アソビ人、実はスパダリ

となりの快楽主義者

tonari no kairaku shugisha

となりの快楽主義者
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神1
  • 萌×22
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
31
評価数
9
平均
3.4 / 5
神率
11.1%
著者
 
媒体
コミック
出版社
マガジン・マガジン(ジュネット~JUNET~)
シリーズ
ジュネットコミックス ピアスシリーズ(コミック・ジュネット)
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784896442762

あらすじ

どすけべでテキトーでいい加減でどこまで本気なのかさっぱり分からない、
性欲に天パが乗った単細胞エロ生物……そんなオトコ(しかもタチ)がいつも俺のとなりにいて、
本当は誰よりも俺を想ってくれてる……だと……!?
表題シリーズ+描き下ろし&読み切り1本v
類まれなる肉体描写でお贈りする、梶本潤、渾身のタチとタチのインフレ!!

表題作となりの快楽主義者

榎瀬靭世
鵺白灯夜(芸術家)

同時収録作品叔父さんは僕のもの

井城国博
朋(義理の叔父)

その他の収録作品

  • ひみつの快楽主義者
  • 愛と快楽主義者 前編
  • 愛と快楽主義者 後編
  • 巻中おマケトーク①
  • 巻中おマケトーク②
  • 巻末おマケ漫画 どこまでも快楽主義者
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

二人の快楽主義者にがっつりやられた!!

 やはり雄同士のマウントの取り合いを描かせたら、梶本先生の右に出る方はいないのではないでしょうか!?

 単細胞エロ生物だとばかり思っていた高校時代からの腐れ縁・靭世が、実はずっと自分の作品を評価して陰ながら支えてくれていたことを知り、ガラス加工の芸術家・灯夜は、勢いと言うか成り行き上と言うかで(笑)、タチ同士という関係もすっ飛ばして靭世に抱かれてしまいます。しかしながら、恥ずかしさから、これから靭世とどう接したらいいかわからないでいるところに、靭世が自分のために体を使って仕事を取ってきていたと勘違いし……!?

 元々はタチで可愛い系がタイプなのに、靭世に抱かれる灯夜は超絶にエロく、靭世じゃないですけど、今までこんなんでよくタチやってこれたなと思います。そして、靭世の男らしさと懐の深さ!!この圧倒的雄力には、タチの灯夜もつい抱かれる側に回らざるをえませんよね。

 二人の快楽主義者にがっつりやられた作品でした!!

1

シックスパックどうし。

タチxタチのカップリングですが、不思議と攻めx攻め攻防にはなっていない作品。
主人公は芸術家の灯夜。
高校時代からの腐れ縁・靭世(ジンセイ)は性欲過多で、単細胞で、エロ魔人で、セクハラしてくるから仕方なくヌキあいしてたのに、実は!
という展開。
でも靭世ってば、本気で灯夜の事好きな割にはデリカシー無いんです。
タチなのに友達に抱かれて喘がされる灯夜の葛藤とかそんなものみーんな無視。そのくせ何年も何も言わず陰で支えてた、みたいな。
『俺の方が負けてる』なんて言いながらHは超強引ですけど。
ピアスですので、アングルとかなかなかガッツリなエロです。

「叔父さんは僕のもの」
手を出すとロクなことがない男は…①ノンケ、②既婚者、そして…
本気でコクってくる、義理の甥⁈
かなりの短編ですので、甥ががっつくHシーンが中心となっております。

「どこまでも快楽主義者」
何を言っても灯夜を怒らせちゃう靭世だけど、実はHでの灯夜を観察し分析しまくっている、という話。

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ