オカン系男子×口の悪いマイペース美人 不器用ケンカップルの春夏秋冬。

おはようとおやすみとそのあとに

ohayou to oyasumi to sonoato ni

おはようとおやすみとそのあとに
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神54
  • 萌×293
  • 萌25
  • 中立5
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
28
得点
722
評価数
182
平均
4 / 5
神率
29.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA(メディアファクトリー)
レーベル
フルールコミックス
シリーズ
おはようとおやすみとそのあとに
発売日
価格
¥680(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784040674513

あらすじ

ある日、店先の求人広告を見つめる“美少女"に一目惚れした見習いシェフの開人。しかし、その“美少女"は口が悪く愛想なしの“男"、片岡伊介だった。事あるごとにぶつかりながらも、なぜか世話を焼いてしまう開人。しかも、不摂生な伊介を見かねたオーナーの命令で同居する事になり――…。

表題作おはようとおやすみとそのあとに

立花開人 シェフ見習い,21歳
片岡伊介 デジタルアート専攻の大学生,19歳

その他の収録作品

  • dolce (描き下ろし)
  • カバー下:キャラプロフィール(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数28

穏やかなシリーズの幕開け

 女の子に間違われるほどの受け、ということで伊介の目が大きくぱっちりしていて、体格もかなり華奢なので、ぎりぎり男子に見えるくらいで最初はちょっと苦手なビジュアルかもと思いました。でも、バイトを始めた伊介の神経の図太さが気に入ったので、徐々にストーリーに集中できるようになっていきました。伊介が大学でトラブルに遭ったり、田舎の両親に自分の進路についてはっきり話せてないまま上京してきたりという事情を抱えていてるのですが、基本的には自身で解決する姿勢を持っているところにも非常に好感が持てました。攻めの開人はあくまで補佐的役割で、何かあった後に伊介に寄り添う存在といった感じでしたね。伊介を甘やかし過ぎず、でもいざという時には押しが強いところが良かったです。開人のビジュアルは最高でした。

 大学で起きたトラブルで、伊介の案を教授が盗んだというのは結構重大な事件だと思うんですが、何か救済とかは今後あるんでしょうか。伊介は割り切っているようでしたが、できれば教授に何かしらの罰が欲しかったですね。大人の世界の厳しさを教えてくれたということなんでしょうけれど。メインの開人と伊介の関係は、可愛らしくて満足でした。本音を言えばあとちょっとでも伊介の見た目が男の子っぽくなればなぁというところですが、まあ今は中性的男子も増えているということでそこには目を瞑ります。長いシリーズなので、あまり波のなかった1巻から今後どのように話が展開していくのか気になりました。

0

ずっと幸せでいてほしい!

他のレビュアーのみなさまが仰ってるとおり、何度も読みたくなる作品です!

読みたくなるというよりこの二人に会いたくなるって感じです。

読み終わったあとにほっこりするし、なんだかこっちまで幸せな気分にさせてくれました!

表紙も季節感があっておしゃれでシリーズ全部揃えて並べると日本の四季の美しさと二人の姿が合ってて素敵です♡

bl初心者のわたしでも抵抗なくすらすらページを捲っていたので読みやすい作品だと思いました。

2

何度も読み返したくなる作品です

なにこれ!好き!
読み終わっての、一番の感想です。

可愛い受が好きな方、きっとたまりませんよ!女の子に見える伊介くんが、ちょこちょこ可愛いのですわ!
お節介焼きたくなる気持ちがわかります。
結果、開人くんはオカンのように、世話を焼いてしまうのですが、その様子が小動物に餌付けする感じで、可愛い!

二人の同棲?が、いい雰囲気で読んでると、心温まります。
一巻だけでも、すっきり完結していますが、続き物なので今後の展開が楽しみな作品です。

2

開人がオカンになるまで

最終巻が出るまで読むの我慢していました。
その間の誘惑はいっぱいです。
先生のTwitterで可愛い伊介がアップされるし、特典のイラストカードの伊介も可愛い過ぎ。

伊介は本当に可愛い。

だんだん素直になっていく伊介可愛い。

表紙も口絵も扉絵も全部にストーリーがあって凄く良いです。

伊介もだけど、開人を1巻と4巻比べると成長したなと思います。

裏表紙に二人の肩書きみたいのが書いてありますが、開人はオカンオカンオカンオカン。
4巻ともオカンと書いてありました。
3巻4巻なんて「オカン系シェフ」で肩書き変更なしです。

伊介は4つの肩書きを手にいれたのにね。

結論、開人は最初からオカンでした。

0

伊介が可愛い

運命の出会いから始まった二人の物語。
最初は、その運命は誤解だったかと、なかなか近づかない二人だったが、懐かない小動物に少しずつ餌付けするようにして、やがて一緒に暮らしてうち解けていくうちに、徐々に恋愛感情が育っていく、そんなストーリーの流れがすごく自然に感じられて気持ちよく読了。
ストーリー展開も良かったけど、特に伊介!
怒ったり、泣いたり、驚いたり、そんな伊介の表情の1つ1つがとにかく可愛い。
細い腕や薄い肩、小さなお尻もぺたんこな胸もエロい。
伊介に比べて表情の動きの少ない開人の見せる感情の変化も見所です。

1

最高。とにかく可愛い。

可愛い!!!可愛すぎる!!!
すごく綺麗な作画に、ほのぼのとしたストーリー。
内容に大きな起伏はありませんが、それがまた素晴らしいです。
番人受けする作品ではないでしょうか。
少し気になっていたので1巻のみ購入しましたが、全巻揃えます!
ほんとにオススメします。今年一番好きな作品でした。

1

「積み重ねていく日常」の魅力

4冊並べた時の表紙が素敵ですね。
春夏秋冬。
それを実際の暦にきっちり連動させながら発刊し続け、1年で4冊を見事に出し切ってしまうという刊行ペースにはびっくりでした。
作家様にも出版社にも拍手したいです。

この作品、Web連載をちょこ読みしていた時はそんなに好きとも思わなかったんですが、完結を機に手を出してみたら、あらいいじゃない♪と。
出会いの春から、夏、秋、冬。
1巻で彼等の1年目が描かれていて、季節の移り変わりと共に着実に幸せが築かれてゆくさまが良いです。
2人が作り上げる「日常」の光景に癒されました。

ケンカップルとありますが、これケンカップルかなぁ?
伊介は女の子みたいというよりかは小動物みたい。
かわいいです。

1

まだ1巻しか読んでませんが、知名度が高いのが納得でした

題名はよく色んな所で見てたし、
長く続いてるからきっと面白いんだろうなーとは思ってましたが、
いまいち絵が惹かれず、
ちょこんちょこんと出てるお試し版を読んでも、
そこまで惹かれずにいた作品、
たまたま某サイトで1巻丸ごと無料版があったので、
試しに読んでみたら、面白いー!
あんまり好きではなかった伊介も大好きになりました。
可愛いですねー。
3皿目のお話、特に好きでした。
あんな真っ直ぐな目で「ちゃんと決めた」なんて言われたら、
もう何があってもこいつを手離さないっと思っちゃいますよ。
開人もいいなぁ〜。
かっこいいですね。
後4皿目、それは激しく…ってのは笑った。
なんだろう、同級生シリーズみたいに
2人がお互いの事が大好きで、大切で、大切にしていく覚悟もしてて、
ゆっくりまじめに恋をしていく感じ。
おはようがあって、おかえりがあって、ただいまがあって。
伊介が料理するって言い出す所、
これから2人で生活をしていくんだっみたいなのが、
なんか邪気がまったくなくて、本当見ててこっちが癒される。
そういうシーンは他でまったく見ない訳じゃないんだけど、
なんかこの作品はそういう空気がすわ〜っと伝わってきて、
新鮮というか、無理なくふわ〜っとその世界に包まれました。

まだ1巻しか読んでないけど、
これから先どうなるのかな。
続きも購入して読みたいと思います。

2

大げさじゃない、そこがとてもいい

 ちるちるインタビューで見たときに、伊介があまりにも女の子していて手を出さなかった作品。その後、どんどん刊行されているのを見て「これだけ続くということは面白いのだろうな。」と興味を持ち、思い切って電子で購入しました。
 伊介は確かに見た目は女の子みたいだし、ストーリーも「女の子と間違えて」から始まるありきたりなものなのに、ありきたりでは終わらない面白さがありました。伊介の「む」「む~~~~っ」って口癖や尖らせた口なんて、女子なら腹立たしいところですが、伊介がやると許せちゃうし、気持ちを確かめた後の開人の潔いところはカッコよくて、どのシーンも大げさに描かれていない作風がとても心地よいです。
 二人の名前の呼び方が変わるのもいつの間にかさりげなく変わっているんですよね。開人は一緒に暮らし始めてから「伊介」と呼び、伊介ははじめての夜を過ごしてからと、どこまでもさらりと描かれています。
 絵柄もとても綺麗で好感のもてる絵です。そしてエロが思いのほかエロい。いつもはほのぼのしたストーリーで急にエロくなると違和感を感じるのですが、この作品は雰囲気良くストーリーと一体化していてとてもよかったです。エッチの時も伊介の「む」が可愛いの( ´艸`)クフ

2

はやくよめばよかった。

ほのぼの。
はじめは絵柄を見て、伊介が女の子にしか見えず苦手意識がありました。
アワードで選ばれていたので読んでみたら、話に引き込まれて驚きです。
それでも本音を言うと、最終巻になるにつれて
伊介が男の子っぽい絵柄になったのでほっとしたことも。
二人の関係性が良く、読後さわやかな気持ちに。
今までBLのコミックは絵柄を重視するところがあったのですが、この作品を読んで話が好みだと読めるもんだなと思い直しました。
はやくよめばよかったと後悔です。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ