まほろばデイズ

mahoroba days

まほろばデイズ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神86
  • 萌×254
  • 萌33
  • 中立6
  • しゅみじゃない13

--

レビュー数
19
得点
751
評価数
192
平均
4 / 5
神率
44.8%
著者
ちしゃの実 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784801954267

あらすじ

奈良最高位・久鹿家の跡取り鹿の白羽と、拾われ子で人間の草介は幼馴染で腐れ縁。
皆に慕われ愛されている白羽は、使用人の子でしかない草介に、いつも全身で好きだと伝えてくる。
高貴で秀麗な白羽に尽くされて優越感を覚えつつも、白羽の想いには気づかないフリで一線は越えない間柄だった。
…はずなのに! 発情期の白羽が我慢の限界を超えて草介に襲いかかってしまった! !
それ以来、ギリギリ友人としての均衡を保っていた2人の関係が崩れ、草介は貞操の危機! ?

鹿が治める街、奈良まほろばを舞台に繰り広げられる幼馴染同士の和ファンタジーラブ!

表題作まほろばデイズ

久鹿白羽 19才 鹿(神使の長の跡取り)
結崎草介 19才 鹿せん職人(久鹿家使用人の養子)

その他の収録作品

  • カバー下表紙1【表】:仮想パンフレット表紙
  • カバー下表紙4【裏】:「表紙のまほろばパンフの件」(マンガ)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数19

冬の雨の日とか、どうしてるの?

ちしゃの実先生にしてはあくが少ないというか、王道ストーリーでした。
攻めが神獣のような巫女のような神官のような存在で、周囲にも神霊のようなものがウロついていますが、総じて全然尊くないのがちしゃの実先生らしいです。
攻めはM属性のようで罵られたり踏みつけられたりするのが快感のようですし、神霊は鼻をほじってますし。

それと攻めのチンコは獣サイズだそうですが、それは初心者には無理でしょー?
いくらBLドリームでも人間の枠を超えたサイズはチョット夢が見れない。

それと受けが攻めと合体後に「二度とHはしない」と宣言してて、「えーーー!?なにそれ!そんな終わり方アリ!?それってバッドエンディングなの!?そんなのヤダ!」と焦ったけど、その後のエピローグがあって、普通にヤっていてホッとした。

ところで関係ないのだけど、今日は1日中雨がザザ降りなのですが、こんな日は奈良の鹿さんたちはどうしてるのでしょう。
真冬に雨が降る時なんかどうしてるのだろう?
ふと疑問に思った。

0

奈良ファンタジー

ちしゃの実先生の作品は、新婚さんシリーズ2冊のみ既読

中身知らずに購入したので、がっつり和ファンタジーでびっくりしました。奈良ファンタジー、一時期流行りましたがBL界にもあったのですね。

ちしゃの実先生お得意の、キャラの説明が少ないままどんどん進む話です。テンポ良くなる所は良いのですが。今作は主役については最終的には過去の描写があるけれど、このまま6割ぐらいしか情報が与えられないのではとドキドキしてしまった。

BL和ファンタジーは志水ゆき先生の作品ぐらいしか読んだことありませんでしたが、しっかり作ってあって面白かったです。萌〜萌2

※電子書籍 ebj / 白抜き カバー裏・裏表紙無し

0

ギャグからシリアスへの変化が大きい

 攻めの白羽が鹿ということで神道も絡んでくるので、独特の雰囲気が流れている作品でした。鹿といっても人間との見た目の違いは表紙の通り、短い角が生えていることくらいしかないので、そんなに気にならないと思います。神聖なキャラ・舞台設定であると同時に、ちしゃの実先生らしいギャグ感も通常運転でした。

 受けの草介が周囲に対して投げやりな態度なのは、何の取り柄もない自分に愛を注いでくれる彼らに無意識に引け目を感じているからでしょうかね。こんな自分を大切にしたって無駄だと主張しているように感じました。白羽は幼い頃、自分が怪我をさせ生死の境を彷徨わせてしまった受けの草介を救うため、己の霊力など特別な力をすべて捧げて完全に失ったという過去があります。その頃の記憶がなく、今になって初めて当時のことを聞かされた草介はさらに自己嫌悪に陥り、自分の命を軽んじる発言をして白羽に怒られます。幼馴染だからこそ相手の考えが痛いほど分かり、上手くいかないことがもどかしくて想いが通じ合うまで時間のかかる2人。草介は自分のありのままの生を受け入れることで、ようやく白羽にも向き合えるようになるのです。シリアスなシーンと笑えるシーンとのメリハリの効いた作品でした。

0

こじらせてるのがなぜ?

白羽の子供の頃の草介との距離感。
草介が拾われっ子なこと。白羽に力と引き換えに命を救ってもらった事件。
拾われっ子だから家を出るしかなかったこと。
この辺は胸が痛んだりジーンときます。

うーん。事件の真相を知る前からなぜ草介はこんなにこじらせてるの?
拾われた家族にも天からの授かり物とまで言われて大切にされて、白羽にも尽くされて全力で好意を持たれて。何がいけないの?白羽の態度に草介が思い上がって裏目に出たのかな?

事件の真相を知って荒れたり白羽に当たるのはわかります。そこから気持ちが通じて草介も白羽が好きだったとわかり両思いに。そりゃ好きにならずにいられませんよね。白羽良かったです。

でも白羽の好意を知っていての上から目線の草介がどうもなあ。白羽はあんなに一途なのに。

あと草介の弟の景があれの手伝いしてってちょっと…。

まだまだ再読が必要かな。

0

攻めがいい!だけど受けは…

奈良を舞台にしたファンタジーでヒトの形をした鹿とでも言うべきか神様のお使いみたいな白羽と人間の草介という組み合わせ。

鹿というファンタジー設定を取り払えば、奈良の街で最高位に位置する高貴な存在かつ眉目秀麗で文句のつけようがない存在の攻めと、拾われっ子で白羽に支える使用人の子供という身分差&幼馴染ストーリーです。
もっと平たく言えば超ハイスペックイケメン攻めが、平凡(美少年ではあるけど)な受けにやたら執着して一途に想っているというお話でした。
受けの草介が最高にヒネくれた性格でして、とにかく可愛げがない。だから何故そんなに白羽含めて周囲の人々に愛される??と疑問に思ってしまいました。

そして弟との関係が最高に気持ち悪かった…。「片恋家族」を読んだ直後なので、正直、またか…と思ってしまいました。

ちしゃの実さんが出されている作品を全て読みましたが、「新婚さん」に収録されていた【おクズの恋愛】も、「片恋家族」も、読者には魅力的に感じることが少々難しい受けを、ハイスペックなイケメンが何故かやたら一途に執着し抜いてベタ惚れしているんだけど、それを我慢なり隠すなりセーブしてときどき堪えきれない切ない表情を見せるという構図でしたが、本作品もまさにその通りでしてきっと作家さんの萌えツボがそこなんだろうなぁと思いました。

なので本作品は受けや弟に関してはしゅみじゃないんだけど、攻めがカッコいいというか読了後しばらく経つと攻めしか記憶に残っていないさまです…。攻めは健気で一途で好きだ。
それと書き下ろし部分がとても好みでした。現実世界から浮遊したような薄い墨を使ったような穏やかで淡い世界が「まほろば」にぴったりでした。


ブックパス

0

鹿はカッコイイ

奈良のお山の神鹿様のお話。
鹿が治める街、奈良まほろばでは、人間と、鹿の人間体と鹿そのものが混然一体となって、その境界は曖昧。
王道ストーリーとも言える、幼なじみで身分違いラブを、まほろばファンタジーで味付ける趣向は、面白いといえば面白い。
鹿はかっこいいしね、
でも、人間と鹿が共存するファンタジー世界があまりにも自然すぎて、一読では世界観がちょっとわかり辛かった。
絵として描かれている、絵自体はすごく雰囲気があって好きな感じだったけど、後は草介の弟が苦手なキャラだったりして、ちょっと評価は辛めです。

0

攻めが一途、ひたすらに受けを溺愛

受けの性格があまりいいとは言えませんが、
攻めが受けにゾッコンラブなので、
うんまあこんなカップルもありかなと思う反面、
もう少し受けに可愛げがあったら、
もっとこのカップルに対して好感が持てたし、
もっと楽しい気分で読めたんじゃないかなと思いました。

森に捨てられていたという
受けの過去に同情はするけれど、
引き取ってくれた家族が良い人達な分だけ
受けのひねくれ具合が余計鼻についてしまいました。

しかし話の設定自体はとても面白く、
物語全体の雰囲気も独創的で良かったです。

0

いけめん鹿なんだよ、びっくり。

初ちるちる詣 です、本年もよろしくお願いいたします。
さっき某局の年越し番組で 春日さん中継してたんで、ぜったいこれだ!と
めっちゃ書きたくなったので、つい。
(みずかね先生にしよう と思ってたんだけど変更)

万人受けする絵じゃないと思いますし、お話の進め方も
ぴょんぴょんしてる印象 大。
でも奈良の雰囲気がとっても良く伝わってくるのと
あと「白ピーマン」(=攻めさんのこと)等 あっちこっちで大爆笑したのと
鹿なんだけど一途なんできゅん。萌えよりだけど萌2。

一昨年の年末に初めて読んだのですが、某先生ののっぺらぼうより
奈良出身者には驚愕設定でした(笑)
春日さんの使いなんですけど。BLにしちゃうし(爆)

幼いころの確執や育ちの事情等により、受けさんが一方的に
攻めさんを手ひどく扱います。その各種シーンに大爆笑。
(蹴るわ、ののしるわ、ゲーム機投げつけられるわ)
きゅんと笑いどころが半分ずつぐらいあるんじゃないだろうか。

個人的 大きゅん ポイントは、最後の方と描き下ろしのエピローグ。
想いが通じあったと攻めさんが実感した時のシーンの彼の表情が秀逸。
エピローグはセリフで感動。思わずもらい泣き。

爆笑しつつ泣きもあるという少々忙しい一冊でした。

読み返すたびに、絵と話の進め方にうーんと思うんだけど、
やっぱ好きだなあと思うのはなぜなんだろう。。。

2

また奈良に行きたいな~

「しゅみじゃない」と言い切れるほどの感想もなかったので「中立」で。すみません、私は正直よく分かりませんでした。

コミックの場合、初読で「正直よく分からない」と思うことは稀にあるのですが、絵が好きなら何度も読もうと思うし、そのうちに理解できて「コレは萌える…!!」と感想が変わることもままあります。

この作品はまず絵が苦手でした…。表紙イラストではそう感じなかったのですが、モノクロページが読みづらかったです。それでも読み直してはみたものの、腑に落ちない点が多すぎて萌えに至らず。

白羽は鹿…ヒト型の鹿ということなのでしょうか。白羽が草介に執着する理由も分かったような分からなかったような。そして、この受はツンデレと呼ぶには可愛げがなさすぎました。てゆーか別に美少年じゃないよね(←この辺は絵自体との相性の問題ですが)。あと根本的なことを言うようですが…BLじゃなくてもいいと思いました。むしろエロというか二人の恋愛感情はないほうが、奈良の魅力やそれをベースにした世界観の不思議さ、物語のおかしみ、登場人物たちの優しさなどがよく理解できた気がします。

また奈良に行きたいな~と思ったという点では読んで良かったです。

2

ほのぼのさと、強さ・弱さ・葛藤、そして精神的な繋がり

神評価にするかどうか非常に迷いました。
個人的に、最後の結合は敢えて足さなくても良かったかな・・と。

ほのぼのさと
攻キャラと受キャラの強さ・弱さ・葛藤
そして精神的な繋がり。
この三つで考えるととても良い作品です。
少し歪み過ぎた感のある受キャラも、
人間そうそう簡単に愛情なんて信じられないし受け止められないモンですし
その歪みを受け止める攻めキャラの懐の広さも感じられて、これはこれでアリ。
ヘタレが芯のある強さを発揮する展開っていうのは王道ですがやっぱりイイ。
ヘタレ攻好き、ツンデレ受好きさんにもオススメです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ