左手が接吻

hidarite ga seppun

用左手接吻

左手が接吻
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×212
  • 萌17
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
14
得点
109
評価数
36
平均
3.2 / 5
神率
2.8%
著者
山田2丁目 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックス
発売日
価格
ISBN
9784864362788

あらすじ

古書店で働いている西門の前に学生時代の後輩・高子が現れた。好青年だった昔のイメージからは一変しヤクザのような風貌に驚きつつも、再会を喜んでいたが突然押し倒され、愛の告白を受けて…!?

(出版社より)

表題作左手が接吻

高子,カタギじゃない後輩
西門,古本屋の高校時代の先輩

同時収録作品触らないで、泣いちゃうから 前・後編・甘さずどうぞ

江田,飲食店店長
阿久津京次郎,店のバイト

その他の収録作品

  • 右手に噛跡 前・後編

レビュー投稿数14

ぶっきらぼう世話焼き高子に萌え〜

表題作
西門が少々抜けていて、西門を好きな高子が、ぶっきらぼうながら小言言ったり世話焼くのが萌え〜。

高子に前から抱っこされる西門の扉絵もかわいい、

西門の無自覚煽りに「ちくしょうっ」と抱きしめる高子がかわいい。

「触らないで、泣いちゃうから」
タイトルがかわいい。
ハグやちゅうが多めでうれしい。

どのキャラもスラッと細身でスタイル良いですね。
好みのスタイルなのでうれしくて、じっと見ちゃう。

お話も、ほのぼの萌え萌えで安心して読める。

山田先生のキャラ、照れ顔の赤面が濃くてじゃっかん恥ずかしくなるけどw

以前読んだ、欲しいもの〜、無人島に〜も好きでした。
今回、口元に赤いの〜、だってまおうさま、も読みました。
食べてもおいしく〜も読んでみたいです。

0

初期の山田2丁目先生作品

山田先生の作品は受けがぐるぐる思い悩むものが多い気がしますが、表題作の受けではうだうだ悩むことなくてさっぱりしてます。受け攻め両方男気パターン。
同時収録の「触らないで、泣いちゃうから」は受けがぐるぐるするタイプの話です。店長(年上攻め)が、阿久津(受け)は自分に好意を持っていると分かりながらつけこんでいく…意地悪なんですよね〜いいぞもっとやれ笑

この単行本はエッチシーン少なめですが、タイプの違う2作品が読めて満足。萌〜萌2

0

初期中編2つ

結構初期の作品らしく、絵柄が少し違うのと、お話もそこまで作り込まれてない。

表題作は、同級生再会もの。
受けは古本屋(バイト?)。攻めの方は、取り立てをしている強面。誰かをかばっているらしい受け、西門のところに取り立てに何度も通ってくる。
結局取り立てがどうなったかよく分からないのだが、攻め、高子のお仕事の方はあまり描かれず、ぐいぐいくる高子に、ぽっと照れる西門という感じでうまくいく。

もう1つは、バイトの京次郎と店長。包容力抜群で人垂らしっぽい店長と、対人恐怖症で表情筋が死んでる京次郎の組み合わせ。なぜ接客のバイトができているか不思議ではある。知り合いだからリハビリを兼ねて採用している感じ。
まあ、そんな京次郎のかわいいところを見て好きになる店長と、そんな自分を受け入れ励ましてくれる店長を好きになる京次郎と、でよいカップル。
こちらの方がよかった。

0

続編があったら読みたい!

山田2丁目先生、何読んでも面白いです!
こちらの作品も好きでした。

高校の先輩後輩だった2人のお話。
後輩で、借金の取り立てや?のような仕事をする高子と、古本屋の店主西門。
バレー部で怪我をしてしまった西門だったが、それをきっかけに仲の良かった後輩・高子と疎遠に。
高校卒業後は往診不通になってしまった高子だが、とある出来事をきっかけに、仕事として西門の古本屋に出入りするようになる。

高子はずっと西門が好きだったようです。
鈍い西門も自覚していなかっただけで、高子のことが好きになっていたよう…。
強面の高子が西門には優しくて、かなり甘やかしているのが可愛かったです。


同時収録作は、バイト先の店長・江田とコミュ障なバイト阿久津のお話。
江田がコミュ障だったり、人に触られるのが苦手になった原因があるらしいのですが、トラウマの内容は明らかにされませんでした。
対する江田も、過去には色々あったようなことを言われていますが、こちらも謎のまま…。
ちょっと不明瞭な点が多いお話でしたが、江田と阿久津が可愛いので許せます。

まぁ、トラウマ云々ではなく、そんなの好きになったら関係ないよーって事なのかもしれませんね!

あと、阿久津の叔父・涼次さんと、その友人・古賀さんの関係が気になって仕方ありませんでした…

0

少しアッサリしてますが

2年ぶり位に山田さんの作品を読みました。
表題作シリーズの他にもシリーズ物が1作品。
どちらも攻め様の方が性格が男らしくて好きでした。
すごく強く印象に残るようなパンチはなかったのですが、表題作の方はちょっと強面だけど受け様には優しい年下攻め様は結構好み。
高校時代の先輩後輩の間柄で、受け様が卒業してからは疎遠になっていた2人なんですが、高校時代の想い出話をしている所とか、なんとなく2人ともお互いが好きだったのね、というのが伝わってきて、甘酸っぱいです(笑)。

「触らないで、泣いちゃうから」のシリーズの方は、受け様がかなり人と接するのが苦手なキャラで、ほぼ全編に渡ってオドオドしている感じなので、人によっては好みが分かれそう。
攻め様はバイト先の飲食店店長なんですが、そんな受け様をさりげなくフォローしていて優しいです(こちらは顔も男前 笑)。
トラウマがある受け様と徐々に距離を縮めたいと思っていて、ズカズカと入り込んでこないところが大人な感じでした。
でも心の裏では結構我慢している、というのが可愛いですね。

どちらのカップルもすごく甘々というのではないのでちょっと物足りないような気もするかもしれませんが、そのちょっと離れた距離にクーデレみたいなところも感じられて、それも萌ポイントでした。

4

ほのぼの?

カタギじゃない人が出てくる割に、ほのぼのしてました。
同時収録作も、あんまりガツガツしてないと思います。

表題作は、高校時代の先輩後輩の再会ラブ。厳ついけど受けを思い続けてた後輩×ほんわかフワフワした先輩、というおいしい設定ですが、甘い展開はそんなになく。ただ、お互いの愛情の深さが分かるような回想ややり取りは癒しに良いと思います。山田先生の受けの切羽詰った赤面を堪能したい方には物足りないかもしれないです。


同時収録作品は、ファミレス店長×コミュ障バイト。
こちらは不完全燃焼なヶ所がいくつもありました。
受けのトラウマの根本とか。だけどページ数的に仕方ないのかな。キスシーンが色っぽかったので、そこは楽しませていただきましたが(笑)

1

うーん…

売れっ子作家さんということで
二冊いっぺんに買いました。

初めて、山田さんの本を買いました。

でも…

正直印象はかなり薄かったですね。

ぺらぺらーっとページをめくっただけで、
あとは、見ませんでした。

ストーリーも頭のなかに入ってこなかったです。

「ん?いったい何が言いたかったストーリーなんだろう?」
「登場人物ってどんなのだっけ?」
「読み返しても、全然覚えていることがない。
 思い出すことがひとつもない」

って感じでした。

人気の作家さんなのに、スミマセン…。

1

ふむ

若干薄めな印象はあるものの、
この絵柄が好きなのだ(ノ∀`)と思えば満足度も高いw←ソレデイイノカ
癒してきな意味では割と嫌いじゃない。そんな作品でした。

お話はといえば、高校の時の先輩と後輩。
突然の再会は、運命とは呼べるものではない。
一人の女を追うもの匿うもの。
結局のところ、先輩には優しくしてしまう、好きがゆえの~な後輩は可愛いというお話でした。なんだろうね、あーいう大きい子がと思うと萌えますな。
後輩が先輩のこと従順に好きとか萌えますなww
お話はあんまり濃いないようではないのだけれど、まぁ、可愛いから許す。

もういっぺん
触られることに慣れない。人に慣れない。
そんな受が・・・・と変わっていくお話。
攻に逆にギューーーーーーーーーーーが可愛かったw

2

不完全燃焼…

前2作のキャラたちの活きがよかった山田2丁目さん。
今作は私にはちょっとわかりづらい性格の人たちが主役でした。

表題作と同時収録がもうひとつの中編2作で構成されています。

【左手が接吻】
高校の部活の先輩後輩が金貸し(借金取り)と古本屋として再会する。
高子(攻)は店の金を持ち逃げした女を追う際に女の関係者に高校時代の部活の先輩:西門(受)がいることを知ります。

高校時代は仲のよかった2人は西門が左腕に負った怪我をキッカケに疎遠となり卒業してからは音信不通に。

…イマイチ受の西門に気持ちが入らず。
迫られても本気で抵抗しないってことは無自覚ながら気持ちは高子に向いているの?

経過が素っ気なくて表情も曖昧だから本心がわかりづらい。
そこに至るまでの気持ちの流れが薄い気がしました。

両想いという事実だけが独り歩きしちゃったみたいな不完全燃焼。

せっかく高子が無骨可愛いのに残念~。

【触らないで泣いちゃうから】【余さずどうぞ】
タイトルが好き。
このタイトルだけで興味持てます。

対人恐怖症なのか緊張して他人と上手くコミュニケーションがとれない阿久津(受)。

叔父に紹介されたバイト先の店長:江田(攻)はそんな阿久津の性格を『クセ』として理解して面倒を見てくれます。

スキンシップ過多な江田に対して人に触られるのが苦手な阿久津は最初は逃げ腰になりますが構われるうちに意識するようになります。

触られなくなると物足りなく感じたり、うろたえて赤くなる姿が可愛い!

江田もそんな阿久津を見て楽しかったんだと思いますが、阿久津が自分の事をそういう意味で意識し始めたと悟ったら『酷だろう』と距離を置きます。

その気がないのなら、それもいいけれど、苦手な知り合いに接客して萎縮する阿久津を心配しての行為とはいえ、キスするってどうよ(汗)

その後も憎からず想ってるという気持ちを告げないまま先へ進もうとすれば阿久津がビックリしても当たり前でしょー!

オッサン何してるの!?とツッコミながら読む私。気分はお母さん。

最終的に阿久津も自分から店長の首に腕をまわしていたからいいんですけどね(笑)

脇役スキーの私は叔父が気になります。
他の作品で主役はれそうな存在感なんですがリンクしてるの?
古賀×涼次でお願いしますw

阿久津の抱えるトラウマも説明ナシ。
それでも話は通りますが全体的に唐突感は否めなかったです。


1

高校生時代の続き

面白かったのはもちろんなのですが、山田2丁目さんの照れ顔や顔を真っ赤にして逢わ環っとなってる表情が大好きでして。
表題作はもちろん、同時収録されている作品でもそういう表情が大変多くて読んでいて楽しかったです。
成人男子・青少年が顔を染めて可愛いのはBLファンタジーならではの醍醐味と思っております。

大人なんですけどね、どうにもこうにも大人らしからぬ恋愛模様でした。
先輩後輩の再会物だからでしょうか?
しかも、段々と疎遠に~というよりは、攻が受を避け始めてという雰囲気のものがあったので、その時の溝を埋めるように昔を懐かしむ受とか。
どうにも、高校時代を引きずってる感がありました。
いつまでも後輩と思うな、自分が後輩と思ってる間は後輩だ というようなやり取りもあったのでそう感じたのかもしれません。

特に表題作の、西門の怪我の跡を見て寝取られたような感覚に落ち入り、挙句の果て俺のもんに傷付けてんじゃねーよ・・・まで思っておいて「アレ、これってどういう感情?」と混乱した結果逃げ出してしまった。
という部分がなんとも確かに西門からすれば「そんな理由」分り難いよ・・と思うのだけど、それが高校生と若かった高子には精一杯の持て余した感情の逃げ道だったのだろうなぁと思う。
西門は西門で、どーう考えても無自覚で高子に好意を持っているみたいだし。
好きの前、好きと言うにははっきりしない、友人とか後輩とかとしてのいいなぁとか、恋愛感情抜きで好きだなぁとかいう止まりの感情なぽいけれど、それよりはもおうちょぃ踏み込んだような?
ふたりともじれじれとした、あと一歩を踏み出せば関係が変わるのに、以前の問題であと一歩踏み出す前の切っ掛け待ち状態。
数年たっての再会で、高校時代に止まってしまった歩みがまた進み、理由はどんなものでもあれ、切っ掛けができて進展し、高校時代のもやっとした感情の答えを見つけることができて良かったと思うのでした。
カバー下事後のオマケだけでなんだか色々想像して、ちょっと幸せになれた気分。

『触らないで、泣いちゃうから』タイトルが好きです!
対人恐怖症&接触恐怖症なトラウマ持ちの受けの、だんだんと心を許していく過程で見せてくれる表情の変化に萌です。
困り眉だったり、表情が硬かったり、目つきが悪かったり。全て緊張から苦手意識からくる硬かった表情が緩んで、ほわ~となる変化がなんとも。
ただ、押せば(どうして触ってくるの?ドキドキ)逃げる、引けば(なんで触ってくれないんですか?)追いかけてくる・・・という受の積極的なんだか、小教区的なんだか分らない部分はちょっぴりイラっとしましたが。

ふた組ともじれったいカップルでした。
1stコミックのインパクトが未だに残る山田さん、いつかあれ以上のインパクトを与えてくれるお話を期待しています。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う