冷めた自由人×孤立しているヤンキー×腹黒優等生

俺×キミ×彼

ore kimi kare

俺×キミ×彼
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌3
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
4
得点
23
評価数
11
平均
2.6 / 5
神率
9.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
フロンティアワークス
シリーズ
Dariaコミックス(ダリアコミックス・フロンティアワークス)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784861347290

あらすじ

世渡り上手な高岡は、芽月も口も悪くクラスで浮いている八重野が、クラス委員で人望の厚い崎本と仲が良いことを不思議に感じていた。ある日、八重野の思わぬ可愛い一面を見て、不覚にも惹かれてしまった高岡は、八重野に近づいていく。しかし、距離を縮めるにつれ見えてきたのは、八重野と崎本の奇妙な依存関係だった……。崎本は言う。「あの子は可哀そうで可愛いだろ?」と――

表題作俺×キミ×彼

高岡理,冷めた高校2年生
八重野夕,口も態度も悪く浮いているクラスメイト

その他の収録作品

  • 俺とキミのその後(描き下ろし)
  • 彼のその後(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数4

最後までハラハラします

不思議な絆で結ばれてる2人の間に、後から主役のコが入っていく、ちょっと変わった三角関係なお話です。と言っても、その2人には、付き合うとかそういうのは無くて。

クラスで孤立してるのに、自分にだけ懐くのが可愛いのと優越感だけで、誰にも近づかせずに二人で行動していた委員長の崎本。一方の愛想のない八重野も、唯一自分に優しかったからと、無自覚なまま崎本に惹かれていて。そんな八重野と親しくなるほどに、八重野の魅力に気づいて好きになっていく高岡。

何とか八重野を自分に振り向かそうと、一生懸命な高岡が可愛くて切なくなります。
対して、八重野が自分から離れるはずがないと、いつでも余裕を見せてる崎本の横柄な態度にイライラします。
どう考えても高岡の方が幸せになれるのに!と、なかなか崎本から離れようとしない八重野にハラハラします。おまけに、崎本の酷い言葉を聞いても、それでもいいと現状を受け入れてるところもイラッときて(苦笑)

最後にやっと付き合うようになった八重野と高岡だけど、ちょっと八重野の気持ちがはっきりしなかったのが残念です。イチャイチャする2人も見たかったです。

3

三角関係?

三角関係もので主人公が当て馬ポジションから始まるって珍しいですね、この設定は初めて見たと思います。
それでもやっぱり、多重野がしっかり気持ちが崎本から当て馬主人公に移る過程がもっと欲しかった。視点変わってもいいので…!
三角関係という題材の難しい所だとは思いますが、両想いかどうか曖昧なままノーエロで完結は少々物足りなかったです。
崎本も微妙などっちつかず感があったので、いっそのこともっとえげつなく迫ってきてもよかったな。崎本弟と怪しい感じですが、最終的に彼にはもっとごつい攻めに苛められて受けてほしいです。

0

描き下しも沢山!

タイトルと表紙の雰囲気から考えていた内容と、いい意味で違いました。
私はドキドキして凄く面白かったです!

主役なのにスタートがそこからなの!?という新しさと
崎本というライバルの存在と心の内と意外な関係。
途中で、もしかしたら誰も幸せになれないんじゃないかと不安が過りましたが
そこは西原先生、全然心配はいりませんでした(笑)

読後感はかわいいの一言でした。
主役じゃないのに表紙を飾っていた八重野くんがかわいい。
描き下ろしに凄い個性の強いキャラが出てきてビックリしましたが
崎本の今後に妄想が止まりませんでした。
みんな幸せな感じで良かったです!

でもできれば続きが読みたい。
一冊全部が表題作というだけでも満足しなくちゃ駄目かな、と思いながらも
西原先生の作品はいつも続きがもっと読みたくなります。

4

ちょっと、肩透かし…

1冊丸々使って描かれた、
主役が、当て馬ポジションからスタートする三角関係のお話です。

タイトル・表紙の雰囲気・あらすじから、
もっとガッツリな三角関係かと思いきや、
正直思ったほどではなく、ちょっと肩透かし…な気分。

一応CPにはなれたかな?よかったね♪って感じで終了~~で、
キスはしたけど、相思相愛のとろけるキスではないし、エッチもなし!

う~~ん、もうちょっと関係性を深めてほしかったなぁ~
残された1人も、キャラ的には好きだったけど、
終わってみると立ち位置がぼやんとした印象。
結局彼の本当の真意はどこにあったのかな?
弟の登場は面白くはあったけど、ますます謎が深まった感じ…
どうせなら続きを読ませてほしい~~

あとがきによると西原さんは、
丸っと1冊表題作という本を出すのが初だったようで(すごく意外!)、
複雑な関係性にしてみたら大変だった模様~~
どれどれ?という気分で読んでみると、楽しいかもしれませんw

内容:
冷めた気持ちで友達に合わせて過ごしている高校2年の攻め。
そのクラスメイトなのが、
口も態度も悪いヤン続きキーっぽい奴(受け・表紙の子)。
そして、何かある度にその受けをフォローするクラス委員くん。
攻めは、
受けがクラス委員の弱みでも握っているのかな?と思っていたのだけれど、
ひょんなことから全然そうじゃないことを知る。
実は受けはクラス委員のことが好きで、
彼のことを語るとビックリするくらいすごく健気で可愛らしくなるのだ。
そのギャップで攻めは受けに惹かれて近づくが、
クラス委員くんの妨害を受け、なのに彼は受けを「好きじゃない」と…。

クラス委員くんの受けへの強い独占欲、
対する受けは、なんでも想い人のクラス委員くんの言いなり、
そのふたりの間に入っていく主役の攻めは……


BL好きの攻めの美人のお姉ちゃんが、いい味の脇役で面白かったし、
(「エッチのする場所に困ったらウチを使ってもいいのよ?」は笑ったw)
最初は冷めていた攻めが、
受けに熱い気持ちをぶつけてめげずに向かっていく様子は、
なかなか萌えました。

ただ、これからCPとしてスタートってとこで終わっちゃうのが、
どうにも勿体なくて、クラス委員くんもなんか意外とあっけなくて、
……う~~~!!

萌え評価と迷ったのですが、辛口で、すみません……

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ