ノンケエリート、性的な意味で料理される!!

夜の薗田

yoru no sonoda

夜の薗田
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×215
  • 萌6
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
9
得点
163
評価数
38
平均
4.3 / 5
神率
44.7%
著者
梶本潤 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ジュネット
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
発売日
価格
¥1,000(税抜)  
ISBN
9784909460479

あらすじ

梶本潤、初めての18禁コミックス!!
料理バーを営む薗田伊吹と、官僚の千賀博人は、高校の同級生。
感情を秘めながら別々の道を歩んだ二人が、10年後に再会し、
想いを抑えきれず、堰を切ったように何度も激しいセックスを…。
薗田に熱く抱かれるごとに、博人はどんどん抱かれ上手に、
愛され上手になってゆく。

ノンケエリート受が、ガタイのいい攻の10年執着愛に、
どんどん染められ溺れていく…!
ワイドなA5サイズで読み応えたっぷり。描き下ろしも注目☆

表題作夜の薗田

薗田伊吹 ・アラサー・料理バー店主
千賀博人・アラサー・高級官僚

その他の収録作品

  • 薗田の休日(描き下ろし)
  • あとがき
  • カバー下:創作の秘密をチラ見せ!

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

「愛してる」に、なんか涙が出た

無知でお恥ずかしい限りですが、18禁と言うのは修正が無いんだとばかり思ってました。
修正があったのには(勝手に)ガッカリしましたが、修正自体は超優秀でした。
えーと、一例として、局部の結合部のアップ(その向こうに受けの泣き顔つき)に、申し訳程度にチョロっと。
ガチで、体裁程度にチョロっと。
普段なら全部隠れてる結合部分が、ほぼほぼ丸見えですよ。
いや、凄かった。
18禁、初めて買ったけど、ガチで凄かった

いや、これ、薗田がですね、かなりの執着攻めなんですよね。
独占欲も強いし、なにより博人への愛が半端なく強い。
エロ描写が当然濃厚なのですが、博人への愛と執着が駄々漏れのエッチに萌えまくっちゃうんですよ。

てか、個人的に、受けが天然な言動で意図せず攻めを煽っちゃうと言うのが大好きなのです。
博人がですね、エリート官僚と、理知的でスマートな印象で格好いいのです。
で、スーツを脱いでリラックスすると、と言うか、薗田の前で見せる素顔が、なんかやたら可愛い。
潤んだ目でジッと見つめちゃったり、同棲用のクイーンサイズのベッドをみれば、「わ、ベッドでか」みたいな。
この状況で、無邪気に「わ、でか」ですよ。
いや、何でしょうね?
私でも「煽ってるのか?」と言いたくなっちゃう感じなんですけど。
この後は当然、そのベッドに押し倒されて、散々啼かされちゃうワケなんですけど。

と、この、既に出来上がってるカップルが同棲を始めました的な第一話を無料で読んで、すっごいツボだったので購入したのです。
出来上がってるカップルのイチャ甘最高!と。

が、これ、二人の出会いから、受けの救済まで描く、すごく素敵な作品だったんですよね。

母親と弟を守る為、義父の「理想どおりの息子」になるべく、張り詰めて生きてきた博人。
そんな博人に安らぎを与えてくれる親友・薗田との出会い。
卒業式での、突然キスと一方的な決別。
そして、再会ー。

不器用な10年愛と言うのも大好きなんですけど、10年もかかって、やっと結ばれる二人に胸が熱くなっちゃうんですよねぇ。

また、義父の呪縛に囚われたままの博人。
彼が、薗田の存在によって、やっと解き放たれる・・・。
二人で抱き合いながら、薗田からの「愛してる」に、「うん、俺も愛してる」と告げる博人の横顔が・・・っ!
いや、涙をほんの少し流しながら、真っ直ぐな目で見つめて言うのです。
なんかね~。
自分でも良く分かんないのですが、涙が出てきちゃって。

本当、一組カップルの、どこにでもありそうな恋愛を綴っただけの作品なんですけど。
でも、すごく心に響くんですよ。
ついでに、エロエロも楽しいんですよ。

これは、大人の甘くて少しほろ苦くて、何より優しい恋愛を読みたい姐さんに、ぜひオススメしたいなぁと。
すごく感動しました。

9

『昼の薗田』もすごかった

梶本潤先生のR18版と聞いて。
ぶっちゃけエロ目的で買いました。
好きな作家様、好きな作品がジュネットさんからR18版で出ると大抵購入していますが、今のところハズレなし。
これ、本当にありがたいお話です。
大人エロい絵柄が18禁でさらにどう描かれるのか、楽しみで楽しみで。
タイトルの『夜の薗田』にも惹かれました。
『夜の+攻めの名前』だなんて、薗田どんだけいい仕事するんだ!?と期待しか持てない。

料理人の薗田と官僚の博人は高校時代の同級生。
2人は、再会してからすでに3年もの間、忙しい日々の合間を縫って毎日会い、週に一度は身体を重ねる関係を続けています。
そんなある日、寝に帰るだけの寮生活を送る博人を心配した薗田は、同居を持ちかけ、2人は同じ家で暮らすことになり…。

そこからは薗田の愛と下心が大爆発です!
頭は良いのに無防備で天然な色気で煽ってくる博人を、言葉と体で攻めに攻めまくります!
めちゃくちゃオスだ…非常にエロい。
なおかつ巨根。
『夜の薗田』の名に恥じない攻めっぷりですが、『昼の薗田』もまたすごかった。

高校時代から10年間、ずっとずっと博人に対してあたためてきた想いや欲情を、これでもかとぶつける薗田。
博人の身体を開発し、貪り尽くします。
博人もまた、そんな薗田のことが大好き。
激しい愛に応えます。
この博人がまた、可愛いんだな〜。
鈍感で天然すぎて失敗もしちゃうんだけど、一途でとても可愛いエリートさん。

ここから修正&局部描写について。

18禁版の場合、修正が細い白線数本になるんですが、修正法の違いよりも「局部の描き込み」に作家様が力を入れてくださってるのがわかることの方が大きいと思います。
そのへんが有耶無耶にぼんやりと描かれていない。
そこがいいんです!!(突然の力説)

梶本先生の描くそれは、筋肉質な身体と同様、硬質な感じ。
ぷるるん〜じゃなくて、玉も棒もカチカチに張り詰めていて男らしい。
2人のサイズや毛並みの対比とか、面白いですよ♪

とても満足なんですが、エッチのパターンにもう少しバリエーションがあったらもっと嬉しかったです。
薗田と博人のアレコレがもっともっと見たかった。

愛と迫力あるエロのバランスがよい、激しく甘く深い一冊でした。

ところでこの作品、『野良猫は愛を知らない』のスピンオフだったんですね。
以前読んでいたのに気付かずすみません…(汗)
博人弟の慶太くんめちゃくちゃいい子で可愛いな〜と思っていたら、ラストのコマでまさかの彼氏持ちと判明。
「オマエもかー!!!」
となりあとがきを見たら、そう書かれていました。
改めて可愛い慶太の恋、再読したいと思います。

14

「野良猫は愛をしらない」のスピンオフ作品が18禁

分冊版で充分どエロだったので、18禁でどれだけエロ増しするのか?
そこは然程期待せず、描き下ろしとカバー下を楽しみにして電子購入しましたが…

18禁を舐めてはいけません!
分冊で見たあの白抜きの下がこんなことになっているなんて…A5サイズの紙本が欲しい~~~っ!

思わずA5紙本を欲しがりましたが、
正気に戻るとあの棒とふぐりを、A5サイズ紙本で見る度胸は私にはないな…電子書籍に感謝です。
分冊時に私の想像していたモノと実際の描写の違いに、何だか笑ってしまった。

18禁の醍醐味を先にお伝えしたい。
ふぐりがボールのようにギュッとした真ん丸タイプで長めサイズの棒。
18禁を意識したリアルな皺やスジや色描写に気合いが窺えるだけでなく、
二人のサイズ違いが倍以上ある対比描写に目を見張ります。

バックを下から描いたシーンは、もちろんどエロで見応えありなんですが、
小ぶりの玉ねぎと慈姑(くわい)位違う描写で、エロイのになぜか笑いも込みあげてくる。
博人の小ぶりな棒とふぐりが慈姑に見えてしまうからかも…。
向かい合わせで大きさ比べをして見えるシーンも、薗田デカすぎ…。
描き下ろしの大胆カットは最高でした。
ここでも電子に感謝しつつ拡大を多用して、修正に対する普段のもやもやを発散しまくりました。

気付けば18禁で500文字…すみません。
「野良猫は愛をしらない」は読んでなくても全然OKで、博人の弟のバイト先が料理バー薗田です。

料理バー店主薗田とノンケエリート官僚博人は高校同級生で、卒業から10年ぶりの再会で交際し3年。
料理バー2階の自宅で同棲をはじめる二人のあまあま生活と、過去の回想。
厳しい養父や弟に対する博人の葛藤が描かれていますが、
タイトルになっているのは薗田…博人愛の強さと執着と包容力は極上でした。

博人は高校生、再会、現在とほぼ変化のない美人なイケメン容姿なんですが、
薗田の変貌ぶりが驚き。

分冊開始の頃は表紙の薗田が私には40代のオヤジにしか見えず、
好みでなくてスルーだったんですが、試し読みで髪を下ろした薗田が男前などエロだったのでポチリ。
高校生の薗田が艶っぽい硬派なエロをみせる男前で、多分31歳の薗田も髪を下ろすと一気に男前。
髪を上げると一気に老け込むのはなんでだろう?
たまに疲れたオヤジに見えるんですが、今ではそれも渋くてイケてしまう私です。

天然の博人から何かと無自覚に煽られては、エロ三昧の薗田…という展開を楽しませて貰いました。
弟が二人の関係を知る場面、博人の天然と可愛さが弾けていて最高でした。
拗ねるお兄ちゃんを愛でる薗田、やっぱりいいなぁと溺愛攻めを噛み締めてしまった。

描き下ろしでは嫉妬する博人が拝めます。嬉しそうな薗田も可愛いわ。
カバー下が初期プロットと間取りで、間取りを見ると動きが更に見えてくるので面白い。

※シーモア:18禁ですが、修正は白い細めの短冊数本。棒とふぐりのこだわり描写がすばらしい。

7

夜は愛の時間

キタ〜〜‼︎
電子での展開を横目に見て、はよ紙!と待っていたのですが何と「18禁」で堂々登場とは!
「野良猫は愛を知らない」のラスト描き下ろしで「夜の薗田」を読んだ時、ムフフ〜となってたんですけど、1冊にまで広げてくれてありがとう!
薗田x博人はやはり「大人組」。迫力が違いますね…
2人は高校の同級生。
博人は幼い頃から義父の「教育虐待」で、ひたすら勉強勉強。大学合格、そして官僚へ、というエリートコースを進んでいる。
一方薗田も成績優秀、しかし金銭的に大学進学は諦め、その時から好きだった博人も諦め。
10年間2人の道は分かれていたが、ひょんな事から自分の店を開いた薗田との再会。
今度は博人の方から薗田に飛び込んでいく…
薗田の包容力はハンパないです。
義父と弟(慶太)への忖度で「自分自身」を殺している博人をしっかりと理解している薗田。
自分からは義父・慶太にはカムアウトできないけれど、薗田本人に対しては素直に感情を表す博人。
さすが18禁という事もあってセックスシーンの頻度はかなり高い。
でもこれは2人が10年間の間の想いをぶつけ合うという必然性があります。ただエロのためのエロ、18禁だからとにかくエロ、というのとは一線を画している。
心も躰も欲しあい求め合う、そんな大人の恋、夜の恋。
「夜の薗田」というタイトルはタイトル大賞あげたいくらい深く抉ってると思う。最高ですね。

3

デッカい愛がエッロくたっぷり表現♡

『野良猫は愛を知らない』スピンオフ。
「野良猫は愛を知らない」のラストで番外編として収録されていた「夜の薗田」のお話です。

前作では慶太がコンプレックスを感じてしまう程「出来た兄」だった官僚の博人。
弟や周りから見たら完璧な男も、自分の恋となるとこうも可愛いのか!ってなっちゃいました。
高校の卒業式で「これからもずっと一緒の親友」と思っていた薗田に好きだからもう会わないと言い渡され、音信不通になったが東京で再会した二人。

薗田の10年分の愛がとにかくデカく博人は抱きつぶされまくり♡
それがR18で出るんですから・・・・まぁエロイエロイ♪

梶本先生は「R18コミックス」は初だったんですね!
過去作のR18版も読んでたし、そもそも全年齢作品が全年齢作品が既にドチャシコエロリンチョなので「初」と言うことにビックリしちゃいました。

3

エロも良いが、ストーリも良い

『野良猫は愛を知らない』のスピンオフ。

んー、内容よりも先にこれを言いたい。

ピアスのR18シリーズはヤバい!

ピアス、という時点ですでにエロなわけですが、そんなピアスが展開するR18シリーズの修正の少なさよ。昨今、規制が厳しいご時世なのでこうして防衛するのは非常に良きこと。住み分けは大事よ。とか思いつつ。

梶本さんは汁っけたっぷりな作品を描かれる作家さまなので、どんなエロがそこに…?と期待しつつ手に取りました。

『野良猫は愛を知らない』で、薗田さんは懐の広い、分別ありそうな大人の男性として描かれていましたが、今作品でイメージが変わりました。いえ、きっと博人以外ではあそこまでがっつく男性ではないのでしょう。

唯一、彼が大人の余裕をなくしてしまうのが、「博人」という青年の存在なんだろうな、と思うとなんとも萌える。

『野良猫は~』は身体から入るお話だったこともあってややシリアスな雰囲気も漂っていましたが、今作品は出来上がった恋人同士のお話なので、ひたすら甘く、そしてエロエロでした。

エロに特化した作品、かと思いきや、彼らの高校生時代のストーリーも盛り込まれていて、彼らが築いてきた歴史が読めたのも良し。

がしかし、やはりこの作品の大きなポイントはR18だということ、でしょう。

通常のB6サイズよりも大きいA5サイズのコミックで、大きい絵柄でほぼ修正なしの漫画がこれでもかと読めるのが凄い。でも、私は言いたい。

薗田さんのtnk、大きすぎじゃない…?
それとも博人のtnkが小さいのか…?

と、どうでもいいことがすごく気になりました。

ピアスのR18シリーズの名に恥じない、エロが大変美味しい作品でした。

3

大迫力でした

紙で購入して大満足でした。
エロだけじゃなくてお話もしっかりしてるのは、さすが梶本先生です。

薗田がガタイが良いので博人との体格差に萌えます。博人だって決して華奢なわけじゃないんですよ。

もうアレにいたっては凶器に近いと思いました。
大迫力です。笑笑。

キスシーンも肉厚の舌が色っぽいです。

たまにギャグ顔が入るのも愛嬌ですが、薗田の表情が色っぽくてたまりません。

身体に比例して大きな愛で博人を包み込む薗田は良い男です。

抜き差しするシーンを白抜きじゃなく読めるのはR18版ならではなので、迷ってる方は購入するべきです。

2

買ってみて良かった・・・

私はエロよりも萌えを求めているのでR18物って楽しいのかな・・・エロばっかりでストーリーがなかったら嫌だなあ・・・と心配だったのですが、梶本潤先生の作品が好きなので購入してみました。

結果・・・購入して大正解でした!
ストーリーも萌えもちゃんとあって、伊吹の溺愛っぷりと、博人の天然っぷりも良い感じでした。

序盤では、伊吹が購入した立派なベッドには笑えます。

個人的には伊吹が前髪を下したところと、二人でご飯を食べているシーン、博人が嫉妬で泣いてしまうシーン、そして高校生時代の二人の場面が好きです♡

前作「野良猫は愛を知らない」は既読なのですが、内容を覚えていなくても楽しめました。

2

独占欲の薗田

ほーほー
なるほど……
薗田さん、かなりな独占欲の塊で、
しかも溺愛攻めですな^^

『野良猫は愛を知らない』を読んだ印象では、
落ち着いた大人の男って感じだったのに、
思っていたのとギャップがあり、面白かったです。
もちろん、前作未読でも問題ありません。

博人との10年愛を実らせた薗田は、
もう誰にも止められないし、
二人の間には何者も割って入れないという程に、
出来上がった二人です。

薗田<博人ではなく、
薗田=博人なところがとても良かった!
お互いがお互いしか見えていないため、
ストーリー的には広がりませんが、
安心して読んでいられました。


ただ、博人が慶太と水谷のことをまだ知らないという事実が、
一番の驚きでした^^;

R18の割に、そこまでエロく感じませんでしたが、
薗田と博人のモノの大きさの違いには愕然としました(^◇^;)

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?