胸の鼓動

mune no kodou

胸の鼓動
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神7
  • 萌×215
  • 萌13
  • 中立5
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
10
得点
139
評価数
40
平均
3.6 / 5
神率
17.5%
著者
国枝彩香 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784812487624

あらすじ

元イケメン・女タラシの山口(やまぐち)と、ツンデレおバカなカワイコチャン・石川(いしかわ)は紆余曲折の後、晴れて同棲生活満喫中☆
日常に些細なトラブルはありつつも、このままずーっと二人で幸せに暮らしていけると思っていたけれど…?
山口と石川の素直になれずに擦れ違う恋愛模様を描いた「耳たぶの理由」待望の続編が登場! ツンデレ受属性の方、必見♪
シリーズ他、2編の読み切りを収録したハッピーLOVE作品集!

【収録作品】胸の鼓動/背中までの距離/舌先の熱/くるぶしの骨/高柳家の晩ごはん/異邦人-ストレンジャー-/ 見えないシッポ(描き下ろし)

表題作胸の鼓動

山口,リーマン,同棲中の恋人
石川淳,ショップ店員

同時収録作品高柳家の晩ごはん

白鳥歩,住み込み家政夫,19歳
高柳三樹也,三男,高校2年生

同時収録作品異邦人ーストレンジャーー

広田哲也,広田商会店主
金髪の外国人

その他の収録作品

  • 背中までの距離
  • 舌先の熱
  • くるぶしの骨
  • 見えないシッポ(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

レビュー投稿数10

甘バカ攻めとツンデレ受け続編

「耳たぶの理由」(2009年発表)の続編、プラス短編2編収録。

「胸の鼓動」
あれから何年経ったのかな。スッキリした涼やかなイケメンの山口は随分と締まりがなくなった…というと言い過ぎかしらん、隣に石川がいることに満足しきってるかーんじ。
で、頭の中もちょっとお花畑風で、共通の友人の結婚式に出てすっかり結婚願望が。
いや、結婚願望じゃないな、結婚「式」願望だな…
…という感じでかなり軽いタッチのコメディ感覚で始まりますが、いきなり急展開。
山口が事故に。
そしてまさかの死!
お墓での別れ。意地を張っていたことの後悔に泣く石川。
その涙で墓から山口が復活する⁇えぇっ!え〜〜?
…なわきゃないけど。ダーク国枝に慣れてる身にはこの展開もあり得るからビビりました。
事故は結局本当にあって、そのことで山口家と石川家の皆が勢揃い。結果的に両家顔合わせ、という展開になるのです。国枝先生すごい!構成の妙ですね。
後は倦怠期を装うが実は…というエピソードと、バレンタインのチョコをねだられた石川が意地悪で激辛チョコを作るが…というエピソード、石川が足をくじいて山口が姫扱い、というエピソードが続きます。
どれも結局は山口の石川への深い深い愛のお話です。
ただ…
「耳たぶの理由」よりも切羽詰まった感じはどうしても薄れてるんですよね…
はじめにも書きましたが、山口はもう安心してるの。緩んでるの。
なのに石川の方だけは変わらずジタバタしてて往生際が悪い。
好みの問題だけど、私は「耳たぶ」の方が好きかも。

「高柳家の晩ごはん」
男3兄弟の高柳家に童顔な家政夫くんがやってくる…というお話。
美少女が来る事を期待していた三男・高2の三樹也はガッカリするが、ドジっ子だけど一生懸命な歩(あゆむ)くんに好意を抱き始め…
これ、ラストの余韻というか真相というかが意味深なの。ここで多くを語らずに想像させる手法がさすが国枝先生。

「異邦人ーストレンジャーー」
田舎道を黒ずくめで歩く金髪長髪の超美形。手にはいかにも「遺骨」…
通りかかった軽トラが乗せてくれて。
軽トラのおじさんがにこやかに話しだす。物心つくかつかないかの頃、ウチの親父が金髪の美人留学生と駆け落ちしやがったんですよ〜
男の家でトイレを借りる美形だが。
ここから物語は思いもかけない展開へなだれ込みます。
それは愛憎なのか追憶なのか、後悔なのか渇望なのか。
これから2人は積もる話を少しづつ、少しづつ。

2

あの二人のその後

石川のツンデレも相変わらずですね。
本当は山口のことが大好きで愛してるけど照れくさくてなかなか言えなくて。
山口は石川がどんな悪態をついてもニコニコして最後には山口のしたい通りになって。

はからずも両家の顔合わせが出来て良かった。

倦怠期のところはびっくりしました。石川を見ない山口なんて!すごく心配しましたが、なんと放置プレイだったのですね。

何だかんだ言っても結局山口にほだされて叶えてあげる石川も愛を感じます。

いつまでもラブラブですね。どこかでハネムーン編とか読めたらいいな。

異邦人
お互い辛い!まさか攻めはわかってて受けに声をかけて家まで連れてきて。攻めの態度の豹変にびっくりしました。
田舎で夫に若い女と駆け落ちされた妻と息子。父の顔さえ覚えてないのに。
そして駆け落ちしてもすぐ女に逃げられ酒に溺れた父を体を売って面倒見てきた受け。

誘って体を繋いで泣いて。
受けがいじらしくて。攻めもほだされたんでしょうか。

国枝さんは本当に絵が上手でお話もギャグからシリアスまで書かれてすごいですね。

2

幸せのおすそ分け

短編集ですが、『耳たぶの理由』のスピンオフが目的で読みました。

相変わらず石川溺愛の山口が、さらにパワー全開で帰ってきた!という感じです。
石川は石川で可愛さが増していましたね。

今作で2人は社会人となり、同棲している設定でした。
お互いの家族にも挨拶したそうで、すでにカミングアウト済みという感じです。
2人が事故にあって家族同士が初顔合わせするのですが、お互いにいい家族でホッとしました。
石川と結婚したい山口が家族に向かって挨拶するのですが、その場面は山口の男らしさを感じました。
石川もそんな山口を見直したようで、2人は一生寄り添って生きていくのだと思います。

相変わらず石川のツンデレが酷いですが、ちゃんと山口を好きであろうことは伝わっていると思います。
優しくてカッコよくて、存分に甘やかしてくれる山口から離れられるわけがありませんし…

2

山口の石川への愛が半端なく潔い

“耳たぶの理由”の続編。大学時代の友人の結婚式に出席したツンデレ石川と男前山口。新婦や招待客の女子からもモテモテな山口だが友人の結婚式に感化されてか、いつか家族や友人を招いて結婚式をしようと石川に提案するも速攻拒否。その後山口が事故に巻き込まれ死んでしまい(まぁ石川の勘違いだが)、「愛してる」「一生お前だけだ」と言えばよかったと後悔。結局勘違いだと判明し山口の大切さを痛感して結婚式を挙げることに。

山口の石川への愛が半端なくオープンすぎて潔い。ツンデレなのはわかるが石川〜、もっと山口の想いに応えてやれよ〜なんて思ってしまいます。まぁ結局ラブラブなんですけどね。

1

とってもびっくりしました

幸せそうな二人なのに結婚式したい山口とそれは嫌だな石川がけんかしたあとに山口が事故で死亡……。

え?え?と思いながら、実感もわかず読み進めるとゾンビになった山口が…。
なんか、BL漫画でゾンビとか新境地!
とか思っていたけど、夢落ち。
そうだよね、こんなギャグ展開なゾンビで復活は感動的じゃないよね。

お二人のご家族も総出でお騒がせ夫婦。

結婚してるような夫婦なのになんで名字で呼んでるんだろう?
不思議だな。

石川はツンデレで可愛い。

ハッピーな話だけじゃなくシリアスな話もあるので楽しめました。

1

ほのぼのカップルのその後と、、、

国枝先生の作品はギャグとシリアスのギャップが大きく、たまに地雷のこともあるのでいつもびくびくしながら読んでいます。
そのびくびく感が良いのですが、いかんせん心臓に悪いです。笑
いや、大好きな作家さんなんですけどね。

今回は山口 石川CPにまでびくびくさせられて本当に油断ならないなと思いました。
電子で読んだのですがお墓から手が出てくるシーンなんか本当にびっくりしてスマホを投げかけましたよ!もう!国枝さん!!笑
他の作家さんなら夢オチだなとすぐ勘づけるところですが、国枝さんの場合夢オチじゃない展開でもおかしくないので本当にびくびくでした。結局ラブラブな二人に落ち着きましたが。 良かった良かった。

⚫️高柳家の晩御飯
前の山口 石川CPの話が明るいまま終わったので今回はブラックはなしかもとほっとしながら読み進めました。
終始明るい感じでびくびくする必要がない分気が楽でした。
最後、そうなるかーという展開がありましたが他の国枝作品に比べれば、明るい感じだしギャグですませられます。他の方が描いたらもしかしたらブーイングになるオチなのかもしれませんが、登場人物たちの表情も明るいし、全然問題ないです!笑

⚫️異邦人
この作品はもう初めからびくびくでしたね笑
国枝先生が美人を描くと絶対何かあると思ってしまいます。私はバッドエンドがそんなに好きじゃないので大丈夫かな?と思いながら読みました。
明らかに遺骨が入った箱を「ゴミ」と表現した時点で、あーこれはヤバイやつだと感じ、お風呂で誘惑した時には、もう絶対どこかで落とされるなと読み進めるか否か少し迷いました。
でも、結局ハッピーエンドでした。2人は過去を清算して、田舎で幸せに暮らしてほしいです。

どの話も国枝節は健在なまま楽しく読めました!
今回はブラックは無しです。良かったー笑

2

あまあまその後

はいさ~い♪もこデス。
楽しみにして即日買ったのに結局今までつんでいるというな。
いつものパターンであります。
というか、「耳たぶ~」の続編だったわけですね。フム。
前回は凄く好き!かわいい!と思ってレビューした記憶が有るものの
記憶を手繰り寄せてもまったく記憶にござません。
ということで、初読みよろしくも同然な今回ではありますが
これはこれで楽しく読めたかなという雑感。
カップルな二人のどたばたイチャコラ漫画であります(*´Д`*)

友人の結婚式に触発されて「俺たちも結婚式するべ!」
受が可愛くて仕方ない。
そんな愛ダダモレな攻との関係がすごくマル。
攻がかまってくれない!!と言いつつも
ベッドに連れ込まれたらやっぱりアンアンかわいい顔見せちゃう受もカワイイ。
正直カップリングされてしまえば、ラブラブなうちはそんなに刺激はないわけだが
安定期っていうのも悪くは無いのかなと思うのでした。

■高柳家の~
子供みたいなオトコノコ~の家政婦がやってきた!
な短編ですな。
末弟があれだけ料理できれば家政婦なんて必要ない気がしますが
最終地点のあれが目的であれば
ある意味おいしい展開なのか否かww
今回は、末弟がターゲットとなっておりましたが
実はこれ全員・・・を予感させるお話。
個人的には、長男がツボなんだけどな~
読み切りといわず、長男が食われている姿が拝みとぅごぜぇます!

■異邦人
国枝さんの作品でよく見かける
未亡人みたいな受と、ちょっとすえた感じの攻な組み合わせですね。
まぁ大好物なのですけども(●´3`)
美貌を活かして身体を売って生活してきたと語る受。
ぜひとも汚いオヤジどもに嘗め回されていてほしいと思ってしまった私は
ホントだめだとおもう。

ともあれ、へたすりゃ異色たっぷりもありえる国枝作品の中では
甘めな作品集だったかなと思います。
突然ぶっとんだことやってくれるから好きな作家さんでもあるのだけれど。
そういうのが苦手な方でも今回は案パイですね。

3

うわ~こんどは表紙にポピーだ・・・

らしくない。らしくないぞう!
そういえば前作でも、表紙にかなりたじろいだ記憶あり。
王道を目指されたとかで・・・たしかに表紙はギクッとしたけど、中身はやっぱり国枝さんだなあと苦笑いした思い出が。
それにしても、石川ってこんなに見た目、女の子みたいだったっけ。
そしてここまで手が出てたっけ。正直ちょっとその辺には、ちょっと引きました。
でも、それはこのあとの展開に繋がるんだということがわかったんだんけど、それこそ国枝さんらしい流れなもんだから、突然の不幸展開に驚くというよりも、やっぱり我慢できなかったんだ~という安堵感(笑)
ところが、まさかの夢オチというか気絶オチ。
何度も掌でゴロンゴロンと転がされました。
お幸せに!と背中をどつきたくなるような惚気作品だったけど、あまりの短さにこれまたびっくり。
他にも3作入ってますが、どれもかなり抑えめだな~といった印象。

1

恋人のケジメは思わぬ形で

『耳たぶの理由』カプのその後短編が4本と描き下ろし。
そしてそれ外の短編2本が収録された短編集。
多くの人が『耳たぶの理由』本編を知っているのでは?と思われるが、未読の人には
とりあえず、一途でおバカなワンコ攻め山口とかわいいツンデレ石川のコミカルな甘い話として読めるのかな?
そして出会い編などが気になれば本編をどうぞ。
という読み方もできなくもないと思う。

こちらの本は全体を通して”ホワイト国枝”の作品。
同時掲載の短編も 【高柳家の晩ごはん】は家に来た見目童顔でちびっこい男の家政婦さんについついキュンしてしまうその家の高校生だが、実は!なとても愉快なギャップ&逆転が用意されているし
【異邦人】も始まりやそれぞれの抱えた事情など、暗く重いものを抱えながら一夜明けると、トーンまで明るく逆転していたという。
コミカルハッピーな一冊になっていたのではないだろうか?


石川が大好きで大好きでいつも側にいるのに、急に石川に背を向ける事が多くなって石川が焦ると、実は・・・という
バカな山口も石川にデレてほしくて取った作戦の話だったり。
バレンタインに石川が頑張っちゃうお話だったり。
怪我をした石川を思いっきり甘やかす山口の話だったり
・・・そんな短編がありつつ、冒頭の表題になった作品が実は執筆が一番新しく
思いがけぬ事態から山口・石川両家が顔合わせすることになるという
恋人の2人が、家族に認められて事実婚のような形になったのだろうと思われる
カップルの在り方としてハッピーなケジメの付いた話となっていました。

もうこの2人について言及することはなく、
相変わらずの山口の石川大好きは、てらいも恥じらいもなく正々堂々とアピールできる、バカだけど、真っ直ぐ正直な部分がとってもいい奴だと思うし。
いい加減、恋人なんだからツンデレじゃなくなってもいいのに、相も変わらずツンデレ全開して照れ隠しになってしまっている石川はかわいいし。
安定なのであります。

表題が最新と書きましたが、石川のマツゲふさふさが増量されてるような~♪
かわいい奴だ☆

6

ギャグ増量のラブラブ後日談☆

 設定は王道ですが一味も二味も違う国枝さんの胸キュンラブコメ、『耳たぶの理由』の続編です。ギャグ色強めにシフトアップされた今作品。話は独立しているので前作未読でも問題ありませんが、前作を読んで主人公2人に愛着を持ってから入った方が良いかもしれません。

 元イケメン現変態の【山口】×昔も今もツンデレ可愛い【石川】。
家族や友人にも認められ祝福されたい、いつまでもラブラブでいたい。
社会人になった2人のドタバタな同棲生活です。
担当さんに「あんまりリアルに描かないように」と釘を刺されたという例のシーンは、ウジ虫こそわいてませんがしっかりリアル。
カッコイイ攻めも可愛い受けも容赦なく3枚目キャラにしてしまうところがさすがです!
何だかんだ言って幸せそうな2人の姿を見ることができて良かったです♪

◆『高柳家の晩ごはん』
 高柳3兄弟の元にやってきた童顔で可愛いドジっ子家政夫(19)。
可愛いすぎる受けはちょっと…と遠巻きに見ていたら三男相手に攻め始めたのでググッと惹かれました(笑)。
しかも2人の兄ともいたしている様子…? その場合どっちなのかが気になります!
総攻めだったら素敵だなぁ。

◆『異邦人―ストレンジャー―』
 美形! もうそれだけで何やってても萌える美形!
とある田舎町。雨の日にやってきた異邦人。迎えたのは無骨な青年。
2人の今後の田舎ライフを想像するとそれだけで笑えちゃいます。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う