こいのこころのむこうがわそれを恋心と呼ぶのなら

koi no kokoro no mukougawa sore wo koiigokoro to yobunonara

こいのこころのむこうがわそれを恋心と呼ぶのなら
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×25
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
81
評価数
24
平均
3.5 / 5
神率
20.8%
著者
市川けい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイコミックスDX
発売日
電子発売日
ISBN
9784799750872

あらすじ

市川けいの大人気シリーズ、商業誌未収録作品が結集! 「今日さぁ、泊まってっていーい」? 知生の突然のお泊り宣言。ついにやるのか、 めちゃくちゃ怖え、でも知生を信じろ…! 一大決心をして初Hを覚悟した翔祐だったけれど!? 「カラフラクタル」fromカラフルラインシリーズ 皇城に一目ぼれ&出会った瞬間に告白した泰誠。 「ふたりっきりになってイチャイチャしてえなーーー」 念願のイチャイチャに突入するも!? ツンデレ皇城に煽られまくった泰誠は!? 「こいのこころのむこうがわ」fromそれを恋心と呼ぶのならシリーズ 大学院生・佐々木はバイト先で出会った謎の男・ 片岡と付き合っていたもののモヤモヤした想いが 消えないでいた。その気持ちの正体は――!? 「Spangle」from こっち向いて笑って

表題作こいのこころのむこうがわそれを恋心と呼ぶのなら

瀬尾知生,大学生
久住翔祐,大学生

同時収録作品こいのこころのむこうがわ

古賀泰誠,高校生
皇城,高校生

同時収録作品Spangles#3

佐々木浩幸,大学院生,ホストクラブでバイトしている
片岡颯貴 

同時収録作品叶い事

キヨ,野球部員の高校生
イノ,電車で出会った他校の高校生

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数7

失敗

この本単品で完結するかと思ったら番外編。完全にわたしのミスでした()()
絵柄は意外とすっと入ってくるし二人の関係とかもっと知れてたら楽しめたかもしれない。

0

それぞれのその後

既刊本5作のそれぞれのその後のお話。
同人誌で出されていたものを単行本にまとめて下さる企画はうれしいです(私はこまめに同人誌などを購入する方ではないので)

「カラフルライン」の2人再び〜。
あの暗〜い前髪くんこと、翔ちゃんは相変わらず翔ちゃんだったけどw
なんと!受け志向だったのか!?
知生に「キスとか 触られたり」「抱きしめられて とか」「されたかっただけ」て。
そんなかわいいことを思っていたとは。
そりゃ知生もびっくり喜ぶよね。

「それを恋心と呼ぶのなら」の2人
高校生のまま、進展したくて、がんばるお話。
なんだかちょっと生々しく感じちゃったけどw かわいい2人でした。

「こっち向いて笑って」「ルッカットミー」のその後
私は本編の時から、浩幸と颯貴のことがさっぱりわかりませんで。始まりが始まりだったし。
本作でもやっぱりよくわかりませんでしたw

「スロースターター」のその後
この2人はやっぱりかわいいね。

と、盛りだくさんな上、各単行本発売時の特典ペーパーもついていました。
特典もこまめに集めない私にとってはたいへんありがたく楽しく読ませていただきました。

0

ファンブックですね

こちらは市川先生の同人誌や過去の作品のその後のお話をまとめたものでした。帯を最後まで読めば書いてありました。
市川先生の作品は何冊か拝読いたしましたが残念ながら同人誌までは存じ上げなかったので、途中まで、短編なのかな?と、それにしては全部もうカップルになってるし…と理解できていませんでした。くっつくまでのストーリーが大好物な私としては、その歴史あってのその後なので、いきなりこれはのめり込めませんでした。同人誌を今からゲットできるのかわかりませんが最初のカップルの初々しさが気になるので探してみたいと思います。
まずはそちらで本編を楽しんでから、もう一度こちらをおさらいしてみます。

0

彼らの「その後」が垣間見れちゃう幸せ

既刊4作品
■『カラフルライン』
□『それを恋心と呼ぶのなら』
■『ルッカットミー』(『こっち向いて笑って』)
□『スロースターター』
の同人誌&商業誌未収録作品が詰まったファンには嬉しい1冊です。

個人的にお目当てだったのは
『それを恋心と呼ぶのなら』シリーズの『こいのこころのむこうがわ』
と『スロースターター』シリーズの『叶い事』でした。

『こいのこころのむこうがわ』
本編では一目惚れからなんやかんやを経てお付き合いに至った泰誠と皇城。
この後日談でも相変わらず、皇城の顔が大好きすぎな泰誠でした(笑)

恋人同士になれたものの、本編以降、進展もなくじれじれしている二人。

愛しの皇城を前に隠しもせずイチャイチャしたい!と悶々とする泰誠に
釣られてか、自分もしたい、と珍しく素直な皇城が可愛え(๑´▿`๑)♫•*¨*

だけど、いざイイ雰囲気になっても邪魔が入ったりと、なかなか
二人きりになれず、打ちひしがれる泰誠に皇城からおうちへのお誘いが!

ようやく二人きりのイチャイチャタイムを過ごすも、
ポジションを巡る軽い攻防や皇城の待てがかかったりと、
ぎゃーぎゃー騒ぎながら初エッチに挑む二人に笑ってしまいました。

初めてに躊躇いがちな皇城に「ちょっとだけ、ちょっとだけ」を繰り返し、
なんとかその先に進もうと攻めまくる泰誠が必死過ぎて微笑ましかったです(笑)

そして、無意識ながらエロ可愛い反応と
「おまえだからきもちいい」なんて突然のデレで
泰誠を煽ってしまうツンデレ皇城が罪作りでした♥

でも、煽られながらも暴走せず、ちゃんとワンステップごとに
皇城に許可を取りながらゆっくりと事を進める泰誠は偉かった!

丸々、甘々両思いな二人に召されそうでした…

久々の3バカ☆ダチ公ズも見れて、もう感無量です♬

『叶い事』
こちらは6ページと他作品に比べボリュームは少なめですが、
久々のキヨ&イノの癒しカップルに和まされました。

初詣へ出かける二人のエピソードでした。
天使の微笑みで手を差し伸べるイノとどぎまぎしながら手を繋ぐキヨ、
ほんとこの子たちは何年たってもめんこいなぁ…永久にお幸せに~♡

いずれも番外編なので続編をがっつり!といった感じではなく、
彼らのその後のサービスショットが見れる!やったー♪みたいな感覚です。

カバー下はそれぞれのカップルがゆる~く紹介されています。
みんな「なんやかんやあって付き合うことに」なりすぎ(笑)

0

うん!

市川けい先生の商業誌を読んでいて、同人誌を読んだ事のない方は戸惑うかもしれません。

何故ならちょっとページ配分がとても独特だからです。
その分商業誌には無い雰囲気は良く伝わって来ます。

今回の作品は「Spangles#3」以外全て持っていますが、こうして改めて一冊にして頂くと感慨深いですね。
 
でも欲を言えばせっかくだから作品ごとにまとめて欲しかったです。

ああそうだ当時は市川けい先生の絵はこんな感じだったと懐かしく思いました。

最後が「スロースターター」の2人で感無量でした。だって初めて読んだ市川先生の作品でしたから…。
最後に市川けい先生画業10周年おめでとうございます。

1

顔かわりすぎです

ポジション的には【インディゴブルーのグラデーション】みたいなもんで
あっちと違うのは3つの作品の同人をかき集めたやつ


ぶっちけ【ルッカットミー】があるんだから【こっち向いて笑って】いらなくね?とか 作家さん買いししてるくせに何を言うか 的なつぶやきはしましたよ 一応


で 【カラフルライン】の続きは あたしと公園のゾウをあんなにヤキモキさせたくせに((怒)) お泊まりだとさッ!←なぜ怒ってるのかは不明ww

あーーーーーーーッ!もぉッ!
君たちはそうだよッ! そうですよッ! 知ってますよッ!って感じ

よかったのは あれだけ互いを羨んだ知生の元カノの朝美が相変わらずいいヤツで 翔ちゃんとも変わらずの関係でいてくれてて安心した


次の【こいのこころのむこうがわ】の続きは ふたりっきりになれない鬱憤をぶちまける古賀 皇城の顔が好きすぎるポンコツが心の声だだ漏れに迫るッ!迫る がッ!出るんだヤツらがッ!

あれだけ愛想も口も悪い皇城からでた告白にポンコツが暴走 君らも大人になってしまうのね………(涙)


最後が【ルッカットミー】の浩幸? あれ?【こっち向いて笑って】じゃないんだ?あぁ【Spangle】ってなってたわw
リバって正直趣味じゃないんだけど このカップルのこの馴れ合わない感じと言うのか淡白な感じ?キライじゃなかったんだけど

お薬盛ってハメてから恋人にはなったもののハッキリしない関係にモヤついてたのがスッキリ このカップルだけは先読めないのがいいんだよね……



って おまけが【スロースターター】の二人??????

イノッ!イノだッ!なつかし~
てか キヨが キヨがキョドりすぎww

本編でエッチがなかった子たちのサービスエッチを書いて集めてくれたんだろうけど エロはないしエッチもない あたし このおまけが1番すきだわ

ちょっと【スロースターター】読み直してくるッ!

4

既刊の番外編。

人気作家さまである市川先生にはたくさんのヒット作品がありますが、今作品は、あとがきで市川先生が書かれていらっしゃいますが、先生の自署の同人誌及び未収録作品、とのこと。番外編集、といったところでしょうか。

収録内容としては、

・『カラフラクタル』…「カラフルライン」シリーズより
・『こいのこころのむこうがわ』…「それを恋心と呼ぶのなら」シリーズより
・『Spangle』…「こっち向いて笑って」より
・『叶い事』…「スロースターター」より

です。

市川先生の比較的初期の作品の番外編ではありますが、読み始めると途端にそれぞれの作品がオーバーラップしてくる。どの作品も、萌えが滾って仕方なかった当時を思い出しました。初期の作品、ということもあってか、絵柄もちょっと昔のそれで、それがまた良い。ああ、こういう感じだったなーと。

同人誌で刊行されたものもあるので、もしかしたら既読の方もいらっしゃるかな?でも手にできなかった方(私もそうですが)にとっては垂涎の1冊かと思われます。

どの作品も本編の補足の感があるので、既刊にドはまりした方にはぜひとも手に取っていただきたいな。本編でモヤモヤしたところとか、その後の彼らを堪能できるので。もう、受けちゃんたちが可愛すぎて悶絶します。

個人的には『Spangle』がとても良かった。浩幸が自身の想いに気づくシーン、そして至高のリバ。最高でした。

あ、あともう一点。

市川先生の描くDKは最高だ…。

と、改めて思ったりしました。

6

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う