或るミステリ作家とその担当編集にまつわる記録

aru mistery sakka to sono tantouhenshuusha ni matsuwaru kiroku

或るミステリ作家とその担当編集にまつわる記録
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×219
  • 萌9
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
15
得点
125
評価数
34
平均
3.7 / 5
神率
11.8%
著者
倫敦巴里子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS ~ガッシュコミックス~
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784796402125

あらすじ

一発抱かせると、面白いように筆が乗る―――。俺が担当している波木光司は売れっ子のミステリ作家だ。童貞の先生にラブシーンを書かせる為ヤってから、先生はすっかり俺の恋人気取り。気持ちよければ男も女も相手をする節操なしの俺と違って純情一途な先生には、たまにイラっとさせられるが、看板作家の機嫌取り、と割り切っていた。ところが、ある日「女の子と遊んできます」と先生から生意気な電話がかかってきて…!?
売れっ子作家(ヘタレ)×ドS編集(淫乱)vの表題作ほか、天然&魔性のアホっ子に振り回される優等生のドッキドキラブも収録!
(出版社より)

表題作或るミステリ作家とその担当編集にまつわる記録

波木光司・売れっ子ミステリ作家・奥手な27歳
猪又聡史・担当編集者・ドSでバイの快楽主義者

同時収録作品プリーズ・テル・ミー!

名取京介・高3・進学クラスの成績トップ
片平太一・高3・就職クラス

その他の収録作品

  • 先生、お願いします
  • モノポリー
  • テクニカル・ノックアウト
  • 天使と悪魔のラブゲーム
  • プライズ
  • プリーズ・ラブ・ミー!

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数15

力関係のバランス

◾︎波木(小説家)×猪又(編集)
初心で童貞だった波木先生に素晴らしい文章を書かせるため、担当編集の猪又が、そのスキルを尽くして快楽を教えます。

攻めと受けは上記の通り、SMでは攻めである波木がMで猪又がSです。立場としては先生と担当編集なので波木の方が大切にされますが、猪又がうまく操りながら筆をのらせる。波木は文章で打ち返してきますが、それが猪又に中々のクリティカルヒットを与えたり…この力関係のバランスが面白くて、結局振り回されてるのは猪又な2人に萌えます。
こういうバランスの二人なので、バリネコ猪又も良かったのですが、リバがあっても嬉しかったな〜

0

ぽわんとした受けが多い

表題作の中編と短編がいくつか収録されています。

思えば多くの作品に登場するのはほわっとした受けで、何にも考えてないように見える純粋でうぶな子でありながら、実は心の機微に鋭く、二人の関係をしっかり考えている、という設定でした。

表題作は、ビッチ攻めの編集者が、創作の助けにと作家に体の関係を迫るというもの。読み切りの予定だったのか、第一話は攻めは完全に仕事上のいきがかりというつもりに見えまずが、二話以降で攻めがどんどん翻弄されていきます。そして、ただ攻めの手管にいいようにされているように見えた受けが、作品を通じて二人の関係をより深いものにしていく、という。

なかなか面白かったです。

他には、かわいいあほの子に勉強を教える優等生のカップル。ラストシーン、クラスに勉強を教えてもらいに来た受けがかわいくて、まわりの同級生たちもよってたかって勉強を教えているところを見て嫉妬する攻めがいいです。
続編があり、大学生になった攻めと、フレンチレストラン(ビストロ?)で働き将来設計もばっちりになった元あほの子のその後が描かれます。脇の辛み方がいいですね。レストランオーナーの女性や、攻めの同級生たちがやっぱり受けかわいさにレストレラン常連になってしまったり。

わりとわかりやすい作品ばかりでした。

0

かわいい。

小説家×担当編集と高校生の二つのお話が入っていますが、どっちも攻めがアホの子です。
編集ものが好みなので読んだのですが、どっちもいい!!!
あほのこなわんこって、どうしてこうも可愛いのですかねえ。
あと会話のテンポが良くて、気持ちいいです。

惜しむらくは、絵の独特な癖が!
これさえなければ、線はえらい綺麗ですしもっと読みやすいかも。
目が中央に寄りがちなんでしょうか?
多分手癖だから、治る治らないというレベルじゃないんだろうなあ。
でもお話はいつも好みなので、こういうのが好きな友達に勧めたら「絵が苦手」と云われてしまったので、色々残念。
可愛い絵柄なんですけどねえ。

0

アホな子大好きです。

ドS編集者とエンジェルな作家さんの話。
なのに編集者の方がネコだなんてw
誘い受け、ヘタレ攻め、淫乱、思い込みバンザイw
メガネ&スーツ萌えな友人に薦められたのですが、そこは何故かスルーでした。

でもこの話より、私的には優等生とおバカちゃんCPの話の方が好みです。
特に165頁の「がし」からの「パコパコ」の件がツボww
コミカルにエチシーン描くのがお上手だなと。

結構前に読んだ作品ですが、また読み返したくなる一冊です。

1

これは良い組み合わせ

表題作「或るミステリ作家とその担当編集にまつわる記録」
・・・長いタイトルですね。

ヘタレ童貞攻め×ドSビッチという実に私好みのカップリングです。
快楽主義者で歪んでいる受けってイイですよね・・・。しかもドS!!
なかでも、目隠しプレイで攻めが泣かされるシーンには滾りましたね。
ドS受けにいじめられて泣いちゃう情けない攻めに萌えました。
続編が読みたくなるようなお話でした。

あと裏表紙の2人の絵が可愛くて好きです。

0

エロはなくても良かったかな?

“ヘタレ、経験値少なめ、わんこ"攻め、“S、淫乱、ビッチ”受け、キャラクター的には美味しくいただけました。

この作者の漫画は初めて読んだのですが、話的には面白いのですが 絵がどうも苦手です。
絵が苦手というか、エッチ描写がどうも苦手でした。元々エロが苦手なわたしですが。

受けの編集者さんの消化不良?といいますか、淫乱ビッチSという設定だからこそ何だかんだ攻めを愛してるとか、一途だとか、労ってるだとか、ツンデレ〜だとかもうひと捻り欲しかったです。
攻めの事も“せフレの1人”程度にしか思ってないような印象を受けて、ちょっと残念でした。


表題作の他にもう一編、高校生同士の話がありました。
こちらも、エロはいらなかったかな〜という印象。画力が安定していないからでしょうか?エロシーンがチープな感じがしました。それか、即物的に入れてあるだけのような…。

キャラクターは表題作も、これも申し分ないのですが。

受けの子のアホ(アホというか屈託のない無邪気さ)さや、フレンドリーで素直で明るい笑顔が可愛かったです。老若男女に受けるのも分かる気がします。
それに攻めがデレッとしたり、振り回される話でした。

付き合って設定なの?と突然のエッチシーンの始まりにタジタジしました。
お互いどこに惚れ合ってどういう馴れ初めで、男同士という葛藤、なども描かれておらず感情移入ができませんでした。キャラ同士の掛け合いは面白かったです。

0

純粋は強い。

小説家と担当者、漫画家と担当者、王道の一つになっているのだろうなと思う。

ミステリ作家と担当の恋のお話です。

ミステリ作家の波木は売れっ子ではあるもののラブシーンがいまいちである。
波木は童貞だったのだ。
担当は驚いたがそれでは
仕方ないと女性を手配しようとする。
童貞先生は好きな人とじゃなきゃ初めてはいやだと泣き出す。

半ばあきれつつも、自分が相手をすることを申し出る。
童貞卒業した波木は、ラブシーンも書けるようになり
作品は大人気となる。

波木先生がとにかくかわいい。
顔ではなく・・・ではありますが。

1

このギャップじゃないんだよな・・・。

始まりそうそう
「書けない?じゃあSEXしますか。」
ってな感じで肌色シーンが早くも繰り広げられようとするわけですがw

キャラ設定は良いんです!!
絵も見やすくきれいに描かれているんです!!

が!

ドSなバリ受けインテリ眼鏡キャラは
そんなかわいい描写じゃあないんだよなあ私の中では(>_<)

超個人的な趣向に合わなかったと言うだけですが、
「セフレたくさん+淫乱猫+でもドS」のわりに描写が幼すぎる!冷静すぎる!
ドSっていうよりは、「あんまり人間に興味ない冷めたネコ」って感じかな。
そこがちょっと残念ですが譲れなくて中立評価。

攻めのおどおどっぷりは可愛らしかったです。
ヘタレ気質なわりにここぞってときは勇気だして主張する「一応攻め」(笑)
萌えというよりひとつの漫画として楽しめました。

0

ドSでバリネコの快楽主義者

おまけに理系。
そんな編集者が、童貞の作家先生にラブシーンの手ほどきを。
「都会に生きる最後の天使」のようにピュアな先生は、一発抱かせると面白いように筆が進むんです。
この、ドSだけどネコっていう猪俣くん、ドSモードのクールッぷりもカッコいいけど、眼鏡はずしてネコモードになった時の色っぽさ!
こんな上級者相手じゃ、ピュアな童貞先生はひとたまりもなく、二人の関係がそのまま作品の深みや凄みに転化されていくのです。
そして、変わっていくのは波木の各作品だけではなく、猪俣自身も少しずつ変わっていく。
なかなか前向きなハッピーエンドでよかったです。

0

ナイスキャラ☆

正直言いまして、倫敦さんの絵は苦手です。。。
でも、毎回毎回、
面白くて読んでしまうというマジックを使ってくださいます。

ストーリ&キャラが最高に面白い!

ワンコ的小説家(攻)と編集(受)の物語なのですが、
編集が曲者過ぎます。

この編集者は、バイであり、女性に対してはドSとなるのに、
男性とするときは、バリネコ!!
「バリネコ」って、表現、初めて聞きましたよ~(笑)

また、2本目のも、じんわり面白い!
勉強を頑張って進む人と、就職して夢を現実にするために頑張る2人の姿。
どっちもかっこいいです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ