グッバイ、マイドッグ

good bye may dog

グッバイ、マイドッグ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神47
  • 萌×227
  • 萌12
  • 中立0
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
9
得点
379
評価数
91
平均
4.2 / 5
神率
51.6%
著者
夏乃穂足 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
上田規代 
媒体
小説
出版社
心交社
レーベル
ショコラ文庫
発売日
価格
¥638(税抜)  
ISBN
9784778116231

あらすじ

保健所で殺処分を待つだけだったその犬は、喫茶店のマスター・小野寺璃人に引き取られ、イチと名づけられる。初めて愛情を与えられ、生きる喜びを知るイチだったが、ある日不審な車に轢かれかけた璃人を庇い、命を落としてしまう。イチを亡くし悲しみに暮れる璃人。そんな中、不審な男につけられていることに気付く。驚くほどの美貌を持ったその見知らぬ若い男は馳辺一夏と名乗り、璃人を守るために付きまとっていると言い出し…。

表題作グッバイ、マイドッグ

馳辺一夏,璃人を守るために来たと言うイケメン,23
小野寺璃人,愛犬を亡くした喫茶店のマスター,35才

その他の収録作品

  • あとがき

レビュー投稿数9

目から心の汗がダダモレ

犬好きにはもっと評価されるべきではないかと…。
こちらでレビューが少ないことに気付き書き込みさせていただきます。
いやぁー久しぶりに滂沱の涙が(笑)尾上さんの「二月病」以来でございます。
私、犬派でして。犬好きには是非読んでいただき涙活(最近は婚活、妊活とかなんでも活が付きすぎでイラつきますが使用(笑))していただきたい一冊です。
あらすじは
受のリヒトはある日保健所で殺処分ギリギリの黒犬を引き取ります。
名前はイチ。
一人と一匹は短いながらも幸せな日々を送るのですが、突如不幸が舞い降ります。
リヒトを轢き殺そうとした車から助けるためイチは命を落としてしまうのです。
イチが気付いた所はあの世。
そこにいた死神が言うには死亡予定はリヒトであり、イチが死んだのはまさに事故だったんですね。
これではあの世の帳簿の帳尻が合わない。
リヒトの命と交換しようとする死神ですが、すったもんだでそれを阻止したのはイチでした。
リヒトを死なせない為に死神との約束をイチは交わします。
イチを人間の姿にして現世に戻し、善行を積めばイチは再度人間として死に、リヒトの命が助かる。
もし善行が達成できなければリヒトが命を落とす。
どちらにせよ双方どちらかの命が消えることにはなるのですが、イチは自分の命を顧みずこのミッションに挑むことにします。
この辺のくだりがイマイチわかりにくかったんですが概ねこんなかんじ。
タイムリミットは約3ヶ月。
二人の運命はいかに!?というお話。

神か萌x2か微妙なんですがね、ストーリーとしては凄く秀逸かといえば普通にありそうなきがするし。作者さんにこれからも頑張っていただきたいと願って神に。
とにかく話の合間にイチの忠誠さとか、犬の頃だった時の思い出とか、人間になった自分の事を伝えられないもどかしさとかがこれでもかってくらい出てきて、んもう涙腺緩みっぱなしでした。
オススメです。
あ、ミミシッポはないですよ。

13

ワンコの純粋さ溢れてます

犬好きにこそ読んでほしい!是非ともっっ!!!

話の挿入部分からもう色々ヤバかったです。
前半は攻であるワンコ(リアルワンコのイチ)目線で
後半は受である飼い主璃人目線で進んでいってます。

飼い主の事がすっごいすっごい好きなんだっていうワンコの想いが詰まった前半
最初っから最後まで自身の目頭が熱くなりっぱなしでした。
保健所にいた時のイチの様子、幸せな時も
自分が人間だったらと思うさまも
すべてにおいてワンコの忠実さを如実に
表している気がしました。

後半の璃人目線のお話になってもイチの璃人への忠実な想いは変わらず書かれていましたが、実際そんな人がいたらあやし過ぎだし
璃人の態度もなるほど確かにこんな反応するよなーといった風に書かれていました。
だんだん心がほぐれていく様子や
純粋な想いに愛欲が混じる様子の書かれ方や期限付きの愛を一生懸命貫きとおすいイチや
もぅワンコの一途さが詰まって詰まって。。。
オチも因果応報的にスッキリつけていただけたので読み終わっても重苦しい感じは
しませんでした。
特に璃人がイチの存在に気付いた時はもぅこれだけで読んでて幸せでした。

不純ですがワンコ好きなんでもう神でした。

8

猫至上主義だけど、犬の可愛さもいいなと思った1冊

もう最初から最後まで涙と鼻水でずびずびでした。
保健所で殺処分になる寸前の所で受の璃人に救われた野良犬のイチ。
人間に対して恐怖心しかなかったけれど、閉ざした心をそっと解して開いてくれた璃人にイチは懐きとても充実した日々を送ります。
けれどそんな日々を過ごす中で、璃人は何者かによるストーカーに狙われ殺されかけてしまうのですが、咄嗟にイチが庇ったことにより九死に一生を得ます。
その代わりにイチは命を落としてしまうのですが、あの世で不思議なことが起こります。
イチは仮の肉体を与えられ善行を積むことにより、本来死ぬはずだった璃人を生かすことが出来ると知りもう一度蘇る、という話です。

私は猫しか飼ったことがないので犬の忠誠心というのはいまいちピンとこないのですが、このお話ではそういった部分が余すところなく描写されていて、もう序盤からずっと泣きっぱなしでした。
イチこと一夏の健気さにずっと喉の奥が熱い。
一夏と出会ったことによって、色をなくしていた璃人の人生が再び彩り豊かなものに変わって行き、掛け替えのない日々を大切に過ごすふたりの姿が切なくて、ぎゅっと胸を搾られるような気持ちでした。
人間として生活する一夏の行動が素っ頓狂だったりするのには思わず吹き出したりと、笑ったり泣いたりが本当に忙しかったです。

こんなに想い合ってるふたりなんだから、何とか最後は幸せになって欲しいと祈るような気持ちで読み進めていましたが、最終盤まで絶望的展開が続くのにはハラハラとしました。
それでも最後の最後、勧善懲悪展開になったのには正直ほっとしました。
人によってはご都合主義と思われるかも知れないし、予定調和と言ってしまえばそれまでなんですが、これだけ辛い思いをした2人なので、この結末には心から安堵しました。

ずっと寂しい人生を歩んできた璃人が、イチと、一夏と出会えたことで夢の方舟を得て、これからの人生ではその方舟にたくさんの思い出と幸せ、新たな人との素敵な出会いを乗せていくのかと想像すると、あたたかいもので胸がいっぱいになります。

2

犬、LOVE!

BLというファンタジーの中でいかにリアリティを追求した切なさや萌えを見出すか、をポリシーに読んでる(笑)ので、こういったファンタジー設定はあまり読みません。好きな作家さんでもあらすじ読んでスルーでした。
が、犬好きの為の本と言われた読まねば!!(笑)

いや〜ビバ犬!LOVE犬♩
犬のこんなところに萌えるよねってとこが満載でした!
前半の犬視点での主人への大好き感半端なしが、後半の飼い主視点でのイケメンストーカーへちゃんと繋がっていて、犬が人間になるとこんな愛情表現なんだね(≧∇≦)と楽しめます。ワンコ攻め大好きとしてもたまらない作品!

5

犬派じゃなくても泣けます!

イチの璃人を思う健気さに、心打たれました!!

攻が受に近づく為に昔飼っていた(もしくは助けた)動物のフリをする・・・みたいな感じの話かと思いきや、まさか本当に元・飼い犬とは!
犬が人間になって戻ってくるというファンタジー展開を受け入れられるか、というのがこの手の話で一番気にかかるところですが、イチの純粋な「璃人大好き」な想いに違和感なく受け入れられました。イチなら璃人の傍に戻っていい、戻ってあげて!ってな気持ちにさせられました。

一夏として戻ってきたイチですが、璃人にとっては見知らぬ他人。最初はまったく受け入れられません。ただの怪しい(イケメン)ストーカーですw
それでも健気に璃人を守ろうと一生懸命な姿に、次第に璃人も心を許していきます。
このあたりの一夏の健気さにも胸が熱くなりました。
いつもなら読んでいて「そんないい奴居らんわーw」となるところも、元・犬なら仕方ない(笑)純粋に璃人のことが大好きで、大切で、守りたくて、一緒にいたくて堪らない、というのが伝わってくるんです。

犬好きにはもちろん、そうじゃない人にも是非読んでいただきたい!
読んだ後、幸せな気持ちになれる一冊です。

5

まさにワンコ!

既読の「くろねこのなみだ」と細い糸で繋がっている作品でした。前作は人間になった猫、こちらは人間になった犬(イチ)のお話です。それぞれ人間になるプロセスは違いますがファンタジーで、どちらも飼い主を救う存在として描かれてます。

プロローグとエピローグは犬であるイチの一人称、本編は飼い主である璃人の一人称で進みます。評価は前作と同じ「萌x2」ですが、両方の心情が分かるという点で私は今作の方が好きでした。

イチ…もとい一夏は本当に璃人が好きで、大好きで、ワンコ攻というかまさにワンコでした笑 エロ度は「少なめ」になっていますがベッドシーンは複数回あるので「標準的」寄りだと思います。突如現れた年下の奔放なイケメンに翻弄される璃人の様子も楽しかったですが、何より、命に代えても璃人を守ることに誇りを感じているイチに感動しました。方舟の喩えがとても印象的で、思わず自分の人生についても思いを馳せてしまいました。

前作同様、筆致自体はクールなので、特にワンコ好きじゃない方でも楽しく読めると思います。

2

主に愛情深く尽くすワンコです

ワンコものファンタジーで犬ってこれだけ一途で健気で主一筋なのだと言うお話です。
私はどちらかと言えばニャン派でワンコに主として懐かれ尽くされるよりも
自分がニャンに尽くしたいM属性なので主である璃人の気持ちよりワンコのイチの
気持ちの方が解るかもなどと人間にあるまじきことを思ってしまいました(笑)

この作品に登場するわんこのイチは初めの飼い主に虐待されそこを逃げ出して野良になり
保健所に連れて行かれ命にタイムリミットまで後が無い状態で璃人に救われ、
初めて優しい飼い主に恵まれ安らげる安住の場所を手に入れることになります。
ペットを飼うなら保健所へ、愛護団体のお願いが頭によぎる展開から始まるのです。

受けでイチの主である璃人は子供の頃から寂しい環境で育ち今は天涯孤独に一人暮らし。
保健所で見たイチの全てを諦めている目を見て幼い日の自分を重ねてしまい、
そんな寂しいままにこの世から消えてしまうことが許せなくてイチを引き取り
家族として暮らし始め、イチにとっても璃人にとっても幸せな日々が始まり突然終わる。

璃人は何者かに不審な行動をされていて、それが原因でイチが璃人を庇って轢かれ
犯人も捕まらないままにいた頃に一夏と名乗る意思の疎通が出来てるようで出来ていない
青年が現れまるで璃人のストーカーのように璃人を守るためにと言う理由で
付きまとい始め、後にその一途さとピュアな気持ちに絆され同居することになるのです。

ファンタジーで亡き愛犬がイチですから一夏の正体なんて直ぐにわかりますが、
璃人はかなりのヒントや一夏の言動から直ぐに分かりそうなのにギリギリまで一夏が
愛犬のイチだと気がつかないニブチンさんでもありました。
ファンタジーでワンコものなのに、モフモフ感が無いのがまた残念。
獣人化でもする設定ならモフモフありだろうけれど、どちらかと言えば擬人化ですから。

璃人が気がつかないうちにトラブルに巻き込まれ危険が迫る展開を背景に、
わんこの恩返し的なストーリーになっています。
主に対する忠誠が執着と嫉妬もありつつの恋情に変わっていって恋人になり、
主で恋人である璃人を救うために必死である契約を叶えようとする一途な話。
内容的には泣けるくらい一途なのにそこまで入り込めなかったのは
ひとえににゃん派だからなのかと思いますが、読み終えれば暖かな幸せを感じます。



11

犬好きにはたまらないかも。

動物は好きですが、犬を飼った経験もあって冒頭からうるうるしてしまいました。ワンちゃん好きだったらもう、悶えること間違いなしです。

殺処分を免れた捨て犬と里親の出会いから始まるファンタジー。イチと名付けられた真っ黒い犬。人間不信だったイチが恐る恐る飼い主となった璃人(りひと)に心を開いていき、急速に信頼関係を築いていきます。璃人に何かあったら命がけで守ってあげたいと思うようになるまでに…。もうね、璃人がイチの気持ちをわかってやろうとするところとかね、そんな優しい璃人の気持ちが嬉しくて仕方がないイチの様子とかね、たまらないんですよ。ワンコの魅力は忠誠心。それを人間の感情に変換するとしたら、まさしく璃人と一夏(いちか)との関係みたくなるんだろうなぁ。

物語のクライマックスはやはり後半、璃人がイチへの思いを一夏に語り、そして一夏が言葉で璃人への思いを伝えるところだと思うんです。一夏は一夏で璃人を説得する術がないし、璃人は璃人で若くて男前の一夏がなぜ冴えない自分に好意を持つのかはなから理解できないしで、あー、どうしてわかんないの?と気を揉みつつ最も胸に迫る好きなシーンでした。

ファンタジーではありますが、コメディとして読むとこの先どうなっちゃうんだろう…とワクワク感が高まります。実のところわたしは三分の一読み進めたところでほぼ満足してしまいまして。なので、その後の展開にちょっと先が読めてしまうところもチラつき、物足りなさを感じてしまったのは否めないのですが、いつもとは違った方面から涙そそられた物語に出会えて新鮮でした。

読んでいてネコちゃんバージョンの素敵なコミックを思い出しましたが、健気で可愛くて愛しい動物たちが出てくるお話は本当に良いですよね。読んで癒されるBL設定の一つとして、動物ファンタジーは外せません。

評価は難しいのですけど、「萌え×2」寄りということで。

5

方舟の行方を見守りたい

犬派だとか猫派だとかいう派閥には属しておらず、しかもファンタジーはあまり好んで読まない人間です。
それでも前回のBLアワードの結果を見て以来、1年以上気になっていた。ようやく読むことができました。

イチが一夏になる経緯とか、一夏の期限付きの命が期限付きでなくなるところとかやっぱりファンタジー耐性のない私には少しだけ、のめり込めない部分もありました。
でもイチと璃人が心を通わせていく流れはとても心地よく、一夏と璃人が少しずつ距離を縮めていく間の『人間』と『人間になった犬』のちょっと食い違った会話の数々がほっこりした笑いをくれて、あっという間に読み進めてしまいました。
束の間の幸せな時間。一夏の時間が差し迫っていく中、優しい一夏がどんどん追い込まれていくところは心が痛んだし、『信じたい』と『信じられない』の間で葛藤する璃人の気持ちも痛いほどわかって切なかった。お互いが想い合っていることがわかっているからこその痛みが感じられて。
幼い頃に途方もなく辛い現実から、方舟で航海する妄想をすることでなんとか逃避していた璃人が、大好きな人たちを乗せて本当の航海に出たのでしょう。方舟の行方をいつまでも見守りたいと思いました。
非常に読後感がよく、読みやすい。レビューも少なめだったので、動物モノとかファンタジーとかそういった括りでもし「読まない選択」をしていらっしゃる人がいたら、ぜひ気にせず読んでもらいたいです。
盛り上がりとか自分の萌えのポイントの問題で(^_^;)評価は非常に迷うところでしたが、とても素敵な作品でした。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う