神様☆ダーリン

kamisama darlin'

神様☆ダーリン
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×213
  • 萌4
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
6
得点
120
評価数
29
平均
4.2 / 5
神率
37.9%
著者
相葉キョウコ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784041031223

あらすじ

酔っ払って帰宅した翌朝、目が覚めると赤いヒモらしきものにスマキにされていた大学生の葵。もしや知らない間に初体験をSMプレイで済ましてしまったのかと思った途端、突然着物を着た色男が現れ自分は「神様」だと名乗るが…。

日本一色男な神様×フツ―(!?)の大学生の強制★縁結びラブ!
描き下ろしも収録♪

表題作神様☆ダーリン

大国主命
佐竹葵、大学生、20歳

レビュー投稿数6

神様が可愛い!

相葉さんのコミックスで巻数がついたものは初めて読みました。
全コミックスを把握できていないので分からないのですが、1冊で完結じゃないのは初めてなのかな……?

兎にも角にも期待して購入させて頂いたところ、相変わらずの綺麗な絵と明るい作風で読みやすかったです。


今回のお話は神様×大学生のファンタジーもの。
攻めも受けもしっくり来る属性が思い付かないのですが、強いて言うなら男前ワンコ×ツンデレ平凡かなと思います。強いて言うなら。

15年前に交わした受けとの約束を一途に信じて待っていた攻めと、その約束をすっかり忘れていた受け。
約束を果たせと迫る攻めに、受けは何のことやらと振り回されますが、徐々に思い出していきます。

攻め以外に2人の神様が登場したり神様が動物化したりと、賑やかに進んでいく物語は読んでいて楽しかったです。
正直、相葉さんの作品は突拍子で展開が早いと感じることが多々あるのですが、今回はそうではなくて“テンポが良い”と感じました。

また、動物化した神様が絶妙に不細工で可愛いです(笑)
動物化した姿で受けに可愛がられている攻めや、動物の姿同士で喧嘩する神様など、ちょくちょく動物化するのが動物好きとしては可愛くて嬉しかったです。


次巻も今回同様、可愛く明るく楽しいお話を期待しています!

5

安心して読める!

よくCMで流れててスマキのインパクトが強く絵も好みだったので購入してみました。
ストーリーもテンポがよくありがちな設定だけどキャラクターがとても魅力的です。所々佐竹の色っぽい所に萌えましたwエロの描写が上品なとこも好きです。今後の展開が楽しみです。

3

イケメンな神様だらけ

何かとインパクトが強いのと、大好きな相葉さんが描かれたということで購入しました。

しょっぱなから赤い糸でぐるぐる巻きにされてて笑いました。
いろいろ強引すぎる大黒さんに、困惑だらけの佐竹くん。
確かに突然「神だ」と言われても焦りますね…汗

大黒さんもとってもかっこいいですが途中出てくる恵比寿さんや疫病神さんもとてもかっこいくて眼福でした。
恵比寿さんの登場はとってもキュートでしたが、ページを捲ったらめっちゃイケメンになっててドキッとしました。
疫病神さんのうじうじしたキャラは、大黒さんと対照的で読んでいて面白かったです。

なんといっても佐竹くんの表情がエロすぎる…!!
最初こそ嫌がってましたが、話が後半に行くに連れてだんだん受け入れていき、そのたびに色気が増してて素敵でした。
あと、行為のたびに猫ちゃんの姿で出てくる恵比寿さんがいい味出してたなぁと思いました。

おまけページの佐竹くん、ハチャメチャされてて面白かったです!笑
次回以降もとっても楽しみだなぁと思いました!

1

THE ドタバタ☆ラブコメディ


現在、5巻まで読み終えての感想です。

内容は、神様×人間のお話です。

BLの門を叩きやすいシリーズものだと思います。

個性のあるイケメンのキャラがたくさん出てきて、平凡な受け(一巻では)をほぼ必ず皆好きになり…。

攻めは受けの事だけが好き、でも受けは素直になれずツンデレ。
王道物で、ファンタージ、Hシーン少なめなので少女漫画っぽいです。

毎回、何かトラブルが起きて解決。
アニメ化もしやすそうだなと感じました。

相葉キョウコ先生の既刊本の中では、かなりライトだと思います。

この本に物足りなさを感じた方は、同一著者「年下彼氏に迫られてます。」の攻めが年下執着攻めなのでオススメです。

0

イケメン神様がたくさん!

神様たちに愛される大学生のお話です。色々な神様に求愛されて戸惑う葵が可愛かったかったです。

お話は、15年前に結婚の約束をした大国主命(大黒)が、大学生の葵をお嫁さんにしようと貰いに来たところから始まります。

だけど、葵の方は全然覚えていなくて。でも、この神様は優しいので、無理やり思い出させようとはせずに、思い出すのを待ってくれます。
そこから奇妙な同居生活が始まって。
その間に葵が、大黒のことが好きだった恵比須様に気に入られたり、厄病神に惚れられたりと、邪魔がたくさん入って大黒の片思いはなかなか成就しません。おまけに、ヘタレだからすぐ姿を消しちゃうし。
今までにない、俺さまじゃない神様が新鮮で良かったです。最後にやっとエッチできた時には、エロくて嬉しそうな大黒が印象的でした。

縁結びの赤い糸が出てきたり、全体的に可愛いお話でホッコリしました。
2巻では、くっ付いた2人のイチャイチャが見れることを楽しみに待ちたいと思います。ちなみに、大黒は狐に、恵比寿はひねくれた猫に変身する姿がとても可愛かったです。

9

期待したせいか…完全に批評です

CMで気になり全巻購入しました。
物語は平凡な大学生の主人公(受)の元に”大黒天”を名乗る神様(攻)が押しかけてきて
「昔結婚の約束をした!だからお前を嫁にもらいに来た!嫁に来い!」
という王道の異種間同居ドタバタラブコメです。
作家さんは定評のある人。内容は分かりやすくコッテコテの鉄板ネタ。攻は一途に受に尽くし好きだ好きだと愛情表現で好感が持てました。

しかし何がダメかというと…主人公(受)の心理描写モノローグがとにかく多いこと。
作中7割がモノローグではないでしょうか。主人公(受)がモノローグで語っているうちに抱かれ攫われいざこざ巻き込まれの連続です。他キャラがわちゃわちゃしてる状況でも主人公がモノローグでなにか語っています。
時折野暮に感じるくらいのモノローグの多さです。

それと最初は主人公(受)が攻に押し倒され流されるまま行為におよびます。
はわわ系ツンデレ絆され受といえばそれまでなのですが、3巻経っても自分の好意に至らぬまま攻に流され抱かれるのはいかがなものかと、と好感はもてませんでした。
主人公(受)は決して悪い性格ではないのですが
上記のこともあってか作家さんの表現下手なのか「周囲に振り回される苦労人主人公」のはずが自分しか見えていない、自分勝手のように感じ取れるような描写も時々見受けられました。

お話も王道で取っつき安くコミックのCM放送したりスピンオフノベライズが展開されていたり有償特典付与などしていたということはメディア展開が期待されていたようですが、やはりアニメ化には至らなかったようです。

総合評価…絵・キャラデザ・物語は王道かつ分かりやすくてよいのですが、主人公のモノローグが多いこと、主人公がとことん流され受なのが個人的に読んでる間にダレてくるので中立でした。
エロさ…作家さんはその辺に定評がある人なのでエロ描写量は多くもないのですが
濃いめに描かれます。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う