木嶋くんシリーズ第二弾!

僕の愛しい木嶋くん

boku no itoshii kijimakun

僕の愛しい木嶋くん
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×217
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
7
得点
113
評価数
30
平均
3.8 / 5
神率
13.3%
著者
桃季さえ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784832288836

あらすじ

人気者の優等生・立花が手に入れたのは、 邪悪顔だけど実はいじらしい木嶋! (彼の可愛さに気付かなかった愚かな人達に感謝しますよ…) ところが俺達の仲を引き裂こうと企む学校一の美少年 鬼島と一緒にいるところを誤解されて、 木嶋が立花の手元から逃げ出してしまった!!! 冗談じゃない!可愛い君を手放すことなんてしませんから!! 立花視点の出会い編も収録 イケメン☓ブサかわ「木嶋」シリーズ第二弾!

表題作僕の愛しい木嶋くん

立花壮祐、高2、イケメン優等生
木嶋昴、高1、皆に怖がられている

その他の収録作品

  • 僕の可愛い木嶋くん 前編・後編
  • おまけまんが(描き下ろし)

レビュー投稿数7

揺るがない木嶋愛

木嶋くん2作目です。
タイトルがいいですよね。
第一作は「おまえの可愛い木嶋くん」。
間違えて鬼島宛のラブレターを受け取った木嶋くんが、手紙の内容に胸がときめいて、「俺のことを可愛いなんて言ってくれるひとはいない…」と思いつつも自虐的に放った言葉です。
人違いだけど、お前が可愛い可愛いって思いながら書いたエロレターを受け取っていたのは俺ですよ!という嫌味もこもった言葉。

それが今回は「僕の」!
立花ののめり込みっぷりにちょっと企みを感じたひとも少なからずいたかもしれません。
ええ、わたしもです。
何かあるんじゃないかと。
こんなに可愛い木嶋くんを傷付けないで!と。

杞憂でした。
立花、どこまでも木嶋くんを溺愛してます。

今回は立花が名前で勘違いした鬼島くんも参戦しての木嶋くん争奪戦。
木嶋くんが純粋な子だけに、立花と鬼島の策士っぷりが際立ちます。
余裕な顔をしつつ、木嶋くんが孤立して手中に落ちてくるのを待つ鬼島。
がっちりホールドして、他人の目に触れさせない勢いで愛でる立花。
同じ策士でもやり方の違いで立花優勢というか、木嶋くんがもう立花しか見えてません。

ただ鬼島の策略のせいで切ない展開になるので、溺愛を楽しみつつ、胸きゅんも味わえる今作。
生徒会長の絡みも楽しみだし、本当に良いシリーズです。

1

黒猫かわいや

『おまえの可愛い木嶋くん』の続編ですね。
前作未読でも何とか大丈夫だと思います。

イケメン優等生・立花×邪悪な黒猫・木嶋のお話です。

顔が凶悪といわれる木嶋ですが、
立花には可愛く見えてしまいます。
読んでいると木嶋が可愛く見えてくるからアラ不思議〜
本当は優しくて可愛らしい木嶋の隠された能力?が発揮される今作…
とても意外でしたがカッコ良かったです!

鬼島の嫌がらせにも負けず、
立花が木嶋を追いかけ続けます。
ちょっと木嶋がウジウジしちゃってますが、
その分立花が揺るがないので安心して読めました。

続編も読んでみます!

0

獣な木嶋くん!

どんな木嶋くんも可愛いです!

下駄箱の上から立花に飛びかかる木嶋くん。
獣な木嶋くんだけど可愛い。

やっぱり、立花はヘンタイですね!
巻をバラバラに読んでるんだけど、このエロ小説風ラブレターはヤバい!!
木嶋くんはどんな表情も可愛いけど、立花のこの顔はこわい!
もう、犯罪者の目だと思いました!

木嶋くんのキャラ弁めっちゃスゴいんですけど!

木嶋くんは可愛いけど、木嶋くんの可愛さに漬け込んですぐにエロな方向に持っていく立花はダメだと思う。

イケメン優等生で料理も上手で、なのに頭のなかはエロしかない!

0

激カワ!

怖い顔にコンプレックスがあるからこそ、他人に対して気を使うのも人一倍で。(そこを周りの人間が気付いてないのに苛立つけど) 今回は「鬼島」が嘘をついて立花の事を好きっていう展開だったので一歩引いた感じの「木嶋」くんでしたが、泣き顔はやっぱり見たくないよぅ。 おいこら「鬼島」!でしたが、彼も彼で「木嶋」くんが大好きなので嫌いになれないんだよね。 だけど幼馴染の生徒会長という意味ありげなキャラがいるし、この先どうなるのかな?   

0

立花に強力なライバル登場!

『おまえの可愛い木嶋くん』の続編です。
相変わらず、木嶋くんの可愛さにやられます。いや、むしろ前巻よりも可愛さがパワーアップしてます。

それは、もちろん立花も同じことを思ってて。立花が、木嶋くんを溺愛してる様子にキュンキュンします。

そんな立花に、強力なライバルが登場します。
そのライバルは、木嶋くんと同じ読みの、可愛いと評判の鬼島です。立花には悪いけど、やっぱり木嶋くんは密かに人気あるんだな~と嬉しくなります。

この鬼島が、可愛いのに策士で、2人を翻弄します。
でも、いつも冷静な立花が慌ててたり、オロオロして泣いちゃう木嶋くんが可愛かったりで、鬼島はいいスパイスになってます。
おまけに、今回は、木嶋くんの喧嘩の強さも分かって、カッコ良さもプラスされます。颯爽と現れて、立花を助けた木嶋くんにメロメロです。

2

王道まっしぐら

絵柄があんまり得意ではないんですが、王道もの、またシリーズものとして出ているということで、買ってみました。
不細工受けが好きなので読んでみたら、この受けは不細工というよりも、不幸になるなどの噂の方が大きいようでした。
眼鏡をなくして動き回る攻めには同情を禁じ得ませんが、よくも見えない視界で動き回って、自ら悲劇を招いてしまうところには呆れてしまいましたw
ゴミ箱に当たって中身をぶちまけてしまい、周りは呪いが・・・とざわざわしていましたが、どう考えても視力が悪いからでしょう!と全力で突っ込みました。眼鏡がないと本当に見えない人もこの世にいているので、どんなに苛立ったとしてもそれだけはやめてあげてほしいですw
あと、喧嘩が強く、受けに助けられる攻めの立場ってなんなんでしょうかw
どこからともなく現れる受けがまるでヒーローのようで格好良かったです。
途中で邪魔してくる鬼島くんの存在があり、それによってふたりは振り回される羽目になりますが、それすらもスパイスにしてしまうのがBLというものですね。むしろその妨害によって、誤解が解けた時に愛が深まる瞬間というものに萌えを感じます。
後半は攻め視点の話ということでしたが、受けがお人よしすぎて泣けました。それなのに、不幸になるとか言われて可哀そうです!本当は優しい子なのに・・・。
立花君にこれからも癒してもらってほしいと思います。

ただ、エロ成分が足りなかったのが残念なところでしたー。

1

表紙バイバイなのだよ…

表紙のアヘ顔を見た時、一瞬買うのを躊躇しました・・・。
その位木嶋君の不細工な部分だけしか出てない顔だと思ったのです(苦笑)

勿論それは杞憂で、基本的に常に周りから不当に顔が原因で悪く言われ、
(呪われるだとか、酷い事だな・・・)
本人も自信がなくて、いまだに鬼島の事が好きなんだろ!とぐじゅぐじゅしている
木嶋君は本当にかわいらしくて、逆に鬼島の性格が悪いこと悪いこと・・・

という事に関して立花君と完全に共感できたので、それだけで十分萌えです。
でも表紙の木嶋君、この子目を閉じてたら本当にかわいらしいのに・・・
(それこそ鬼島よりも!)

そんなに強くエロイ本でもなく、どちらも健気なので読んでて幸せになります。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う