こっち向いて笑って

kocchi muite waratte

请对我微笑

こっち向いて笑って
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神94
  • 萌×281
  • 萌50
  • 中立13
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
48
得点
957
評価数
244
平均
4 / 5
神率
38.5%
著者
市川けい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
シトロンコミックス
発売日
価格
¥638(税抜)  
ISBN
9784799712986

あらすじ

大好評発売中『スロースターター』の市川けいの2ndコミックス!

居酒屋でバイトする浅野は、親しくもなかった無愛想なイケメン・筧に突然告白され人知れずパニックに。しかし、それからも拍子抜けするほど、態度の変わらないい筧に意識するのは浅野の方で……。

(出版社より)

表題作こっち向いて笑って

浅野顕太 突然筧に告られた大学生   
筧慎一 ネガティブ大学生,バイト仲間

その他の収録作品

  • それから.1(描き下ろし)
  • それから.2(描き下ろし)
  • あとがき!
  • カバー下表紙1【表】~カバー下表紙4【裏】:受攻服装嗜好設定

レビュー投稿数48

意外だった!

今更読んだー!
ストレートな感想……そっちが受け!?という(笑)
あんなに好きで浅野を抱くことを夢見て、浅野で抜いていた筧が受けって!!
ただ、浅野がHの時にわっるい顔でS丸出しになってるのは意外性があって良かった。

二人ともキャラと内面のギャップが大きかったなぁ。
無口な筧の中身は一途な可愛い男で、逆に浅野の本当の顔は読み辛かったかも。
市川先生も仰ってましたが、この二人はこれからの方が面白くなると思う。続編も楽しみだ!

0

翻弄される筧くんの心の声が聴ける(笑)

最近、BLを読むようになり、市川先生の作品はこれが最初です。

大学は違うけれど、バイト先は同じ浅野くんと筧くん。
大学生あるあるのシチュエーションですよね。
学生は学校以外にもいろいろな世界があるので、当然のことながらバイト先でも恋愛に発展するのですよ。青春ですね~。

バイト先(居酒屋)に入ったばかりの時に浅野くんが自分を気遣ってくれていたことを偶然知り、だんだん浅野くんを好きになっていく筧くん。
筧くんはイケメンだけど、無口で暗い設定です。
(レビューではツンデレ意見多し!)
浅野くんはうまくこなしているように見えて、実は人づきあいが苦手なタイプ。
でも、筧くんの告白をきちんと受け止めて考えます。
同性(しかもほとんど話したことがない相手)からの告白をきちんと受け止めて考えると時点で、無意識気に恋愛対象に入っているのかなとも思ったりします。

しかし、最初は個人経営レベルの居酒屋に感じましたが、忘年会では大人数がいたので、どこかの外食チェーンなのでしょうか?
気になりまして…すみません(汗)

筧くんがちょっと面倒な性格ですが、女子にはいるタイプかもと思ったりしました。
実は男子にも筧くんみたいなタイプは案外多いのかも。

めでたく結ばれた後の筧くんの喪失感がほほえましい(?)
自分が攻めのつもりで妄想していたら、なんと受けになってしまった!
でも、筧くんの性格的に受けですよね~。
結ばれるまでは淡々としている感じでしたが、この先は甘い感じになりそうです。
筧くんが可愛くなりそうです。

書下ろしの「それから.1」では、朝帰りした浅野くんが同居人に恋人になった筧くんの話をします。
その顔がとても嬉しそうで、可愛かったです。
同居人には「男」とは話していないので、若干話がかみ合っていませんが。
書下ろしの「それから.2」では、忘年会(お泊り)のあとのバイト先で、出勤した浅野くんが、先にいた筧くんの頭を軽くなでるのですが、それが良かったです。
筧くんはすごく嬉しかったでしょう。

何故か、このカップルは平穏無事に過ごせなそうな…。
この先、何かしら障害とか当て馬キャラが登場しそうな予感がするので気になります。
頑張れ!筧くん~。

0

既視感

最初読んだときは、萌×2くらいには好きだったんです。最近の市川さんの作品なんかより全然好き。

が!!他の方もおっしゃってますが、某作家さんの「明楽」を読んだとき、1ページ目から既視感が…。
設定とセリフ、まんまじゃん!となりました。「明楽」の方が先に出版されてるんですね。
BLって似たり寄ったりの設定で描かれてるものが多いので、あまり気になったことはなかったんですが、やはり特定の作品を思い浮かべるってことは、ストーリー全体としては違う部分もあるんですが、かなりモヤモヤしました。
なので、中立で。

2

男同士って単純なようで繊細ですよね

素敵なお話なんですけど、途中告白した子がちょっと不憫に思えてきて
けど、それがちゃんと絵ががれてるところがこの作品の素敵さの所以で
人を好きになるって、素敵なことだなぁと改めて感じる一冊です
人を好きになることもですけど、何よりそれを伝えることかな
一生懸命なのに、あんまりそれが表に出てなくて、けどかえってそれがいろんな感情をはらんでいるように思えて、すごく素敵

最後は、あらあら‥ってところもあってなんやかんやありましたけど、良かったねって作品です

0

じっくりと

数年ぶりの読み返しです。評価が高かったのですね。確かに読み返してみると味わいがあります。

人付き合いが苦手なイケメン筧とバイト先の先輩浅野。筧が浅野に告白するところから始まります。

浅野が返事を簡単にしないところがいいですね。
筧の事を知ろうとして色々誘ったり話したり。

筧が身を焦がすような襲いかかるのを理性で必死に止めてるのに浅野は飄々としてて。

浅野は誰も本気で好きになったことがなくて恋愛感情がわかりません。
でも筧のことは可愛くて他の人達と仲良くやってるのを嫉妬したり。

このやり取りがなんかいいです。

最後ははなんと浅野から攻めます。エッチはそんなにしたい方じゃないのに筧にはねっとりします。
その後は部屋に帰り同居人にのろける浅野。

筧は自分が攻めのつもりだったのに、浅野は譲る気はないって。

苦学生なのに筧を呼び出しては奢ってご飯を一緒に食べたり。

玉砕覚悟の告白からお付き合いするまでをじっくり書かれています。

大学生ならではのバイトが中心の生活、バイト先の人間関係が重いのとかリアルですね。

0

とても今どきな感じがする作品

評価は中立と萌で悩みました。中立と萌の丁度間くらいだったので。
主人公は2人とも大学生で、学校は違うようなのですがバイト先が一緒という年が2つ違いの先輩と後輩。
最初は先輩の浅野視点で、途中から年下の筧視点でストーリーが描かれています。
浅野は一見誰とでも上手くやっていけそうに見えて(八方美人系)、実は人付き合いはそれ程深くもない。
筧は女子にはとてもモテるのに極端なネガティブ志向、それが言動にも表れるので普通ならとても付き合いづらいと思われるようなキャラ。
人とのコミュニケーションの経験も浅いので、好きな人と絡めばそれは覿面に出て、そんな不器用な所が通常なら私もとても可愛いと思えるのですが…なんだろ、可愛いとは思うのですが、私の萌えツボには何か足らなかったのです…。
筧がとてもイケメンという設定なのですが…私の好みとはちょっと違ってたのもあるかもしれません…(すみません)。
2人とも人との関わり方が淡泊で、言いかけたことを途中で止めて諦めたり、ノリや言葉遣いがとても今どきの若者!という感じがしました。

0

ツンデレ好きにはおすすめかも。

昔に読んだのでとっくにレビュー書いたものだと思っていたら、書いてませんでした。
新刊読むために読み返してみました。

あー、こういう話だった。
読み返してもまた同じような感想でした。
私、ツンデレって不得手なのですよ。
筧くんは最後までめんどかったですね。
ここに萌えるか萌えないかで評価が180度変わるかも。
私はどうもずっとつっかかってるのがダメでした。
素直じゃないのも可愛いんですけれども、こういう感じではないみたいですね。

当時も同居人に興味があったので、それを期待して新刊買いました。
結構彼の話がありそうで期待。

本作は本当、ツンデレ好きにはたまらないと思われます。
私は…………パスかな。

3

ツンデレっぷりが愛おしい

番外編集の「ルッカットミー」が発売されたので、かなり久しぶりに読み返してみました。

勢いで告白したが予想に反し相手(浅野)からはキモがられるでもなく構われる。
それでいて告白の返事は無いしで、頭の中ぐ〜るぐるする筧が可愛い!
浅野は無自覚でやってるし、本当タチ悪い(笑)
筧はツンツンツンデレといったツン過多な感じだけど、要は人付き合いが不得手なだけというのもまた愛おしいです。

元々人当たりが良いとはいえ浅野が筧を構うのも、そんな可愛い筧を特別視しているわけで。
人付き合いが下手な筧が自分以外と話す事に嫉妬する浅野の姿に萌えました(*´ω`*)

浅野が攻め・筧が受けなんだけど、筧が自分が攻めだと思ってたところも可愛い。(可愛い連呼してしまう…(^^;;
いや、筧は絶対受けだよ…(笑)

市川先生の作品はどれもお話の空気感というか雰囲気が好きなんですが、今作も例に漏れずな萌2作品です(*´∀`*)

2

心裏腹

表紙が少々暗めなので、展開的にも暗めなものを想像していたんですが
いやはや楽しく読ませていただきました。

同じバイト先の二人。
男前で無口なアイツに好きだと告白された。
は、いいのだが
あれ?え?俺って告られたんです。。よね?
なところから。
全然そぶりも見えなくて。
でも意識はされてるようで。
少しずつ変化していく様がソワソワ楽しかった。

視点かわっての後半戦。
無口だと思ってた受の脳内がやかましいwやかましいw
ダダ洩れの心に思わず笑った。
よかったねvと言わずにいられようか。

1

浅野で良かったね


結論から先に言います。
・好きになったのが浅野(攻め)で良かったね。
浅野以外だったら、めんどくさがって恋に発展しなかったと思う。

更衣室で脈絡もなくいきなり告白しておいて、
その後、意図がはかりかねる浅野がチラチラ見ても赤面どころか、チラ見するのやめてもらえます?!とキレる始末。

浅野が一緒に帰ろうと誘ってくれて、チャンス!と思いきや、毒舌吐いてる。
電子書籍のスマホ画面じゃ拡大しないととても読めないような、
紙でもルーペ必要なんじゃ?ってなくらいの極小文字でようやく本音を言うんですよ。
当然浅野には聞こえていない。

筧の意図がまったくわからない浅野はぐるぐる考えるんです。
あれってどういう事?告白は夢だったのか?何考えてるかわからない。

あいつのこともっと知りたい、となった浅野。

そこでようやく受けの筧側の視点になります。
ようやく筧の脳内を覗く事ができるんですが、結構な文字量でびっしりです。
本気で筧のことが好きで、こじらせて持て余している・・・。
そして妄想膨らませてる。(妄想の中では攻め様になってる・笑)
それなのに、思っていることの1割も浅野に伝えていない。

ほんと、好きになった相手が浅野で良かったね。
普通の相手なら、チラ見するのやめてもらえます?とか言われた時点で、
なんだこいつ!感じ悪!となって終わっちゃうと思うんですよ。
そういう意味で筧の見る目は確かだったなと思います。

一番この作品の中で萌えた箇所は
セックスが終わった後、筧がまだちゃんと返事を聞いてない!と言って、
浅野が、のらくらと好きだというような事を遠回しに言って・・・
やっぱダメ?今のじゃ? と言ったのに対し
「・・・ダメ。ちゃんと言えよ。」
と言ったときの筧の表情ですね!!
もぉ必死なの!!!!!
今まで鉄面皮&眉間にシワがデフォルトだった筧が、こんな表情を・・・!

ただツンデレと言っても、ツン:デレ=2:8のほぼデレが好きな私にとっては
私には少々ツンが強すぎて、(ツン:デレ=9.5:0.5くらいに感じる)
読んでいて癒されないといいますか、
筧に喧嘩を挑まれているような気になるので、体力がある時しか読めないんです・・。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う