まさか俺がお前で××てしまうなんて! ?

俺とお前のラブハラスメンツ

ore to omae no love harassments

俺とお前のラブハラスメンツ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×226
  • 萌13
  • 中立7
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
11
得点
210
評価数
61
平均
3.6 / 5
神率
19.7%
著者
サトニシ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784812487310

あらすじ

クラスメイトの片貝(かたがい)と三条(さんじょう)は小さなことから大きなことまで張り合ってきた犬猿の仲。
とある出来事の回数を競っているうちに、なんだかおかしな展開に…?
ライバルから一転、ふたりの恋模様は一体どうなる―――! ?

収録作品:「俺とお前のラブハラスメンツ」「欲望という名の愛を唄え」「羨望という名の愛を紡げ」

表題作俺とお前のラブハラスメンツ

片貝,高校生
三条,犬猿の仲のクラスメイト

同時収録作品欲望という名の愛を唄え

鶴見恵一郎,ジンに憧れる若手ボーカリスト
勝浦陣平(ジン),正統派ロックバンドのボーカリスト

同時収録作品羨望という名の愛を紡げ

本郷響,イケメン人気俳優
吉住,駆け出しロキノンバンドのギタリスト

その他の収録作品

  • 彼等に纏わる装身具(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • カバー下:おまけマンガ(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数11

ごめんなさい。

うーん。うーん。うーん。
面白DKものかと思ったら。
表題作が表紙の二人、左が三条右が片貝。
ずっと張り合ってきた二人がオナニーの回数で勝負したところから、あれれ?片貝は三条がオナニーするのを想像して止まらなくなり…。

張り合う内容も小学校並みだし高校生で何やってるの?ってことばかりで。

エッチの始まり方も突然でえー?って感じで。
しかし三条は片貝を思ってお尻を開発してきたようで。
エッチばっかり。ケンカップルなのはわかったよ、もうお腹いっぱいです。

収録作はバンドのボーカル同士の同居もの。
えー?またそんなんでエッチするの?

もうごめんなさいでした。

片貝が三条のアソコを褒め称える賛辞は面白かったです。

0

小二病のケンカップル

表題作

大好きで、ちょこちょこ読み返しています。
ギャグは面白くて、でもしっかりとラブラブなので物足りなさがありません。

普段は小二病と言われるほどおバカな競争をしている二人がエッチになるとビックリする位色気たっぷりになるのが良かった!
受けの三条の表情が豊かで、本当にトロトロな顔をしていて片貝と共にドキドキしました。

ずっと三条は片貝に片思いしていたようですが、実って本当に良かったです。
しかし、片貝は三条が自分の事を恋愛感情として見ていた事を最後まで知らないままだったのが少し残念でした。
一途な気持ちに気がついた片貝はなんて言うんだろうかと妄想したらニヤニヤしてしまいました。

書き下ろしでは、ばれても構わないと思っている男らしい片貝がカッコ良かったです。
三条もぐるぐるとみんなにバレたら…と悩んでいたのに、吹っ切れて片貝の手を繋いで歩き出したのでその後の二人をもっと見たかったなぁと思いました!

「欲望という名の…」
憧れの人と同居する事になった、バンドマン同士のお話です。
二人ともどの位人気のあるバンドなのかはよくわからなかったのですが、攻めは受けの事を以前から憧れていて拗らせて受けの音楽を聴きながら一人でしてしまう程です。

その場面を受けに見られたところから、お話は進んでいきます。
攻めがクールそうな外見に反して、受けへの愛を拗らせてヤンデレ要素もあり独占欲剥き出しなのがとっても良かったです!

受けに恋人だと思われていた事がわかった時の攻めは可愛かった!
お話はそんなに長いわけではないのに、満足感でいっぱいです。


0

ある意味でリアル?

コメディでややシュールなんですが、テンポがいいのであっという間に読めました。コメディはツボが合わないと読めないと思うので、そういう意味では人により当たり外れがある本だと思います。

主役2人が学生で、どっちもバカやっているだけなのでタイプがちょっと似てるなあって感じなのですが、受け攻めハッキリしてるのが良かったかも。
ストーリーはなんてなく、ただのバカ友から恋人になるまでだけなのですが、キュンとなる場面もたくさんあります。
周りのクラスメイトもリアルな感じがします。

女性向けでよくあるようなキラキラした綺麗な青春とちがっで、馬鹿馬鹿しさが際立つリアルな青春て感じました。
ちょっと下品なんだけど…シリアスすぎる作品を読んだら気分転換にこういう作品もいいかも、と思いました。

2

ムスコ<ギャグ力


二次の方の二cp、大ファンだったサトニシさん。まさか商業でも拝めるとは…涙 しかも×Qpaさん。こんなに贅沢なことはありません。絵だけで感動しました…、笑 (+商業仕様になっている…!)
ギャグも可愛げも切なさも素晴らしく、表紙の時点では予想の受け攻めが逆で新鮮さもありました。強いて挙げるならサトニシさんの描かれる凶悪なムスコが修正されていることが惜しいことくらい…。(ダンッッ

「ライバルっつかマジ本命ですけど⁉︎」の手書き台詞には不覚にもときめきました。

読み終えて思ったのは想像以上にギャグギャグしていた…と。動揺しています(笑)
ムスコを拝めなかったことは残念でしたが(まだいう)ふとした時の表情だったり、傷付く展開は流石だな〜と思うので、二次とは比べず別物として応援したいです。
これからのご活躍、とっっても期待しております!!

吉住さんかわいかった……本当に…
指輪に魂込めるあたりセンスの塊です……

1

ラブコメ

あほでエロでかわいい。
三拍子そろって絶妙な作品集でした(´艸`*)グフフ
ちょいちょい読み返してしまう作品です。

表題作「俺とお前の~」
教室の真ん中で「今日は何回ぬいたぜ!」を叫ぶあほ二人w
実はその何回~は相手のことを考えて・・・
俺ってやばいじゃ・・・がお互いっていうのがまた面白い。
バカやって気が合って。そんな二人はやっぱり・・
な展開。お話自体は短めなんですが、うまく起承転結しているのと
何よりエロがよかったですね。そこ肝心!
自己開発されたトロトロな受が魅力的な一作でした。

◇欲望という名の~
上下関係からいえば、受のほうが上かなと見せかけて
「おあづけ」からの、無理やり強引に~な展開がおいしかった。
ハァハァがとまらん攻に無茶苦茶にされる受。おいしいです!

◇欲望という名の~
おかっぱ受な回。
正直、オカッパ頭とそのオカッパくんのTシャツが「大革命」なのに笑った印象しかなかった。
ん。可もなく不可もなく。

エロがおいしい作品が好き。
ちょっとアホな子たちが好き。
次回も楽しみです。

1

小2病の男たちが繰り広げる

表題作がドストライクでした!
受けも攻めも小学生みたいなおバカなやりとりを繰り広げていて、まさに小二病患者。
イった数対決とか、ケツの穴がどっちが大きいかとか、受けが「俺の方がでけーし!」って言って攻めが「ほんとにでけーな…」って穴をくぱぁするって……漫才ですか面白いです。
そんなおばかな二人が恋に落ちて体の関係も持ちつつ気持ちをピュアピュアに通わせるギャップがイイですね。
そしてえろい。受けのとろとろ顔たまらないです。
2篇バンドものも楽しかったです(*´∀`*)

1

きのこくん

表題作は、ちょっとオバカでガキっぽい、高校生くん達の、ヤリたいサカりたい騒ぎのお話。
エロのためのエロみたいなストーリー展開ではあるのだけれど、男の子同士が、初めての恋とセックスにビックリしながらのめり込んでいく様がかわいい。

後半はバンド物で2連発。
まだ売れてないバンド、ニルアドのボーカル鶴見の話と、ギター吉住の話。
それぞれお相手は、正統派ロックバンドの人気ボーカル勝浦と、超人気俳優本郷という格差物。
鶴見編が、憧れの人をおとすヘタレ、実は絶倫ムッツリ攻めストーリーなのに対し、
吉住編は、超アイドルに押しまくられてうっかりほだされ受けストーリー。
どちらも、格差物の攻め受け王道展開が、テンポよくエロもいっぱいに繰り広げられる。
このテンポというか、ノリの良さと、ボケやツッコミの感覚が気持ちいい。
きのこくん吉住の微妙なセンスが、特にツボった。

2

キュンキュンはしない、ただムラムラする。

その位エロの露骨さを感じる本だと思います。

ライバル心から出ている抜いた数の競争からお互いを意識したり、
競争心の発露が最終的に尻の穴の大きさ!なとどいう露骨な形に出たり、
その証拠としてごろごろプラグが出てきたり・・・と。

そう、この本は「キュン」とかそういうもんじゃない感じがするんですよ。
でももう片方の単行本に比べるとさらに一生懸命すぎるがゆえにアホな要素がじわっと繰る分、面白かったです。
エロにしろなんにしろ感情がこっちに伝わってきます。

1

ギャグエロ

こちらの作家さんは受けがわりとビッチなタイプ(攻めに対して)が多いので
内面が可愛いビッチや、天然ビッチ系が好きな方にはおすすめかな?
全体的にギャグ要素があり、テンポよく読めました。

ただ、こちらの作家さんの同人誌を拝見したことがあるので
絵の書き込みや表情描写がもっとうまいのに…という感想も抱いてしまいました……
でも乳首のぷっくりとした描写は健在でしたwww

【俺とお前の~】
爆笑でした。
しょーもない男子高校生のアホな感じとエロが交互に
テンポよく進むので面白くてあっという間でした。

三条くんのトロ顔は可愛かったです。

【欲望という名の~】
こじらせメガネ攻めー!!!
独占欲強めのメガネ攻めに弱いので、この垣間見えるヤンデレ臭良かったです…
個人的にはこれが一番好きなお話でした。
バンドマン設定でしたので、バンドもの、芸能ものはそこまで
興味のある設定ではなかったのですが二人の感情が中心に話が進むので、
そこまで芸能っぽい雰囲気も無かったかな?
表題作よりもこちらのほうがエロも濃厚で、お話のボリュームも多く感じました。

【羨望という名の~】
【欲望という~】のサイドストーリー。
こちらのほうがわりと芸能設定を強く感じました。
イケメン俳優のワンコ攻め(響)×面倒見の良いバンドマン(吉住)で、ほのぼのして可愛かったです。
吉住のセンスが微妙で、Tシャツの柄とかちょいちょい笑います。
シリアス展開からエロシーン突入直後で
「ギターの腕はまだまだだけど、こっちの指捌きは一等賞じゃないかよぉおお」
に爆笑しましたwww

描きおろしのその後のお話もよかったです。
それよりもカバー下にあった、【欲望~】【羨望~】の
もう一人のバンドメンバーのスピンオフが読みたいです!!!
響のマネージャーがこれまたS気溢れるインテリメガネ風で……
ぜひお話を書いて欲しいです!

1

エロ可愛い…見ててキュンキュンする

表紙買いしてしまったこの作品、私好みの絵です(´▽`)
裏の内容説明と帯の文を見てつい笑ってしまった、思春期男子って感じで可愛いなぁという印象←おばさん

予想を超えるエロでしたが、そこまでねちねちもしておらず笑いながら読める作品です。ですがエチシーンはそこそこあるので苦手な方は読まない方がいいかも。

では一つ一つ感想を書きまーす。

●俺とお前のラブはラスメンツ1・2
表題作です。高校生もの。
クラスメイトの片貝と三条は、ことごとく競い合って喧嘩をしている、いわゆる犬猿の仲。
毎日競い合っているうちに内容がどんどん濃いものになっていき…いつの間にか身体の関係を持つことになってしまい…。
お馬鹿な二人の高校生らしい恋のお話。

面白かったですw普通だとありえない話なんですが、こうテンポよくギャグな感じにまとまっており、違和感なくすんなり読めました!2人ともバカで可愛いです。
とりあえず終始競い合っていてお前それ告白だろうということもあっさり言ってしまう三条にずっと前から片想いしている片貝はもうドキドキされっぱ笑
でもそこで終わらないのが面白いw片貝は三条をエロ的な面でどんどん惑わします。

読んでて楽しかった作品です。あー青春っていいですねぇ笑

●欲望という名の愛を唄え1・2
バンドもののお話。こちらもえろ甘でしたー
攻めはどっからどうみても自分の事が好きなのになかなか手を出してこないということで、受けが頑張っちゃいますw
そして、攻めは受けにせまられたことにより今まで我慢していたものが崩れ、そのまま……♡

攻めの愛がとてつもなく伝わってくる作品です笑

●羨望という名の愛を紡げ
上の作品、欲望という名の愛を唄えに登場したキャラの恋のお話です。地味に上の作品で出てきた時に好きだなーと思ったキャラだったので、番外編として読めてお得感満載です。
無自覚に可愛いことをやっちゃう、なんだか憎めないキャラにアタックする攻めの頑張りに注目してください笑

この他に描き下ろし漫画も収録されており、お腹いっぱいな一冊となっております。
えろ甘読みたい…!!可愛い受けを…!!という方はぜひぜひ読んでみてはどうでしょうか??絵も綺麗なので満足できると思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ