だったのですが
今回の作品では男まさりな部分はありますが
完全に攻め様に翻弄されていますw

アラブの王宮の様子やそこから人身売買に巻き込まれたり
砂漠を経験したりと、アラブ好きにはたまらない作品です

3

アラブ攻めの王道♪♪

ザ・アラブ、アラブ攻めの最高がアシュラフだと思います!私もアシュラフに出逢いたいと思うほど(笑)

初めは、兄(本当はいとこ)に憧れていた和輝がアラブの中のアラブの攻めに出逢い恋に落ちるとこがたまりません!!

アシュラフは、今までに、いろんな男の子と付き合ってきたけど、仕事の合間で、本気になったことが無かった。それが和輝と飛行機の中で偶然出逢い一目惚れだった。
この巻ではなく、他の巻で最終的に結婚式もあげちゃうし、親に紹介もしちゃいます。
話的には終わっちゃってるけど、まだまだ、読み足りない気がします。番外編で、いっぱい、アシュラフ×和輝に会いたいです!

ロッセリーニ家から読んでますが、一番好きなカップルです!!神です!!
アラブ攻めの王道を読みたい方にお薦めします♪

3

東堂、待ってました!

恋シリーズ四作目。
ロッセリーニシリーズ「守護者」で、ルカの頼れる友人として登場の東堂こと和輝が主人公です!
守護者での和輝が好きだったので嬉しい(´∀`*)
ちなみに和輝は前作「支配者の恋」の受け・桂一の弟で桂一への想いが絡むので、ロッセリーニシリーズや他の恋シリーズはさておき前作は読んでおいた方が良いかな?と思います。

今作の舞台はマラークです。アラブです。
和輝のお相手のアシュラフも、がっつりアラブ。
砂漠へ行ったり人身売買が絡んだりと、アラブを堪能できます(*´ω`*)

反発していたアシュラフに知らず惹かれていく和輝ですが、そりゃ惚れるわ…と思ってしまうくらいアシュラフが素敵です。
仕事ができ、思慮深い王族。
恋シリーズの中で、スパダリナンバー1かと思います。
対しての和輝は、普通の男の子って感じなところが魅力的でした。
「守護者」の時は、もうちょっと落ち着いたイメージだったけど、第三者から見る和輝はあんなふうだったのかな、と。

先述のとおりアラブたっぷりだったため、個人的には少々詰め込みすぎ感もあったかな。
とはいえ受け攻め共に魅力的で「この二人をまだ見たい!」と思えるCPでした。

3

これでもか!次々と場面が変わるゴージャスな作品

「〜の恋」シリーズ4作目。
前作「支配者の恋」の続編というかスピンオフというか。
というのも、本作のカップリングは「ラシードの兄x東堂桂一の弟」なのです。
いよいよ出てくる人出てくる人ぜ〜んぶゲイ!BLあるあるになってきてる…
とはいえ、豪奢な王族との恋、アラブの異国情緒、立ちはだかる色々な障害等々、息をつかせず読みきってしまいます。

ラシードの兄・第一王子のアシュラフは「支配者の恋」で登場済み。ゲイである事で王位の継承を辞退している人物。
桂一の弟はロッセリーニシリーズ第2作「守護者」にてルカ・ロッセリーニの初めてできた友だち、東堂和輝です。
和輝と桂一は血が繋がっていません。そしてブラコンの域を超えて桂一に恋している和輝は、警察を退職してラシードを追ってマラーク王国に移住してしまった桂一を日本に連れ戻すために「夏休み」を装ってマラークに行くのです。
そのファーストクラス内で一緒になったのがセレブオーラ満開のアシュラフで…
…と物語は動き出します。
アシュラフとラクダで砂漠を進んだり…
オアシスでベドウィンの天幕で一泊し…
ラシードと桂一のキスシーンを見てしまった和輝が思わず逃げて王宮で迷子になり、迷い込んだ部屋で第3王子リドワーンの王太子任命式式典で暗殺の打ち合わせをしてる所を聞いてしまったり…
捕まって拉致監禁されて性奴隷オークションにかけられたり…

助けてくれたアシュラフが媚薬を抜くために和輝を抱きます。

正気になった和輝から暗殺計画を聞き、急ぎ王宮に戻る2人を砂嵐が襲う…!
やっと戻ったが、誰が誰を殺そうとしているのか…⁈
その他、これでもか!とドラマが次から次へときますよ。

この作品の特色は、ロッセリーニシリーズも含めて受けが初めてやんちゃではねっかえりな所。
「守護者」で登場した時は爽やかな好青年って感じだったけど、本作では敬語も使わないような子に描かれています。そんな子でも相手がとにかくスーパー攻め様だから全く太刀打ちできない。
1冊で恋愛もアクションもエキゾチックな景観、豪華なライフスタイルなどなど、ギッシリ詰まってまるで映画のよう。

2

待ってました!の和輝編☆

待ちに待ってた「恋」シリーズ第4弾。
といっても、私、このシリーズ初読みなんですが(爆)
それぞれに主役変わるのでこれだけ読んでも問題ナッシング。
というか、何故この本を手に取ろうと思ったかといえば「守護者」!!
ロッセリーニ家の息子シリーズの1つである、その作品の中の和輝が気になって仕方なかったからです。
何か含みがあるようでいて、結局、イイ人で終わってしまった和輝に隠された(?)秘密とは何か?
そして、そんな和輝がどんな恋をするのか。
それが気になり手に取ってみました。

舞台はアラブ!
アラブですよ、奥さん。
いや、前作で和輝の兄である桂一がアラブ方面に行ってしまったらしいのでそれを追って。
和輝の片恋の相手もわかってある意味スッキリ。

そして、新しい恋。
さっすが和輝!
何故だか和輝はそんじゃそこらの人との恋愛というイメージが湧かなかったのですが、大物を掴まえましたね(笑)
第一王子ですよ、相手は。
そんなアシュラフにある意味、見染められる。
お互いに最初から好印象な感じで。
でも、和輝には片恋相手もいるし、その辺の事情にも突っ込んでくるアシュラフは付き合いづらい相手でもあったようですが。
物怖じしないスッパリとした和輝の性格にアシュラフの方は惹かれていって。
奴隷売買に媚薬とお約束な感じの展開もありつつ、最後のアシュラフのなりふりかまわなさが和輝が感じたのと同じくかわいく見えてしまったり。
イイ年してやることがすごいな。
さっすがアラブ!!みたいな。
非常に楽しく読むことができました。

この後の桂一とラシードの反応がどんなものか見てみたいものです。

そしてそして。
この作品もCD化して欲しいなー。
当然のように和輝は脳内で鳥ちゃん(鳥海さん)に変換されて聞こえていたわけですが。
順調に「恋」シリーズCD化されているようですし、是非!
「支配者の恋」のCDが出ればアシュラフのキャストもわかるんだろうなー。
誰かなー(まだ出るって決まってませんよ?)

5

獅子vs山猫

これぞ、アラブもの!って感じの話でした。
王位継承問題、砂漠へのお出かけ、陰謀、トラブル、媚薬、オークション。
アラブものに出てくるイベントフルコース!
これだけ王道設定が盛り込まれていましたが、内容がぎゅうぎゅうではなく、サクサク読めてとっても楽しめました。

王位継承権は放棄しているけれど、国民に慕われる誇り高き第一王子であるアシュラフとストレートな言動と物おじしない性格の大学生の和輝。
180cmの高身長、和輝は話が別なら攻めだったのかもしれない、そんな雰囲気の男子!です。

アシュラフが和輝のことを「仔猫ではなく山猫」と現す言葉があったのですが、まさに、です。
仔猫のように弱く庇護しなくてはならない存在ではなく、山猫のようにしなやかで強か、そして抵抗する爪も噛みつく牙も持っている。
けれど、所詮山猫のそれは獅子には歯が立たないのです。
和輝にとって、アシュラフは付き合いにくい苦手な相手という位置づけだったようですが、想像するに和輝もある程度自分に自信のある男だと思うのです。
けれど、そんな「ある程度」程度の自信なんか歯が立たないぐらい、アシュラフは自信に充ち溢れた男で大人で王子でビジネスマンで。
そんな負けっぱなしの自分がアシュラフに心が傾いてるってのを認めるのが無意識に嫌で、苦手な相手という位置づけにしていたかのな、と。

何事に対しても動じずに余裕なイメージのアシュラフでしたが、案外和輝に対して必死で。
捕まえたいのに、捕まらない和輝を最後攫いにやってくるシーンでは、あれ?強引だけど随分と可愛くヘタレな行動を取るじゃないですか!と思ってしまった。
やっぱり人間は完璧ではなくこういう、強いだけでなく弱い部分もないと。
特にアラブ話は超然としている攻めが多いので、僅かでもヘタレ部分を見せられると読んでいて愛着がわいてきます。

前作「支配者の恋」の桂一とラシードもちょこちょこ出てきており、桂一のラシードしか、ラシードの桂一しか、お互いしか見えていないね、というラブっぷりがんなんともいやはや、幸せそうです。
桂一とラシードの話よりも、アシュラフと和輝の続編が読んでみたい。
和輝はこれからもっと良い男に成長しそうだし、アクティブに行動しそう。そんな和輝をアシュラフがいかに自分に繋ぎとめるか、とか興味あります。

3

鳥さん目指し!

いよいよ鳥さんの和輝が主役!

今回もアラブモノ。
相手は兄の男の兄(汗)ーーアシュラフ。
偶然飛行機で見知っていた男、まさか第一王子!
数の事件で、二人が関係が深くなってきた。

兄と第二王子の愛情を知り、自分の感情を認めたくない和輝が日本へ帰ることにした。
が、途中でアシュラフに攫われた!
これぞ強引な王子様!格好いいっす!
和輝もようやく自分の気持ちを認め、運命の相手と過ごすことになった。

さらさらと読める話、読んでいる時はすごく楽しかったです。
この作品はいつドラマ化されるのかwktkする!
そんなやさしい第一王子様が三宅さんの声とぴったり、と、自分は思い込んでしまったww
早くドラマが聞いてみたい!

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う