In These Words

in these words

In These Words
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神208
  • 萌×272
  • 萌47
  • 中立24
  • しゅみじゃない33

--

レビュー数
64
得点
1493
評価数
384
平均
4 / 5
神率
54.2%
著者
Guilt|Pleasure 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
シリーズ
In These Words
発売日
価格
¥714(税抜)  
ISBN
9784799711828

あらすじ

精神科医の浅野克哉は、悪夢に悩まされていた。
――それは顔の見えない男に監禁され、犯され、「愛している」と囁かれつづける夢。
夢と現実との接点を持つ、連続殺人犯が現れたときいつしかその夢は現実との境を越える――
連続殺人犯に魅入られた精神科医の運命とは!?
アメリカ・アジアを中心にアメコミで活躍する咎井淳(Jo Chen)が官能BLに挑む!!

著者:Guilt|Pleasure

(出版社より)

表題作In These Words

篠原憲司,連続殺人犯
浅野克哉,精神科医

その他の収録作品

  • プロローグノベル
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数64

こういうのを読みたかった

最近はどんなものがあるのかと色々検索してた時に見かけて、まず画力の素晴らしさに惹かれました。
自分の好み的にあまあまなのは苦手でハードやシリアスなもの、監禁凌辱モノが好きなので
内容的にも好みに合いそうだったので買ってみました。大正解でした。

普通のBLは鬼畜といって全然鬼畜じゃないものとか、受があんまり抵抗しないで簡単に受け入れるものとかすぐに馴染みすぎるとか、BL特有のありえない設定とかイマイチ萌えないものが多いなと思ってたところだったので、これを読んだときにこういうのが読みたかったんだと思いました。
普通の人だったら知らない人とか男同士なんて絶対嫌だよな…とか常識的な部分が足りないと萌えないんだなーと気付きました。
なのでこの作品の主人公が抵抗する様や苦悶に満ちた表情は最高に萌えました。(タダの変態のようですが)
とにかく表情がエロイです。
攻の鬼畜っぷりもよかったです。主人公を愛しているとは言ってますが連続殺人犯なだけあって真の鬼畜というか鬼畜を通り越して猟奇的でした。
H度は標準的とありますが、拘束したり攻めがハードだったので結構エロく感じました。
特に最後の方のお仕置きとかかなり萌えでした。
主人公の流血もあるので痛いのが苦手な人は注意が必要です。

導入部分の小説は翻訳の関係かセリフ等に若干違和感もあったけどそういうキャラだと思えば特に気にならない感じです。

本編は絵がリアルで漫画っぽくないタッチなのとストーリーが連続殺人犯の取調べなのでドラマを見てるような感じでした。
絵がリアルな分死体やそのパーツもリアルなのでちょっと注意です。
声や擬音などは少なめな気もするけどない方がいいくらい主人公たちの表情が豊かです。
表情だけで色々な感情が伝わってくる感じです。

攻と主人公の過去や夢なのか現実なのか?など謎だらけで、主人公どうなる!?ってところで1巻は終わりだったので早く続きが読みたいです!
この先いずれ恋愛面も出てくるとありますがこの二人が愛し合うようになるんでしょうか?
しかし相手が連続殺人犯ならハッピーエンドにはならないだろうな~。

12

滾る・・!

滾る!読み返す度に滾ります。実はこれが私が初めて買ったbl 作品なので、とても深い思い入れがあるのです。
作者のguilt pleasureさんが絵師の咎井淳さんと、ストーリー担当のナルキッソスさんのユニットであることは広く知られていますよね。お二人とも台湾ご出身でアメリカで生活されており、ナルキッソスさんは元警官だそうです(これは、特にデビッドに活かされているのかな)。そのようにお二人の才能の結晶でありますので、プロローグは短編小説になっています。
主人公の浅野克哉と何者か分からない男とのプロローグ、後の悪夢・・監禁と陵辱を予感させる密やかな幕開けです。
そこからのコミック本編はもう、冒頭から刺激的。
改めてみると、後ろ手に拘束されたうえに騎乗位を強いられてるんですね、これ。
顔のない男に犯される悪夢に悩まされながらも、精神科医の浅野は殺人鬼に自白させるために警察に協力する、という流れです。
人里離れた場所で殺人鬼シノハラと向き合う浅野。
次第に夢と現実の境界が揺らいでいき、やがて明らかになる衝撃の真実。
仮にこの巻で終わっていたとしても、サスペンスとして完成されたものだと思います。
浅野と篠原の攻防は「羊たちの沈黙」を彷彿とさせるくらいにスリリング。スリリングでいてエロティックです。
本当に凄い。
画力の高さは言わずもがな、浅野と篠原のキャラクターがまた魅力的なんですよね。
一巻では浅野はまだ怯える仔羊さんのイメージですが、知的な美人オーラは眩いばかり。篠原はこの巻ではひたすらミステリアスでカッコいいですね。二人共、2巻でガラッと変貌しますが。
また、日本を舞台として描かれていますが、何処でもないような感じがあり、言葉にし難い独特な雰囲気を醸し出しています。
流血シーンもあるサスペンスなので、ほのぼのしたものが読みたい方は避けた方がいいですヨ。

ここから少し脱線します。最初にこれが初めて買ったbl だと書きましたが、きっかけはアマの「あなたへのオススメ」に何度か出てきたからなんです。とはいっても私、それまで一度もbl カテをクリックしたことなかったんですが、なぜかオススメされたわけです。
ミステリーと洋書、洋画関係でよく利用していたからなのか、、、書影に引かれて見ると「男に犯される」の一文が!それでスルーすると、忘れた頃にまたオススメされること数回。
2巻発売直前にはふわっと腐に目覚めかけていて、よし!と意を決して購入した後は・・・自分の爆発力も捨てたもんじゃないかなと思いました。
埋もれた素地を見抜いたとしたら、アマ恐るべしですよ、なんてね。

11

BLの枠を超えた作品

私が初めて買ったBL雑誌が2011年10月号のGOLDで、その号でプロローグノベルが掲載されたんですね。
雑誌はあまり買いませんが、GOLDだけは毎号買ってます。腐の世界にハマってしまったきっかけの雑誌であり、作品でもあります。この漫画をリアルタイムで読めた幸せ、勝手に運命を感じてみたり(笑)

この作品の何が凄いって、やっぱり1番は咎井淳さんの圧倒的な画力ですよ!特にカラーの美しさはため息ものです。ずっと眺めていられる。人物のデッサンとか肉付きとか、リアルでとにかくお上手。

原作のNarcissus(ナルキッソス)さんはなんと、現役の警察官の方らしい。なんで現役の警察官がそんなことしてるのかwよく分からないけど、小説家なのか趣味で同人活動みたいなことをしてるのか?珍しいですよね。お仕事柄か内容も本格的なサスペンス仕立てで、かなりシリアス。グロいシーンや暴力的な描写もあるから、苦手な人は要注意!キレイな表紙につられて買っちゃうと後悔するかも(笑)

BLというカテゴリーにはめ込んじゃうのがもったいないと感じるほどの本格派サスペンスミステリー。読み手を選ぶ作品なので万人受けはしないでしょうけど、目の肥えた大人の読者さんにも読むに耐えうる良作です!と自信を持ってガキが薦めますよww

6

M翼

>徹michiさん

コメントありがとうございます。
原作者の情報、私も意外で他にどんな作品があるのか気になってます。
少しでもお役に立てたなら嬉しいです(^-^)

徹michi

貴重な情報ありがとうございます。
作家様の背景を知るとまた違った印象になりますな。

それにしても、ナルシスがP.N.なんてステキすぎます。

ランキング1位も頷けます

逆輸入?BLの話題作ということで手にとりましたが、とても良作でした。

ジャンルとしてはダークサスペンスでしょうか。
知らない男に監禁・強姦される夢が現実と交差する…という聞く分にはハードな内容ですが、作者の退廃的な美のセンスのお陰かあまり痛々しさは感じませんでした。

1巻は内容が最後まで綺麗にまとまっていると思います(むしろ私は続き物だということを最近まで知りませんでした)。ストーリーも楽しめました。
ただ、全体的にドラマ要素が強く「BL」と呼ぶにはまだ足りないかなぁというのが正直な感想です。
これからまだ2人のキャラクターが掘り下げられていくと思うので楽しみです。

5

想像以上でした。


こちらのレビューをみて購入したので
うっすらイメージはしていたのですが
想像以上どころの話ではありません。

私なんかが語るのが
本当に申し訳なくなるくらい...なんか...こう

...言葉が出て来ません。

本当になんでしょう...
伝えたいことがたくさんあるのですが言葉にならないのです。
ごめんなさい。


ですが好みというより、
シリアス?非常に暗いお話なので苦手な方も多いのかもしれませんね。
私も
うっ...となる場面がありました。

性描写もしっかりありますが
全て無理矢理です。加えてナイフで皮膚を裂いちゃう場面なんかもあります。
エロとか萌え云々は一切感じません。
本当にこれから恋愛要素なんかが出てくるのでしょうか...

続きが本当に待ち遠しくてなりません。


絵もストーリーもプロローグも全てを通して
神以上の評価をつけさせていただきたいぐらいですが
ひとつだけ...

修正が残念でした..
今の日本では仕方ないのでしょうか...
少しもったいないです。

4

とにかく絵が好みvv

読み始めた瞬間アレレ?と

お土産された同人誌「First,Do No Harm」
そっちを先に読んでからこの本に入ったので???
確かにドクターは出てきてましたが相手のデビッドはおらず…
そして舞台は日本。

グロすぎると胃が痛くなってくるのですが
この本はグロイって思うよりも、その先のストーリーが知りたくて
次へ次へとページを進めていきました。

最初は数ページの小説から始まり、なるほどこの続きなのね
で、ドクターの監禁レイプなお話なんだけど実は夢?

仕事資料を読んでて転寝してしまった。
気分は優れないが、精神科医としての仕事が始まる。
犯人から指名され、自分となら話をしてもいい。
そうして連れてこられた場所で犯人との会話が続いていくのですが
この犯人が起こした事件というのが連続殺人。
しかも被害者の身体に最低でも60箇所以上の裂傷があり。

その犯人と会話した夜に、またも見てしまう夢…

自分が監禁レイプされ背中をナイフで刻まれ…
何故こんな夢ばかり見てしまうのか??

そしてまた現実の仕事…

そして数日過ぎたところで、今までの夢は現実だったのか?!
自分の背中に刻まれた数本の長い傷痕…

で続くーっ
いや、すぐにでも続きをっ!!

4

結構

先生の夢が、過去なのか被害者の同調にしては、なんかリアルがあるけど、悪夢を見続ける。ある事件の担当になってから。
グロイ部分もあったりして、イラストも結構リアルで、人物もカッコいい。

結構、私的には面白いです。
続き、ありますよね。気になる終わり方をしてるので、夢の正体が解き明かされる。
刑事は?助けに来るのでしょうか。それとも犯人の思惑通りになるのか。
続きが楽しみです。

4

いいじゃん

いいじゃん

この絵
このストーリー

極上じゃん

おもしろいように評価ばらけているけど、
私的には、これは、完璧「神」

この絵で
このストーリーだよ。

絵に関しては、特にアメコミ臭とかわかんない。
強いて言えば、元はカラーだったのを白黒印刷したっぽいハーフトーンの出具合?
この透明水彩の重ね塗りっぽい陰影の繊細さ、
美しい。
もう、浅野はメチャメチャ男前だし、カラダもきれいで、色っぽいったらない。

ストーリーも、執着愛物としては、全然アリ。
むしろ、この絵で見せてくれるからこそ、ノレる。

願わくば、あまり間を置かないで続きが読みたいです。

3

ドクロにキス

ドクロにキスなんて、素晴らしい!なんて、エロいんだ!と一目惚れ。

英語版の方は日本のような修正がないと聞いてたので、どうしても欲しいと思っていた頃、Amazonで独版が予約開始されました。

待ちに待って、ようやく手元に…。

ハードカバーを買ったんですが、装丁がとても綺麗で素晴らしい。

TOKIO HOTELが好きな事もあり、ドイツ語は少し勉強していました。
だけど、やっぱり、難しいです(..;)

高かったですが、ポストカードも付いていて買って良かったですね。

でも、やっぱり、ペーパーバックも欲しいなと(笑)

3

 こんな作品に出会ったことがない!

 驚くほどクオリティーの高い作品。
 ストーリー担当のNurcissus(ナルキッソス)先生と作画担当の咎井淳先生のコンビだからこその相乗効果。
 
 Nurcissus(ナルキッソス)先生の作るストーリーはかなり痛い話しであるはずなのに痛さよりもミステリアスなエロス(?)を感じてしまうのは、咎井先生の描く画によるところが大きいと思います。
 
 犯罪をも犯してしまうほどの病的な執着愛は、同人誌の<The Bride>(←小説のみ)でも感じましたが、<In These Words>にも共通する魅力です。

 個人的には、日本のBL作品ではあまり感じることのないミステリアスな作風は外国人の先生方ならではの持ち味で、高めの年齢層に受ける作品ではないかと思います。(かく言う私も高めの年齢層です。(笑))
 
 あまあまな作品が好きな方にはおススメできませんが、この作品にもし興味があって、まだ読んだことのないという方はぜひとも読んでみてください。
 Guilt/pleasureの魅力にハマってしまいますから!
 
 

3

依里

まさに、私もG|PのITWに嵌ってしまった高めの年齢層のうちの一人ですww

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ