夜を統べる王

yoru wo suberu ou

夜を統べる王
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×26
  • 萌8
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
5
得点
108
評価数
30
平均
3.7 / 5
神率
40%
著者
杉原理生 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
高星麻子 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784344826168

あらすじ

吸血鬼・櫂の伴侶となることを選んだ律也は、最近夢の中でおかしな声を聞くようになる。そして妖しく美しい夜の世界の住人たちは…。

(出版社より)

表題作夜を統べる王

ヴァンパイヤ氏族の長 国枝櫂
契約者で伴侶の大学生 花木律也

その他の収録作品

  • その一瞬の
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

フランちゃんが憐れで切ない

シリーズ2作目で主人公も変わりありませんが、新たな登場人物で切なさアップ。
全体的にライトノベルのノリなのですが、華やかな登場人物ばかり、もちろんほとんど
全てが人外さんばかりのファンタジー作品。
前作で紆余曲折を経て恋人同士になって蜜月状態かと思えば闇の世界でのトラブルで
未だに月に数度しか会えない日々が続いてるのですよ。
それを早くクリアにしたいが為に吸血鬼の長である攻め様が受け様に多くは語らず
陰ながら奮闘する事になるのですが、心配を掛けたくないと言う攻め様の気持ちは
理解出来ても、やっぱり伴侶になったのに、いつも守られてばかりいる事で不安と
細やかな不満が燻る受け様なのです。

今回は闇の世界にいよいよ受け様が行く事になるのですが、闇の世界でも前回の戦いの
名残りが燻っていて、受け様を巻き込んでの謀に発展してしまう。
そして、受け様を守る、護衛役のレイと深く係り合いのある、可愛い天使のような
吸血鬼のフランちゃんが登場するのですが、これが最後はとても可愛そうな展開です。
思わずうるっとしちゃう内容で、哀れでしたね。

主人公二人は、甘いだけでなく、二人でこれから共に有るためにはって事を
あらためて考えて、特に受け様の攻め様の側にいる事を強く望む展開になります。
まだまだ、浄化者としては完全に覚醒していない受け様なので、闇の世界に関する事が
未だに解らないし、吸血鬼の人間とは違う感情や考え方にも戸惑うのですが、
今回は闇の世界で、吸血鬼の暗い面を目の当たりにし、深く悲しむ出来事もあり、
その為に攻め様は受け様を闇の世界に、自分の伴侶にしたことが良かったのかと
悩める雰囲気もあるのですが、受け様はそれを払拭して傍にいる事を自ら選ぶと言う
お話でもありました。
そして、今回はケモミミ比率が高い様な内容で、もふもふ好きにも堪らない感じ。
あからさまではないけれど、想像するとニヤけてくるような狼さんがいっぱいな
内容もあるし、受け様が貰った話す石が擬人化しちゃう展開もあって面白いです。
まぁ、受け様の能力が全開になって、何か攻め様を上回る事があったらもっと
嬉しかったと思いながらも分厚く読み応えのある作品ではあります。

2

夜の国編

前作「薔薇と接吻」は、人間の子・律也とヴァンパイア・櫂の人間界での出会いから伴侶となるまでのお話。
この「夜を統べる王」は、前作で結ばれた二人の、異世界種族との婚姻ファンタジーではお約束とも言える、異世界への新婚旅行話。
そして、当然のように、この二人が異世界にての後継者争い的な物に巻き込まれるのも、お約束パターン。
登場するキャラも、とにかくみんな超絶美形ぞろい。
なんというか、この、全くひねりのない、お約束通りのお話。
杉原さんの文体は、私としてはとっても相性が良くて、すごく読みやすいっちゃ読みやすいし、エロも頑張っていて、充分萌なんだけど、
でも、それでも、はたして、このお話を杉原さんが書く意味って、、、
って言っちゃいけないかな。
私としては、杉原さんには、現在過去未来、次元も宇宙もひとっ飛び、次に何が来るのか楽しみ的な展開は求めていないみたいで、申し訳ない。

2

脇役の活躍に期待を込めて

吸血鬼一族の新たな長となった櫂と『契の契約』を無事に結ぶ事の出来た浄化者の律也。
2巻では舞台が夜の世界に移って、益々キラキラ度が上がっていた。

結ばれたばかりの二人の関係は、お互いに信頼している気持ちが安定しているのですれ違いとかで波風が立つ雰囲気はない。
律也は櫂の側に居ると自身の態度が乙女化するのをやたらと恥ずかしがっているが、読んでいる側からすると伴侶になりたての初々しさが際立つばかりだ(笑)。

前巻以上の分厚さの割に今回の話の進行は穏やか目だ。
新たな他の吸血鬼一族の登場を通して櫂と律也を取り巻く脇役達の存在に焦点が当たっていて、櫂の元に仕える上位の位のヴァンパイア・レイと、下位の位のヴァンパイア・フランの過去と今の関係を絡めての展開になっている。
この二人の従者は可愛い系だけど、個人的には飄々としてマイペースな狩人の東條や、櫂達と対立している吸血鬼一族のアドリアンとか、ちょっとクセ者っぽい美形キャラのほうに興味が湧くな~。

ちなみに夜の種族は皆見目麗しい設定で出てくるキャラ全てが美形なので、ファンタジーの世界で綺麗なキャラクターが活躍する話が大好きな読者としては大いに結構な事です(笑)。
このシリーズは高星さんの挿絵も一緒に堪能できるからこそ、『美形揃いの異形の者達が跋扈するファンタジー』って設定が最大限に活きるのです!!

1

美形オンパレード

杉原さんの超絶ファンタジー(?)「薔薇と接吻」の続編。
作者さんあとがきで、単体でも行けるとは書かれていますが、主人公や周囲の人物の関係性を具体的に知りたいと思えば、やはり前作を読んでいたほうがいいかも?
ヴァンパイヤに狼男に妖精に、登場する人々は皆超美形ばかり。
高星さんのイラストも生きるというものですが、、、イラストページの少ないこと!この本の厚みですからせめて10pは欲しかったかも。それはちょっと残念かもしれません。
正直、下世話なんですが登場人物たちは皆お肌がツルツルで体毛なんか1本も生えてなさそうな、トイレも行ってなさそうな、しかももう性別超越してしまっていてtnkはないんじゃないかとさえ思います。
だからこその、冒頭”超絶ファンタジー”という言葉を使いたくなった気持ち、お察しくださいw
だけど、まったく耽美ではないんです。
あくまでも、とても綺麗なファンタジー物語。
夢と幻想と、乙女ゴコロをくすぐるシリーズではありますね。

先代の王を倒して、新しく氏族の王となったヴァンパイヤである櫂の伴侶となった浄化者の律也。
二人の甘い生活が待っているかと思われたのですが、先代を倒したことにより不安定になっている彼等の住む世界を收めるために、そんなに頻繁には律也の元を訪れることはできない櫂。
律也には、夜になると呼びかける声が聞こえる。
櫂が護衛として付けたレイという高位のヴァンパイヤも側におり結界もあるから、敵対するものは入れないはずなのに、それを櫂やレイに聞くことができないでいる。
やっと、櫂の住む夜の世界へ律也も行けることになり、喜ぶ律也だが、そこに待っていたのは、滅ぼされた先代を蘇らすための陰謀だった。

大きく端折ってドーンと筋を書くと、そういうことなのですが、そこに色々が絡んできており、それが物語の見せ所となっております。
前作もそうだったのですが、ファンタジー設定のため、実に説明部分が多いです(苦笑)
それを担うのが、狩人という種族として前作覚醒した、実に変わった人の東條という男。
そして中盤に登場する初めて対面する律也の祖母。

今回、すごくびっくりしたのが、中盤から律也の性格が変わっていくことです!
それまで、子供っぽいお人形さんのような、とにかく櫂への執着の強さというのは分かっても、人としての強さとか生気があまり感じられなかったのが、中盤の祖母との面会あたりからそれまでの受身が能動的に変わっていった部分です。
初めて、やっと人らしくなったんじゃないか?って感じがしたのですが・・・

色々思わせぶりな登場人物であるアドリアンが登場し、彼がひょっとして?というのを匂わせながら、レイと仲のよかったフランというヴァンパイヤが登場します。
この本編の流れで、実はレイとフランの物語が重要だったんですね。
それが番外【その一瞬の】がつくことによって、切なさが全開しました。
今回、実は櫂は存在感が少し薄かったかも?
なにせ、律也に危険が迫るときに側にいるのはいつも、東條だったりレイだったりしたのですからw

そして、注目新キャラが、「語り部の石」のアニー。
ちょっと怠惰な雰囲気を出しながら、自己主張があって、憎めないキャラクター♪
モフモフがかわいかったりもします。

実は、こういう甘い設定ファンタジー苦手で、読むのにすごく時間かかってしまいました。
ファンタジーお約束でつっこみまくるからいけないんですね(涙)
それと、律也に前半イラついてましたし。。。
だけど、レイとフランの話が刺激になって、ダラダラ感を払拭してくれたので、救われました。
ちょっと悲しい物語ではあるけれど、全体はまとまっていたので、この評価になりました。

0

律也の行動がよくわからない

薔薇と接吻の続編。
夜の種族、櫂と結ばれた律也。序盤あまりにも自己中な行動が多くて疲れました。
櫂の伴侶になったのにどうして敵対する種族に相談をもちかけるかな?
どうして櫂本人に向かっていかないのかな?
敵対する種族に係わることで大切な櫂に迷惑が及ぶことも想像できないかな?
誰からも大切にされ必要とされている律也の傲慢さが残念。
後半、フォローしてくれる「語り部の石」アニーが出てきて、フランの悲しい最期を目の当たりにしてやっと覚悟が決まったみたいで安心しました。
今後は櫂の伴侶としての自覚をもって行動してくれるよね。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ